RSS
 

古着のチャンピオン「リバースウィーブ」とは?他のスウェットとの違い

リバースウィーブとは?

古着屋のスウェットコーナーで「リバースウィーブ」と書かれているのを見たことはありませんか?

リバースウィーブとはアメリカのスポーツブランドである チャンピオンから出ているシリーズで「 キング・オブ・スウェット」とも言われてきました。

この記事では、リバースウィーブは他のスウェットと何が違うのか、古着で買うからこその魅力はどういったものなのかということをお伝えし、実際のコーデ例をお見せしたいと思います。

リバースウィーブと他のスウェットの違い

リバースウィーブの1番の違いは「綿なのに縮みにくい」という点

通常、綿でできたスウェットは洗濯と乾燥を繰り返すことによって縮んでしまいます。

これは一般的なスウェットが縦におられている生地を使っており、綿の「伸びようとした方向に逆らって縮む」という性質が発揮されるために起こります。

普通のスウェットの特徴

一方、リバースウィーブは普通縦に使われていた素材を横に使うことで縦縮みを抑えることができます。

この「縦と横を逆に使用する」という意味から 「リバースウィーブ(Reverse Weave)」という名が付けられました。

さらに、両脇に縦リブを使用することで、より縮まず、着こんでも型崩れしない強いスウェットとなっています。

この両脇のリブがあることで、着脱しやすくて動きやすくなり、スポーツにも適したスウェットになりました。

リバースウィーブの特徴

このリバースウィーブが開発された当時のアメリカでは、スウェットはスポーツ用のユニフォームとして着られていたため、こまめに洗濯機にかけられていました。

さらに、アメリカでは基本的に日本のように天日干しをする文化はほとんどなく、すべて乾燥機にかけられていたため、普通のスウェットの寿命はあまり長くありませんでした。

そのような背景があり「縮まないスウェットが欲しい」という声にこたえたのがチャンピオンであり、出来上がった製品がリバースウィーブだったのです。

現在は縮みにくい素材であるポリエステル100%のスウェットはありますが、やはり着心地はコットンに劣ります。

一方、コットンでありながら縮みにくいリバースウィーブの製法は特許を取っているため、他のブランドにはない着心地の良さと生地の強さがあるのです。

厚みのある生地もリバースウィーブの特徴

リバースウィーブの特徴:厚み

他の古着のスウェットとの違いといえば、リバースウィーブにはウールのセーターのようなふっくらとしたやわらかさと暖かさを兼ね備えている点です。

実際の厚みは原産地や作られた年代、モデルにもよって異なりますが、裏起毛で温かみのあるスウェットはリバースウィーブならではの使用となっています。

古着ならではのリバースウィーブの魅力とは

リバースウィーブは今でもチャンピオンから発売されており、絶大な人気を誇っています。

その中で古着ならではリバースウィーブの魅力は何なのでしょうか?

経年変化で肌なじみがよくなっている

古着のリバースウィーブは着るたびなじむ

縮みにくく、頑丈なつくりのリバースウィーブは新品だと頑丈が故のごわつきが多少なりともあります。

これを着ていく過程でどんどん柔らかく、体になじむように育て上げるのもリバースウィーブの楽しみ方の一つです。

一方で、古着の場合はすでに柔らかくなり、なじみやすくなっているため、購入直後からおしゃれ着としてはもちろん、リラックスタイムにもスポーツにも使えます。

年代によってディティールが異なるからおもしろい

年代によるディティールの違いを楽しむのも古着の魅力の一つです。

リバースウィーブの場合はタグによって年代を見分けることができます。

有名なのが「単色タグ」「トリコタグ」です。

年代によっての素材の違いと、素材による着心地の違いは以下のようになります。

◆ 71年~81年 単色タグ

素材:コットン90%、ポリ10%

当初コットンと一緒に使われていたのはポリエステルでした。

ポリエステルは丈夫さで光沢もあって美しいというメリットがあります。
その一方で、太陽熱に弱く、退色しやすい。また、肌触りもゴワっとしてしまいます。

このようなことから、古着で出回っているこの時期のリバースウィーブは既に着られているものならごわつきはかなりなくなっていますが、多くはプリントが剥げてしまっていることが多いです。

◆ 76~81年 単色タグ

青タグ

素材:コットン90%とアクリル10%

1976年にはポリエステルからアクリルに変更されています。

アクリルには保温力があり、ポリエステルの課題であった太陽熱にも強いという特徴があります。

また、軽く、柔らかいのでフワッとした肌触りになります。

弱点としては伸びやすいことが挙げられますが、それでもポリエステルよりはるかに優秀な素材として、1976年以降のリバースウィーブではアクリルが使われ続けています。

◆ 81~90年 赤と青のトリコタグ

トリコタグ

素材:コットン82%、アクリル12%、レーヨン6%
(コットン90% アクリル10%もあります)

この時期から商品によって、レーヨンも少し混ぜられるようになります。

このレーヨン素材は吸湿性、放湿性のどちらもに優れており、独特の光沢感があるのが特徴です。

一方で、しわになりやすく、水に弱く、ヨレてしまいやすいというデメリットもあります。

◆ 90年代~ 赤と青の刺繍タグ

刺繍タグ

素材:コットン89% アクリル8% レーヨン3%
(コットン90% アクリル10%もあります。)

90年代以降はタグが刺繍になっています。

上記のように、リバースウィーブは生地が少しずつ改善を加えて変わっていっていますが、レーヨン・アクリルには着心地がいい反面、ヨレてしまいやすいという特徴もあり一長一短とも言えます。

もちろん、チャンピオンのリバースウィーブは現行のものでも質はいいですが、上記の理由からヴィンテージのリバースウィーブのファンも多くついています。

やっぱり古着は新品より安いから良い

最後に、やはり良いものが安く手に入るというのがメリットとしてあります。

現行のリバースウィーブは赤タグ・青タグの二種類ありますが、厚手でアメリカ製の赤タグは1万5000円、薄手で中国製の青タグでも1万円ほどします。

それだけチャンピオンは良いものを作っているのですが、学生やたくさんの服を着ておしゃれをしたい人には高く感じるかもしれません。

古着であれば5000円前後から手に入れることができます。

その中で出来るだけ美品が欲しい、ユーズド感が欲しい、などの好みに合わせて予算内で選べるのが古着でリバースウィーブを手に入れるメリットでしょう。

チャンピオン リバースウィーブ

古着屋にあるリバースウィーブの種類

リバースウィーブのバリエーション

リバースウィーブはもともとスウェットから始まりましたが、今ではリバースウィーブの製法を用いて様々なアイテムが出ています。

  • プリントスウェット
  • 無地スウェット
  • プリントパーカー
  • 無地パーカー
  • スナップカーデ
  • Tシャツ
  • パンツ

上記のどれをとっても、リバースウィーブの縮みにくく、強いという特徴は変わりません。

まずは定番のリバースウィーブのスウェットをまずは買ってみて、気に入れば他のアイテムを試してみてはいかがでしょうか?

古着のリバースウィーブのコーディネート例

リバースウィーブのビッグシルエットを生かしたコーディネート

リバースウィーブのゆるコーデ

リバースウィーブは動きやすさを重視していて、袖にボリュームのあるモデルが多くあります。

ビッグシルエットは力が抜けたこなれ感がでるので、一枚着るだけでおしゃれになれます。

また、写真のリバースウィーブは袖口と裾のリブが長く、ヨレずにしっかりと引き締めてくれているため、ボトムスにゆるっとしたシルエットを合わせてもだらしなく見えません。

リブが目立たないものを選ぶ場合は、スキニーを履くなどして全体のバランスを取ってみてもよいでしょう。

リバースウィーブが持つシルエットを生かすためには、小さめのサイズを選ぶのではなく、少しオーバーサイズを選んで、ビッグシルエットを大胆に生かしてみるのがおすすめです。

無地スウェットはシンプルなコーデにぴったり

古着のリバースウィーブのシンプルコーデ

無地にチャンピオンのロゴ(通称、「目」)がついたリバースウィーブです。

写真ではチノパンを合わせて、無地のニット帽でバランスを取っています。

リバースウィーブ自体がシンプルなので、ほかのアイテムで遊ぶこともできますが、分かる人には分かるリバースウィーブの魅力を生かすためにはシンプルがベストでしょう。

写真の防止のように、落ち着いたアイテムを合わせることで、寂しくはないけど「余計なものが何一つない」コーディネートを作ることができますよ。

古着ならではのカレッジプリントでプレッピースタイルのコーデ

リバースウィーブのカレッジプリントコーデ

古着のリバースウィーブで人気なのが、カレッジプリントされているものです。

カレッジプリントとはその名の通り、大学名がプリントされたもの。

実際にアメリカの大学で学生が着るためにコラボされて作られたものが古着として出回っています。

プレッピースタイルとは90年代に流行ったアメリカの大学生風のコーディネートのこと。

ゆるいスウェットに革靴や革のベルトを使うことでプレッピー感を出していますが、もっときれいめに着たいのであれば、スウェットの中にフランネルシャツやシャツを着るのもおすすめです。

まとめ

いかがでしょうか?

リバースウィーブは、独自の製法で「キングオブスウェット」といわれて愛されてきました。

是非、リバースウィーブを一枚買ってその魅力を肌で感じてみてくださいね。

古着通販のRUSH OUTではリバースウィーブを多く取り揃えています。

ロゴプリント、カレッジプリント、無地のスウェットやパンツ、スナップカーディガンも取り揃えていますので、お気に入りの一枚を見つけてゲットしてみてくださいね。

⇒  チャンピオン リバースウィーブの古着一覧

チャンピオン リバースウィーブ

ページトップへ