RSS
 

エルエルビーンの古着で人気のアイテム|古着通は知っている豆知識も紹介

エルエルビーンの古着マウンテンパーカー

「エルエルビーンの古着が欲しい」

「エルエルビーンの古着について詳しく知って、かっこよく着こなしをしたい」

エルエルビーン(L.L.BEAN)は、パタゴニアやコロンビア、ノースフェイスと並ぶアウトドアブランドで、他ブランドと比べると、落ち着いた色合いでクラシックなアイテムが多いのが特徴です。

グランピングが流行ったり、アースカラーがトレンドカラーになったりした今年、アツいブランドの1つともいえるでしょう。

この記事では、そんなエルエルビーンの古着の中でも特に人気があるアイテムと、エルエルビーンを楽しむための豆知識をご紹介します。

エルエルビーンの古着一覧はこちら

エルエルビーン

エルエルビーン(L.L.BEAN)の古着で人気があるアイテム

フリースジャケット

エルエルビーンのフリースジャケット

エルエルビーンはアウトドアブランドということもあり、軽くて暖かいフリースが人気商品です。

フリースというとパタゴニアが有名ですが、エルエルビーンのフリースはパタゴニアと比べてもあまり機能は劣らないのに、安く買えるのが嬉しいポイント。

1枚羽織ればあったかい分厚いものから、重ね着にぴったりの薄めのものまで豊富にあります。

エルエルビーン フリース

マウンテンパーカー

エルエルビーンの古着マウンテンパーカー

エルエルビーンのマウンテンパーカーはクラシックなデザインで人気。

他のブランドだとマウンテンパーカーというととってもカラフルなものが多いですよね。

カラフルなマウンテンパーカーは、山に登るときこそ目立っていいかもしれませんが、タウンユースとしてはちょっと目立ちすぎてしまいます。

エルエルビーンのマウンテンパーカーなら、タウンユースも使いやすくて、今年トレンドのアースカラーもたくさんあります。

エルエルビーン マウンテン

ハンティングジャケット

エルエルビーンの古着ハンティングジャケット

エルエルビーンはもともとハンター用の衣類も作っていたので、こちらのハンタージャケットも人気。

寒い山での狩にも耐えられる、しっかりとした生地、防寒性、そして使い勝手がいい大きなポケットが特徴です。

色味も無難なベージュ系が多く、無駄のないデザインのため、きれいめファッションのアウターとして活躍すること間違いなしですよ。

エルエルビーン ハンティング

フランネルシャツ

エルエルビーンのフランネルシャツ古着

秋冬に大活躍のふわっとした肌触りのフランネルシャツも、エルエルビーンの人気アイテムの一つ。

アウトドアブランドなので、薄いのに軽くて暖かく、秋〜春にかけてインナーとしても羽織としても長く使えるアイテムです。


フランネルシャツは新品だと、生地が少し硬いこともありますが、丈夫な古着だとはじめから柔らかくて肌なじみがいいというメリットもあります。

エルエルビーン フランネル

トートバッグ

エルエルビーンの古着バッグ

トートバッグでエルエルビーンを知った人も多いかもしれないほど、現行でも人気の商品です。

もともとは流氷を運ぶために作られていたということもあり、かなり丈夫にできています。


現行だと刺繍サービスがあることでも有名で、古着として出回っているものも刺繍が施されているものが多いです。

モデルによって形が違うので古着でも見てみる価値がありますが、古着屋では人気すぎるため、かなりレアなアイテムとなっています。

ビーンブーツ

エルエルビーンのビーンブーツ古着

ビーンブーツはエルエルビーンが出しているブーツで、トートバッグと並ぶ人気商品です。

ビーンブーツは、下半分が防水性に優れたゴム製で、上半分が上質な印象で肌馴染みの良い革製なのが特徴。

雪が降る地域では、冬には防水のあったかいブーツが必須なので、おしゃれなビーンブーツが人気を集めています。

ただしこちらも人気商品のため、古着で見つけるのはかなりレアとなっています。

エルエルビーン(L.L.BEAN)の古着に関する豆知識

古着のブランドは、豆知識を知ることで楽しむというマニアも多いです。


エルエルビーンは、アウトドアブランドの中でも超有名というわけではないですが、100年以上愛されてきたブランド。

ここでは、その100年以上愛されてきた理由と、古着だからこそ楽しめるエルエルビーンの豆知識を紹介します。

エルエルビーンとはどんなブランド

エルエルビーン ロゴ

エルエルビーンは、1912年アメリカ創業。レオン・レオンウッド・ビーン(L.L.Bean)氏が、ビーンブーツを開発したことから始まったブランドです。

もともとハンターのガイドとして働いていたビーン氏が、川に足をつけた時に、現在のようなゴム製と革製のブーツを思いつき、それを商品化しました。

斬新なアイデアで、瞬く間にハンターたちに売れたビーンブーツでしたが、当時の技術ではハードな山でのハンティングにブーツが耐えることができず、すぐに壊れ、売れた9割が返品となってしまいました。

そこで、ビーン氏は売った商品が気に入らなければ返品可能とする「100%満足保証」というサービスを始め、借金をしながら商品改善に挑みました。

この100%満足保証は、現在もエルエルビーンのカスタマーサポートのポリシーとして引き継がれています。

お客様満足度を何より優先する姿勢と、そこから生まれた頑丈な商品が、エルエルビーンが100年以上愛されるブランドとなった理由と言えるでしょう。

現行でアメリカ製はレアになっている!古着なら簡単に入手可能

エルエルビーン アメリカ製

古着好きなら、アメリカ製にこだわっている人は多いです。

アメリカの魅力は、何と言っても無骨でタフな作りでしょう。

小手先のファッション性ではなく、鉱山や工場で働く男たちの為にとにかく頑丈に作られた衣類が、今でも男心をくすぐっているのです。

ただ、90年代以降はアパレル業界は大量生産・大量消費が一般となり、アジアの大型工場で作られることが増えて、アメリカ製はかなりレア物となりました。

現在でもエルエルビーンは一部商品をアメリカで製造していますが、限定モデルということもあり、お値段が他の商品と比べると高めになってしまいます。

古着であれば、無骨でタフなアメリカ製のエルエルビーンの古着が安価で手に入ります。

もちろん、丈夫な作りなので、古着で購入してもずっと長く使えますよ。

エルエルビーン(L.L.BEAN)の時代ごとのタグの見分け方

エルエルビーンの古着を見てみると、時代によってタグが少しずつ変っています。タグを見て年代が分かれば古着マニアと言えるでしょう。


自分が好きだと感じたエルエルビーンの古着のタグを見て年代が分かれば、自分が好きな年代も分かるかもしれません。

黒タグに筆記体のロゴは、60年代以前の物

エルエルビーンのロゴ 古い

1960年までのタグは、黒地に黄色の筆記体でエルエルビーンが示されたものでした。

現在の親しみやすい雰囲気とは異なる、高級感のあるデザインとなっています。

白いタグに緑色で筆記体のロゴは、70年代の物

エルエルビーンのタグ 70年代見分け方

次に70年代は、白のタグに緑色の筆記体でロゴが書かれていました。

この頃から、元の高級感ある筆記体はそのままに、馴染みやすく、アウトドアブランドらしさのある緑色が使われるようになっています。

緑色の活字体のロゴは、80年代以降の物

エルエルビーンのタグ ロゴ80年代以降 見分け方

80年代以降は、ロゴが筆記体から活字になっています。

アメリカだけではなく、全世界に愛されるようになったということもあり、誰でも読まれやすい自体に変わったのかもしれませんね。

まとめ

エルエルビーン(L.L.BEAN)の古着は、流行しているというわけではありませんが、クラシカルな風合いと、丈夫な製品が故長く愛されてきました。

アウトドアファッションでも、人より大人っぽく見せたいならエルエルビーンの古着を着こなしてみてはいかがでしょうか。

古着通販サイトRUSHOUTでは、エルエルビーンを含む多くのブランド古着を取り揃えています。

ぜひ、エルエルビーンの古着を購入するときは、RUSHOUTをご利用くださいね。

エルエルビーンの古着一覧を見る

エルエルビーン

ページトップへ