RSS
 

古着とは 中古(ユーズド)とファッション古着の特徴・買える場所

古着とは?

古着とは、「着古した衣類」つまり、誰か自分以外の人が一度以上袖を通してきたことがある衣類のことを言います。

つまり、バザーで売っている衣類やリサイクルショップの衣類も古着です。

しかし、もう一つファッションとして楽しまれている「古着」というジャンルがあります。

この記事では、古着の中でも細かく分かれた古着のジャンルについて解説します。

古着の種類

古着の中にもいろんな種類があります。

  • ユーズド古着
  • インポート古着
  • ヴィンテージ古着 など

また、古着ではありませんが、以下のようなジャンルもあります。

  • デッドストック
  • 古着風ファッション

これらの違いはどういう点にあるのかを解説します。

ユーズド古着とは 〜リサイクルショップで売られているお古〜

古着とは ユーズド古着

ユーズド古着とは、いわゆる「お古」の古着のことです。

ユーズド古着をそのまま日本語にすると「使われた古着」という二重の意味になってしまいますが、そのほかのインポート古着などと区別するために、アパレル業界ではこのように言われることが多いです。

また、リサイクル古着もユーズド古着と同じ意味です。

ユーズド古着の特徴

  • とにかく安く服が欲しい人におすすめ
  • 傷んでいる商品も多くある

このユーズド古着は、とにかく安いのが特徴です。

ただ、ユーズド古着の質は、洗濯されていないものやカビが生えてしまっているものが売られている場合もあるほど商品の質にばらつきがあるというデメリットがあります。

それでも、品質には拘らずに、できるだけ安く衣類が欲しいという人に向いている古着といえます。

ユーズド古着が買える場所

ユーズド古着は、リサイクルショップ、バザー、フリマ、また最近話題のメルカリやZOZO UZEDなどで購入することが出来ます。

一度着た服を、一般の個人がアプリや業者を通して出品したり、自分で販売したりすることで流通に出ています。

インポート古着とは 〜海外から仕入れるファッション古着〜

インポート古着とは

このインポート古着が、いわゆる雑誌やネットでファッションとして楽しまれている”古着”です。

名前の通り、ヨーロッパやアメリカ等の海外から買い取られて流通に出ます。

インポート古着の特徴

インポート古着とは 特徴

  • 独特の風合いが楽しめておしゃれ
  • 良質な服をできるだけ安く、たくさんほしい人におすすめ
  • 有名なブランドものも安く買える
  • 一点物が手に入る

インポート古着はファッション性が一番のメリットです。

見た目や風合いはもちろん、ラルフローレンやアディダス、リーバイスなどといった有名ブランドがあるので、安心感もある上に、新品と比べて安く買えます。

出来るだけいい商品をたくさん買って、いろんなコーディネートを楽しみたいというおしゃれさんにおすすめです。

また、有名ブランドも、時代の流れとともにどんどん商品は入れ替わっていますが、インポート古着では、ある一定の時代に特定の国でしか流通しなかったようなアイテムも手に入るのが特徴です。

インポート古着が買える場所

インポート古着は、古着屋で買うことが出来ます。

古着屋には、古着屋のスタッフや卸売業者が、海外の古着市場や倉庫で買い出しを行って、日本に輸入したものが並んでいます。

古着屋は東京の高円寺・下北沢・原宿や、横浜、大阪のアメリカ村、神戸の元町、名古屋の大須、福岡の大名、岡山などに多く存在します。

また、この記事を掲載しているラッシュアウトのように、ネット通販の古着屋でも購入することが出来ます。

⇒ ヴィンテージ古着の通販サイト6つを徹底比較|特徴・送料・価格帯など

ヴィンテージ古着とは 〜古着の中でも上質で価値のあるもの〜

ヴィンテージ古着とは

ヴィンテージ古着というのは、古着の中でも特に上質で価値があるといわれているアイテムのことを言います。

ファッションとして楽しむのはもちろん、ヴィンテージ古着だとコレクションとしてレア物を集めて楽しむファンも多くいます。

ヴィンテージ古着の特徴

  • 古いもの・レア物にロマンを感じる人におすすめ
  • 値段は高いことが多い

ヴィンテージ古着の特徴は、質が良く、レア物であることが多く、その分比較的に値段が高くなるということです。

値段でいえば、

ヴィンテージ古着>インポート古着>ユーズド古着

の順番で価格も高くなります。

それでも、一生大切に使える高品質な商品が見つかるので、愛好家が多くいます。

ヴィンテージ古着についてこちらのページでより詳しく書いています。

⇒ ヴィンテージ古着とは?

ヴィンテージ古着が買える場所

このヴィンテージ古着の多くはインポート古着の中に含まれているので古着屋で買うことが出来ます。

その他にも、価値が高いがゆえ、インポート古着で購入されたものがメルカリやオークションなどで取引されることも多いです。

デッドストックとは 〜古くに作られたが、一度も着られていない服〜

古着とは デッドストックとは

古着屋さんに行くと「デッドストック」という言葉を聞くことがあります。

これは古い時代に作られたが、市場に出回ることなく、一度も着られていない状態で保管された服のことを言います。

デッドストックの特徴

  • 新品なのできれい
  • 保存環境によっては傷んでいる場合もある
  • 市場に出回らなかった理由によって品質・値段がばらばら

デッドストックは、新品なので他の古着と比べるときれいな状態であることがほとんどです。

といえ、保存環境によって、傷んでいることもあるので、デッドストックだからといって現行で売られている衣類のようにまっさらであるとは限りません。

また、市場に出回らなかった理由によって特徴や質が大きく異なります。

例えば、人気がなくて、売れ残った場合や不良品のため流通にかけられなかったデッドストックの場合は、安かろう悪かろうの商品であることがほとんどです。

一方で、ヴィンテージ古着屋では貴重な衣類がたまたま新品の状態で残っていたという場合もあります。

この場合のデッドストックは品質が良く、レアな衣類が新品なので、かなり高額な値段が付きます。

デッドストックが買える場所

デッドストックは古着屋でよく使われている言葉ですが、リサイクルショップ・ネットやフリマなどでも買えます。

古着風ファッションとは 〜古着の見た目を真似した新品〜

古着風ファッションとは

最近では古着ファッションが流行っていることもあり、古着風のファッションが売られているセレクトショップもあります。

古着風ファッションを楽しみたいけど、古着に抵抗があるという人には向いているでしょう。

古着風ファッションの特徴

  • 古着に抵抗あるけど古着っぽいファッションを楽しみたい人におすすめ
  • 金額は安いことが多い
  • 古着特有の風合いは出ない
  • ブランドのコピー品が混ざっている場合がある

古着風ファッションは、新品でありながら、一般の衣類と比べると安く購入できるものが多いので、気軽に古着ファッションを楽しむことが出来ます。

ただ、あくまでも新品なので、古着特有の風合いはでません。
さらに、お店によってはブランドのコピー品もあるので注意しましょう。
ブランドのコピー品の販売は違法ですが、コピー品であるとわかったうえでの購入も違法になるため、トラブルになる恐れもあります。

古着風ファッションが買える場所

古着風ファッションは一般のアパレルショップや雑貨屋などで扱われています。

また、古着と古着風ファッションが半分ずつで取り扱われていることもあります。

10~20代に人気のスピンズやWEGOも、古着も取り扱いながら、自社の製品を新品で販売しています。

まとめ

古着とは まとめ

いかがでしょうか?

古着とは、「着古した衣類」のことを指しますが、その種類によって様々な違いがあります。

是非、自分に合った古着を楽しんでくださいね。

古着通販のRUSH OUTは、アメリカから輸入したインポート古着を取り扱っています。

スタッフがアメリカの倉庫に足を運び一点ずつ厳選しています。

ヴィンテージ古着も多く取り扱っているので、是非ご覧くださいね。

ページトップへ