RSS
 

30代のレディース古着コーデは上質感が決め手|失敗しないコーデ術とは

fasion_for_30years_old_women

20代の頃から集めた大好きな古着が「あれ、似合ってない?」と、ある日急に鏡を見て感じることはありませんか?


古着は特に20代から人気があり、各年代ごとのトレンド服を選べることから、カジュアルを中心に多様なファッション系統を楽しめるのが特徴です。

しかし、30代になり年齢を重ねても、20代と同じ古着の着こなしをしていると、いつの間にか自分に似合っていない風貌になっていることがあるので注意が必要です。

ただ、30代だからこそ似合う古着の着こなし方もあります。


ポイントは個性的な古着アイテムをアクセントとしてプラスすること。今回は、30代だからこそ活かしてほしい古着アイテムを、おしゃれに着こなす方法をお伝えします。

30代がレディース古着コーデでやってはいけないNGポイント

30代におすすめの古着コーデを紹介する前に、ぜひ覚えておいていただきたいのが、「古着コーデでやってはいけないNGなこと」です。


せっかく、30代大人スタイルをつくる古着の着こなし方を覚えたとしても、NGな行為を踏まえていなければ、うまくアイテム使いをすることができません。


次のことに気を付けながら、30代コーデを覚えましょう。

きれいめ感に欠けるアイテムの使用はNG

fasion_for_30years_old_women_NG

まず、古着にはよくある経年劣化により生地が薄めになっていたり、しわしわになっていたりするもの、よく言うと「味のある」状態になっている古着には注意が必要です。


20代の頃は味のある雰囲気で着こなせたかもしれませんが、30代でそういった古着を着用していると「安っぽい印象」に見られることがあります。


汚れの気になるジーンズなどは、もっての外ですので着用しないようにしましょう。

子どもっぽくなる古着アイテムはNG

fasion_for_30years_old_women_NG

古着はファッション系統の中でも、「カジュアル」な装いに使用しやすいアイテムが豊富です。


カジュアルな古着アイテムの中には、アイテム自体にインパクトがあり、かつ子どもっぽい雰囲気が出やすい傾向のものがあります。


例えば、下記の古着アイテムは、場合によって子どもっぽい印象を相手に与えやすいです。

  • 大き目ロゴのTシャツ
  • キャラクターロゴのスウェット
  • ピンクなど明るい色のチェック柄生地 など

子どもっぽい古着アイテムは、たいていの30代の方にはギャップのある雰囲気が出てしまうので、こちらも避けた方が無難でしょう。


古着を使用したファッション系統がもっと知りたい人はコチラの記事へ

カジュアルすぎるファッション系統はNG

fasion_for_30years_old_women_NG

今期、古着ファッションでトレンドの「スポーツミックス」をはじめ、ストリート系ファッションも古着好きから愛される系統のひとつですが、30代の方はこちらもできれば避けることをおすすめします。


ストリート系ファッションはダボッとした穴あきジーンズや、ビッグシルエットのTシャツなど、カジュアル度のかなり高いアイテムを多く使う特徴があります。


カジュアルすぎるアイテムは、30代の着こなしにはアンマッチなのでNGです。

30代のためのレディース古着アイテム着こなし術

それでは30代女性はどのように古着アイテムを活用すれば、おしゃれで、自分にあった装いができるのでしょうか?


ここでは、30代女性が古着ファッションを楽しむ着こなしのコツをお伝えします。


簡単に実践できて、かつおしゃれに見えるためのコツは、個性的な古着アイテムをうまく取り入れること。


下記の着こなし術を活用すると、上質感や抜け感のある大人コーデがつくりやすいでしょう。

  • レトロな小物アイテムの活用
  • 派手な柄物はひとつまでにする
  • ワンピースはロング丈がおすすめ
  • ブランド品を一点入れる

レトロな小物アイテムの活用

fasion_for_30years_old_women

レトロな小物アイテムは、シンプルでありきたりなファッションになりがちな30代ファッションにアクセントを加えてくれます。


レトロな雰囲気が前面に出ている古着は、30代にとってはともすればバブル感を感じさせてしまうことがあるので、使い方が難しいです。


ただ、小物であれば、そこまで全体の雰囲気を壊すことなく活用できるのです。


特にスカーフは着回しが期待できる便利アイテムで、トレンドに左右されないレトロな柄はおしゃれ感をグッと引き出すことができるでしょう。

スカーフ

派手な柄物はひとつまでにする

fasion_for_30years_old_women

レトロな小物アイテムの活用でも言えることですが、派手な柄物の使用はひとつまでにしましょう。


柄物×柄物のコーデはユニークで、個性的なスタイルを作れますが、けばけばしいイメージにも繋がりがちです。


抜け感ある大人スタイルがはずせない30代の古着コーデでは、派手めな柄物はひとつまでにすることを心掛けましょう。

ワンピースはロング丈がおすすめ

fasion_for_30years_old_women

古着のワンピースは、50年代以降の流行を表すかのようで、そのシルエットや柄、丈の長さなど年代ごとの違いを楽しめます。


ワンピースは可愛らしさがありながらも、大人っぽい装いがつくれる、女性にとってはスーパーアイテム。


特に、大人女性が使いたいワンピースは、ロング丈のワンピースです。気になってくる生足を見せることなく、安心して装いを楽しめます。


柄は小さめの花柄や、素材はふんわりとしたものがおすすめでしょう。

古着ワンピースの魅力がもっと知りたい方はコチラの記事へ

ワンピース

ブランド品を一点入れる

古着のいいところは、ノーブランドで一点もののアイテムが豊富な点がありますが、ブランド品が通常品よりも安価に買える点も挙げられます。


ブランド品は上質な生地が使用されており、縫製も丁寧で縫い目がきれいなので、スタイルに取り入れると、グっとファッションが引き締まります。


また、ブランド品の古着は新品にはない赤抜け感がでるのもおすすめポイントです。


30代におすすめの上質×抜け感が出るレディース古着コーデ3選

30代の古着ファッションにNGのアイテム・コーデ方法や、押さえたいコーデのポイントを紹介してきました。


ここでは、それらのノウハウを活用して、抜け感のある大人スタイルを実際のコーデをもとにいくつか紹介します。


シックな大人ワンピースコーデ

fasion_for_30years_old_women

紺色のロング丈ワンピースは、落ち着いた雰囲気がつくれ、シックな大人スタイルのコーデにおすすめです。


ロング丈なので、30代女性の気になる生足を隠しながらも、全体に対する生地の分量が多いため、存在感のある着こなしができています。


ポイントは、存在感がでやすい分、ワンピースの柄や色味を控えめにすることです。

ワンピース

スカーフと服の色味を合わせたコーデ

fasion_for_30years_old_women

トップスとスカートの色味に合わせた、ビビッドなバイカラーがステキな、スカーフがアクセントのコーデです。


きれいな色合いのスカートとTシャツだけでも、十分シンプルで上品なキレカジスタイルができていますが、さらにスカーフを加えることで個性感ある大人コーデに仕上がっています。


トミーヒルフィガーのTシャツが上質感あるのもGOODポイント。

トミーヒルフィガー レディース

柄物ロングスカートで上品モダンなコーデ

fasion_for_30years_old_women

大胆な柄の入ったロングスカートがインパクトのある、大人コーデです。


同系色のシンプルなトップスを持ってくることで、モダンなおしゃれさを感じさせる雰囲気に。


アクセサリー使いも大人っぽさをさらに引き出しており、柄物コーデに上質感を加えています。

スカート

30代だからこそレディース古着を活かして魅力ある大人コーデをめざそう

30代のファッションは、20代のファッションスタイルを引きずって似合わないコーデになったり、大人っぽさを目指すがあまり、シンプルになり過ぎて街でよく見かけるコーデになりがちです。


30代には、30代ならではの古着の楽しみ方があります。

古着をうまく活用して、大人の魅力あふれるおしゃれコーデをめざしましょう。


RUSHOUTは、大人スタイルにぴったりなレディース古着を数多く取り揃えております。ぜひ一度RUSHOUTオンラインをのぞいてみてくださいね。

レディース

ページトップへ