RSS
 

カジュアルなメンズシャツで人気の18種類|背景・生地・柄で分類

おしゃれなシャツが欲しいけど、シャツって色んな名前があってどういう違いがあるのか分からない。

おしゃれ初心者の人たちはもちろんのこと、おしゃれが好きな人でもこのようにシャツの種類について理解できていない人は多いようです。

この記事では、カジュアルなシーンで使われるメンズシャツの中でも、人気の18種類について説明します。

カジュアルシャツとは

カジュアルシャツとは、スーツのときに着用するワイシャツではなく、プライベートで着るラフなシャツのことを言います。

具体的には、ビジネスで着られるワイシャツと以下のような相違点があります。

  • 襟に芯が入っていない
  • 襟の形が違う
  • 襟がない
  • 生地が違う
  • ビジネスでは使えないような柄がある

また、アパレルの歴史を振り返って見ると、スポーツ用や軍隊用に開発されたシャツが、カジュアルシャツとして一般人にも着られるようになったという場合もあります。

どんな雰囲気になりたいかであなたに最適なカジュアルシャツの種類は変わる

カジュアルなシャツの種類

今回ご紹介する18種類のシャツを、目指す雰囲気と季節ごとに分けました。

シャツは、季節感を出せる物から1年中着まわせるものまで幅広くあります。

また、きれいめなものから、カジュアルで個性的なアイテムまであるので、その日の気分やシーンによって使い分けることもできます。

是非、自分が欲しいイメージならどんな種類のシャツが最適なのかを知る参考にしてみてくださいね。

【襟の形別】カジュアルなメンズシャツの種類

オープンカラーシャツ

オープンカラーシャツ

オープンカラーシャツとは、その名の通り襟 (カラー )が開いた シャツのことをいいます。

首元までボタンのあるシャツとは違い、首元がV字に開けるので、涼し気でカジュアルな印象となります。

ボタンダウンシャツ

ボタンダウンシャツ

襟の先端をボタンがあるシャツのことを、ボタンダウンシャツと言います。

スーツの下に着るYシャツにも、ボタンダウンシャツはありますが、基本的にはカジュアルスタイル用のシャツとなります。

ノーカラーシャツ

ノーカラーシャツ

ノーカラーシャツとは、その名の通り、襟なしのシャツのことをいい、カジュアルで涼し気な印象を持たれます。

インナーとしてはもちろんのこと、アウターとして羽織るにもぴったりのシャツです。

ノーカラー シャツ

【生地別】カジュアルなメンズシャツの種類

フランネルシャツ


フランネルシャツ

フランネルシャツとは、織物のシャツのことをいい、ネルシャツと呼ばれることもあります。

アメカジでは、フランネルシャツといえばチェック柄が代表的ですが、様々な柄や無地のフランネルシャツがあります。

ウールやコットンが使われることが多く、柔らかくて暖かい素材なので、秋冬に大活躍します。

フランネル シャツ メンズ

デニムシャツ

デニムシャツ

デニムシャツは、ジーンズに使われる厚手の綾織の生地をつかったシャツのことを言います。

デニムシャツは厚みがあるのが特徴です。

そして、ダンガリーシャツと呼ばれているものも、実はデニムシャツの1つです。

ダンガリーシャツは縦糸が白色、横糸に色付きの糸を使って綾織りした生地ですが、デニムはその反対で縦糸が色付き、横糸が白色という違いがあります。

デニム シャツ メンズ


シャンブレーシャツ

シャンブレーシャツ

デニムシャツ・ダンガリーシャツとよく比較されるシャンブレーシャツですが、シャンブレーシャツは生地が薄いのが特徴です。

シャンブレーとは、デニムと同じく縦糸が色付き、横糸が白色を使っていますが、平織りという方法で織っています。

薄いということもあって、さらっと着こなせます。

シャンブレー シャツ メンズ

リネンシャツ

リネンシャツ

リネンシャツは、麻を使ったシャツのことを言います。

麻は天然繊維のためナチュラルな風合いを持ち合わせており、品の良さを加えつつも、リラックス感のあるコーディネートを作ることが出来ます。

リネン シャツ

【生まれた背景別】カジュアルなメンズシャツの種類

ワークシャツ

ワークシャツ

ワークシャツとは、もともと作業服用に使われていたシャツや、作業服をモチーフにしたシャツのことを言います。

元々は、アメリカで鉱山開拓をする人や工場で働くために作られたということもあり、両胸にポケットがあるなど機能性が高いことが特徴です。

また、生地には丈夫なデニムやコットンが使われていることが多いです。

ワーク シャツ メンズ

ミリタリーシャツ

ミリタリーシャツ

ミリタリーシャツとは、軍服として着用されていたシャツのことです。

長袖、半袖共にあり、一年を通して着やすいアイテムです。

両胸のポケットや丈夫な生地が使われている点で、ワークシャツと違い見た目をしていますが、ミリタリー服らしい刺繍やワッペンがついていることが多く、ワークシャツより個性的な印象があります。

ミリタリー シャツ トップス

ハワイアンシャツ

ハワイアンシャツ

アロハシャツ・ハワイアンシャツと呼ばれているハワイ生まれのシャツです。

カラフルな色と柄、柔らかくサラリとした肌触りの半袖のシャツなので、1枚持っておけば夏に大活躍します。

もともとは、ハワイのお土産としてリゾート地で着られることが多かったアロハシャツですが、古着ならレトロな風合いもあってタウンユースにぴったりです。

古着のアロハシャツで人気のブランド・柄|こなれ感を出せるコーデ例

ハワイアン シャツ メンズ

ウエスタンシャツ

ウエスタンシャツ

ウエスタンシャツは、アメリカ西部で生まれたカウボーイたちのためのシャツです。カウボーイシャツと呼ばれることもあります。

両胸にフラップポケットがあること、肩・背中上部にあるヨークと呼ばれる切り替えがあること、スナップボタンが特徴です。

ウエスタン シャツ メンズ

ラガーシャツ

ラガーシャツ

ラガーとは、ラグビーの俗称で、ラグビーのユニフォームで用いられるシャツのことをいいます。

ぶつかり合う激しいラグビーでも破れない丈夫で肉厚な素材が使われています。

ラガー シャツ メンズ

ベースボールシャツ

ベースボールシャツ

名前の通り、野球のユニフォームまたはユニフォームをモチーフにしたシャツです。

前が開くシャツですが、襟が無く、V字を描いく襟元になっています。

刺繍やラインなどで装飾されていることも多いため、個性を出すことが出来ます。

ベースボール シャツ トップス

柄で変わるカジュアルなメンズシャツの種類

チェックシャツ

チェックシャツ

カジュアルシャツの定番なのが、チェックシャツでしょう。

フランネルシャツが多いですが、麻素材やプリントシャツもあるので、すべてがフランネルシャツであるわけではありません。

チェック シャツ メンズ

無地シャツ

無地シャツ

カジュアルシャツも、無地シャツは多くあります。

ビジネスっぽくなってしまうのを避けたいのであれば、色付きの無地シャツや遊び心ある色付きボタンがついた無地シャツがいいでしょう。

無地 シャツ トップス

柄シャツ

柄シャツ

柄シャツといっても、その柄は様々です。

  • 花柄
  • ペイズリー柄
  • 民族柄
  • 動物柄 など

個性豊かで、印象的な柄シャツが多いですが、モノトーンの柄シャツであれば、おしゃれ初心者も着こなしやすいです。

古着の柄シャツの選び方と着こなし方|古着初心者もこなれ感が出せる

ストライプシャツ

ストライプシャツ

ストライプシャツも、カジュアルシャツで人気のある柄です。

ストライプの幅が狭ければきれいめな印象となり、太ければよりカジュアルな印象を与えます。

ストライプ柄を身に着けることで、体の縦のラインを強調するのでスタイルが良く見える効果もあります。

ストライプ シャツ トップス

まとめ

いかがでしょうか?

カジュアルファッションのメンズシャツには様々な種類があるので、あなたにきっと似合う種類が見つかるかと思います。


カジュアルシャツは、アメカジと呼ばれるアメリカ生まれのファッションが中心となっています。

アメリカ古着のシャツであれば、本場アメリカのこなれ感を出せるのでオススメです。

RUSHOUTでは、アメリカで買い付けを行った古着を常時2万点以上取り揃えております。

ぜひ、メンズシャツをご購入の際はRUSHOUTをご利用くださいね。

長袖シャツを見る

長袖 シャツ メンズ

半袖シャツを見る

半袖 シャツ メンズ

ページトップへ