RSS
 

リーバイス501と505の違いは3つ|あなたに似合うジーンズはこれ

リーバイス 501 505 違いとは?

ビンテージジーンズといえば、リーバイスの501が定番中の定番です。

そして、リーバイス505も現在501に負けず劣らずの人気で同じくらい定番となってきました。

リーバイスの501と505がどのように違うのか、なぜビンテージジーンズの代表と言われているのかご紹介します。

リーバイス501はジーンズの原点、ファッション化されたのが505

簡単にいうと、リーバイスは初めてジーンズを作ったブランドであり、その中でも現在のジーンズの原点となった商品がリーバイス501です。

そこから、作業服としてではなくファッションアイテムとして親しんでもらえるように開発されたのがリーバイス505です。

リーバイスは1853年のアメリカでリーヴァイ・ストラウス氏が作ったブランドです。

金の採掘が盛んだった時代に、金鉱で働く人のためにテントや船の帆に使われていたキャンパス生地を用いたワークパンツを商品化したのがジーンズとなりました。

1890年、ロットナンバーとして「501」が書かれた商品が作られるようになり、これがそのまま商品名となりました。

作業服として開発されたジーンズですが、その後西海岸の大学で501ジーンズがファッションとして流行りだしました。

そこで、もっとたくさんの人に親しんでもらえるようにフロントをジッパーにするなどの改良を重ねて、505が生まれました。

リーバイス501と505の違い

.轡襯┘奪箸違う

  • リーバイス501:ウエストはジャストでシルエットはストレート
  • リーバイス505:テーパードシルエットで、ウエストが少し緩めに作られている

古着屋RUSHOUT ビンテージメンズレディース古着通販501

古着屋RUSHOUT ビンテージメンズレディース古着通販505

リーバイス501と505の一番の違いはシルエットです。

501はレギュラーストレート

501は、太ももから裾が一直線のシルエットが特徴のレギュラーストレートと呼ばれるタイプです。

このレギュラーストレートと言われる形はジーンズの基本の形とも言われています。

股上は時代によりますが、深いことが多く、ウエストはジャストのためダボっと履くよりジャストで履くとかっこ良く決まります。

ストレートデニムは、大腿部から裾にかけてそのままストンと流れていくシルエットなので履く靴を選ばないのがメリットの一つといえます。

ボリューム大きめのブーツでも、ハイカットのスニーカーでも、難なく合わせやすいです。

505はテーパードシルエット

505は太ももから裾にかけて少しずつ細くなっていくテーパードシルエットが採用されていることが特徴です。

テーパードシルエットは、足を細く長く見せることができます。

スリムに見せたいが、太ももが太めでスリムパンツやスキニーが履きづらい人にはオススメの形です。

また、ウエストは緩めに設定されているため、ピッタリ合わせて穿くよりも、少し低めで履くこともできます。

サイズが緩めのため、長時間履き続けていても疲れにくいのが嬉しいポイントです。

▲侫蹈鵐箸違う

  • リーバイス501:ボタンフライ
  • リーバイス505:ジッパーフライ

リーバイス501は前がボタン

501

リーバイス505はジッパー仕様になった

505

シルエットの次に分かりやすい違いがフロントがボタンかジッパーかという違いです。

はじめにも書いたようにもともとボタンフライで作られていた501が、多くの人たちに親しまれるようにジッパーフライにされたのが505となりました。

この「フライ」というのは、ジーンズの前のボタンやジッパーを隠しボタンにするために、二重構造にした型のことを言います。

ジーンズは二重構造になっているため、新品をパッと見てジッパーかボタンかを見分けることはできませんが、ビンテージデニムの場合ボタンはボタンに沿った色褪せ方をしていることが多くあります。

色褪せたフライ部分を見てみると、ボタンフライは無骨でラフな印象に対して、ジッパーフライは滑らかで中性的な印象を持たれます。

現行で作られているジーンズをはじめとするボトムスのほとんどがジッパーフライとなっています。

ボタンフライに慣れていない人は使いにくさが気になるかもしれませんが、ボタンフライの場合全てのボタンを閉めなくても閉まっているように見えるためむしろ楽だというメリットがあります。

ポケットの形が違う

  • リーバイス501:正方形に近い傾向
  • リーバイス505:縦長の傾向

古着屋RUSHOUT ビンテージメンズレディース古着通販 501

古着屋RUSHOUT ビンテージメンズレディース古着通販505

ポケットのサイズや形は時代によってそれぞれなのでポケットだけで判断するのは難しいです。

しかし、傾向として、501は正方形に近く、505は縦に長いポケットの形をしているものが多いです。

ポケットの形が縦長になるとヒップアップ効果からの脚長効果があります。

一方、正方形に近い501はよりカジュアルで男らしい印象を持たれる後ろ姿となります。

501と505の印象の違いとオススメする人

以上の様に501と505ではシルエット・フロント・ポケットに違いがあります。

印象としてまとめると以下の様になります。

  • 501:やはり一番スタンダード。カジュアルで男っぽさがある。
  • 505:スタンダードな中にスタイリッシュさがある。スタイルがよく見えるので女性も履きやすい。

ジーンズとしてはどちらも甲乙つけがたいですが、選ぶのであれば、自分が求めるスタイルに合わせましょう。

昔ながらの王道ジーンズが欲しい人には501、トレンドやスタイルを意識したい人は505がオススメです。

まとめ

いかがでしょうか?

リーバイス501と505、どちらもデニム界の超定番で、世界中のデニム愛好家に使用され続けているジーンズです。

1つのブランドでスタンダードと呼ばれるものが2つも存在するなんてリーバイスがいかにすごいブランドかがよく分かります。

今回紹介した違いは、モデルの中で特徴的なものをピックアップしただけで、ジーンズは作られた時代や製造国でディティールが少しずつ違います。

超定番の501と505、どちらも持っていない方はぜひ自分にあったお気に入りのビンテージジーンズをゲットして見てくださいね。

古着通販のRUSH OUTではリーバイスのジーンズをヒゲや色落ち、コンディションやダメージ、ペンキ、ブリーチ加工、USA製など厳選して取り揃えています。

リーバイスの501,505をご購入の際はぜひRUSH OUTをご利用くださいね!

⇒ リーバイス501 一覧を見る

⇒ リーバイス505 一覧を見る

ページトップへ