RSS
 

ラングラーの古着デニムを楽しむのに知っておきたい3つのこと|見分け方を覚えるとさらに楽しめる

wrangler

デニムの名だたる老舗ブランドの中でも、ラングラーはひときわに無骨で、トレンドに左右されない正統派デニム。本物志向のファンから人気を集めています。


そんなラングラーの古着は、年代別の、デザインやモデルの違いを知ると、また違った奥深い楽しみ方できるのが、うれしいところでもありますよね。


今回は「ラングラーの古着デニムをもっと楽しもう!」をテーマにしてお届けします。


ラングラーのデニムを、もっともっと好きになって頂ける、きっかけになりましたら幸いです。

ラングラーの古着デニムアイテムの定番3つをおさらい

ラングラーといえば、みなさんご存知の通り「デニム」アイテムのラインナップが豊富。


中でも、特に押さえたいデニムアイテムはというと、下記3つです。


  • カウボーイのためのジーンズ
  • ウェスタンデニムシャツ
  • 濃色のデニムジャケット

カウボーイのためのジーンズ

wrangler

まずは、ラングラーといえば、やはりジーンズ。


アメリカのロデオ・カウボーイ達が好んで着用していたことから、今でもその名残のあるカウボーイデザインと耐久性のよさが魅力です。


これまでは、特に男性から人気を集めてきたラングラー・ジーンズですが、他のアイテムを邪魔しないシンプルなデザインは、女性でも着回しコーデに活用できますよ。


ラングラー ジーンズ

ウェスタンデニムシャツ

wrangler

ラングラーのデニムシャツは、ウェスタンスタイルが定番で、肩の当て布(ショルダーヨーク)と、胸元に左右2つある蓋のついたフラップポケットがお決まりのデザインです。


ウェスタン風で無骨なデザインながら、柔らかみのあるデニム生地は、季節を問わず着まわせます。

デニムシャツについてもっと詳しく知りたい方はコチラの記事へ

ラングラー シャツ ウエスタン

濃色のデニムジャケット

ラングラーのデニムといえば、濃色のインディゴブルー。


なんでも、ラングラーブランドの生みの親であるブルーベル社のブルーはインディゴブルーに包まれた労働者をイメージしたものなんだそうです。


そんなインディゴブルーのデニムジャケットは、「ラングラーのデニム」らしさを感じられる1枚。


秋冬にかけて、ワードローブに入れておくと安心のアイテムでしょう。

ラングラー ジージャン

ラングラーの古着デニムを楽しむのに知っておきたい3つのこと

ラングラーの古着デニムは、その質の良さから着用を楽しむのはもちろんですが、下記3つのことを事前に覚えておくと、よりラングラーの古着デニムの魅力を満喫できます。


ラングラーの起源を知って楽しむ

ラングラーは、もともとアメリカのワークウェアメーカーであったブルーベル社が、1947年に立ち上げたカジュアルウェアのブランドです。


そのブランド名「ラングラー」(カウボーイの意味)からもわかる通り、カジュアルウェアの中でも、とりわけウエスタンウエア分野でのブランド地位の確立を目指してきました。


それを裏付けるように、ラングラーの初代デザイナーには、ハリウッドのウエスタン映画衣装デザイナーであるロデオ・ベン氏を採用しており、カウボーイウェアのブランドとして力を入れてきたことがわかります。


1日のほとんどを、激しい動きをする馬の上で過ごすカウボーイにとって、デニムパンツの履き心地は非常に重要となります。


そんな厳しい目を持つカウボーイ、特に、競技選手であるロデオ・カウボーイ達からの強い支持を集め、1975年には、全米プロ・ロデオ・カウボーイ協会に13MWZモデルのジーンズが公認されました。


こうして、ラングラーはカウボーイのスタイルを牽引するブランドとして、ひいてはウェスタンファンやジーンズファンの定番として、愛されるブランドにまで成長を遂げたのです。


年代別の見分け方を覚える

ラングラーの古着デニムは、製造された年代を理解することで、さらにヴィンテージデニムとして楽しみを深めることができます。


ラングラーの古着デニムは、70年代 80年代、90年代のアイテムが品数も多く残っており、入手しやすく楽しみやすいでしょう。


年代別を見分けるのに、一番わかりやすいタグでの見分け方を紹介します。


【ジーンズ編】年代別タグの見分け方

■70年代

wrangler_jeans

筆記体のローマ字が味のあるタグです。


Wranglerのブランド名には、年代別でWが内巻になっているものと、外巻になっているものがあり、こちらは外巻のものです。


内巻は40年代の商品に見られ希少なため、幻のタグと呼ばれています。


■80年代

wrangler_jeans

80年代に入ると、ブランド名がブロック体のものが主流になります。紫地に黄色文字のものが登場します。


■90年代

wrangler_jeans

90年代に入ると、レザーパッチが筆記体の文字に戻り、70年代のデザインに類似したタグと見受けられます。


しかし、中にある白地に青色のタグが、ブロック体のままなので、そこで見分けるようにしましょう。


【デニムジャケット編】年代別タグの見分け方

■70年代

wrangler_jacket

ジーンズに比べると、デニムジャケットはタグ数も少なく統一感のあるタグなので、見分けがつきやすいです。


70年代のデニムジャケットは、黒地に黄色でかかれた筆記体のブランド名が特徴となります。


こちらのタグは、70年代デニムシャツにも使用されていました。


■80年代

wrangler_jacket

80年代になると黒地に黄色文字は変わらず、文体だけブロック体から筆記体へと変更されています。


スタイリッシュさに磨きがかかった印象ですね。


■90年代

wrangler_jacket

90年代に入ると、中のタグがレザーパッチ風のものに変化し、「MADE IN USA」の文字が別タグで表記されるようになります。

年代別の古着の見分け方について、もっと知りたい方はコチラの記事


定番モデルを押さえる

ラングラーアイテムは、13MWZや12MJなどの番手で、型やモデルが区分されています。


中には、立ち上げ当初のモデルや復刻になっているものがあり、型を知っていると選び方をより楽しめるでしょう。


ここでは、特に知っておきたい定番モデルをお伝えします。


【ジーンズ】11MW

11MWは、ラングラーの原点ともいえるジーンズです。


ラングラーを設立してはじめて商品化したデザイナージーンズがこちらの11MW。


1948年に発売された11MWは、70年代にかけて13MWZモデルにとって代わられるのですが、現在も11MWへのラングラーファンからの人気は熱く、復刻版として再販売されています。


まだ、ジッパーがなかったころのデザインが忠実に再現されており、ジッパー部分はボタン(ボタンフライ)が使われています。


【ジーンズ】13MWZ

13MWZは、1974年に全米プロ・ロデオ・カウボーイ協会が公認ジーンズと認定したモデルのジーンズです。


当時、カウボーイが着用することを想定したデザインは今も残されており、下記の特徴があります。


  • 太目ストレート
  • ブーツにも合わせやすいやや広めの裾のカウボーイカット
  • 乗馬の際にサドルを傷つけないフラットリベット
  • しっかりとベルトを締められる7本ベルトループ
  • 深めのフロントポケット
  • 13.3ozのブロークンデニム

Wrangler公式サイトより

ラングラー ジーンズ

【デニムジャケット】124MJ

wrangler

デニムジャケットといえば、124MJ。

胸についたフラップポケットに、ウェストのポケット周りの細やかなスティッチワークが魅力です。


丸みを帯びたシルエットは、心地よいフィット感を与えてくれます。

ラングラー ジージャン

【デニムシャツ】27MW

wrangler

27MWはラングラーの定番ウェスタンスタイルのデニムシャツです。

肩に切り替えしのあるショルダーヨークや、胸元フラップポケットのスティッチなど、ディテールまで凝ったつくりがポイント。


袖にある3つ留めのスナップボタンが目印です。

ラングラー シャツ ウエスタン

ラングラーの古着デニムを着こなすポイントとは

ラングラーの古着デニムのアイテムは、トレンドに左右されないシンプルなデザインが特徴です。

そのため、他に合わせるアイテムもシンプルでありきたりなものをチョイスしてしまうと、「よく見かけるスタイル」で、とくに印象の残らないコーデになってしまう可能性があります。


そこで、ラングラーの古着デニムに合わせるアイテムは、1つだけ個性的なアイテムを入れるのがポイント。


次で、実際に個性的なアイテムを使ったコーデ例を見てみましょう。


【秋冬編】ラングラーの古着アイテムのいつもと違う着こなし方4選

これから秋冬に向けて、ありきたりにならないラングラーの古着コーデ例を4つ紹介します。

70年代ラングラージ ーンズ×レザージャケット

wrangler

70年代のフレアタイプのラングラージーンズにベージュ系のレザージャケットを合わせたコーデです。


ジーンズには、黒系のレザージャケットを合わせたくなりますが、黒色にしてしまうと、ハードな雰囲気でライダーっぽくなってしまうので注意しましょう。


ベージュのレザージャケットと、同色アイテムを足元にもってくると、まとまりのあるスタイルがつくれます。

レザー ジャケット ベージュ

90年代ラングラージーンズ×派手色のシャツ

wrangler

90年代のラングラージーンズに、ピンク色のシャツを合わせたコーデです。


派手色のシャツをもってきても、ラングラーの無骨なデニムならさらっとした着こなしにできます。


足元は、黒色の柄と揃えて、抑え目な色を持ってくるようにしましょう。

ラングラー ウエスタン シャツ

90年代ラングラーのデニムのショートパンツ×総柄ガウン

wrangler

90年代のショートパンツに、ヨーロピアン調の総柄ガウンを合わせたコーデです。


体系が気になるショートパンツも、印象強めの総柄ガウンを羽織ることで、縦に長くシルエットを見せることができます。


ウェストを、デニムと同系色のベルトで引き締めるのがポイント。

ガウン

70年代ラングラージーンズ×総レースワンピース

wrangler

ストレートタイプの70年代ラングラージーンズに総レースワンピースを合わせたコーデです。


ロゴ大きめのTシャツに合わせて、甘辛ミックスに仕上げています。


総レースワンピースの面積が多すぎるとガーリー過ぎる印象になるので、さらに柄シャツを羽織って、カジュアル度を高くしているのがポイントです。


ラングラージーンズがスッキリとしているので、ごちゃごちゃしないスタイルに仕上がっています。

ワンピース

ラングラーの古着デニムをもっともっと楽しもう!

ヴィンテージデニムの中でも、ラングラーは復刻版も多く、「ウェスタンスタイルといえばラングラーの古着デニム」というイメージのある、魅力をもったブランドです。


ぜひ、ラングラーの古着デニムの年代別の見分け方やモデルの違いを知って、もっともっとヴィンテージ品のラングラーを楽しんでくださいね。


RUSHOUTはラングラーの古着アイテムを豊富に取り揃えております。

ネット販売も行っていますので、ぜひ気軽にのぞいてみてくださいね!

RUSHOUT古着販売サイトへ

ラングラー

ページトップへ