RSS
 

夏のメンズデニムシャツ特集|無骨なデニムシャツは着こなし方でこなれ感が出る

denim shirts

梅雨の季節が終わって、ついに本格的な夏が到来しますね。こんにちは、RUSHOUTのスタッフです。

今回は、これから夏に向けてメンズが注目したい着回しアイテムのひとつ「デニムシャツ」を特集します。

無骨なかっこよさを引き出してくれるデニムシャツは、年中着回しのきく人気のアイテムですが、「シンプルで定番」だからこそおしゃれに着こなしにくいのが難点です。

古着屋RUSHOUTが、この夏おすすめのデニムシャツの着こなし方や、コーデ方法についてお伝えします。

この夏おすすめのメンズデニムシャツ4選

実はデニムシャツは、他のアイテムと合わせることで際立つシンプルなものから、1枚で目を引くアイテムまで、千差万別です。

まずは、この夏、特におすすめのデニムシャツを厳選して4つ紹介します。

やっぱり定番のザ・デニムシャツ

denimshirts

まずは、これぞ定番のシンプルなデニムシャツです。

定番のデザインは、襟付きで胸ポケットがついたもので、アウターやインナーとして通年人気があるアイテムとなります。

シンプルなデニムシャツは、誰もが見たことがあるデザインなだけに、合わせるアイテムやその着こなしがポイントになります。

後ほど、トップスやボトムなど他の夏らしいアイテムとの合わせ方について紹介します。

デニム シャツ メンズ トップス

夏ならではの半袖デニムシャツ

denimshirts

デニムシャツは長袖のイメージがありますが、夏に着たいのが半袖のデニムシャツです。

1枚でさらっと着て短めのパンツと合わせると、夏らしい涼やかな印象をつくれるでしょう。

また、アウターとして夏らしいデザインのTシャツとあわせるのにもよいアイテムです。

半袖 デニム シャツ トップス

デザイン性の高いデニムシャツ

denimshirts

デニムシャツは一律のデザインを思い浮かべがちですが、実はデザイン性の高い独特な雰囲気のデニムシャツも多くあります。

写真のようにパッチワーク風のデザインや、切り替えし部分で大胆に色味を変えたもの、刺繍の入ったものなど、デザインの違いを楽しむのがおすすめでしょう。

スパイシーさを出すならブリーチデニムシャツ

denimshirts

ブリーチ加工を施したデニムシャツもこの夏注目のアイテムです。

ブリーチ加工とは、脱色液を使用して色抜きをすることで、個性的な模様をつくる加工法で、素朴なデニム生地にあわせるとパンチが出せるデニムと相性のよい加工法です。

デニムシャツを使ってスパイシーなスタイルを作りたいときに、おすすめのアイテムとなります。

デニム シャツ タイダイ メンズ トップス

メンズデニムシャツのおすすめブランド

それでは、デニムシャツを買うのにおすすめのブランドはどこなのでしょうか?

特に定番のデニムシャツを選ぶ場合は、シンプルなデザインなだけに生地や商品の品質そのものに目がいきやすくなるので、できればブランドもののデニムシャツを選ぶことをおすすめします。

RUSHOUTがおすすめするブランドの特徴は、下記の通りです。

  • リーバイス
  • ラングラー
  • トミーヒルフィガー
  • ラルフローレン

老舗ならではの生地の質ならリーバイス

denimshirts

もともとキャンバス地のワークパンツが起源の、ジーンズ老舗メーカー・リーバイスのデニムシャツは、丈夫な縫製が自慢の2ポケットの定番なデザインが主流です。

リーバイスの定番カラーであるインディゴカラーを中心に、ザ・無骨の王道を狙うラインナップが揃っています。

リーバイス デニム シャツ トップス

渋め寄りのスタンダードならラングラー

denimshirts

カウボーイのライフスタイルブランドとして製品の頑丈さと機能性の高さでブランドを浸透させてきたラングラーのデニムシャツは、しっかりとした生地の良さが特徴です。

三角形状に裾がとがった形をしたポケットのカバーが定番のデザインで、2つポケットがついています。

渋めな着こなしをしたい人におすすめのデニムシャツです。

ラングラー デニム シャツ トップス

かっこかわいさが欲しいならトミーヒルフィガー

denimshirts

トミーヒルフィガーはデニムウェアも展開するアメリカのカジュアルブランドで、伝統的なアメリカンファッションをモダンにリデザインしたものを得意とします。

トミーヒルフィガーならではの紺ベースに白と赤のフラッグ状のマークが目を引き、ポケットがない、もしくは1つほどしかないデザインが多く、さらっとした雰囲気が特徴的なデニムシャツです。

かっこよさの中にもかわいらしさも感じられる、トミーヒルフィガーならではのデニムジャケットが楽しめますよ。

トミーヒルフィガー デニム シャツ トップス

大人の雰囲気を出したいならラルフローレン

denimshirts

ラルフローレンは、紳士が馬に乗っているロゴマークでおなじみのブランドで、伝統的なイギリススタイルがベースのデザインです。

ラルフローレンのデニムシャツは、ポケットなしでロゴマークが胸元についたさらっと爽やかな雰囲気のデザインが主流となります。

ブランドイメージも洗練された雰囲気を連想させるので、大人っぽくデニムジャケットを着こなしたいならラルフローレンがおすすめでしょう。

ラルフローレン デニム シャツ トップス

メンズのデニムシャツに合わせたいマストアイテム

shortpants

この夏デニムシャツに合わせたいマストアイテムは、「白系Tシャツ」と「短パン」です。

Tシャツはせっかくの夏なので、デニムシャツとも色の相性のよい白色や、少し目を引くロゴが入っているものもおすすめでしょう。派手目のTシャツも、デニムシャツの落ち着いた印象でこなれ感を演出してくれます。

また、短パンも夏らしさを醸し出してくれるデニムシャツに合わせたいアイテムです。

「短パンの足を見せるコーデは難しい」と嫌煙気味の方も、チノショーツならひざが見えても子供っぽくならず、さっぱりと着こなせるので特におすすめでしょう。


チノ ショーツ

メンズデニムシャツの着こなしポイント

夏以外にデニムシャツを着る場合は、インナーとして中に着たり、アウターとして重ね着したりと着回し可能ですが、夏は暑い中でどのように涼しげに着こなせばよいのでしょうか?

夏のコーデでは、暑い日には腕まくりをして着るのがポイントのです。

羽織るのも暑い場所では、腰に巻いて使うのもおすすめです。短パンに合わせると軽やかな印象になりますよ。

また、トップスとボトムをデニムで揃えるデニムオンデニムもトレンドの着こなしです。

夏におすすめのメンズデニムシャツコーデ2選

それでは、今まで紹介させて頂いたアイテム使って夏におすすめのメンズデニムシャツコーデを2つ紹介します。

ライトカラーのデニムシャツが軽やかな印象のコーデ

denimshirts

トロピカルなロゴの白シャツに、チノショーツとライトカラーのデニムシャツを合わせたコーデです。

腕をまくることで軽い印象がつくれており、ロックテイストの黒サンダルがアクセントになっています。

涼しげさとパンチある個性感がミックスした夏のおすすめコーデです。

デザイン性の高いデニムシャツでデニムオンデニム

denimshirts

肩に左右対称のワンポイント刺繍が入った変わったデザインのデニムシャツにデニムパンツを合わせたコーデです。

ボトムはデニムの短パンでも合いますし、デニムシャツは前側に見せたい柄がある場合は表側が見えるように腰にまくのもおしゃれに着こなすコツです。

デニムシャツはボトムスと色合いを合わせるのがポイントですよ。

定番から変わったデザインまで、夏はデニムシャツを楽しもう

デニムシャツは年中着られるアイテムですが、夏には夏に合った着こなしをすることで、こなれ感のある大人びた印象のコーデをつくることができます。

アメリカ直輸入の古着屋であれば、ブランド製のデニムシャツや、オンリーワンデザインのデニムシャツが豊富に取り揃えられています。

この夏は、涼やかなチノショーツや白系Tシャツと合わせて、夏のデニムシャツコーデを楽しんではいかがでしょうか?

⇒RUSHOUTはアメリカ直輸入のメンズデニムシャツをネット・店頭販売しています。自分だけのデニムシャツを見つけたい人は、ぜひRUSHOUTまで

デニム シャツ メンズ トップス

ページトップへ