RSS
 

60年代のメンズファッション モッズやヒッピーの古着コーデ例

60年代は若者がファッションを自由に楽しみ始めた時代

60年代は世界的に高度成長期であり、ファッション業界ではオートクチュール(オーダーメイドで作られる服)から、プレタポルテ(既製服)が流行りました。

それまではファッションは、お金持ちがオートクチュールで楽しむものとされていましたが、若者たちは自分の好きな既製服を着て、自己表現するという新しい文化ができました。

60年代製のアメリカ古着はこちら

60年代ファッションの特徴(1) ヒッピーファッション

60年代ヒッピーファッション

ヒッピーは1960年代後半にアメリカで生まれた文化で、それまでの伝統や制度にしばられた価値体系を否定し、「ラブ&ピース」の理想を掲げた運動をしていました。

そして、そのヒッピー族たちが身にまとっていたファッションがヒッピーファッションです。

特徴としてはフリンジ付きのアイテムや、裾が大きく広がったベルボトムのデニム、民族柄のアイテム等が多くありました。

髪型が男女ともに長髪で、細かいパーマにヒッピーバンドと呼ばれるヘアアクセサリーが流行っていました。

最近だと歌手のSuperflyさんなどが身にまとっているファッションはヒッピーファッションに近いです。

ヒッピーファッションのアイテム:ベルボトムのデニム

60年代ファッションベルボトム

ベルボトムとは、腰から膝までは身体にフィットし、膝から裾に向かって大きく広がるボトムスのことを指します。

日本では「パンタロン」「ラッパズボン」「ブーツカット」という呼ばれ方で同じような形のパンツが流行った時代もありますが、特に60年代に流行ったベルボトムは大げさなくらい裾が広がっているのが特徴です。

古着のパンツ一覧

ヒッピーファッションのアイテム:フリンジ付きのアイテム

60年代ファッションfringe

ブラウンの革製品にフリンジがついたアイテムは一つ持っているだけで60年代ファッションのヒッピーの雰囲気をまとうことが出来ます。

バッグやベスト、ジャケットについていることが多くあります。

ヒッピーファッションのアイテム:民族柄のアイテム

60年代ファッション民族

ヒッピー族は現代的なアメリカを嫌い、民族的で古い文化を重んじていたのでこのような柄物を好んで身にまとっていました。

タイダイ柄・ペイズリー柄・オルテガ柄・ネイテイブ柄などが入ったアイテムを一つ持っておくと、ヒッピーファッションになります。

古着のタイダイ商品一覧

60年代ファッションの特徴(2) モッズ

60年代モッズファッション

「モッズ(MODS)」とは、1950年代後半から60年代にイギリス発祥で流行した音楽やファッションなどのライフスタイル、ムーブメントを指します。

Beatlesが爆発的に世界中で流行ったのと同時に、世界中に広がりました。

モッズファッションの特徴は、長髪に船員帽、水玉や花柄など派手な柄でウエストを細くしたシャツ、股上の浅いスリムパンツ、幅広ネクタイ、そしてブーツなどです。

日本でも、グループサウンズと呼ばれたミュージシャンたちのファッションがモッズスタイルを身にまとっていましたが、奇抜なファッションだったため当時は一般人はなかなか手を出すことのできなかったスタイルでした。

モッズファッションのアイテム:モッズスーツ

60年代モッズスーツ

モッズスーツは細身のボディに細いネクタイを合わせたスタイリッシュなスーツのことです。

色もスーツで定番の白黒だけではなく、ジャケットを青や黄色、赤といったカラー物やストライプなどの柄ものにしたり、シャツを黒にしたりという遊び心があるアイテムが多いです。

古着のテーラードジャケット一覧

モッズファッションのアイテム:モッズコート

60年代モッズコート

モッズコートといえば冬のアウターの定番にもなっていますが、このコートも名前通り、モッズファッションから生まれました。

特に、ミリタリーコートのM-51というモデルが流行っていたようで、細身のスーツの上からビッグシルエットのM-51を羽織るのが60年代のスタイルです。

古着のミリタリーコート一覧

60年代ファッションの特徴(3) アイビールック

60年代アイビーファッション

アイビールックとはアメリカ東海岸の名門8大学であるアイビーリーグに伝わるファッションです。

エリートたちのファッションということもあり、品がよい印象があります。

アイビールックでは紺のブレザー・シャツ・チノパンを合わせたスタイルが基本ですが、同じブレザーを使用するモッズスタイルと大きく違うのはシルエットでしょう。

モッズスタイルの場合、細身で体のラインがよく見えるシルエットですが、アイビールックの場合は、シルエットが寸胴のためカッチリ感はありながら適度なゆるさがあります。

これはモッズスタイルがイギリス発祥で、アイビールックがアメリカ発祥ということが理由でしょう。

他の時代を見てみても、ヨーロッパでは体のラインを強調し、スタイルをよく見せるファッションが多く、アメリカでは動きやすさや過ごしやすさを重視したファッションが中心です。

アイビールックのアイテム:紺ブレ

アイビーファッションのジャケット

アイビールックの紺ブレの特徴は

  • ナチュラルショルダー
  • 寸胴型シルエット
  • 3ボタン

です。

ナチュラルショルダーは、肩にパッドが入っておらず、すとんと下に落ちているタイプで、ブレザーの中ではカッチリ感がすくないです。

古着のテーラードジャケット一覧

アイビールックのアイテム:ボタンダウンシャツ

60年代ボタンダウンシャツ

「ボタンダウンシャツ」とは写真の様に襟先にボタンがついているシャツのことです。

基本的にはビジネス用ではなく、カジュアルダウンしたシャツとして着用されることが多いです。

無地のオックスフォードを中心にストライプ、チェックの柄ものなど、幅は広くあるので、ボトムスやジャケットとのバランスを見てアイテムを選ぶといいでしょう。

古着のシャツ一覧

アイビールックのアイテム:チノパン

60年代ファッションのチノパン

1970年代まで、アイビーリーグではジーンズが禁止されていたため、品がよい印象を与えながらスポーティで動きやすいチノパンが履かれていました。

60年代以降もオーソドックスなチノパンですが、60年代らしい特徴は、パイプのように真っ直ぐストレートなシルエットです。

また、チノパンにも紺色やオリーブ色もありますが、60年代は特にベージュが履かれていました。

全体的に、オーソドックスで優等生な着こなしできるものが60年代らしいアイテムです。

古着のパンツ・チノパン一覧

まとめ

60年代までは、ファッションを楽しむのはごく一部の富裕層の特権だったのに対し、60年代からファッションが一般的に楽しまれるようになっていきました。

そんな中で、遊び心があるヒッピーファッションやモッズスタイル、そして適度なゆるさがありながら品のいいアイビーファッションなど、様々な種類のファッションが流行りました。

おしゃれの流行は繰り返される、というように、60年代ファッションは今も親しまれています。

60年代ファッションを楽しむなら、古着でリアルな風合いを着こなしてみるのがおすすめです。

古着通販のRUSH OUTでは、アメリカで買い付けた古着を常時20000点以上販売しており、60年代ものの古着も多く取り扱っています。

60年代製のアメリカ古着はこちら

是非、60年代ファッションを楽しむときにご利用くださいね。

ページトップへ