RSS
 

【人気急増中のNFL】1点ものの「アメリカの情熱」が古着屋で手に入る

アメフト NFL 古着

NFL(National Football League)はアメリカの国技ともいえる存在。アメリカプロスポーツで一番人気の座を30年以上守っているんです。

アメリカ国内では毎週1億人を超えるファンがテレビ中継に熱狂し、チームによってはシーズンチケットの入手に10年かかることも…。

そんなNFLはまさにアメリカの情熱。America’s Passionと表現されることさえあります。そんなNFLは、最近ではワールドカップなどの影響で日本にもファンが増えてきました。


ということで本日の古着コラムは【NFL(アメフト)アイテム】です。

NFLの古着はバリエーションが豊富で、日本でもファッションに取り入れる人が増えています!ぜひお楽しみください。

NFLアイテムを求めて古着屋巡りをする人が急増中

NFL スタジャン

アメリカの国技であるNFL。実は最近、NFLは女性ファン獲得に力を入れていることもあって、女性ファンも急増中!それに伴ってNFLの古着アイテムもさらに人気が高まりつつあります。

もともとファッション性の高いアイテムが多いことや、NFLの熱狂的ファンが増えてきたことも影響しているかもしれません。


NFLアイテムは新品もたくさん販売していますが、人気も高ければお値段も高めです。新品のパーカーなら1万円以上は当たり前で、NIKEでは2万円を超えることもあります。

でも古着なら希少なアイテムでも1万円程度で手に入ります!Tシャツやパーカーだと数千円程度なので、NFLグッズを増やしたいというコレクターにこそ古着はおすすめ!


例えば、古着屋でNFLグッズを探しているのはこんな人たちです。

  1. アメフト観戦女子・NFLファン
  2. チームロゴコレクター
  3. ファッションアイテムとしてワンポイントで取り入れたい若者

①アメフト観戦女子・NFLファン

アメフト観戦女子

NFLコレクターはほぼ間違いなくNFLファンです!できることならアメリカ現地まで観戦に行きたいですが、なかなか気軽にはいけません。

しかし国内のスポーツカフェ・バーには多くのNFLファンが集まっています。

NFLファンで集まって試合を観戦するなら、やっぱり応援しているチームのアイテムを身につけたいもの!


ということで、観戦用として古着を取り入れる人も多いんです。

アメフト観戦が趣味という女性もいるので、NFLの古着でアメカジファッションを楽しみながら観戦する人も増えていますよ。

熱烈なNFLファンだと、ユニフォーム型のストラップを身につけたりオリジナルの写真集を作ったりしている人もいるんだとか!NFLへの愛の深さがうかがえますね。

②チームロゴコレクター

NFLには全32チームが所属していますが、みんなキャッチーなロゴを作っています。スポーツファンに多いのが、チームのロゴを愛しているロゴコレクター

もちろん古着にもほとんどチームロゴが入っているので、応援しているチームのものを探している人も多いですね。

ロゴは年代で変わることもあるので、持っていないものを見つけると手に入れたくなるのがコレクター心理というものです。

③ファッションアイテムとしてワンポイントで取り入れたい若者

アメカジ系の古着が好きという人は、ファッションとしてNFLアイテムを取り入れる人が多いです。

シンプルなものから個性的なデザインまであるので、取り入れたいデザインで古着を選ぶこともできます。

NFLのようなスポーツアイテムは、アメカジアイテムと相性◎

のちほどコーデ例もご紹介するので、個性を活かした着こなしをぜひ参考にしてください。

古着屋RUSHOUTで人気のNFLアイテム

RUSHOUTではNFLの古着を多く取り扱っています!その中でも、以下のアイテムは常に人気があります。

  • ゲームユニフォーム
  • ナイロンジャケット
  • スウェットやパーカー


あと、チームでは、RUSHOUTでは特に人気なのは、

  • サンフランシスコフォーティーナイナーズ
  • ニューヨークジャイアンツ
  • ダラスカウボーイズ


特に応援しているチームがない人(アメフト大好き!どのチームも応援してる!!)は、ロゴや色などデザイン重視の人が多め!

NFLアイテムは随時入荷しているので、ぜひ最新アイテムもチェックしてみてください。

①ゲームユニフォーム:動きやすくて通気性も抜群

49ersユニフォーム

こちらはサンフランシスコフォーティーナイナーズのユニフォーム。アメリカのデザインということもあり、はっきりとした色遣いが個性的なアイテムです。

NFLはヘルメットやショルダーなど装備すべきものがどのスポーツよりも多いので、それだけユニフォームのバリエーションも豊富です。

チーム名や背番号など細部にもアップデートが入ることがあるので要チェックです!!

nfl ユニフォーム

②ナイロンジャケット:ワシントンレッドスキンズ

レッドスキンズナイロンパーカー

こちらはNFLチーム「ワシントンレッドスキンズ」の古着ナイロンジャケットです。

リバーシブル仕様になっていて、内側はワシントンレッドスキンズのチームカラーであるワインレッド1色になっています。

NFLのナイロンジャケットは画像のように落ち着いたデザインも多いので、スポーツアイテムのほかにタウンユースとして使える汎用性の高さが人気のポイントです。コーデによって老若男女問わず愛用してもらっています。


最近はスポーツ系のブランドがたくさんありますよね。アディダス、ナイキといったスポーツブランドのアイテムは若い方にも人気ですし、パタゴニアやノースフェイスなどの老舗アウトドアブランドも人気です。


だからこそ、一般ウケするデザインは街中でかぶってしまうこともしばしば…。「特にアウターは絶対に人とかぶりたくない!」という人に、NFLの古着はおすすめですよ!

着やすいデザインも多く、個性を活かしながらおしゃれを楽しめます。

nfl ナイロン

③スウェット・パーカー:バッファロー・ビルズ

NFL パーカー

こちらは80年代のバッファロービルズのスウェットですが、首元やリブが伸びておらず、状態は良好です。

ニューヨークに本拠地を置くバッファロー・ビルズのチームカラーは【青 × 赤】。

個性的なタイダイ染めベースに、ビルズのチームロゴであるヘルメットが大きくプリントされています。一目でビルズのアイテムとわかるのがいいですね!


スウェットはジーンズやパンツなどと組み合わせやすいアイテムなので、当店のNFLアイテムでも人気があります。

NFL スウェット

④スーパーボウル・シリーズ:ダラスカウボーイズ

NFL スーパーボウル スウェット

こちらはスーパーボウル・シリーズのオフィシャルスウェットです。チームはテキサス州に本拠地を置くダラスカウボーイズ。

チームカラーのネイビーをベースに、チームロゴであるスターがプリントされています。アメフトルックの犬のキャラクターが、アメリカらしいデザインでかわいいですね。


ちなみにスーパーボウルはNFLの優勝決定戦。

アメリカ国民の多くが見守る決定戦であり、ハーフタイムショーではレディー・ガガケイティペリーといった大物アーティストが派手なショーをすることも話題です。

当店RUSHOUTでは、そんなスーパーボウル・シリーズのNFLアイテムも豊富に取り揃えています!

スーパーボウル

アメカジともスポーツMIXとも相性のいい「レイダース」のチームアイテム

NFLには多くのチームが所属していますが、古着としても人気があるのがラスベガス・レイダースのアイテムです。

チームカラーである黒とシルバーを基調としているので、どのアイテムも基本的にシンプル

派手好きな人には物足りないほど落ち着いたデザインですが、逆にタウンユースや普段使いにおすすめです。

落ち着いたデザインがいい」「普段から着られる古着がいい」という人は、ぜひラスベガス・レイダースの古着にトライしてみてください!

①ブルゾンでクール系アメカジコーデ

NFL コーディネート
引用元:wear.jp

ラスベガス・レイダースの大きなロゴがポイントの、ブルゾンを使ったコーデです。ダメージジーンズとキャップ、ごつめアクセサリーでスタイリッシュなアメカジコーデに仕上がっています。

NFLの古着を大人っぽく着こなしたいときは、画像のようにあまり色を使わず黒系でまとめるのがおすすめ!

ブーツもゆるめに履くことで、気張らないラフなアメカジコーデになっています。

②Tシャツで爽やか系アメカジコーデ

NFL コーディネート
引用元:wear.jp

白ベースにラスベガス・レイダースのロゴが入ったTシャツは、白を活かした爽やかな着こなしがおすすめ!

ヘッドフォン・キャップ・時計・スニーカーを黒で統一して、大人っぽい落ち着きのあるアメカジコーデに。

ダメージレスなジーンズを合わせているので、キレイ目な仕上がりになっています。

③スタジャン+ポップカラーで差し色コーデ

NFL コーディネート
引用元:wear.jp

こちらは、レイダースのスタジャンを使って、キャップのブルーやスニーカーのレッドで差し色をしたおしゃれなコーデです。

スタジャンに合わせてパンツも黒にしているので差し色のアクセントも効いていますし、スタジャンにはホワイトラインが入っているので重すぎることもありません

こんな風に差し色で遊べるのも、シンプルな色遣いのラスベガス・レイダースコーデの魅力です。

アメリカンスポーツなら古着屋RUSHOUTへ!NFLは特にアイテム数が豊富です!

今回はNFLの古着をご紹介させていただきました。チームが多いためカラーも豊富で、ロゴや色遣いといったデザインで選ぶ人も多くいます。

個性的な色や着回しができる色など、気に入ったものを見つけてみましょう!


アメリカ古着を取りそろえるRUSHOUTは、ビンテージ古着を含め、全てスタッフがアメリカ現地で厳選して買い付けた商品ばかり。

豊富なスポーツ系アイテムを取り揃えていますが、中でもNFLアイテムは充実しています。

ユニフォームやスウェット、ナイロンジャケットにTシャツなど普段使いできるものも多く入荷しているので、ぜひ一度チェックしてみてください!

NFL

【MLB x ビンテージの世界】現代のアメカジスタイルとレトロな古着アイテム

MLB

熱狂的なファンも多いMLB(大リーグ)。「メジャーリーグアイテムとアメカジって合うのかな?」なんて思っていませんか?

実はMLBアイテムとして人気のスタジャンやパーカーはシンプルなデザインが多く、タウンユースやアメカジ、ストリート系ファッションと相性が良いんです!

ビンテージものはコレクターも多く、古着屋でしか出会えないものもありますよ。

古着屋的にはアメカジ好きだけではなく、MLB(メジャーリーグ)コレクターもぜひチェックしてほしいと思っています。

ということで、今回はMLBの古着アイテムの魅力や着こなし、ビンテージアイテムをご紹介します!!

MLBのビンテージアイテムはここがいい!古着屋で買うメリットとは?

ヤンキース スタジャン

MLBとはMajor League Baseballの略で、アメリカのプロ野球チーム30球団で編成されたもの。日本では大リーグメジャーリーグと呼ばれており、国内にもMLBアイテムをコレクションしているファンは多くいます。

今でもMLBアイテムは生産されていますが、当然ながらその多くは量産品です。

しかし古着屋をチェックすれば、コレクターにとっての“お宝”が眠っていることもあるんです。

①往年のMLBのスター選手のアイテムが手に入る

MLBプレーヤー

今生産されているMLBアイテムは、現役で活躍するスター選手のものがほとんど。しかし往年のスター選手ファンとしては、「自分の推し選手のアイテムが欲しい!」と思うもの。。。

MLBの往年スターといえば、マーク・マグワイヤ、バリー・ボンズ、サミー・ソーサ...など挙げだしたらキリがありません。

古着屋なら、その選手の番号が入ったアイテムやその選手が活躍した年代のアイテムが売られていることがあります。

古着アイテムとの出会いは“運”要素もあるので、出会えた時は「あったーっ!」と叫びたくなるほど嬉しくなります。

②今となっては一点もののレアアイテムがリーズナブルな価格で手に入る

古着を着ない人から「古着って何がいいの?」とよく聞かれます。

いいポイントは数えきれないんですが、その1つには「1点モノが安く買える」という理由があります。


たとえば往年のMLBスターアイテムのような年代物はすでに生産終了しているので、簡単に手に入るものではありません

でも、古着屋には当時の年代のアイテムが置いてたりして、「ほかのMLBコレクターが持っていないもの」を手に入れるある種の優越感に浸れます。

実はアメリカの工場は減少傾向にあって、アメリカで作られたスタジャンなど、“US産”は手に入りにくくなっています。だからこそ、古着の価値はより一層高まっているのです。


ちなみに新品でMLBアイテムを買う場合、スタジャンなら3万~6万円、Tシャツなら6千円~1万円は軽くかかります。なかなか気軽に買える値段じゃないですよね。

でも古着屋でスタジャンやTシャツを買うなら、数千円~1万円代で買えるものが多いんです。もちろん年代やアイテムの状態、素材や市場価値で値段は大きく変わります。

もう生産されていないアイテムを安く手に入る」というのは古着を買うことの大きなメリットです。

③アメリカ古着屋はMLBコレクターの穴場かも

MLBファンがアイテムを集めるときは、MLBショップなどの専門店を巡る人が多いのではないでしょうか。

たしかにいろんなチームのユニフォームやロゴパターン、トレーディングカードなど、アイテムの種類も充実していますよね。

しかし、そういうMLBコレクターにこそ古着屋はおすすめ!MLBショップでは扱っていないようなレアアイテムがサラっと置いてあることもあります。

古着屋がMLBコレクターにとって、意外な“穴場”になるかもしれません。

MLBのビンテージアイテムはアメカジとの相性も抜群

古着のMLBには、今では見かけないようなデザインやロゴを使ったアイテムがたくさんあります。当店で扱っているアイテムをほんの一部ご紹介しましょう。

①チームロゴがかわいいスタジャン

ワールドシリーズ スタジャン

ヤンキースのワールドシリーズチャンピオンのスタジャンです。

両袖に付いているワッペンがポイントで、ワッペン好きロゴ好きの人にはたまらないアイテム。表面の袖にも同じようにロゴワッペンが連続で付いています。

MLB スタジャン

②ユニフォーム

ヤンキース ユニフォーム

こちらもヤンキースのアイテム。爽やかな白系ユニフォームなので、デニムやタイトめのパンツと合わせると現代のアメカジスタイルとして普段使いできます。

色落ちや首周れのヨレがない状態が良いものなので、古着感を押し出したくない人にもおすすめです。

MLB ユニフォーム

③パーカー

ワールドシリーズ パーカー

ワールドシリーズの気軽に羽織ることができるフルジップタイプのパーカー。

ネイビーベースにワンポイントの赤いロゴというシンプルなデザインなので、コーディネートしやすいのが嬉しいです。

MLB パーカー

MLB球界でも古着屋でも大人気の「ヤンキース」!人気の秘密はその着回しの良さにあった

ニューヨークに本拠地を置くニューヨーク・ヤンキース。優勝回数が多く、「MLBといえばヤンキース!」という人がいるほど日本でもアメリカでも大人気のチームですね。

そんなニューヨーク・ヤンキースのアイテムは古着も人気があります。それは単純にヤンキースファンが多いだけではなく、その“着回しの良さ”に秘密があります。

シンプルで着やすいニューヨーク・ヤンキースの古着は、おじさん世代はもちろん、若い男女のファッションにも合わせやすいのが特徴!

アメカジ系はもちろん、ストリート系やスタイリッシュ系のファッション好きにも愛用されているので、年齢や性別問わず古着も人気です。

チームロゴがシンプルでバリエーション豊富

MLB ロゴ

MLBでは1つの球団が複数のロゴを使いわけています。

“ロゴ”というと1種類のイメージですが、MLBでは2つ以上ロゴを持っているのが通常です。

たとえばニューヨーク・ヤンキースでも「バット+ハット」のロゴと、「N・Y」のイニシャルを重ねたロゴ、2種類が有名ですよね。そのほかにも筆記体で「YANKEES」って書いたロゴもありますし、バリエーションがなんとも豊富。


ちなみに「N・Y」のイニシャルは「New York」の略。あの宝飾ブランド “ティファニー” がデザインしたものがきっかけというのは、ファンの間では有名なエピソードです。

MLBコレクターとしては色んなロゴを集めたくなるもの。特に古着だと当時のロゴが使われているので、未入手のロゴを見つけてテンションが爆上がりのお客様もチラホラ。。。

ネイビーベースのカラーパターンでタウンユースにも使いやすい

ヤンキース パーカー

ニューヨーク・ヤンキースのTシャツやパーカーは、ネイビーベースにシンプルなワンポイントロゴが主流です。

さらにシンプルなデザインのアイテムが多いので、どんなスタイルにも合わせやすいのが幅広い層に人気の理由。


MLBアイテムの中には結構派手なデザインもありますし、チームユニフォームだと「着こなしが難しい」と手を出せない人もいます。

正直なところ、今の時代では「ちょっと着こなせないかも…?」っていう個性的過ぎるデザインもあるんです。

(※もちろんラッシュアウトでは、アメリカで買い付けるときにデザインの見極めもやっています!)

現代のアメカジスタイルにマッチしやすいヤンキースのチームアイテム


引用:wear.jp

ヤンキースのスタジャンを取り入れたアメカジスタイルな着こなし。キャップとデニムで「ザ・王道」なスタイルは、若い男性にもマッチしています。



引用:wear.jp

ネイビーベースシンプルなユニフォームなら、普段着としても着られます。こちらは古着のベースボールシャツを使った着こなしで、明るいカラーのアイテムを取り入れた爽やかなコーデ

RUSHOUTではMLBをはじめアメリカンスポーツ系のビンテージ古着を豊富に揃えています。

MLBの古着の魅力についてご紹介しました。MLBアイテムはシンプルなデザインが多く、1点モノの古着もおしゃれに着こなすことができます。

人が持っていないアイテムを手に入れたら、ぜひおしゃれにコーディネートして楽しんでみてください。

アメリカ古着を取り揃えるRUSHOUTでは、MLBの本場アメリカでスタッフが直接買い付けたアイテムを取り揃えています。

また、NBANFLといったスポーツアイテムも充実!バスケットファンやフットボールファンもお宝が見つかるかもしれません。

スポーツアイテムやアウトドアアイテムにも強いRUSHOUTで、ぜひ1点モノを見つけてください!

MLB

90年代のレジェンドたちが蘇る!NBAの古着アイテムとアメリカンカルチャー

NBA シカゴブルズのスタジャン
出典:instagram @marvelkidd

スポーツ大国アメリカで最も活気のあるスポーツリーグの1つ、NBA(National Basketball Association)。

日本では野球やサッカー、ラグビーの人気に埋もれがちですが、NBAは世界215の国と地域、50言語で試合をしているほど世界で注目されているプロスポーツリーグです。

昨年2019年の4月、八村選手がドラフト指名を1巡目で受けるという日本人初の快挙を成し遂げたことはまだ記憶に新しいですね!

国内では2019年のユニフォームの売上げ1位は八村選手、チームグッズ部門では彼が所属するウィザーズは2位と、NBAへの関心が高まっています。

◆NBA歴代日本人プレーヤー

  • 田臥勇太(2003年~2008年):日本バスケット界からNBAへの道を切り開いた日本人初のNBAプレーヤー
  • 渡邊雄太(2018年~):出場2試合目で決めたダンクとスリーポイントシュートがNBA公式の新人ベストプレーに選出
  • 八村塁(2019年~):日本人初のNBAドラフト1巡目指名


さて、本日の古着コラムのテーマはまさしく「NBA」!!

NBAと言えば、「90年代」「ヒップホップ」「ビンテージユニフォーム」と、スポーツ以外のアメリカンカルチャーと関連性の深いキーワードも多く、バスケットファンはもちろん古着好きも目を光らせている方が多いんです。

今回は「NBA x アメリカ古着屋」のコラボレーションをお楽しみいただければと思います!

【NBA × ファッション】コーディネートに決まりごとは無い!

古着屋のNBAアイテムの前で足を止めている方は、熱烈なチームファンだったり、バスケット好きのB-Boyだったり、90年代のアメカジ好きだったり、ビンテージコレクターだったり、、、と様々です。

「目的が違えば使われ方も人それぞれ!」

ということで、どんな方がどんな風にNBAのアイテムを取り入れているか少し覗いてみましょう。

トップスとの重ね着でストリートMIXスタイルに

NBAユニフォーム コーディネート
出典:wear.jp

ユニフォームのゆったりめのサイズ感を、春夏用のパーカーとフィットさせて、イカツすぎず・ゆるすぎずなストリートMIXコーデ。

ディッキーズのハーフパンツに足元はコンバース、とアメカジスタイルとの相性も抜群です!

ヘビートーンでもゴツゴツしすぎない!ビッグロゴがアクセント

NBAユニフォーム コーディネート
出典:wear.jp

こちらもユニフォームのオーバーサイズ感を活かした肩ひじ張らないラフなスタイリング。

普通のタンクトップではできない厚手のパーカーとの重ね着もゲームジャージならピッタリ。

アウター、パーカー、スウェットパンツとユニフォームのベースカラーを落ち着いたダークトーンで合わせることで、ビッグロゴ(チームロゴと背番号)の存在感が際立ちます!!

ビッグサイズのユニフォームがワンピースに【B-Girlスタイル】

出典:Instagram @nbajerseyhot

NBAの試合中継にもユニフォーム姿のホットな美女が映ることがありますが、こんな風にワンピース代わりに取り入れることができます。

チアリーディングの衣装もバスケットのゲームジャージをモチーフにしたデザインがよく見られます。

羽織るだけで圧倒的な存在感!ブルズのスタジャン

NBA スタジャン コーディネート

出典:Instagram @btakeyobit

ブルズのイメージカラーである「レッド x ブラック」と大きな闘牛(Bull)のバックロゴ。ジャケットから放たれるこの存在感だけで圧倒されます。

太めのジーンズから黒のスキニーパンツまでボトムスは比較的合わせやすく、とにかく何を穿いても上半身に不動のどっしり感があります。

【NBA × 90年代 x ビンテージ】全盛期が古着アイテムから蘇る!

90年代のNBAは「あれほどのスーパースターが揃っていた時代はもう二度と来ないのかも…」と言われるほど名実ともにスタープレイヤーが多く活躍していたそう。

NBAアイテムの中でも90年代のビンテージは、バスケットファンからも古着好きからも人気です。

90年代NBAはレジェンド揃い!名選手のユニフォームは争奪戦に

NBA 90年代ユニフォーム

左から、マイケル=ジョーダン(シカゴ・ブルズ)、コービー=ブライアント(ロサンゼルス・レイカーズ)、スコッティ=ピッペン(ポートランド・ブレイザーズ)

古着の良さは何と言ってもその安さですが、スポーツのユニフォームにおいては「引退した選手の当時のモデルが手に入る」のも古着のメリットでしょう。

90年代にはバスケットボール殿堂入り(選手、コーチ、レフェリー、プロアマ含む)を果たしたスター選手がNBAから数多く輩出され、当時のユニフォームやチームグッズの価値は非常に高いものとされています。

特に90年代に強かったシカゴ・ブルズやロサンジェルス・レイカーズのユニフォームは、選手単位で人気が高く、入手困難な上に売り切れるのも早いです。

アメリカ代表「ドリームチーム」のユニフォームも人気です

1996年ドリームチームのユニフォーム

こちらは1996年のアトランタオリンピックのアメリカ代表ユニフォームです。

1992年のバルセロナオリンピックからプロ選手の出場が解禁となり、当時のNBA史上屈指のスタープレイヤーが選抜され、「ドリームチーム」という公式ニックネームが称されていました。

タンクトップ ユニフォーム

NBAの「スタジャン」はチームアイテムの代表格

NBA チームスタジャン

遠目からでもすぐに認識できるくらいの背面の大きなチームロゴがいいですよね!

数十年経った今も人気が衰えることのないレジェンドたちですが、その当時のチームウェアであるスタジャンもまた、希少価値の高いアイテムです。

nba アウター

【NBA x ヒップホップ】スラム街から生まれるスターは共鳴しあう

camronカムロン ヒップホップとNBA
出典:Instagram @haremmi_wallance

実は、ヒップホップアーティストの中にはバスケットが大好きで、大学チームから奨学金が出るほどの実力者も多いです。

また「怪我のためにバスケを断念して、ラッパーにキャリアチェンジした」なんて人も少なくありません。

NBAの試合をよく観戦する人なら気づいているかと思いますが、試合会場で流れるBGMってヒップホップ(またはR&B)が多いと思いませんか?


実はアメリカンカルチャーにおいて、バスケットボールとヒップホップは切り離せない関係にあるんです。

アフリカ系アメリカ人から生まれたヒップホップとバスケットボール

かつて奴隷としてアメリカ大陸に連行された西アフリカ系の黒人は、奴隷制から解放された後も大半は貧困層を占めていました。

そんな彼らにとって、バスケットボールはボールとゴール代わりのものさえあれば、場所や人数を選ばずにできるスポーツ!!

また時を同じくして貧困地帯では、社会の理不尽を訴えたり、同士で不満を言い合って自己を主張・表現する「ラップバトル」「ダンスバトル」が、スラム街の至る所で1日中行われていました。


もともと黒人奴隷だったアフリカ系アメリカ人のライフスタイルから生まれたスポーツとエンターテインメントが融合したのがストリートバスケットです。

ヒップホップミュージックと派手な実況、観客の大歓声と野次、観客を煽って沸かせるプレイスタイルなどはNBAの試合中継でも見られますよね。

NBAプレーヤーも観客もヒップホップが大好き

NBAアイバーソン ファッション
出典:Instagram @theofficialai3

バスケットボールが得意なヒップホップアーティストがいる傍らで、逆にラッパーとしてのスキル”も”高いNBAプレイヤーもいます。

捨てきれない夢を追って二手に別れたものの、同じ環境で育ち、スターへの険しい道のりを進んでいく者同士、共鳴し合える部分も多いのではないでしょうか。

【NBA x 古着屋RUSHOUT】アイテムも文化もアメリカ現地から直入荷!

今回は、NBAに馴染みの深いキーワード「ファッション」「90年代」「ヒップホップ」と古着のコラボをお届けしました。

NBAのアイテムを購入する方の趣味・嗜好は様々。ファッションに取り入れることにも特にルールはありません。

NBAファン、B-Boy & B-Girl、90年代ビンテージコレクター…彼らに共通することは、みんなバスケットボールが大好きだということ。


アメリカでは古くから国技として活気のあるNBAの世界ですが、田臥選手以来14年ぶりに2018年にNBA入りした渡邊選手、続いて2019年にドラフト指名の快挙を成し遂げた八村選手の活躍もあり、今後は日本でもさらに注目度が高まるのではないでしょうか。

その一方で、数十年前に多大な功績を残したNBAレジェンドたちは今もなお、世代を越えて愛され続け、当時のユニフォームや彼らが愛用したアイテムの価値は上昇を続けています。


アメリカ古着を取りそろえるRUSHOUTは、ビンテージ古着を含め、全てスタッフがアメリカ現地で厳選して買い付けた商品ばかり。

あのレジェンドが着用していたユニフォーム、時代と共にデザインの変遷が見えるチームのスタジャン、そのほかNBA関連アイテムやアメリカのプロスポーツブランドを常時入荷しています。

周りとはちょっと違った個性的なアイテムをお探しの方は、ぜひRUSHOUTをご利用ください!!

NBA

スカジャンの古着はホントにおじさんだけのもの?新しい着方を考察してみた!

スカジャン

スカジャンはおじさんが着るものでしょ?」と思っているあなた。

実は今、おしゃれな若者の間でスカジャンは評価されているんです!

スカジャンってかっこいいけど手を出しにくい
おじさんっぽくない着こなしってどうすればいいの?

今回は、こういったスカジャンに興味はあるけどなかなか手は出せないでいる方々に向けて、スカジャンの魅力や歴史、おしゃれなコーデをご紹介します。

スカジャンとは?あらためて整理しよう

10代~20代の人にとっては、「スカジャン」と聞いてもピンと来ないかもしれません。豪華な刺繍が特徴のスカジャンは、実は日本発祥のアイテム!アメリカ軍人に愛用された歴史ある上着なんです。

スカジャンとスタジャンの違いは?

「スカジャンとスタジャン、どっちが正しいんだっけ?」と思っていませんか?
スカジャンスタジャンも羽織ものですが、この2つは別物なんです。

スカジャンは「ヨコスカジャンパー」

そう、スカジャンの“スカ”は、何を隠そう「横須賀」からきているのです。つまりスカジャンは日本発祥!横須賀のアメリカ軍人が、自分のジャケットに刺繍を入れたことがきっかけで広まったアイテムなんです。

のちにアメリカ軍人のお土産としても人気になったので、トラや龍といった和風の柄が多いんです。リバーシブルになっているスカジャンが多く、生地は“カシャカシャ”と音がするサテン別珍といった生地がよく使われます。


スタジャンは「スタジアムジャンパー」

ちなみに和製英語なので英語っぽく言ってもアメリカ人には伝わりません。

アメリカでは「レターマンジャケット」「アワードジャケット」と呼ばれているようです。

ウールなど厚手の生地+レザーを取り入れた防寒性が高いアイテム。スタジアムで着るものなので、チームのロゴやイニシャルの大きいワッペンがポイントのデザインが主流です。

ビンテージのスカジャンの世界

スカジャン

古着の世界でよく言われるビンテージは、「昔の良質なもの」という意味があります。良質な服だったからこそ素晴らしい古着となって、我々に受け継がれているのですね。

“古着のスカジャン”といえば50年代物のビンテージ

横須賀にたくさんのアメリカ軍人が駐在していたのは1950年代ごろ。スカジャンも1950年代に全盛期を迎えているので、素晴らしいビンテージが揃っているんです!

アメリカ軍人が実際に愛用していたスカジャンとなれば、スカジャンオタクやコレクターにとっては垂涎もの。だからなかなか手に入りません。


スカジャン

これも1950年代のビンテージジャケット。当時のスカジャンの刺繍には米軍基地の地域名が使われることも多くて、こちらのスカジャンではコリア(韓国)とオリエンタル柄の鷹が刺繍されています。

戦後で貧困に苦しんでいた日本は、アメリカ軍が家族へと購入するお土産も大事な資金源でした。そこで生まれたのがスカジャンで、アメリカでは「スーベニア(記念品)ジャケット」ともいわれます。

つまりビンテージ物のスカジャンは、日本で作られたものがアメリカに渡り、そして古着として日本に戻ってきているものが豊富なんです。当時スカジャンは大変メジャーなアイテムだったので、市場も大きいんです。

スカジャン好きの有名人

スカジャン好きの有名人は、以下の人がいます。

・菅田将暉さん
・山崎賢人さん
・草彅剛さん
・浜田雅功さん
・所ジョージさん
など


特に菅田将暉さんは、番組で明石家さんまさんのためにスカジャンをミシンで手作りしたエピソードが有名ですね。

また、海外には30億円分ものスカジャンを保有する、熱烈なビンテージスカジャンコレクターもいます。

最近、スカジャンはおじさんだけでなく若者に注目されていることを知っていますか?


スカジャン

スカジャン=おじさんややんちゃな人の物」というイメージを持っている人も多いものです。あと、「スカジャンかっこいいな」と思っていても着こなしが難しくてなかなか手が出ない人がいるのでは?

最近は若者にもスカジャンブームが起こっていますし、”おじさん感”が出ない着こなしもありますよ!

若者に「スカジャン=かっこいい」を浸透させたヨンス

日本の音楽グループであるSuchmos(サチモス)を知っていますか?日本の男性6人で結成されたロックバンドグループで、紅白にも出場経験がある人気アーティストグループです。

そのSuchmosのボーカルを務めるヨンスこと河西洋介さんのファッションがかっこいいと、若い男女の間で注目されています。


出典:Instagram @scm_japan

Suchmosはスニーカーや着古したジャージなど、着飾らずに自然体で着こなすファッションが特に人気!中でもヨンスさんは身長が高くファッションもおしゃれと、男女問わず人気があります。

そんなヨンスさんの影響もあって、若い人達の間でスカジャンがじわじわきているんです。上の画像では左から3番目がヨンスさん。この画像でも古着風のおしゃれな上着を着ていますね。

スカジャンの特徴の「刺繍」も、若者にはこのように解釈されている

スカジャンといえば刺繍が外せません。インパクト大のデザインで取っつきにくさを感じるかもしれませんが、その“刺繍”が好きという若者も多くいるんです。

昨日見たスカジャンめちゃかっこよくて欲しかった、、刺繍の色味 最 & 高 だった、、

twitter @dairokusenpai

スカジャンとかバッチバチの龍の刺繍とかしてるの最高だし、軟骨にピアスつけてるのもめちゃめちゃすき

twitter @kamiki_jack

虎や鷹といった和柄は「イカツイ」イメージが先行しがち。「スカジャン=限られた層のアイテム」と思われやすいんですが、Twitterでもスカジャンの刺繍は「かっこいい」と評価されてるんです。

ちなみに、こんなスカジャンもあります。

スカジャン グッチ
出典:twitter @fashionsnap

あの高級ブランドGUCCIもスカジャンを発表しているんです!しかも日本を前面に押し出した春画風のデザイン。もはやスカジャンは日本の文化といっても過言ではありません。

スカジャンを自由に解釈する若者のコーデの組み合わせ

一見派手な印象があるスカジャンも、こんなコーデにすればおじさんっぽさが出ません。

リバーシブルのスカジャンは着まわし効果抜群!

例えば、先ほどご紹介した韓国の刺繍が入ったスカジャン。実は、裏面は青がベースでトラの刺繍が入っており、リバーシブル仕様なんです。


スカジャン

リバーシブル仕様が多いスカジャンは、その日のコーデに合わせてどちらを着るか選べるのが嬉しいところ!1着で2回楽しめるお得感があります。

長めトップスと合わせて“今風”コーデ


引用元:https://wear.jp/nemushizzz/16232159/

トレンドを押さえたいなら、スカジャンに長めトップスを合わせるのがおすすめ!適度に“ゆるい”雰囲気が出るので、飾らないおしゃれなコーデになります

スキニーパンツと合わせてスタイリッシュに


引用元:https://wear.jp/nothin/16204254/

一気にスタイリッシュさが出るスキニーパンツとスカジャンを合わせると、若者らしいオシャレなコーデが完成します。

スカジャンというとビンテージのダボっとしたジーンズと合わせるコーデが多いですが、若者に人気のスキニーパンツを合わせると脚長効果も出て、おじさんっぽさを感じさせません。

ビンテージのスカジャンの品質の判断の仕方

古着は文字通り“古着”ですから、品質の見極めが肝心です。

特にビンテージは何十年も前に着られていた古着ですから、新品のようにピシっとはしていません。(そこが古着の良いところでもあります)

しかしビンテージとは「良質な古着」であることが条件ですから、購入前にある程度は自分で見極めたいところです。

まずスカジャンの場合は、
・リブの伸び
・刺繍のほどけ具合

はチェックしておきましょう。かなり着古されたスカジャンや保存状態がよくないものは、リブが伸びきっていたり刺繍がほどけていたりします。

あとは、刺繍部分やサテン地の日焼け・色褪せも要チェック!古着の場合は、ポケットの破れボタンの欠損襟元や袖口に黄ばみ・黒ずみがないかも見ておきましょう。

新品の「スカジャン風」のものはスカジャンなのか?

ビンテージや古着に限らず、今も新品のスカジャンは販売されています。もちろん新品であってもスカジャンに変わりありません。


たとえばスカジャンや古着好きで知られている草彅剛さんも、YouTubeで新品のスカジャンを紹介しています。

Youtube: ユーチューバー草彅チャンネル

古着のスカジャンは“くたっ”として体になじんだ仕上がりが特徴ですが、新品のスカジャンも古着っぽくダメージ加工されたデザインがありますよ。

古着のスカジャンで“おしゃれ男子”誕生!

スカジャン

スカジャンの魅力や着こなし、歴史についてご紹介しました。今やスカジャンはおじさんだけのものではありません!

Suchmosのヨンスみたいにおしゃれな着こなしをすれば、スカジャン1枚で個性的なアメカジ男子が誕生します。

若者にもおしゃれアイテムとして知られているスカジャンですが、古着だと量産されていない1点モノに出会えます!


アメリカ古着を取り揃えるRUSHOUTは、すべてスタッフがアメリカで買い付けてきた素敵なアイテムばかりです。

ビンテージスカジャンの他にも、多くのアメリカンブランドやアメカジ系アイテムを取り揃えています。ぜひRUSHOUTをご利用ください!

刺繍 ジャケット

アイテム数が多すぎるアディダスのジャージを古着屋が解説!「あなたならどれを選ぶ?」


出典:Instagram @melissahamman

メンズもレディースもキッズも着回せる定番の黒のセットアップジャージと言えば『アディダス』

近年はスポーツミックスファッションが注目されていることもあり、「ジャージ」の見られ方も変わってきたように感じますが、中でも歴史が長くアイテム数も多いアディダスのジャージは、時代を問わず幅広い年齢層に愛されています。

「ジャージ」というカテゴリーの中にもさらにモデルやシリーズが分類されており、バリエーションも豊富なため、様々なファッションスタイルにマッチしやすく、古着好きにも昔からの定番アイテムです。

ただあまりにも種類が多すぎて、何を目安に選べばいいのか困惑する人も。

もちろん自分がピンときたものを手にするのが一番いいのですが、そのモデルがブームとなったきっかけや、その時々の時代背景なんかを知っておくと、またチェックするポイントが変わってくるかもしれません。

今回は、そういった新しい観点をご提供できるような、アディダスのジャージにまつわるエピソードや魅力をお伝えしつつ、古着屋目線でチョイスしたおすすめアイテムをご紹介したいと思います。

今や世界中で愛されるアディダスのジャージ!その火付け役となったのは?

アディダスは、プロスポーツ選手だけでなく有名人や世界のセレブたちからも人気が高く、世界中のアディダス愛好家を挙げるとキリがありません。

今回は、その中でも世界中に影響を与えた数少ないブームの「火付け役」になった人物をご紹介したいと思います。

【RUN DMC】HIP-HOP界をアディダスに染めた80年代のスーパースター


出典:Instagram @thehiphopanthologist

アディダスがスポーツ選手以外で初めてプロモーション契約を結んだのが、80年代HIP-HOPグループ『RUN DMC』です。

80年代以前に活躍していたHIP-HOPミュージシャンたちは派手なぶっとんだスタイルが印象的でした。

そんな中、大きな黒い帽子にアディダスのジャージ、足元は紐なしのスーパースター(アディダスのスニーカー)で登場した『RUN DMC』。

これまでのHIP-HOP界では見られなかったRUN DMCの新しいアウトフィットが、当時の若者の目には斬新に映り、絶大なファッションブームを引き起こしました。



出典:Instagram @thecamagency

彼らのヒットナンバー『My Adidas』に合わせてアディダスのスーパースターを掲げる観客たち。

スーパースターが「スポーツシューズ」から「ファッションアイテム」として認識される道を切り開いた歴史的瞬間です!



出典:Instagram @jones.po

当時のブームから30年以上経った今でも、アディダスの黒いセットアップジャージは「RUN DMCスタイル」と呼ばれ、幅広い年代がその影響を受けています。

【Jamiroquai】アディダスのジャージはデビューから27年経った今も彼のトレードマーク

ジャミロクワイ ファンクオデッセイ

ポップス・アシッドジャズ界の帝王「Jamiroquai」(Jay Kay)もアディダスのヘビーユーザーとして知られています。

90年代で見られるビッグシルエットの流行に反して、Jamiroquai流のタイトな着こなしはまさに60~80年代のスポーツカジュアル。

細身のボディラインにアディダスのシンボルともいえるスリーライン(3本線)が絶妙にフィットしています。



出典:Instagram @jamiroquaifans (左:1993年、上:2011年、下:2020年)

ライブ中の曲の高揚やバックバンドのアレンジに合わせて即興で独特のダンス(ブレイクダンスやパントマイム)を披露してくれるJay Kay。

彼にとってアディダスのジャージとスニーカーは、ファッションとしてだけでなくステージパフォーマンスの必需品なのかもしれません。

1993年のデビュー当時ほど普段からジャージを着用することは少なくなりましたが、ステージ上では50歳になった現在も相変わらずのアディダス愛がうかがえます。

アディダスのアイテムでよく見る2つのロゴマークの違い


出典:Instagram @adidasoriginals

アディダスのアイテムを探していると、よく見るロゴマークが2種類あることに気づくかと思います。

古着のジャージに関しては特に写真下のトレフォイルマーク(三つ葉、リーフ)を探している方が多いのですが、両者の違いを簡単にご説明しておきます!

「トレフォイル」は70~90年代のアディダス歴代名作の象徴


出典:Instagram @adidasoriginals

1972年から1995年までアディダスの正式ロゴとして使用されたトレフォイル(三つ葉のロゴ)は、古代スポーツで勝者に授けられる「月桂樹の冠」をモチーフにしたにしたもの。

「90年代までのロゴなのに、最新モデルのジャージにもこのロゴを見かけるのはなぜ?復刻版?」


実は、現在アディダスは「アディダス・パフォーマンス」というスポーツウェア路線「アディダス・オリジナルス」というストリートウェア路線の2つのラインに分かれていて、トレフォイルは後者のオリジナルスのアイテムに使用されています。

アディダス・オリジナルスもスポーツウェアの一部ではありますが、過去の名作や世界を代表するクリエイター・デザイナーとのコラボレーションなどをストリートウェアとして展開しているスポカジ寄りのラインナップとなっています。

⇒古着のアディダスのタグから年代を見分ける方法 60年代~90年代

現代の「スリーストライプス」ロゴはプロフェッショナルなスポーツシーンを先導


出典:Instagram @adidas

一方で、スリーストライプスを使用している「アディダス・パフォーマンス」は、最先端の技術や素材を開発・採用によりアスリートの最高のパフォーマンスを実現することをコンセプトとしたプロフェッショナルなスポーツウェアを揃えています。

インスタグラムで「アディダスオリジナルス」と「アディダス(パフォーマンス)」を見比べていただくとわかりやすいのですが、後者は主にスポーツシーンを収めたショットが多いです。

アディダスのジャージを古着で選ぶならどっちを買えばいいの?

好きなものを買いましょう!「自分が気に入ったものが最善の選択」です!

が、古着好きはやはり独自のこだわりを持っている方々が多いので、「やっぱり三つ葉(トレフォイル)でなきゃ!」という方もいます。

特にコレクターの方はトレフォイルロゴ時代の70~90年代のジャージを探している方が多いです。

また、昨今の90年代ブームでビッグロゴを狙って来店される方もいます。90年代前半と後半でちょうどロゴが切り替わるので、これはどちらのロゴマークも該当しますね!

【定番からレアなお宝まで】古着で入手できるアディダスのジャージ

古着は数年前の比較的新しいものから50年以上もの歴史をもつレアなものまであり、そのアイテム数は膨大です。

中でも長い歴史を持ち、多彩なデザインやカラーバリエーションを持つアディダスのジャージにおいて、全てのシリーズやモデルを網羅するのは至難の業。

ここでは長年古着を愛し、アディダスジャージの変遷を追ってきた当店RUSHOUTの目利きスタッフが、独断と偏見でイチオシのアイテムを厳選してご紹介します!

まずは定番!アディダスのジャージといえば「スリーライン」


出典:Instagram @adidasoriginals

ジャージ、スニーカー、そしてロゴマークまで、「3本のストライプといえばアディダス」というくらい世間に浸透している「スリーライン」デザイン。

このデザインの由来をお話しておくと、、、昔のスポーツシューズは革製だったため、履くうちにだんだん中足部が伸びてしまうという問題がありました。

それを解消するために中足部を3本のバンドで補強し、その部分の機能をデザインとしても表現するようになったのが始まりだそうです。(1949年)


スリーライン大好きコレクターから、ふらっと立ち止まってお気に入りを見つけて購入される方まで、スリーラインはアディダスのシンボルとしていつの時代もどの世代からも人気が高いです。

アディダス 3本

90年代スタイルを象徴する「ビッグロゴ」

アディダス ビッグロゴ

90年代のアメカジファッションを象徴する「ビッグシルエット」と並ぶ「ビッグロゴ」は、当時のスポーツブランドが得意とする90年代のトレンドです。

もちろんアディダスもその例外ではありません!

ビッグロゴがプリント・刺繍されているアイテムはそれだけで存在感は抜群!!ジャージだけでなく、ジップアップパーカーやスウェットパンツも人気です。

アディダス ビッグロゴ

古着入手難易度大!70~80年代の「ATP仕様」のジャージ

アディダスのジャージ ATP

「古着 ×アディダスのジャージ」で外せないのが、こちらのATPモデル

ATPとはthe Association of Tennis Professionals(世界プロテニス協会)のことで、70~80年代当時、アディダスはATPのオフィシャルサプライヤーとなっていました。


一番の特徴はスポーツジャージには珍しい襟なしのデザイン。

また、ポリエステルとトリアセテートの合成素材となっているため、生地表面の独特の光沢と肌触りの良さがあり、シワにもなりにくいです。

この襟なしデザインのジャージ(トラックジャケット)は「アディダス・オリジナルス」から生産されていますが、現在はリサイクルポリエステル100%を使用していることもあり、ATPモデルは復刻版では表現できないツヤ感と存在感があります。


アディダスATPジャージのタグ

ATPモデルかどうかの見分け方は首元のタグについているATPのロゴです。KEYROLANはフランスの化学繊維メーカーVENTEXが開発した生地の名称です。

当初はタグに「VENTEX」と表記されていましたが、1979年にアメリカのカリフォルニアに製造元を移した際に「KEYROLAN」という表記に変更されたということです。

つまり「VENTEX表記のものは70年代」、「KEYROLAN表記のものは80年代」と判別することができます。


主に男子テニスプレイヤー用に提供されたいたジャージで、一部女子プレイヤー用のものもありますが、古着市場にはあまり出回っておらずウィメンズ仕様は超レアなアイテムとなっています。

atp

元ATPプレイヤーの「イワン・レンドルモデル」

イワントレンドル トラックジャケット

さらにこちらはATPの記載はないのですが、チェコスロバキアの元テニスプレイヤー「イワン・レンドル」のシグネチャーモデル。

スリーラインがシンボルのアディダスには珍しいチェックプリントで、こちらも入手困難で高値がつきやすいのですが、もう引退した選手のモデルを目にするチャンスがあるのは古着屋に行く醍醐味ですよね。

アディダスからスポカジを生んだ「RUN DMC」:ジャージ以外にもシグネチャーアイテムがたくさん!


出典:Instagram @vernonsport

最後はやっぱりこの男たち!アディダスブームの火付け役となった「RUN DMC」です。

実は、ATPのジャージがタウンユースとして流行ったのも、彼らがブラックのATPジャージをセットアップで着用したことが始まりです。


RUN DMCモデル

ジャージだけでなく、スニーカーや「RUN DMCロゴ」がプリントされたパーカーなど、まさにアディダス界の"スーパースター"とも言える伝説のグループです。

RUN DMC

古着屋RUSHOUTではアディダスのジャージを常時入荷中!あなたはどれを選ぶ?

今やプロフェッショナルなスポーツシーンとあらゆるスポーツMIXのファッションシーンの双方で存在感を醸しているアディダスのジャージ。

世代を超えて幅広い層に愛されるブランドなだけに、バリエーションが豊富な反面、入手困難な限定モノやレアアイテムも多いんです。

ただ、そういったお宝を発掘できたときの興奮と高揚感を人一倍味わえるのは、古着屋の特権なのかもしれません。

アメリカ古着を取りそろえるRUSHOUTは、ビンテージ古着を含め、全てスタッフがアメリカ現地で厳選して買い付けた商品ばかり。

長い歴史を持ち、時代と共にデザインやカラーの変遷が見えるアディダスのジャージ、周りとはちょっと違った個性的なアイテムをお探しの方は、ぜひRUSHOUTをご利用ください!!

⇒アディダスの商品一覧

アディダス

古着屋が語る「あゝ素晴らしきオシュコシュ」の魅力と人気アイテム

オーバーオールと聞けば、オシュコシュ」
「オシュコシュと言えば、アメリカが誇るワークウェア・ブランド

ワークウェアの古着好きなら、知らない人はいないと言っても過言ではない「オシュコシュ」。

さて、これって一体どんなブランドなんでしょう?

本日のテーマは、ブランド名でもある「OSHKOSH B’GOSH(あゝ素晴らしきオシュコシュ)」です。

オシュコシュの歴史を振り返りながらその魅力に迫ります。古着好きがチェックするポイントや人気アイテム、古着ならではの楽しみもたっぷりと紹介します!

オシュコシュってどんなブランド?素晴らしき歴史と魅力を古着屋が解説


出典:Instagram @leap_aya

1890年代にアメリカ・ウィスコンシン州で生まれたオシュコシュは、作業着メーカーとして、主にオーバーオールなどの作業服を製造する小さなメーカーでした。

しかし世界で初めて子供用のオーバーオールを製造したことをきっかけに、世界的に知られるようになったのです。

現在では「OSHKOSH B’GOSH(オシュコシュ ビゴッシュ)」は子供服ブランドとして知られる大人気のブランドです。デニム以外にもヒッコリーや子供らしいカラフルなデザインが豊富で、コレクターも多くいます。

ちなみに“ビゴッシュ”とは「B’GOSH」であり、英語では感嘆詞の意味合いがあります。「素晴らしや!オシュコシュ」のような意味合いで、語呂合わせ(語感やノリ)で決めたともいわれています。

オシュコシュの原点「オーバーオール」の種類はかなり豊富!

オシュコシュはオーバーオールから始まったブランドだけに、その種類もかなり豊富!!

生地や素材、カラーバリエーションが本当に豊富なので、つい色々なパターンを集めてしまうのもオシュコシュの魅力です。

大人用はもちろん、男の子も女の子も楽しめるデザインが充実しています。

たとえば女の子向けのデザインなら、上はオーバーオール・下はチュチュになったデザインや、お花の刺繍がついたデザインがあります。

さらにオシュコシュは、もともと作業服を作っていたメーカーなので作りがとても丈夫!簡単に破れたりヨレてしまったりしないので、元気に遊びまわる子供にも安心して着せてあげられます

ワークウェアならではのタフなデザインと機能性

農作業や工場作業といった肉体労働のために作られた「ワークウェア」。

元々オシュコシュはワークウェアメーカーなので、丈夫な素材であるほかに機能性が高い点も魅力なんです。

たとえばポケット1つとっても、普通の洋服なら軽く縫い付けてあったりハンカチも入らないほど小さかったりします。

しかしオシュコシュなら、「重たい工具も余裕!」というほど大きなポケットがしっかり縫い付けられています。

もしダメージや汚れがついても、古着の場合はそれがカッコよさにつながります。そして生地がクタっとして体に馴染むので、新品の服のような“バリバリ感”、“服に着られている感”がありません。

タフなワークウェアだからこそ、何十年も前に愛用されていたものが古着として活躍できるんです。

外で遊びたいわんぱくな我が子にも着せたい!


出典:Instagram @aya67aya

オシュコシュを有名にするきっかけとなった子供用オーバーオール。デザインもサイズも豊富なので、こんな風に兄弟でリンクコーデも楽しめちゃいます。

海や川にお出かけする時こそ、転んだり洋服を引っ掛けたりしてもOKなオーバーオールがおすすめですよ。

ちなみに:ベビー~キッズ向けのオーバーオールはオムツ替えが簡単!

ベビー用 オシュコシュ

実はオシュコシュのベビー~キッズ向けのオーバーオールはこんな風に足元の内側がボタン式になっていて、オムツを簡単に替えられるようになっているんです!

子供にオーバーオールを着せると、「脱ぎ方が難しくてトイレが間に合わない!」ということも…。

オシュコシュのオーバーオールならオムツ替えもラクですし、オムツを卒業した子供もトイレに困りません。

オシュコシュを古着で楽しむなら!【古着好き推しのポイント】

多くの古着ファンを持つオシュコシュのワークウェアですから、「着る時は古着ならではの楽しみ方をしてほしい」というのが古着屋として思うところです。

ここでは、古着好きのオシュコシュの「推し」ポイントを紹介します。

流行りに左右されない現物のワークウェアが個性を生む

カラーやデザイン、シルエット、サイズ感など、普通のファッションには必ず「トレンド」というものが存在しますが、このトレンドばかりを追いかけると、

「あ!友達と服が被ってしまった」「今すれ違った人と全く同じ服着てる…」

なんてこともありますよね。

その一方で、古着は流行を追わない1点モノばかりなので、人と服が被ることはまずありません。

オシュコシュは機能性・実用性を重視した現物(ゲンブツ)のワークウェアです。

ワーク系ファッションで”流行り”のダメージ加工やビンテージ加工では表現できない「リアルなダメージ」が個性とビンテージそのものを生み出します。

古着には国内で正規販売していない海外ブランドもあり、「誰も知らない」「レア感」を楽しめるのも古着の大きな魅力です。

気に入ったアイテムは流行を気にせず何年も愛用できる。これが古着です。

ワンランク上の古着好きはタグにもこだわろう!

洋服ならほとんど見ることがないタグも、古着では大事な意味を持っています。

年代によって付け方やデザインが変わるタグは、製造された年代を判別する手がかりです。

さらに古着好きの中には年代別のタグを集めるタグコレクターまでいます。

アイテムや刺繍の位置によっても変わりますが、例えばオシュコシュのタグにはこんな感じのものがあります。

オシュコシュ タグ

70年代のオーバーオールの胸ポケット部の紺地に黄色い刺繍のミニタグ。60年代以前は「B’GOSH」が小文字表記だったそう。


オシュコシュ バックタグ

こちらは同じくオーバーオールの背中にある逆三角形のバックタグ。「B’gosh」が小文字で右肩上がりになっているものは60年代以前のものと言われています。

右は80年代モノですが、70年代以降はタグの下に「THE GENUINE ARTICLE」と表記されるようになります。


オシュコシュ 60sタグ

こちらは珍しい60年代アウターの大きい四角タグです。オシュコシュの下に「Sportswear」の筆記体が入るのは60~70年代に見られます。

実は、オシュコシュには50年代のアウターに紙タグというものが存在します。文字通り「紙」でできているので取れやすく、タグが切れずに残っている古着は超希少なです。(当店ではまだ未発掘です…!!)

古着屋RUSHOUTが選ぶオシュコシュの人気アイテム

オシュコシュと言えば…ヒッコリーストライプのオーバーオール

オシュコシュ オーバーオール

足部分の汚れもワークウェアのいい”味”になってます。

まず、オシュコシュを語る上で絶対外せないオーバーオールですが、特にヒッコリーストライプはオシュコシュの中でも特に人気が高く、入荷してもすぐに売り切れてしまいます。

ヒッコリーストライプとは紺地に白いストライプが入ったデニム生地のことで、汚れを目立たなくする効果があります。

だからワークウェアによく使われていて、「ワークウェアの古着が欲しい!」という人には特に人気です。

ちなみにヒッコリーストライプの生地でオーバーオールを作ったのもオシュコシュが世界初!オシュコシュはオーバーオールのパイオニア的存在なんです!!

オシュコシュ オーバーオール

オシュコシュのキッズ向けオーバーオールはとくかく個性的

オシュコシュ キッズ

遠くからでも目を引く真っ赤なオーバーオールは、他の子たちとは被らない個性的なおしゃれを楽しめます。

男の子が大好きな汽車がプリントされたオーバーオールは、プレゼントにもおすすめです。

オシュコシュ キッズ

クローバーのボタンがアクセントになるカバーオール

オシュコシュ カバーオール

1840年~50年にかけて起こった「カリフォルニア・ゴールドラッシュ(※)」で普及したといわれるクローバーがあしらわれたボタンがポイントのカバーオール。

ワークウェアらしく工具を持つ手が空くように大きなポケットがついていますが、この大きなポケットは「ゴールド」をパンパンに詰め込むために使っていたのかも。

※ゴールドラッシュ:金脈を探し当てて一攫千金を狙う採掘者が殺到すること


カバーオール オシュコシュ

こんな風に、裏地がフリースになった防寒タイプのカバーオールもあります。

子供から大人まで魅力満載のオシュコシュの古着はRUSHOUTで!

オシュコシュ オーバーオール

本日のテーマ「あゝ素晴らしきオシュコシュ!」の歴史と魅力、いかがでしたでしょうか?

オシュコシュの代名詞ともいえるオーバーオールは、ワークウェア好きにも古着好きにも大人気のアイテムです。

当店RUSHOUTはアメリカ古着の専門店として、オシュコシュを始めとするワークウェアの定番ブランドから貴重な隠れアイテムまで豊富に取り揃えています。

常時2万点以上取り扱っている古着は、スタッフがアメリカの契約倉庫から1点1点厳選したものばかり!

個性的なビンテージワークウェアをお探しの方は、ぜひRUSHOUTをご利用ください!!

⇒オシュコシュの商品一覧

オシュコシュ

古着屋が絶賛するアメリカ生まれの作業パンツ【機能性・耐久性・デザイン性が抜群】

作業パンツ 古着

普段の仕事で作業服を着用する方々の間で「作業着は古着から選ぶのが一番!」という考え方は結構メジャーになってきているようです。

「作業服専門店よりも古着屋でジーパン買った方が安いんだけど・・・」
「古着って何でこんなに丈夫なの?前の持ち主も使ってたはずなのに」
「作業着に古着を取り入れてシャレた着こなしする人が周りに増えてきた」

こんな感じで古着の良さを感じてくれる方がいるのは、古着屋としても嬉しい限りです。

すぐに汚れるのに新品のブランドを取り入れるのも気が引けるし、、、かと言って多少は見栄えも気にしたいし、、、よし、古着でカッコイイアイテムを探してこよう!!

ただ、カジュアルすぎると、作業着としての機能(耐劣化性・耐摩耗性など)を果たせなくなるし、作業着の着こなしって意外と難しいんですよね。


そこで今回は、いかなるトップスにも比較的合わせやすい「作業パンツ」をご紹介したいと思います。

特に海外古着は、作業着としての十分な機能を担保しつつ、日本では販売されていないブランドや一点ものアイテムといった個性も取り入れることができるのでオススメです!

作業パンツとしての定番から、周りとは一味ちがう古着屋チョイスまでたっぷりとご紹介させていただきます!

作業着にワークウェアブランドの古着を使うのがオススメできるワケ

作業パンツ 古着

作業着に古着を取り入れている人は結構多いとのことですが、改めて作業着に古着を活用するメリットを考えてみました。

  1. 機能性・耐久性・実用性重視のアメリカ古着との相性がいい
  2. 新品よりも体に馴染んで動きやすい
  3. 汚すために買ったのに何故か愛着が湧く

①機能性・耐久性・実用性重視のアメリカ古着との相性がいい

アメリカのファッションカルチャーでは、「衣服は無駄のない機能性と実用性の高さを追求して設計されるべき」という考え方が主流です。

それは作業着においても例外ではなく、作業着には「働くため」に必要な機能とデザインが凝縮されています。

素材も耐久性に優れたものを採用しているため、古着でもパフォーマンスの高いものが安価に手に入るんです。

②新品よりも体に馴染んで動きやすい

作業着に使用される素材は頑強なものが多いため、良質なものでも買ってからしばらくはバキバキ感があり、どちらかというと「作業着に着られている感」があります。

その点、前のオーナーが着慣らしてくれている古着は、程よく柔らかくなっていて体にフィットしやすいです。

③古着ならではの魅力!汚すために買ったのに何故か愛着が湧く

「安いし、汚れても気にならないし、ガシガシ使うぞ~!!」という思いで手にした古着。

しかし、ふと目に留まって自分の直感で選んだものが長持ちすると、いくら安価と言えどやっぱり愛着が湧くもの。

この子は東日本のボランティアに行くときに、東中野の古着屋で作業着として500円で買った子だったんだけど、なんか愛着が湧いてずっと着てた。 そろそろ襟袖が解れてきちゃったので、寝かせてあげようかなと思う。 お疲れさまでした。永いことありがとうね。@atto_mo

泣けます・・・。

他の人とは違う一点もの。時代に流されない自己流のワークスタイルが古着には詰まっています。

作業パンツの基本:定番の「カーゴパンツ」と「ジーンズ」

ここからは作業パンツとしてオススメのアイテムを、古着屋目線を取り入れつつご紹介していきます。

まずは、ジャンルを問わず、作業パンツとしてよく使用されている「カーゴパンツ」と「ジーンズ」から。

どちらも起源は「労働者のために作られたパンツ」なので、ブランドを問わず自分の気に入ったものを選ぶといいと思います。

新品だと1万円を超えるようなブランドでも、パフォーマンスはそのままで数千円くらいで手に入るのが古着のいいところですね!

①カーゴパンツ

太ももの側面についている工具用の大きなポケットタフな素材動きやすさを重視したラフなシルエットといった「The 作業員」らしさが凝縮されたカーゴパンツ。

作業服屋さんに売っている「迷ったらコレ!」という一番オーソドックスな作業パンツで、最近はストレッチの効いた細身のシルエットやデニム柄といったバリエーションも出てきました。


今でこそ迷彩柄のミリタリー系のイメージが強いカーゴパンツですが、その名の通り(カーゴ・cargo =貨物)、もともとは貨物船や港の労働者の作業着だったそう。

1940年代からアメリカの軍用に採用されているパンツなので、当時も現代もその耐久性と機能性はお墨付き!!


初めて作業パンツを買うという方であれば、ひとまず何本か用意しておきたいところです。

カーゴ メンズ

②ジーンズ(デニム)

作業パンツ ジーンズ

工事、建設、整備、清掃など多くの「働く”現場”」で活躍しているジーンズ。

汚れや色あせ、擦り切れ、ダメージ感も使えば使うほど味が出て、あらゆるテイストのファッションにも取り入れられ、タウンユースとしてもハズレがない老若男女に愛される万能のパンツです。


北米の金鉱山で働く金鉱堀たちのズボンが、過酷な労働環境ですぐに破れてしまっていたことから開発されたのがジーンズの歴史の始まりだと言われていますが、正確な発祥の地は不明。


ただ、アメリカが生んだキング・オブ・デニムと言われる『リーバイス(Levi’s)』のジーンズは「作業着に使えるタフなパンツが欲しい!」という声から生まれ、同じく長い歴史を持つ『リー(Lee)』のジーンズも始まりは自社作業員の正装として開発されたということから、ジーンズが過酷な環境の作業員、労働者のために作られたパンツであることは間違いありません。


どんな作業着のトップスにも合わせやすく、また多彩なバリエーションからチョイスできるので、個性を出しやすく自分の好みやこだわりを表現しやすいアイテムです。

ジーンズ メンズ

ワークウェアブランドから選ぶファッション志向の高い作業パンツ

作業着のコンセプトや機能性をベースに、タウンユースとしてのテイストも取り入れているアメリカンワークウェアの2大ブランド「ディッキーズ」と「カーハート」をご紹介します。

カジュアル向けにも使えるシルエットが用意されているので、「小洒落た感じが出せる無難な作業着が欲しい」という場合は、この2大ブランドを選んでおけばまず失敗することはないでしょう。

①ディッキーズ:労働者の声を大切にしてきたブランド

アメカジワーク系おすすめブランド

アメカジファッションの代表として絶大な人気を誇るディッキーズ(Dickies)ですが、その実態は「働く人々に寄り添う」ことをコンセプトに、丈夫さ・着心地の良さ・動きやすさを追求し続けるワークウェアブランドです。


創設者のウィリアムソンとディッキーは、質の高いワークウェアを作るために、アメリカ中の牧場、工場、鉱山などの働く現場に出張し、労働者の生の声を聞いて回ったそう。


ディッキーズ 作業服

労働者を守るタフさや無駄のない機能性の高さに加えて、デザイン性も優れているディッキーズのアイテムは作業パンツだけではありません。

ツナギやワークシャツといった「労働者のおしゃれな正装」が揃っています。

⇒ディッキーズ(Dickies)の商品一覧

②カーハート:頑強なダック素材から生まれるどっしりとした男らしさ

カーハート 作業パンツ

ディッキーズに並ぶ人気のワークウェアブランド『カーハート(Carharrt)』のアイテムの特徴は、作業着としての「男らしいどっしり感」とファッションウェアとしての「シンプルなデザイン」が共存しているところ。

ダック生地とデニム生地のオーバーオールに始まり、今でもダック生地を採用したアイテムがブランドの象徴ともなっています。

「ダック生地」は、体育館のマットにも使用されているほどの超頑丈な肉厚素材で、ちょっそやそっとじゃ燃えることのない耐火性にも優れています。

新品のうちはバキバキ感があり、着込んだり洗ったりしているうちに柔らかくなってきます。

その点、古着だと最初から体に馴染みやすいですね。洗った時の色落ち感もまた味が出てて最高です。

⇒カーハート(Carharrt)の商品一覧

古着好きが厳選!生地やデザインから選ぶ人気の作業パンツ

最後は、作業着も古着も個性派も大好き!という古着を愛するものが目を光らせる当店で特に人気のアイテムをご紹介します。

ツナギとかオーバーオールが作業パンツの部類に入るかどうかはさておき、古着の魅力もたっぷりお伝えしますので楽しんでいってください!!

①ダブルニーのペインターパンツ

「ダブルニー」とは、膝の部分に当て布を施して、その部分を補強したワークパンツのこと。

ワークパンツの生地にはもともと頑丈なものが使われていますが、それが二重になっているため強度は抜群!そう簡単に破れることはありません。

頻繁に膝を地面につけて作業をする労働者のために、膝部分が擦り切れてしまわないように開発されたワークパンツです。


ダブルニー 作業パンツ

そして、ペインター(painter=絵描き・塗装)ということで、こちらの “いかにも” なアイテムはいかがでしょうか。

働いた勲章みたいでかっこいいですよね。以前の持ち主の歴史や作業現場の風景を想像できるのも古着ならではの楽しみなんです!

ダブルニー

②ヒッコリーストライプのオーバーオール

アメカジワーク系おすすめブランド

ヒッコリーストライプ柄は、ワーク系ファッションにおける定番中の定番デザイン。

ネイビー系が多いこのストライプ柄は、元々は汚れを目立たせないようにカムフラージュするという目的があったそう。


アメカジワークウェア素材

ちなみに胸当てや腰周りに至るところについているポケットも、作業の道具を入れるために作られていて、腰の部分の縦長ポケットは「スケールポケット」と呼ばれ、定規を入れて持ち運べるようにしています。

他にも先ほど紹介したダブルニー加工が施されているものや、「ハンマーループ」と呼ばれるハンマーを吊るして持ち運ぶための紐がついていたり、とやはりオーバーオールは労働者の利便性を第一に考慮した「ワークウェア」です。

ヒッコリー オーバーオール

③『KEY(キー)』のヘリンボーン生地のツナギ

KEY つなぎ

古着好きからひっそりと人気の高い『KEY(キー)』のツナギもご紹介させていただきます!

KEYは、1908年にアメリカ・カンサス州で創設された100年以上の歴史を持つワークウェアの老舗的な存在。

当時のアメリカには、ハイクォリティー・ローコストの作業着が他になく、安価に手に入るKEYのハイパフォーマンスな作業着は労働者の救世主となったそう。


素材にもこだわった古着を選びたいなら、「ヘリンボーン生地」という高密度素材も知っておきましょう。

ヘリンボーン生地

ヘリンとは魚のニシンという意味。生地の凹凸感がニシンの骨に似ていることからヘリンボーンと呼ばれるようになりました。

その強度の高さから、過酷な労働環境の作業着素材としてだけでなく、軍服素材として活躍しています。

ヘリンボーン ツナギ

④オーバーオールのスペシャルブランド『オシュコシュ(OshKosh)』

キッズ用のオーバーオールを世界で初めて作ったことで有名となり、子供服ブランドとして『OshKosh(オシュコシュ)』ですが、元々はアメリカのウィスコンシン州にて、農夫や鉄道労働者向けのオーバーオールを製造していた小さな作業着メーカーでした。

オーバーオールから始まったブランドだけに、他のブランドと比べて、オーバーオールの種類はかなり豊富で、古着好きにはビンテージワークウェアとして人気です。

⇒オシュコシュの商品一覧

オシュコシュ

古着を取り入れた個性派の作業着スタイルで仕事もファッションも楽しもう!

作業パンツ 古着

1日で着用する時間の長い仕事着。

仕事だから・・・とは言っても、やっぱり自分の好きなスタイルを大事にした方がモチベーションも上がりますよね。

アメリカ発のワークウェアはその素材やコンセプトから経年変化で味わいが増し、使い込むことで男らしい風合いも出てきます。


アメリカ古着を取りそろえるRUSHOUTは、ビンテージ古着を含め、全てスタッフがアメリカ現地で厳選して買い付けた商品ばかり。

今回は作業パンツをご紹介しましたが、ワークシャツやポロシャツ、またジャケットやセーターといった防寒着も機能性が高いものが揃っています。

古着のワークウェアをお探しの方は、ぜひRUSHOUTをご利用ください!!

「グランジは燃え尽きた」古着を愛したカートコバーンが次世代に遺したかったもの


出典:instagram @kurtsmemento

理想の男性像・・・それは時に女性からの憧れだけではありません。

「俺もいつかはこんな男に…」

男なら誰しも、ファッション・容姿・生き方、、、全てをひっくるめてかっこいいと思えるような「理想の男性像」というものがあるはず。


90年代のロックバンドシーンに「グランジ」という新たなジャンルを確立した伝説のバンド「ニルヴァーナ(Nirvana)」のボーカル、カートコバーン(Kurt Cobain(享年27))も、多くの「男が憧れる男」の1人です。

現在、彼が生み出したグランジの概念をモチーフに、新たな「グランジ・ファッション(グランジスタイル)」が人気を呼ぶとともに、そのルーツとなった「元祖グランジ」スタイルもまた再燃しはじめ、彼が愛した古着アイテムも注目を浴びています。


しかし、90年代当時、カートコバーンを始めとするグランジ・ロック界のミュージシャン当人らは、世間のグランジというブームには嫌悪感を抱いていたと言います。

それでも、彼が貫き通したかったグランジ精神とは何だったのでしょうか?


90年代のグランジファッションが現代再燃したとは言え、流行に簡単に流されないのが古着を愛する者のモットー。

単純に「グランジ系」と言われるアイテムを揃えて真似るだけではなく、そのスタイルのルーツやパイオニアとなったカートコバーンの生き様や彼が伝えたかったグランジ精神の真意を知ってこそ、形だけにとらわれないグランジスタイルを追求できるというもの。


今回は、「元祖グランジスタイルの魅力」とその生みの親である「カートコバーンが人生で貫き通したグランジ精神」に迫ります!

カートコバーンのファッションに憧れる方も、グランジスタイルに必須である古着に興味を持っていただいた方も、古着が大好きな方も、是非ともお楽しみください!

現代のグランジファッションはどのようにして生まれたのか?

カートコバーンが愛したグランジのルーツを探る前に、グランジ・ファッションが生まれた経緯や現在の位置づけについて簡単におさらいしておきましょう。

グランジの起源は90年代のミュージックシーンで生まれた新たなロックジャンル

現在言われているグランジファッションとは、元々90年代にアメリカのシアトルを中心に流行した「グランジ・ロック」という音楽ジャンルから派生したもの。



出典:instagram @nirvanafanoage.x

カートコバーン属するニルヴァーナはグランジ・ロックの代名詞ともなる人気バンドでした。

ちなみに『グランジ(grunge)』とは、『汚れた、うす汚い』を意味する『グランジー(grungy)』という俗語を名詞化したもの。

80年代後半まで、ロックミュージシャンと言えば、派手で豪華に着飾ることが当たり前のようになっていましたが、カートコバーンらが身につけていたのは着古して擦り切れたネルシャツやカーディガン、穴の開いたジーンズに履きつぶしたスニーカーといったどこにでもあるアメリカの普段着。

こういった彼らのグランジスタイルが、音楽ジャンルとしてだけでなく若者のファッションにも大きく影響を与えたことで、「グランジ系」という新たなファッションカテゴリーが生まれました。

現代におけるグランジファッションの位置づけ

1994年のカートコバーンの死によって、音楽ジャンルとしての「グランジ」はピークこそ過ぎたものの、その後もパールジャムなどポスト・グランジと呼ばれる人気バンドも出現し、当時の影響を与え続けています。

その一方で、ファッションとしての「グランジ」は、その形を変えながらも現代まで引き継がれ、90年代グランジスタイルをモチーフにした新アイテムのリリースやそれらを取り入れたコーディネートが注目されています。

ただ現代のグランジファッションは、90年代当時のカートコバーンらのファッションとは見た目やその方向性が大きく変わりました。

グランジファッション

写真左)出典:thefashionist.com
写真右)出典:stylecaster.com

「ダメージ”加工”」や「ビンテージ”加工”」が施されたジーンズやカーディガンといったグランジ系アイテムに、「着くずし」や「重ね着」などの特徴を取り入れたコーディネートでキレイ目に着こなす。

といったように、グランジにインスパイアされたファッションデザイナーらの手によって、現在はグランジファッションの幅が広がりつつあります。

元祖グランジの理想像・カートコバーンに学ぶ「グランジ精神」

グランジ カートコバーン
出典:instagram @kurtsmemento

ここからは、原点となる90年代元祖グランジスタイルに目を向けて、そのパイオニアであるカートコバーンの生涯とともに、現代に受け継がれる「グランジカルチャー」「グランジ精神」を追いかけてみましょう。

カートコバーンは何故古着を愛用していたのか?【普段着から生まれたグランジファッション】

グランジ カートコバーン
出典:instagram @kurtsmemento

カートコバーンと言えば、ボーダー柄のほつれたニット、毛羽立ってクタクタになったネルシャツ、横糸むき出しの穴あきデニムなどグランジ系ファッションを象徴ともなるアイテムの着用が印象的です。

カートコバーンを代表するグランジ・ロック・ミュージシャンがこぞって古着を愛用していた理由は一体何だったのでしょうか。


それはシンプルに「お金がなかった」からです。


のちに、新たなファッション・カテゴリーとなるグランジ系と言われるアイテムは、実は彼らの「普段着」の愛用から生まれたものだったんですね。

また、彼らは成功を手にしても表面的なゴージャス感や派手さに目を向けることなく、アンダーグラウンドな音楽のパフォーマンスだけに注力し続けました。


それまでの「ロックミュージシャンは派手で煌びやかである」という世間のイメージとは裏腹に、一般的な若者と変わらないない、ありのままの姿を見せ続けた彼らのスタンスは、音楽界だけでなく当時の若者にも大きな影響を与えました。

商業的な流行に呆れていたグランジ・ロック・ミュージシャンたち


出典:instgram @kurtsmomento

ミュージックシーンとともにファッションにも爆発的な流行を放った「グランジ」スタイルですが、その流行の源泉となった当の「グランジ・ロック・ミュージシャン」本人たちはその流行を醒めた目で見つめていました。

なぜなら彼らにとっては「ありのままの姿である普段着でロックをしていた」だけだから。

その「ありのままの姿」が商業的なファッショントレンドとして扱われ、彼らの普段着や古着をマネてデザインされたアイテムが高額で販売されるという状況に、当事者であるグランジ・ミュージシャン本人らは嫌悪感を抱いていました。


グランジ カートコバーン
出典:instagram @cobainscigarettes

Tシャツに「grunge is dead.(グランジは死んだ。)」のプリント。トレンドの発端となったカートコバーン自身が、音楽メディアの誇張しすぎた報道や社会の商業主義に皮肉をこめた主張をしています。

グランジ・ロックという新しいジャンルを生み出し、90年代のロックバンドシーンにおいて爆発的な成功を収めたニルヴァーナ。

しかしカートコバーンは、着飾らない自分を表現するための「自身が追い求めたグランジのスタンス」に相反して、その功績が商業的で薄っぺらいトレンドや名声に変わっていくことに苦しんでいました。

カートはその葛藤に苦しみ続けた挙句、1994年享年27歳という若さで、シアトルの自宅で命を絶ってしまいます。

「古着は汚い」を覆したカートコバーンのグランジ精神

「貧乏が着るもの」「誰かに使い古された汚いもの」という目で見られていた古着をロックスターが率先して着用し、「グランジ」という音楽としての功績だけでなく、新たなファッション・カテゴリーまで作り上げてしまったカートコバーン。

本人は望んでいなかったかもしれませんが、「グランジスタイル」は変化を伴いながら、今も多くの若者やファッションデザイナーに影響を与え続けています。

世間的に求められる偶像としてでなく、常にありのままの自分を表現することに信念をもってこだわり続けたカートコバーンの生き様は「グランジ精神」として後世にも強い影響を与え続けました。

カートコバーンが愛した古着アイテム【次世代に引き継がれるグランジカルチャー】

グランジ カートコバーン
出典:instgram @kurtsmomento

ロックスターの「衣装」ではなく、自分を表現する「日常着」にこだわりを持っていたカートコバーンですが、そのファッションセンスには平凡さを感じさせないカリスマ性がありました。

彼は決してボロボロの服をわざわざ選んで着用していたのではありません。

カートコバーンがボロボロになるほどに特に愛用していたアイテムを少しご紹介します。

ダメージデニム「リーバイス501」

リーバイス ダメージ 501

カートコバーンが常に穿いていたダメージジーンズの中でも特に愛用していたのが「リーバイス(Levi’s)の501」

現行で販売されているモデルよりも90年代以前の古着をチョイスすることで、当時のカートの雰囲気により近いものとなります。

リーバイス 501 ダメージ

コンバースのジャックパーセル

ジャックパーセル

こちらはグランジ系アイテムというよりも、カートコバーンのファッションを語るには外せない、彼に最も愛され、最も身に着けられていたアイテム「コンバース(Converse)のジャックパーセル」。

コンバースのブランド生誕100周年記念で、カートコバーンモデル(レザー製)が限定生産されるほど、特段愛用されていたことで有名です。

オーバーサイズのカーディガン・ネルシャツ

グランジ カートコバーン
出典:instgram @kurtsmomento

Tシャツの上にネルシャツやカーディガンを羽織るスタイルを特に好んでいたカートコバーン。

カーディガンやセーターの袖がギター弾く手の半分以上を覆っていたり、長袖のネルシャツは荒々しく腕まくりをしていたりと、オーバーサイズ感を出していたのが特徴的です。

程よい使用感のある古着は体に馴染みやすく、着古してクタっとなった感じを演出しやすいです。

ニット カーディガン メンズ

古着こそグランジだ!「錆び付く前に燃え尽きよ!」

男が憧れる男、カートコバーンが愛した古着とグランジ精神。いかがでしたでしょうか?

カートコバーンの遺書には、ニールヤングの「ヘイ・ヘイ・マイ・マイ」の歌詞の引用である「It’s better to burn out than to fade away(だんだん消えていくより燃え尽きる方がいい)」が強烈な筆跡で遺されていたといいます。

命を絶ってでも彼が貫き通したグランジ精神「世評に埋もれて錆び付くくらいなら燃え尽きよ!」は、世代を超えて現代のファッション界にも古着MIXのスタイルを生み、多大な影響を与え続けています。

「グランジ系」「ダメージ系」といったトレンドだけに流されないスタイルを追求するのはもちろんのこと、その原点を知ることで古着の楽しみもグッと深いものになります。

アメリカ古着を取りそろえるRUSHOUTは、ビンテージ古着を含め、全てスタッフがアメリカ現地で厳選して買い付けた商品ばかり。

時代を超えても錆び付くことのない古着アイテムをお探しの方は、ぜひRUSHOUTをご利用ください!!

古着屋店員が選ぶノースフェイスのタウンユース向けフリース|シーズンごとのカラーバリエーションが嬉しい

ノースフェイス フリース 古着

アウトドアカジュアルブランドで人気の高いノースフェイス(The North Face)。

寒くなってくるとユニクロのフリースやウルトラライトダウンが毎年トレンドになりますが、ノースフェイスやパタゴニアなどガチなアウトドアブランドのフリースはお高いだけあって機能性は抜群です!!

さらにノースフェイスやパタゴニアはファッション性も高く、タウンユースとしても大人気。


今回はノースフェイスのフリースの中でも特にタウンユースに使いやすい2種類「マウンテンバーサマイクロジャケット」「デナリジャケット」をご紹介します。

ノースフェイスのフリースはここがいい!!

ノースフェイス フリース 古着
出典:Instagram @sweetstore.it

  • フリースに必要とされる「保温性」「通気性」など高い機能性
  • アウトドアでもカジュアルでも目を引くデザイン性

様々なモデルがリリースされていますが、ノースフェイスのフリースはとにかく使い勝手が良いです。魅力的なポイントを見ていきましょう。

アウトドアウェアとしての機能性はお墨付き

ノースフェイス フリース 古着
出典:Instagram @akipoki432

やはり人気アウトドアブランドの一角であるだけに、約束された性能の高さと着心地の良さがあります。

何から手を付けていいかわからないアウトドアビギナーの方も「とりあえずノースフェイスを選んでおけば失敗はないはず」と、いう方も多いのでは?

タウンユースにも使えるファッション性

ノースフェイス フリース 古着
出典:Instagram @takuzooo6

スポーツミックスやアウトドアスタイルを好む方だけでなく、ノースフェイスのフリースは、基本的にはシンプルコーデであれば誰にでも似合う(似合わない人がいない)のではないでしょうか?

カラーバリエーションも、ダークグレーやオリーブグリーンなどのシックな色味から、ノースお馴染みのパンチのきいたレッドやイエローまで展開しているので、自分のスタイルや好みに合わせやすいです。

冬の大敵とおさらば!静電気ケア設計

どうしても静電気が起こりやすいフリース素材ですが、ノースフェイスのフリース素材には静電気対策が施されていて、摩擦による帯電が起こりにくい設計になっています。

これひそかに画期的な機能ですよね?静電気が怖くて、ビビりながらドアノブや車に触ることもなくなるので嬉しいです。

毎シーズン楽しみなカラーバリエーション

ノースフェイスのアイテムは年代ごとに新しいモデルが出るので、ノースフェイスのファンに毎シーズン楽しみを与えてくれます。

それでも人気ブランドかつ使いまわしが利くだけに、どうしてもどこかで色がかぶってしまいそうですが、「できればかぶりを避けたい!」という方には、古着屋さんで買うというのも1つの手です。

デナリ

古着屋がオススメするノースフェイスのフリース2選【タウンユース向け】

今回は、ノースフェイスのフリースの中でも幅広い層から人気の高い「マウンテンバーサマイクロジャケット」「デナリジャケット」をご紹介します。

両者ともに元々は登山用・アウトドア用に設計されたフリースですが、使い勝手の良さからタウンユースとして活用しているノースフェイスファンも多いです。

またフリースでも耐久性が優れているため古着でもコンディションの良いものが残っており、US規格では日本版では手に入らないカラーもリリースされているため、当店のような海外ブランドを扱う古着屋でも人気が高いアイテムとなっています。


見た感じはよく似ているこの2つのフリースですが、素材やフリースとしての機能・着用感・活用場面(気候)などはそれぞれ異なっています。

早速、見ていきましょう。

①ノースフェイスの定番人気:マウンテンバーサマイクロジャケット

マウンテンバーサマイクロジャケット
出典:Instagram @aurishybrid07

秋口から春先にオススメなのが、定番のマウンテンバーサマイクロジャケット。ノースフェイスのフリースの中では女性にも人気です。

アウトドアウェアとしては、後ほど紹介する「デナリジャケット」はアウターとミドルレーヤー(中間着)での併用が可能ですが、この「マウンテンバーサマイクロジャケット」はインナーあるいは中間着として着用するように設計されています。

◆超軽量で動きやすい

マウンテンバーサマイクロジャケットは日本規格のLサイズでもわずか280gという超軽量。

さらに生地が薄く、ストレッチ性にも優れているため、フリースとは思えないくらいに動きやすいです。


また中間着のため、サイズ感はやや細め(ぴったりめ)に設計されています。

身幅や肩幅も狭めに設計されているので、購入の際には試着して買う、通販の際はワンサイズ上(※)も検討しましょう。

※海外規格(US規格)の場合は、日本のサイズ感よりも大きめに設計されていることが多いです!!


マウンテンバーサマイクロジャケット
出典:goldwin.co.jp

袖口はゴムになっているので、多少袖が長くてもズレ落ちる心配はありませんが、長すぎると腕のダボダボ感が出過ぎるので、注意です!!

◆補強素材ノーステッククロス

ノーステッククロス
出典:goldwin.co.jp

マウンテンバーサマイクロジャケットの肩の部分には、フリース素材の上にノーステッククロスと呼ばれる補強素材(ナイロン100%)が重ねられています。

これは、登山などでアウターを脱いだ後にリュックを背負うことを考慮して、リュックのベルトとの摩擦によるフリース摩耗を防止するために装備されたものです。

後ほど紹介するデナリジャケットはこの補強部分がお腹のあたりまであります。

マウンテンバーサマイクロジャケットの場合は、主にミドルレイヤーやインナーで使われることを前提としているため、最低限の補強となっているというわけです。

◆ノースフェイスオリジナルの新リサイクル素材を使用

2019年モデルより、フリースのメイン素材にペットボトルなどを原料とするリサイクルポリを採用しています。

以前はアウトドアブランド御用達のポーラテックが使用されていました。素材の変遷は下記のとおり。

  • 2018年春夏:ポーラテック社のポーラテッククラシック100
  • 2018年秋冬:ノースフェイス自社開発のバーサマイクロ100
  • 2019年以降:ノースフェイス自社開発のバーサマイクロ100(リサイクル素材)


この【ポーラテック⇒バーサマイクロ】の素材変更によって、「速乾性」「保温性」「通気性」などの機能面の変化はほとんどないので(厳密にはあったとしても実感できないレベル)、ご心配なく。

ただ、軍用にも採用されるほどのタフな素材であるポーラテックと比べると、「摩耗による抜け毛・毛玉」はできやすいです。

抜け毛の程度としては「目を凝らして見るとリュックのベルトやシートベルトに微かについている」「視認しづらいけどコロコロで掃除すると見える」くらいで、全く気にならない人もいれば、ちょっと気になる人もいるようです。

◆ポーラテック素材のモデルは古着屋で入手できるかも

どうしても劣化が気になる、やっぱりフリースと言えばポーラテックでしょ!という人は、古着屋さんで旧モデルを探してみましょう。

素材の変更と共に品番が下記のように変わっていますので、古着をチェックするときの参考にどうぞ。

  • 2018年春夏:NL21404
  • 2018年秋冬:NL61804
  • 2019年以降:NL71904

②ノースフェイス不朽の名作:デナリジャケット

デナリジャケット
出典:thenorthface.com

続いて、秋冬にアウター兼インナーとして使える「デナリジャケット」をご紹介します。

この「デナリジャケット」は、1989年に販売が開始されて以来、デザインの変化がなかった(※)にも関わらず、幅広い層から愛され続け、ノースフェイスのヘリテージモデル(殿堂入りアイテム)の1つとに登録されています。

※実際には、サイズ感やロゴの位置などの微調整も入っていますが、ベースとなるデザインは開発当初からほとんど変わっていません。

写真で見た感じが似ている「マウンテンバーサマイクロジャケット」との違いの部分を主に見ていきましょう。

◆ファッションアイコンともなるノースティッククロス

ノースフェイス デナリジャケット 古着
出典:thenorthface.com

デナリジャケットのデザインの特徴と言えば、お腹のあたりから肩までのノースティッククロス

用途はマウンテンバーサマイクロジャケットと同じですが、アウターとして活用する場面がより多いことや、登山ウェアとしての需要が高いことから、補強範囲を広く設けていて、肘の部分にも付いています。

◆保温力を高めるための徹底した気密性

デナリジャケット 古着

ジップ部分の隙間から外の冷たい空気が直接入ってこないように、ジップの内側にフリース生地が付け足されています。


また袖口や裾部(※)にはドローコードがついていて、中に溜まった暖かい空気を逃がさず、冷たい空気を外から入れない構造になっています。

※2019年モデルは袖口はゴムにはなっていますがドローコードはついていません。

◆素材はノースフェイスオリジナルのバーサマイクロ300

わずか280gだったマウンテンバーサマイクロジャケットに対して、デナリジャケットの重さは630g!!

素材はバーサマイクロ300を採用しており、バーサマイクロ100よりも繊維が長く太くなっているため、生地に厚みがあり、保温性も高いです。


ちなみにこちらのデナリジャケットも元々はポーラテック素材を使用していましたが、2018年以降は自社オリジナル素材を使用しています。

  • 2017年以前:ポーラテック社のポーラテッククラシック300
  • 2018年:ノースフェイス自社開発のバーサマイクロ300
  • 2019年:ノースフェイス自社開発のバーサマイクロ300(リサイクル素材)


デナリジャケットの場合は、販売から30年もの間、デザインと素材の変化がなかっただけに、ノースフェイスファンの間で大きな話題となりました。

より詳しい違いについては、以下の記事でも紹介しています。
⇒ノースフェイスがデナリジャケットの素材を変更!?スペックの違いを古着屋が解説します

◆2017年以前の旧モデルを古着から探す場合

こちらも品番が下記のように変遷しておりますので、古着でポーラテック素材をお求めの方はご参考に。

  • 2017年以前:NA61631
  • 2018年:NA71831
  • 2019年:NA71951

【古着屋オススメ】ノースフェイスと2トップを誇るパタゴニアのフリースも見逃せない!!

スナップT 古着

アウトドアブランドとして、ノースフェイスと双璧をなすパタゴニアのスナップTも、タウンユースとして人気のフリースです。

  • 機能性・耐久性が高くアウトドアウェアとして長く使える
  • ファッション性が高くタウンユースとしても目を引く
  • インナーでもアウターでも使える
  • 年代ごとのカラーバリエーションが豊富

といった理由で、ノースフェイスとパタゴニアのフリースは、古着界隈でもかなり人気が高いです。


アウトドア好きも古着好きだけでなく誰もが知っている知名度の高さと、一点ものというレア感と目を引くスタイリッシュなデザインで、当店でも仕入れてもすぐに売れてしまいます。

⇒古着パタゴニアの一覧

パタゴニア フリース

アメリカ古着屋RUSHOUTなら!ノースフェイスを始めとした個性派フリースが勢ぞろい!

今回は、高性能なアウトドアブランドの中でもカジュアルに着こなしやすいノースフェイスのフリースをご紹介しました。

日常でも着こなしやすいアウトドアウェアは古着がリーズナブルでおすすめです。


アメリカ古着を取りそろえるRUSHOUTは、ビンテージ古着を含め、全てスタッフがアメリカ現地で厳選して買い付けた商品ばかり。

今回ご紹介したノースフェイスやパタゴニアのフリースも、コンディションの良いものはガンガン入荷しています。(※人気アイテムのため売れるのが早いです!)

また機能性に優れ、新品だと高額なその他のアウトドアウェアも低価格で手に入ります。

周りとかぶらないリーズナブルな古着アイテムをお探しの方は、ぜひRUSHOUTをご利用ください!!

⇒古着ノースフェイスの一覧

フリース メンズ ジャケット

ノースフェイスがデナリジャケットの素材を変更!?スペックの違いを古着屋が解説します


出典:thenorthface.com

カジュアルなタウンユースとしても本格的な登山ギアとしても人気を誇るノースフェイス(The North Face)のフリース。

中でも、1989年に販売が開始されて以来、幅広い層から愛され続けている「デナリジャケット」はノースフェイス不朽の名作の1つとも言われています。

販売開始から30年もの間、サイズ感を除いてデザインや素材の大きな変更がなかったこの「デナリジャケット」ですが、2018年についに大きな変化が訪れました。

それが【ポーラテック→バーサマイクロ】というフリースのメイン素材の変更です。


なぜノースフェイスは、長い間、不変のデザインと不動の人気を保ってきた「デナリジャケット」の素材変更に踏み切ったのか?

一部のノースフェイスファンの間では、「やっぱりポーラテック仕様じゃなきゃ・・・」っていう声も上がってるけど、実際のところフリースとしての機能性やコスパってどうなの?


アウトドアウェアの歴史や時代ごとのテイストの変遷を見てきた古着屋RUSHOUTが、「2017年以前」と「2018年以降」の両モデルを比較しながら、まるっと解説します!!

ノースフェイスのデナリジャケットってどんなフリース?変わらぬデザインの特徴と魅力

アメリカ デナリ山

1989年に販売が開始されたノースフェイスのデナリジャケットは今年(2020年)で31周年。

元々、登山用や遠征用のアウトドアギアとして開発されたもので、デナリとは、北アメリカ最高峰(標高6190メートル)の山、「デナリ」から名前を取っています。

まずは開発以来、変わらぬデザイン(※)で多くの人に愛され続ける「デナリジャケット」の特徴や魅力についておさらいしておきましょう。

※実際には、サイズ感やロゴの位置などの微調整も入っていますが、素材やベースとなるデザインは開発当初からほとんど変わっていません。

①デナリジャケットはノースフェイスのヘリテージモデル

様々なアウトドアアイテムを輩出しているノースフェイスには、ヘリテージモデルと呼ばれるアイテムが存在し、「デナリジャケット」もその1つです。

『ヘリテージ(heritage)』とは直訳すると『遺産』という意味。つまりブランド殿堂入りの歴史的名作です。

⇒そのほかのヘリテージモデルはアメリカのノースフェイス公式サイトにて確認できます(英語です)

②ノースティッククロス:素材感とカラーの切り替えがクール


出典:thenorthface.com

他のフリースでは見られないデナリジャケットの一番の特徴と言えば、肘部分や胸から肩の大部分を覆うナイロン素材。

これは「ノーステッククロス」と呼ばれるナイロン100%のノースフェイスオリジナル素材で、ただ高強度であるだけでなく、ストレッチ性や撥水性にも優れています。

元々は登山・遠征でリュックを背負うことを考慮し、フリース素材の弱点である摩耗劣化(つぶれや毛玉)を防止するために施されたものですが、素材感とカラーの大胆な切り替えがカジュアルウェアとしても人気を呼び、他のフリースとは違ったデナリジャケットのアイコン的デザインとなっています。

③袖口のドローコード

ファッション性もありますが、アウトドアウェアとしての本来の目的は、気密性を高めること。

袖口を絞ることによって、袖の中に溜まった暖かい空気を逃がさない、また外の冷たい空気を入れない構造になっています。

④ジップ付きのハンドウォーマーポケット・チェストポケット


出典:thenorthface.com

優れたストレッチ性と保温力を持つデナリジャケットは、中間着(アウターと合わせて保温性を確保するミドルレイヤー)としても、アウターとしても活用できるようになっています。

ジップ付きのハンドウォーマーポケットは、中身が落ちないようにアウターとして着用している時に活躍します。

※右胸のチェストポケットは、年代の古いモデルやキッズモデルにはついていないのでご注意下さい。

⑤静電気ケア設計が地味に嬉しい

中間着であるフリースは脱いだり着たりすることが多く、またアウターを上から羽織ることもあるので、そのときに摩擦が発生します。

また冬は乾燥していて、電気が空気中に逃げづらくなっているため、余計に静電気が発生しやすいんです。


この点、ノースフェイスはデナリジャケットを始めとするジャケットアイテムに静電気ケア設計を施しています。

生地の導電糸という特殊な糸を用いて、電子の流れを一定に保つように設計しているため、帯電が起こりにくいんです。

冬場によくある車やドアノブ、人同士でのバチンっ!!が無くなるのは地味~に嬉しいですよね。

⑥シーズンごとの新しいカラーバリエーション

毎シーズン違ったカラーをリリースしているのも、ノースファンのお楽しみの1つです。

期間限定モデルや販売国限定のモデルもあり、機能性は年代に限らず確保されているので、古着でもデナリジャケットは人気です。

海外古着ショップなんかに行くと、レアなカラーパターンが置いてあることもありますよ!!

デナリ

デナリジャケットの大きな変化|年代による素材の違いを古着屋が解説

ノースフェイス デナリジャケット 古着

さて、長年変わらぬ機能性と遊び心で多くの人を魅了してきたデナリジャケットですが、2018年に大きな変化が訪れました。

それが「メイン素材の変更」です。

2017年以前はポーラテック社のポーラテック素材が採用されていましたが、2018年にバーサマイクロ300というノースフェイスのオリジナル素材に変更されました。

さらに、2019年モデルには自社オリジナルという表記だけでなく、環境にも配慮したバーサマイクロ素材に変更したとのことです。

2017年以前のポーラテック素材と2018年以降のバーサマイクロ素材の違いについて見ていきましょう。

まずはフリース全般の特徴と役割をおさらい

フリースの役割と言えば「保温性」と「通気性」です。


「保温性」の仕組みは、起毛された空間(モコモコの部分)に暖かい空気をため込むというもの。

「保温性」と「通気性」は真逆の関係にあるように思えますが、通気性の役割は蒸れから発生する汗冷えを防ぐことです。

素材の目を詰めすぎると温まった空気の逃げ場を封じてしまうことになり、蒸れて汗をかきやすく、結果的に体温を奪ってしまうことになるのです。


ただし、通気性が良いということは、防風性はほとんどなく、冬場は風が吹くと寒いので、アウターとして着用する際には気候を選びます。

2017年以前:ポーラテック社のポーラテック素材

ポーラテック

「フリースと言えばポーラテック」と言っても過言ではないほど、ほとんどのアウトドアブランドがポーラテック社が開発するポーラテック素材を採用しています。

ノースフェイスが2017年モデルで採用していたのは、ポーラテッククラシック300という素材で、そのほか100、200とありますが、数値が大きくなるほど毛の長さが大きくなり、厚みや保温性が増します。


ポーラテック素材の一番の特徴は、アメリカの軍用にも使われている実績もある通り、「頑丈で劣化しにくい」ことです。

  • 繊維の抜けが少ない
  • 摩擦による毛玉ができにくい
  • 折りたたんだ時のシワが残りにくい

といった、「高い耐久性を持ちながらも着心地も良い」といった、フリースアイテムにピッタリの素材です。


当店RUSHOUTでも、デナリジャケットはノースフェイスの人気アイテムの1つですが、90年代のモデルでもコンディションの良いものを多く仕入れています。

古着と言えば、数年前のものから数十年前のものまで様々ですが、それらがまだまだ現役で使用できる状態で残っているのも、ポーラテックという頑丈な素材のおかげなのではないかと思っています。

2018年以降:ノースフェイス自社オリジナルのバーサマイクロ300

続いて、2018年から採用されているノースフェイスオリジナルのバーサマイクロ素材を採用したモデルを解説します。

先に結論から言うと、耐久性・機能性はポーラテック素材に劣ります。

ただ、保温性や通気性などフリースが必要とする機能は十分に備えており、バーサマイクロも優れた素材であることは事実です。

「あくまでポーラテックと比較すると劣る部分があるが、購入をためらうレベルのものではない」ということを前提に、細かい性能差を解説していきます。

ノースフェイス自社バーサマイクロの特徴①ふわっとした質感

ポーラテッククラシック300(以下ポーラテック)に比べると、自社オリジナルバーサマイクロ300(以下バーサマイクロ)は1本1本の繊維が細く、ふわっとした質感があります。

このことから「繊維の抜け」「摩擦による毛玉」「シワのつきやすさ」という点で、ポーラテック素材には劣りますが、着用していて劣化を感じるほどのものではなく、アウトドアウェアとしても十分に活用可能です。

着用後のシワ感や肘部の折り目は確かに目視できるのですが、ポーラテックと着比べて気づく、という話で、購入しない理由にはなりにくいです。

ノースフェイス自社バーサマイクロの特徴②保温性・通気性の高さは継承

バーサマイクロはポーラテックよりも生地に厚みを持たせたものになっており、「保温力」も高いです。

どちらの保温性が高いかということについては、異なる生地の場合は、一概にはどっちが優れているか比較しにくいです。

というのも、どの素材においても、同じ生地で同じデザインの場合は、生地が厚くなればなるほど保温性は上がります。

ノースフェイスでも新しいモデルを設計する際、差が出ないように調整しているはずなので、体感できるほどの性能差はないと考えられます。


またフリースでもう1つの大事な機能である「通気性」にも優れています。

タウンユースだけでなく、山でも十分に機能しますので、ポーラテックじゃないと蒸れるんじゃないか・・・という心配は要りません。

ノースフェイス自社バーサマイクロの特徴③環境に配慮した素材

2018年までは「自社オリジナルのバーサマイクロ300」という発表のみでしたが、2019年モデルからは、生地にはペットボトルなどのリサイクルポリを使用していることを公表しています。

これはノースフェイスの環境への取り組みであり、今後は他のアイテムも環境配慮にフォーカスした開発に取り組むのではないかと、ノースファンの間で言われています。

結局デナリジャケットは古着と新品のどっちを選ぶべき?

それはズバリ「好み」です!!

フリースとしての機能性(保温力・通気性)はどちらも高く、デイリーユースでも登山でも同じように活用できます。

ただし、やはり使い続けていると劣化が進んでくるので、ヘビロテでかつ長く着用したいという場合は、ポーラテック素材を選ぶ方がオススメです。

それ以外は、見た目の好みで決めたらいいと思います。


古着屋には、年代によるサイズ感の異なるモデルや国内版にはないUS規格のカラーバリエーションも置いてあることがあるので、是非チェックしてみてください。

ちなみにですが、素材の変更と共に品番が下記のように変わっています。

  • 2017年以前:NA61631
  • 2018年:NA71831
  • 2019年:NA71951

品番が6番から始まるものがポーラテック素材です。今後、古着屋さんでモデルを選ぶ際にのご参考に!!

古着屋RUSHOUTはデナリジャケットの旧モデルも人気です!!

古着のアウトドアブランド

古着の魅力は、その時代ごとのサイズ感やカラーバリエーションのアイテムが手に入ることです。

アメリカ古着を取りそろえるRUSHOUTは、ビンテージ古着を含め、全てスタッフがアメリカ現地で厳選して買い付けた商品ばかり。

もちろんデナリジャケットも例外ではなく、コンディションの良いものが見つければ積極的に入荷しています。

また機能性に優れ、新品だと高額なその他のアウトドアウェアも低価格で手に入ります。

周りとかぶらないリーズナブルな古着アイテムをお探しの方は、ぜひRUSHOUTをご利用ください!!

⇒古着ノースフェイスの一覧

ノースフェイス アウター

ユニクロのかぶりを解消するテクニック!「ファストファッション × 古着」の相性が抜群!

ユニクロ かぶり

ファストファッションの帝王であるユニクロ。

15年くらい前までは、「安い衣料量販店」くらいのイメージでしたが、現在はリーズナブルなまま機能性もデザイン性もどんどん改良されています。

安くて良い、つまりコスパの高いユニクロですが、ただ問題が1つ。


かぶる。。。


しかも誰もが知ってるだけに「かぶりがバレやすい」んですよね。

「いくら安くて良いものだとは言え、全身ユニクロはさすがに・・・」
「でも、ウルトラライトダウンは代わりを探すとなるとお高いのでは・・・」
「でもでも、やっぱりかぶるのは避けたいし・・・」


本日は、ユニクロのかぶりをバレにくくするちょっとした工夫や、ユニクロの定番と合わせやすいアイテムをご紹介します!!

ユニクロのかぶりを解消するテクニック2パターン

ユニクロ かぶり

ユニクロのかぶりを解消する方法・・・それはズバリ「ユニクロ以外のアイテムを取り入れること」です。

さらに、できるだけ全体のコーディネートはリーズナブルに抑えるとすると、選択肢としては2パターンあります。

  1. ユニクロ以外のファストファッションブランドアイテムと組み合わせてコーディネートする
  2. かぶりが目立ちやすいところに古着アイテムを取り入れてコーディネートする

①「ユニクロ」×「他のファストファッションブランド」

安さと流行を兼ね備えるファストファッションブランド。

ユニクロ以外にもいろいろあります。有名どころではこのあたり↓ですね。

  • GU
  • しまむら
  • GAP
  • H&M
  • C&A
  • ZARA


ファストファッションブランドのアイテムを様々に組み合わせることでコーディネートのかぶりを回避できます。

ただし、他のブランドも定番やその時の人気アイテムはかぶる可能性があるので注意です。

②「ユニクロ含むファストファッションブランド」×「古着」

ユニクロの中でもかぶりが目立ちやすい人気アイテムを古着アイテムに置き換えるというテクニックです。

アメリカ古着を取り扱う当店RUSHOUTにご来店されるお客様でも、一方のスタイリングのアクセントに!という方をよく見かけます。


  • ファストファッション:「現在進行形の流行」と「最先端の機能・最新の素材」
  • アメリカ古着:「時代ごとの流行」と「間違いない機能・タフさ・シンプル」

この組み合わせがコーディネートとしても絶妙で、しかも一点ものだから個性も出やすく、かつリーズナブルに抑えられるのです!!

ユニクロでかぶりやすいアイテムを他のブランドに置き換えよう!

ユニクロ かぶり

以下、2点を組み合わせるとコーディネートに差をつけやすくなり、さらに一点ものの古着だと絶対にかぶらない上に個性も出しやすいです。

  • ユニクロのかぶりが目立ちにくいアイテム
  • ユニクロでかぶりがバレやすいアイテムを他のブランドに置き換える

ユニクロのかぶりが目立ちにくいアイテム

まず、ユニクロでかぶりが目立ちにくいものは、、、

  • ボトムス全般
  • 無地のカットソー
  • ブラウス

インナーとして使えるものは基本的にかぶったとしても、ジャケットやアクセサリーで雰囲気がガラッと変わるので問題ないです。

ボトムスはその時の流行りや定番だとバレることがありますが、こちらもトップス次第で差が付きやすいので、バレたところであまり気にならないです。

ユニクロでかぶりがバレやすいアイテム(置き換えるべきアイテム)

次にユニクロでかぶりがバレやすいアイテムと言えば、このあたりです。

  • ウルトラライトダウン
  • ブロックテックパーカ
  • フリース
  • ワンピース

商標名を聞いてすぐに思い浮かぶほどの人気アイテムたち。外観からも目立ちやすいのはアウターですね。

ここを他のブランドに変更しましょう。


ただ、アウターとなると機能性も重要です。かつリーズナブルなものをファストファッションから選ぶとなると、そのアイテムも限られてるのでどこかではかぶってしまう可能性もあります。

ユニクロのかぶりを古着で解消するなら!古着初心者向けのおすすめアイテムを紹介!

ユニクロ かぶり

①「ユニクロのかぶりが目立ちにくいボトムス」×「古着トップス」

黒系のボトムスやデニムパンツは、基本的に何にでも合わせることができますが、「古着が初めて!」という方にいつもオススメしているのは、スウェットやパーカーといった一枚でサマになるようなシンプルなトップスです。

(1) スウェット:古着初心者はここから!チャンピオンリバースウィーブ

ラフな雰囲気や程よい抜け感を演出できるスウェット。

男女問わず幅広い年代から愛されるアメカジらしいアイテムで、着心地もよく、着回しもしやすいところがGOOD!!

特にチャンピオンは人気のリバースウィーブを始め、パーカー・トレーナー・パンツなど様々なスウェットを手掛け、スウェット界の王様と言われるほど。

チャンピオン リバースウィーブ トップス

⇒リバースウィーブとは?他のスウェットとの違い

(2)Tシャツ:個性的なプリントで周りとは違った雰囲気を出しやすい

アメカジコーデ3

海外古着のTシャツは、個性的なプリント柄が多く、一枚で着ていてもおしゃれが発揮できるアイテムです。

たかがTシャツと侮るなかれ・・・プリントデザインやサイズ感、シルエットによっても印象がガラッと変わります。

他のアイテムとの相性も考えて慎重に選びましょう。

Tシャツ メンズ

②「ユニクロでかぶりがちなアウター」を古着アイテムに変更

アウターこそ「安さ」「高機能」「風合い(味)」といった古着の良さが最大限に引き出せます。

あの高級ブランドも古着なら手が届く!!

(3)フリース:パタゴニアやノースフェイスでも古着なら数千円・・・

機能もデザインも価格も最強クラスのアウトドアブランドが、古着ならとってもリーズナブルに買えちゃいます!!

しかもひと昔前のカラーバリエーションやシルエットが手に入るから、逆に新品よりも新鮮に感じることも。


ただパタゴニアやノースフェイス、コロンビアなどの超メジャー級アウトドアブランドは、古着でも狙っている人も多く、入荷してもすぐに売れてしまいます。


アウトドアブランドには、海外では有名でも日本では取り扱っていないものもあるので、とりあえず店舗に行ってみて、いろいろ物色してみるのもアリですよ!!

⇒お高いアウトドアウェアに古着という手があった!個性派ワンポイントアイテムを狙え!

(4)ミリタリージャケット:無駄のない機能性・耐久性・デザイン

Ma-1コーデ

軍用に納入されているミリタリー系アイテムの「機動性」と「耐寒性」は抜群です!!


ミリタリーでもワークウェアでもそうですが、アメリカのファッションカルチャーは実用性が最重要

必要な機能・性能を惜しみなく詰めこんで、かつディティールはシンプルで無駄のないものに仕上がっているので、ユニクロのようなファストファッションとの相性も抜群なんです。

⇒無駄のない考え抜かれた機能性とデザイン|アメリカ古着屋が語るミリタリーアイテムの魅力!

古着屋RUSHOUTなら!他とかぶらない一点ものがリーズナブルな価格で揃ってます

古着屋RUSHOUT

古着の魅力は、その時代ならではのディティールや素材経年変化による独特の風合い、周りとは違った個性派アイテムを取り込めることです。


アメリカ古着を取りそろえるRUSHOUTは、ビンテージ古着を含め、全てスタッフがアメリカ現地で厳選して買い付けた商品ばかり。

誰もが知っている定番ブランドから、古着好きのみが知る隠れブランドまで幅広いジャンルと圧倒的なアイテム数を誇り、古着初心者でも存分にお楽しみいただけます


周りとかぶらないリーズナブルな古着アイテムをお探しの方は、ぜひRUSHOUTをご利用ください!!

90年代 トップス

アメリカ古着屋が教えるバイカーのためのバイカー系アイテム選びのコツ

バイカー 古着

バイカー系アイテム、バイカーファッションと聞くとどんな光景が思い浮かびますか?

実は「バイカーファッション」という言葉自体には厳密な定義はありません。

「アメカジ」がアメリカを彷彿させる全てのファッションであるのと同じように、「バイカーファッション」はバイカーが好むスタイル・アイテム・アクセサリーの全てを指します。


ではその「バイカーが好むスタイル」「バイカーが選ぶアクセサリー」「バイカーのためのアイテム」って一体何なのよ?という話ですよね?

というわけで、アメリカ古着屋RUSHOUTがお送りする本日のテーマは「バイカー(バイク) × 古着」です。

バイカーファッションの魅力、バイカー系アイテムに古着を採用するメリット、バイカー定番アイテムから古着でこそ魅力を味わえる隠れアイテムまで、たっぷりご紹介します。

バイカー系アイテムに古着という選択肢がおすすめできる理由

バイカー 古着

バイカー系ならではの古着のメリットと言えば下記3つです。

  1. 高機能でタフなアイテムがリーズナブルな価格で手に入る
  2. 悪路や悪天候の中でもガシガシ着れる
  3. デザイン以外にも古着ならではの魅力を楽しめる

①高機能でタフなアイテムがリーズナブルな価格で手に入る

古着の一番の魅力は何といっても「安さ」です。

バイクそのものに加え、ヘルメットやブーツなどのバイク装備を一式揃えることを考えると、バイクってお金がかかる趣味ですよね。。。

ファッションとして取り入れるにしても、バイカー系のアイテムは機能性・耐久性に優れたものが多く、新品だとアウター1着でも数万円、高いものだと10万円近くします。


しかし古着ならビンテージのデニムが数千円、レザージャケットが1万円以内で手に入れることができます。

②悪路や悪天候の中でもガシガシ着れる

バイカーは良くも悪くも気温や風などの気候変化をリアルタイムで感じることができます。

天気のいい日のツーリングは気持ちのいいものですが、時には急な悪天候にも耐え忍ばないといけないことも多々あります。

路面が乾燥してると土埃が立ち込め、濡れてると泥跳ねを起こし、、、なんてこともあるでしょう。

いくら「バイク乗り」がそういうものだとわかっていても、買ったばかりの新品が汚れるとやはり気が萎えるもの。。。


その点、古着だと買った時点で使用感があるので、気兼ねなくツーリングを楽しめます。

特にバイカー系アイテムは、デニムのダメージやレザーの経年変化など、ビンテージ古着のシブさ・良さが出やすいものが多いのでオススメです!

③他にも古着ならではの魅力:デザイン・歴史・経年変化

「体に馴染みやすい」「ビンテージ特有の風合い(アジ)」「年代によるデザインの微妙な変化」など、古着には古着ならではの魅力やお楽しみポイントがあります。


また、バイカー系アイテムの1つであるレザージャケットやミリタリージャケットにはワッペンや刺繍のほどこしを見かけることがあります。

中には珍しいものや、その時代でないと手に入らないものもあり、古着好きからは人気が高いです。

その時代のデザインだけでなく、持ち主の好みやこだわりといった人の歴史までも垣間見ることができるのもおもしろいです。

アメリカ古着屋が選ぶバイカーのためのオススメアイテム7選

バイカー 古着

古着屋だからこそ厳選できる「機能性・ファッション性・個性」をバランス良く発揮するバイカー系アイテム を集めてみました。

バイカーのための古着トップスアイテム

トップスに関しては、スウェット、パーカーなどシンプルなものであればお好みで選んでOK!!

バイカーらしさを求めるのであれば「ミリタリーシャツ」や「Tシャツ&ライダースジャケット」がオススメです。

①サーマルTシャツ

サーマルT

サーマルシャツとは、ワッフル生地とも呼ばれる凹凸織り生地のシャツで、『サーマル(Thermal = 熱の)』という名前の通り、その凹凸が空気の層を作り、保温性を高めてくれる点が特徴です。

アウトドアやミリタリーのインナーウェアとしてメジャーな本格防寒着は、もちろんバイカーにもおすすめできる有能アイテムです。

②ミリタリーシャツ & ワークシャツ

ミリタリーシャツ

武骨な男らしさを出すなら、シンプルかつタフさが伺えるミリタリーシャツ(写真)がオススメ!!

バイカーのための古着アウターアイテム

バイカー 古着 アウター

バイカーの定番アウターと言えば、ライダースジャケットが真っ先に思い浮かびますが、着用シーンによっては他にも選択肢はあります。

特に機能面でオススメのアイテムを紹介します!!

③ダック素材のジャケット

ダック生地は、通常より太い糸を密に織り込んだ頑丈な素材のことで、ちょっとやそっとじゃ燃えたりしませんし、少しの雨なら耐えられるほどのスーパータフな素材です。

上の写真はカーハート(Carharrt)というブランドで、どっしりとしたタフな作りを保ちつつ、ファッションウェアとしてのシンプルなデザインも兼ね備えているのが特徴です。

このダック素材、新品だとバキバキ感があるのですが、着込んでるうちに柔らかくなり、洗って色落ち感もまた味があるというデニムのような楽しみ方ができます。

古着のカーハートはワークウェアの代表ブランド|人気アイテムとコーデ例

④ミリタリーフライトジャケット

MA-1

アメリカ空軍のパイロットが使用していたミリタリーフライトジャケット(写真はMA-1)。

優れた機動性と耐寒性から、パイロットから陸軍へ、軍用からシティーユースへへと汎用性を高めていったフライトジャケットですが、実は80年代後半からバイカーファッションとしても認知されるようになりました。

無駄のない考え抜かれた機能性とデザイン|アメリカ古着屋が語るミリタリーアイテムの魅力!

⑤コーチジャケット

ナイロンコーチ

こちらは、ガチなバイク装備というよりも、バイカーファッション寄りのアイテムとなります。

ナイロン製で、軽くて風を通しにくいコーチジャケットは、春先のちょっとしたツーリングにピッタリ。

ちなみに、なぜコーチジャケットと呼ばれているか気になったので、調べてみたところ・・・

「(スポーツなどの)コーチが着てそうだから!!」

だそうです。そのまま!!

バイカーのための古着ボトムスアイテム

バイカー 古着 ボトムス

最後はボトムスです。防風性、防寒性、防熱性に優れた厚手のしっかりした生地のアイテムをご紹介します。

⑥ディッキーズのワークパンツ

アメカジワーク系おすすめブランド

働く人々に寄り添ってきたワーク系ブランドとして有名なディッキーズ(Dickies)

作業着からカジュアルウェアまで、世界中の様々なシーンで愛用されているディッキーズですが、バイク乗りから見ても、その丈夫さ・着心地の良さ・動きやすさはお墨付き。

もちろん日常着としてもガンガン着回しできておすすめです!!

⑦デニムパンツ

リーバイス 古着 ジーンズ

定番は、やはりリーバイス(Levi’s)やリー(Lee)といった老舗ブランドになります。

ワークウェア、ストリート、スクール系とあらゆるアメカジファッションの万能アイテムであるデニムパンツですが、バイカーにとってもそれは例外ではありません。

古着ジーンズでワンランク上のオシャレを作る!間違いない選び方・コーデ

「バイク乗り」じゃなくても楽しめる!バイカー系スタイルのコツ

ところで、バイカー系ファッションと聞くとどうしても↓↓こんなイメージ↓↓をしてしまいませんか?

バイカー 古着

かっこいい!!けど自分には無理!!

レザージャケットにデニム、サングラスにヒゲ、仕上げにハーレーダビットソンのバイクを添えて・・・

バイカー系アイテムは1点1点がイカツイので、いきなり一式揃えようとしないことがスタイリングのポイントです。

バイカー 古着

控えめに1点取り入れるだけでも十分存在感があります!イカツイ雰囲気を残しつつ、上手に着崩すのがポイントです。

アメリカ古着屋RUSHOUTなら!バイカー系アイテムも本格派揃い

バイカー 古着

ビンテージ古着はその素材やコンセプトから経年変化で味わいが増し、使い込むことで男らしい風合いも出てきます。

特にダック生地やレザーを採用しているバイカースタイルには、古着の中でも最もそれらの特徴を実感しやすく、個性の現れやすいアイテムが揃っています。

アメリカ古着を取りそろえるRUSHOUTは、ビンテージ古着を含め、全てスタッフがアメリカ現地で厳選して買い付けた商品ばかり。

古着のバイカー系アイテムをお探しの方は、ぜひRUSHOUTをご利用ください!!

ライダース アウター

お高いアウトドアウェアに古着という手があった!個性派ワンポイントアイテムを狙え!

アウトドアウェアに古着がおすすめ

アウトドアウェアをできれば一式揃えたいんだけど、ちゃんとしたアウトドアブランドのギアって結構お高い・・・

「ワンポイントで古着を取り入れるという選択肢はいかがでしょうか?」

新品なら5万円もするアウターが古着なら数千円で手に入り、雨の日でも普段使いにもガンガン使えて、しかも一点ものだから周りとも違って個性的です。

アウトドアギアに古着を取り入れることがオススメできる理由

  1. 有名ブランドの掘り出し物がリーズナブルな価格で手に入る
  2. 知らなかった高性能ブランドに出会える
  3. 周りと被らない個性的なアイテムを取り入れられる
  4. 悪天候でも気兼ねなく着れる

①有名ブランドの掘り出し物がリーズナブルな価格で手に入る

アウトドア古着の一番の魅力は何といっても「安さ」です。

パタゴニアやノースフェイスをはじめ、高機能で着心地バツグンの有名ブランドギアは、価格も最強クラス。

一式揃えようとすると、軽く数十万はいってしまいます。

パタやノースのアウターが数千円で手に入るなんて、夢のような話が古着なら現実となります。

②知らなかった高性能ブランドに出会える

海外アウトドアブランドの中には、高性能で現地では誰もが知っているメジャーなブランドであっても、日本では無名だったり、また日本では販売していなかったりするブランドがあります。

海外現地からの買い付けを行っている古着屋では、日本で手に入りにくいブランドも置いているので、今まで知らなかったブランドに出会えるチャンスがあります。

とは言え、いきなり知らないブランドに手を出すのもなかなか勇気のいることだと思いますので、まずは定番ブランドから試してみましょう!

古着屋に行った際に店員さんに聞いてみたり、気になるものがあれば実際に手に取ってみるといいです。

③周りと被らない個性的なアイテムを取り入れられる

また「アウトドアウェアってかっこいいんだけど、どれも似通ってるよね」「周りとは違った感じを出したい!なんとか個性を出したい!」と感じているなら、ワンポイントで古着を取り入れるのがオススメです。

アウトドアウェアはその機能性の追求だけでなく、時代とともにデザインやカラーバリエーションもアップデートされています。

細かいところだと、現行モデルでは使われていないブランドロゴなんかも、見慣れたものとは違って特別感があるのも古着ならではの楽しみです。

④悪天候でも気兼ねなく着れる

キャンプやトレッキングなど天候の変化が起こりやすいアウトドアシーンでは、すぐに汚れるだろうとある程度の覚悟はできているかと思いますが、いざピカピカの新品を着てみると「買ったばっかりだし…」とやっぱり気が引けるもの。

一方で、買った時点で使用感のある古着だと、悪天候でも気兼ねなく着られます。

この味のある使用感そのものが古着の特徴で、パリパリの新品よりも身体に馴染みやすくて、こなれた感を出せるのも良いです。

【定番から幻のブランドまで】古着で手に入るアウトドアブランド

古着のアウトドアブランド

誰もが知っている定番のアウトドアブランド

まずはアウトドアの王道ブランドとも言える有名どころから。

パタゴニアやノースフェイスなど全世界で愛されている有名アウトドアブランドは、「機能性」「デザイン性」「知名度」全てが最先端です。

その知名度の高さから、アウトドアアイテムを扱う古着ショップでも、「仕入れた次の日には売り切れ」なんてことも。。。

アウトドア専門の大型古着店では狙いを定めている人が殺到し、規模が小さすぎると取り扱いアイテムが少なく、これはこれで争奪戦に!!

規模や場所、得意分野などお店の調査が重要になってきます。

①パタゴニア

アウトドア パタゴニア

アウトドアスポーツにおける最先端の技術を駆使した幅広いアイテムを展開するパタゴニア。

「アウトドアと言えばパタゴニア」と言っても過言ではないほど、あらゆるアウトドアシーンで必要な機能を兼ね備えたギアを揃えています。

⇒パタゴニアのフリースで作る古着コーデ | アイテム別の着こなし方

⇒古着パタゴニアの一覧

②ノースフェイス

アウトドア古着 ノースフェイス

パタゴニアに引けを取らず特にタウンユースでも人気なのがノースフェイス。

街で目を引くマウンテンパーカーやダウンジャケットはもうお馴染みですね。

アウターやフリースなど機能と見栄えを両立させたアイテムが人気。

⇒古着ノースフェイスの一覧

③コロンビア

アウトドア古着 コロンビア

1938年、アウトドアスポーツが盛んなアメリカ・オレゴン州にて創業したコロンビア。

機能性の高さや使い勝手の良さは言わずもがなですが、各アイテムに豊富なカラーバリエーションを揃えていることも特徴です。

⇒古着コロンビアの一覧

アウトドア好きなら知っているアメリカのメジャーブランド

続いて、日本での知名度はパタゴニアやノースフェイスには負けるけど、アウトドア好きなら知っている人も多い、アメリカのメジャーブランドをご紹介します。

④エディーバウアー

アウトドア エディーバウアー

1920年にアメリカのワシントン州シアトルで創業したエディー・バウアー。

アメリカで「人気のダウンウェア、アウターと言えば?」と聞くと必ずこの名が出てくると言っても過言ではないメジャーブランドです。

アウトドアブランドとして歴史が長いため、古着のアイテム数はかなり豊富です。

またエディー・バウアーは登山家をはじめとする専門家に絶賛されるほどの耐久性と機能性を兼ね備えた有名ブランドですが、価格はとってもリーズナブル

ガチな機能性と日常的に使える実用性を備えたお手頃のアウトドアブランドとして、ビギナーでもお手軽に取り入れやすいんです。

こちらでエディー・バウアーの魅力をたっぷりと語っっています。
⇒アメリカ古着屋が教えるエディー・バウアーの魅力|古着ならではの楽しみ方と人気アイテムも紹介

⇒古着エディーバウアーの一覧

⑤ウールリッチ

アウトドア ウールリッチ

ウールリッチはエディー・バウアーよりもさらに歴史の長い、創業1830年のアメリカ最古のブランド

その名の通り、創業当時は衣類や羊毛の布を供給するブランドとして活躍していました。

ウールリッチの代表作には、極寒地アラスカ仕様に作られた「アークティックパーカー」がありますが、イタリアのサッカーチームであるAC・ミランのベンチウォーマーに採用されたことで有名になりました。

エディーバウアーと同様、長い歴史を持ち、古着では年代ごとに違ったデザインを楽しむことができます。

ネイティブ柄のセーターやジャケット、シャモアシャツなど、華やかでカジュアル仕様のアイテムも多いですが、アウトドア古着としてはやはり定番のマウンテンパーカーが人気です。

⇒ウールリッチの古着はヴィンテージ感を楽しむ│魅力を引き出すコーデ方法とは

⇒古着ウールリッチの一覧

古着好きが目を光らせるアウトドアブランド

最後は、機能性も個性も重視する古着好きがこぞって狙う隠れアウトドアブランドをご紹介します!

現在のアウトドアシーンでも活躍するブランドたちですが、当店RUSHOUTのお客様の中では、70~90年代の古いものが特に人気です。

⑥シェラデザインズ:歴史的傑作『ロクヨンクロス』の生みの親

シェラデザインズ

1965年にアメリカはカリフォルニア州で設立されたシェラデザインズ。

「ロクヨンクロス(60/40クロス)」の愛称で親しまれる歴史的傑作素材を生み出したブランドです。

※ロクヨンクロスとは?
コットン58%、ナイロン42%の混紡素材のこと。混紡比率が60:40に近いことからロクヨンクロスと呼ばれるようになりました。

この60%のコットンに空気中の水分に触れると、生地が膨張して防水性・防風性が増します。

今でこそGoreTexのような高機能素材が開発されていますが、当時では革命的なな生地でした。

シェラデザインズ マウンテンパーカー

そのロクヨンクロスを採用した「60/40マウンテンパーカー」は、1968年のデビューから40年が経った今でも、アウターシェルジャケットの原点として不朽の名作となっています。

⇒古着シェラデザインズの一覧

⑦キャンプセブン(Camp7):ガチ過ぎないデザインで人気上昇中

アウトドア古着 キャンプ7

1971年アメリカ・コロラド州ボルダーにて誕生したCAMP7(キャンプセブン)。

ロッキー山脈に集まるクライマー達の要望に応えるように、デザインや機能を改良し続け、ダウンジャケットやスリーピングバッグといったハイクォリティなアウトドアアイテムを輩出してきたブランドです。

こう聞くと本気のアウトドア感がありますが、現在はデイリーユース向けのカジュアルファッションブランドとしても名を上げてきています。

⑧パウダーホーン マウンテニアリング:活動期間わずか15年の幻のブランド

古着 パウダーホーンマウンテニアリング

1970年代にアメリカ・ワイオミング州で誕生し、“当時は” 有名だったパウダーホーン・マウンテニアリング。

なぜ “当時は” かと言うと、実はこのパウダーホーン、オーナーの不慮の事故で1986年に終了してしまったのです。

アウトドアアイテムにウエスタンディテール(ヨークやドットボタン)を取り入れるという革新的な試みで注目を浴びましたが、ブランドとしての活動はわずか15年程度。

現在は復刻版がプロデュースされたりしていますが、古着好きの間ではビンテージ市場でしか手に入らない幻のブランドとなっています。

※現在、70年代当時のスタッフによってもう一度ブランドを復刻させようと一念発起し、2008年よりカナダで操業を復活しています。
⇒POWDERHORN公式サイト(英語版です)

⇒古着パウダーホーンの一覧

ここで一息。古着ならではのお楽しみポイント

ここまでで古着に興味を持っていただけた方に、古着ならではのお楽しみポイントを1つお教えします!

アウトドアアイテムは、技術・素材、流行り、使用環境などの変化に合わせてアップグレードを繰返し、時代とともに機能性・耐久性・デザイン性などが洗練されていきます。

その中でも古着ならではの楽しみの1つがアイテムの「タグ」です。

自分が来ている古着がいつの時代のものなんだろう?というのが判別されるほか、それがビンテージの証となったり、またデザインに当時の時代背景が現れていたり、とタグ1つで楽しめるポイントも結構多いんです。

例えば、先ほど紹介したロクヨンクロスの生みの親「シェラデザインズ」のタグを見てみると・・・


シェラデザインズ タグ

これが70年代。木が7本デザインされています。

シェラデザインズ タグ

こちらは80年代。木は8本になりました。

細かい違いですが、70年代ではBERKLELEY, CAだった製造元がOAKLAND, CA U.S.Aに変わってますね。

と、なると90年代は木が・・・?


3本に激減してしまいました!!

一説では森林破壊に抗議するためだとも言われていますが、あくまで一説です。

こういう時代の背景を想像したりできるのもタグチェックの醍醐味の1つです。

古着屋RUSHOUTで人気No.1のアウトドアアイテム

パタゴニア スナップt 古着

やはり一番人気はアウトドアの帝王パタゴニアでした。

  • 登山、キャンプなどのアウトドアからヘビロテタウンユースまで
  • フリース素材でインナー、アウターとしても重宝される
  • バリエーション豊富で幅広い年代の男女から愛される

誰もが知っているという知名度の高さ、古着好きからもアウトドア好きからも目を引くデザイン、一点ものというレア感があるためか、仕入れてもすぐに売れてしまうこの人気っぷり。

パタゴニア フリース

RUSHOUTはアウトドア向けの古着にも強い!!

本日は、アウトドアウェアとしての古着の魅力とオススメアイテムをご紹介させていただきました。

性能が高く、日常でも着こなしやすいアウトドアウェアは古着がリーズナブルでおすすめです。

当店RUSHOUTでは、定番ブランドから貴重な隠れアイテムまで豊富に取り揃えています。

アメリカ古着を取りそろえるRUSHOUTは、ビンテージ古着を含め、全てスタッフがアメリカ現地で厳選して買い付けた商品ばかり。

アウトドアアイテムを古着でお探しの方は、ぜひRUSHOUTをご利用ください!!

マウンテン アウター

無駄のない考え抜かれた機能性とデザイン|アメリカ古着屋が語るミリタリーアイテムの魅力!

ミリタリー古着

ミリタリーウェア。それは戦場の兵士の命を守るために誕生しました。

そんな武骨で頼れるアイテムを日常に。

サバゲーも流行して、街を歩けばカーキや迷彩柄に身を包んだ人を頻繁に見かけるようになりました。

今となってはすっかり日常に溶け込んだミリタリーファッションですが、実は世界大戦中から改良に改良を重ねたヒストリーがあるって知ってましたか??

本日は、そんなミリタリーウェアの魅力をオススメアイテムとともにたっぷりとご紹介します!

ミリタリー系アイテムを取り入れたスタイルコーディネート

ミリタリー系のファッションってどんなものがあるの?という方のために、ミリタリー系アイテムを取り入れたコーデを何点かご紹介します。

ミリタリーと聞くとがっしりとした男っぽいイメージがありますが、取り入れ方次第ではライトな風合いを出すこともできますよ。

スカーフを巻いて簡単オシャレ♪ ボーイスカウト風コーデ

ミリタリー古着 レディース

男のイメージが強いミリタリー系アイテムですが、スカーフを巻くだけでボーイスカウト風の簡単フェミニンコーデに。

襟付きトップスとスカーフは何故こんなにもマッチするのでしょう・・・

ワーク × ミリタリー×ストリートのミックススタイル

ミリタリーアメカジワークスタイル 古着

ディッキーズ(Dickies)のワークシャツと迷彩ショートパンツを組み合わせた、ゴツゴツしすぎず、ゆるすぎずなアメカジらしいストリートミックスコーデ。

「長袖とショートパンツ」「シャツと長袖トップスの重ね着」「ネイビー×迷彩×ホワイトの統一感」と小技コーデ術が盛りだくさん。

ミリタリーコートを中心に、細身なアイテムでモッズスタイルに

ミリタリー モッズスタイル

ライトなオリーブグリーンのミリタリーコートに細身のボトムスを合わせたモッズスタイルコーデ。

ビンテージ特有の色落ち感がパンツの艶感にフィットして、独特な風合いと大人の色気を醸し出しています。

歴史を知ればもっと楽しめる!軍服(ミリタリー)発祥のアイテム!!

今では迷彩柄やミリタリーカラーの服やバッグ・小物も、少し街を歩けば見かけるようになり、ファッションカテゴリーの1つとしてミリタリースタイルなんてのも確立されました。

いつの間にか人気が出て、当たり前のように身に着けているアイテムの中にも、実は軍服(ミリタリー)発祥のものがいっぱいあるんです!!

ミリタリー発祥アイテム①:Tシャツ

ミリタリー Tシャツ

いきなり「えっ!!?」と思った方も多いのでは?

全世界の老若男女が普段着として着ているTシャツ。実はアメリカ海軍が下着として使っていたクルーネック(丸首型)が原型となっているんです。


さらに『クルーネック』と聞いてピンと来たかたもいらっしゃるのでは??

英語で言う『クルー(crew)』とは『船の乗組員』のこと。


軽くて動きやすく、汚れたらすぐに洗えて、すぐに乾く、機能的な服として船乗りたちに愛されてきたTシャツは、船員から労働者へ、下着から作業着へ、映画のスターから若者たちへ引き継がれていきました。

ミリタリー発祥アイテム②:カーゴパンツ

カーゴパンツ ミリタリー

こちらはミリタリーの定番ボトムスであるカーゴパンツ。

英語で『カーゴ(cargo)』とは『貨物』のこと。もともとは貨物船や港の労働者のワークウェアだったそう。

1940年代からアメリカ軍用のパンツとして採用&転用され、ミリタリーテイストが強まったとされています。


労働者向けらしいタフな素材とラフなシルエットに、工具用の大きなポケットが太ももの側面についているのが特徴です。

現在はそのデザイン性を残しつつ、スリムなシルエットや、ストレッチ素材も取り入れられるようになり、時代とともにアレンジが加えられているのも1つの楽しみです。

ミリタリー発祥アイテム③:トレンチコート

トレンチコート ミリタリー

トレンチコートはイギリス軍が、第一次世界大戦中、寒さと悪天候に耐えるために作られた防水型の軍用コートです。

『トレンチ(trench)』の意味は『塹壕(ざんごう)』。激しくも厳しい環境の塹壕で耐え忍ぶためのコート。。。なんだかカッコイイですね。

防水性、耐候性の高さから、終戦後にはファッションとして広まったそうです。


ミリタリー トレンチコート

確かに、ボタンのラインや襟の形、肩の部分の当て布なんかを見てると、改めて「軍服らしさ」を感じます。

他にもまだまだある!ミリタリー発祥のアイテム

セーラー ミリタリー


  • セーラー服:1800年代のイギリス海軍用の軍服。元々男性用だったとは。
  • ネクタイ:クラバット(クロアチア兵)と呼ばれるスカーフ状の布が起源
  • ブレザー:ポーランドの騎士隊発祥のイギリス海軍の軍服。今でも将校クラスの正装として着用されている。
  • Pコート:1800年代のイギリス海軍用の軍服。ボタンが右合わせにも左合わせにもできるのは、甲板上で風向きに合わせて留めかえるため。
  • カーディガン:セーターを着脱しやすいように開発されたのが始まり。ちなみに考案者は英国陸軍の第7代カーディガン伯爵。

言われてみれば確かにミリタリーという感じはしますが、こう並べてみると女子高生の人気アイテムばかりですね。

つまりほとんどの女子高生はミリタリーファッションを経験している!?

時代を経て考え抜かれた機能とデザイン|アメリカ古着屋が選ぶ本格ミリタリー3選

ミリタリーウェアは、戦場で命をかける兵士たちのための軍用装備品。

その時代における最先端の機能性が重視され、誕生してから細部にわたる改善・アップデートが何度も繰り返されます。

時代ごとの細かな仕様変化を楽しめるのは古着の特権ですね!!

『ミリタリーフライトジャケット』の代表格:MA-1

MA-1
MA-1は、1940年代に世界で初めて開発されたアメリカ空軍フライトジャケット。

機内で引っかかって邪魔にならないように、装飾は必要最小限に抑えられ、座りやすいようにウエストラインに合わせた腰丈となっています。

当時の技術革新や軍用機の目まぐるしい発展に合わせて、MA-1も常に細部の改修が続けられていました。

その中でも最大の改修ポイントは、遭難時に目を引くインディアン・オレンジのリバーシブル仕様となった点です。

Ma-1コーデ


現在は、様々なデザイン・素材のものがありますが、軍の仕様としては寒さマイナス10度までのエリアでの着用を想定されています。

パイロットだけでなく陸軍でも使われ始めましたが、それだけ機動性と耐寒性に優れていたということでしょう。


MA-1のさらに詳しい機能や特徴については下記ページでも紹介しています。古着好きの方はこちらもどうぞ!!
「本物のMA-1」の特徴|タグの番号とディティールでの見分け方

MA-1

『ミリタリーフィールドジャケット』不朽の名作:M-65

M-65 ミリタリー

空の上から地上へ。続いては、陸軍戦闘服『フィールドジャケット』のご紹介です。

M-65は、1965年に誕生してから、なんと2008年まで40年間現役で実戦で使われていたアメリカ軍の野戦用の戦闘用ジャケットです。

※正確にはジャケットだけでなく、1965年に制式採用されたM-65パンツ、M-65フィールドジャケット、M-65フィールドパーカーなど、軍用品の総称です。

軍用としての納入は終了したものの、その機能性の高さから、オリジナルとほぼ同じスペックでアメリカ国内外で絶大な人気を誇っています。

実はこのM-65の前には、1951年式のM-51シリーズが制式使用されており、M-65はそれらがアップグレードされたものです。

大きな変更点として、M-51はコットン100%仕様でしたが、M-65ではナイロン混紡素材が採用されています。

コットン100%だと、雨で濡れてしまった際に、重くなったり、体温が奪われたり、とあまり戦闘服として良くない要素がありました。

M-65は、そこにナイロンを加えたことで、速乾性と耐久性の向上と軽量化が実現されたというわけです。

もう一つの変更点としては、立ち襟(スタンドカラー)を採用したことがあります。

スタンドカラー
立ち襟にはジッパーがついており、中にはフードが内蔵されています。


他にも、温かさを重視して作られた手の甲までのハンドウォーマードローコードなど、M-65には様々な実用的・実戦的な機能が追加されました。

M-65 ミリタリー

オリーブグリーン、ウッドランド(定番迷彩)、デザート(砂漠)など、戦闘フィールドでのカムフラージュが想定されたパターンが揃っていて、デニムやスラックス、チノパンにも合わせやすい。ヘビロテアウターとしてどうぞ!

M-65

極寒をも凌げる最高峰のミリタリーアウター:N-3B

M-3b ミリタリーアウター

N-3Bは、マイナス10度からマイナス30度の超極寒地エリアでの着用を想定して、1950年代に開発されたアメリカ空軍のナイロン製フライトジャケット。

同じ空軍用フライトジャケットでもパイロット用であったMA-1と違い、N-3Bは地上勤務隊員用となっているため、着丈は長めです。


最大の特徴は、極寒地の吹雪でも視界を遮らないように搭載されたファー付きのフードです。

このファーには、70年代半ばまではコヨーテの毛が使われていましたが、以降は手入れがしやすく劣化の少ない化学繊維に変更されました。


また、「大きめのポケットは手袋をつけたままでも出し入れしやすいように」などと、特徴的なディティールは、厳しい極寒地環境に対応するための多彩な機能性デザインから生み出されたものです。

N-3B ミリタリーアウターコーデ

ゆったりとしたデザインでインナーを着込んでもよし、ちょっとした外出でさっと羽織ってもよし。

コーディネートにも取り入れやすく、1着でいろんな着こなしが楽しめるのも魅力的!!

n-3b

古着屋RUSHOUTイチオシのミリタリー系人気アイテム

ミリタリー × スポーティなナイロンジャケット

ミリタリーナイロンジャケットコーデ 古着

基本的にボリューム感の強いミリタリー系アイテムですが、こちらはライトなミリタリー”調”のナイロンジャケット。

ナイロン1枚ものなので、春・夏・秋と年間通して活躍してくれる優れものです!!

ミリタリー ナイロン ジャケット

今季の本命!?キルティングライナージャケット

ミリタリーライナージャケットコーデ

軽量で保温性が高く、カジュアルな扱いやすさも備えている、最近流行りのキルティングライナージャケット。当店で扱うオリジナルの方も人気です。

またスーツやジャケットの上から羽織ることもできるし、カジュアルでもビジネスでも使える大人のファッションセンスを高めるアイテムです!!

ミリタリー キルティング ライナー

本格的なミリタリーアイテムならビンテージ古着がおすすめ!!

ミリタリーウェアは、その時代とともに機能性やデザイン性が幾度となくアップデートされ、年代ごとに細かい変化を楽しむことができます。

例えば、先ほどご紹介した『N-3B』は、70年代半ば以前のものにコヨーテファーが使用されていますが、誰が見てもビンテージとわかるような独特な風合いとオーラがあります。

アメリカ古着を取りそろえるRUSHOUTは、ビンテージ古着を含め、全てスタッフがアメリカ現地で厳選して買い付けた商品ばかり。

古着のミリタリーアイテムをお探しの方は、ぜひRUSHOUTをご利用ください!!

ミリタリー メンズ

個性派キッズに!リーズナブルさと一点ものの個性が両立する子供用海外古着の世界

「自分で服を選びたいオマセさん」
「外で遊んで洋服がすぐにボロボロに・・・」
「お友達とかぶらない服が着たい」

そんなやんちゃで個性派なお子様を持つパパ・ママはいらっしゃいませんか?

普段のお洋服のちょっとしたアクセントに、ガシガシ洗える外遊び用に、現代ものとは違ったデザインでちょっぴり粋な感じを出して、、、

本日は、子供向けの海外古着の魅力についてお話します!

子供用の海外古着ってどんな感じ?【当店人気アイテムを紹介】

派手で奇抜な感じ、安い、見たことないキャラクタープリント、ごつごつな肉厚感、、、

みなさん子供用の海外古着にはどんな印象をお持ちでしょうか?

アメリカ古着を取り扱う当店RUSHOUTでは、ファミリーで来店されたお客様が、キッズコーナーにも足を止めている光景をよく見かけます。

大人と同じ王道ブランドから、子供服ならではのかわいらしいアイテムやキッズブランドまで、当店の人気&オススメアイテムを紹介します。

今日はちょっぴり大人っぽく。遊び心も忘れずにラルフローレンのセーター

キッズ 古着 ラルフローレン

幅広い年代から愛され、アメカジファッションの王道ブランドともなっているラルフローレン。

ネイビー地にボーダー柄のポップなテイストに、左胸にはお馴染みのポロ。

家族でお出かけでも、普段着でも着回し力は抜群!!

もちろんポロシャツやベストもオススメですよ。

キッズ ラルフローレン

ワーク系キッズの火付け役!?オシュコシュのオーバーオール

キッズ古着 オシュコシュ

古着好きにはアメカジワークウェアとして人気が高いヒッコリーストライプ柄のオーバーオール。

慣れないうちは金具を外すのにモタモタしそうですが、手こずる小さなオーバーオール姿を想像するのも微笑ましいですね。

実はこのオシュコシュ、キッズ用のオーバーオールを世界で初めて作ったことで有名になったブランドなんです。


キッズ古着 オシュコシュ

この足元のデザインと色使いのパターンは子供ならではという感じですね。

オーバーオールを原点とするブランドなだけに、種類もとても豊富です。

キッズ オーバーオール

キッズに人気のキャラクターはやっぱりミッキー

キッズ古着 キャラクター

アメリカ古着の中には、日本では見たことないキャラクタープリントもあったりしますが、やはりミッキーマウスは日本でも馴染みが深く、売り切れ必至です!!

年代ごとにミッキーが成長している説もありますが、日本製のものとアメリカ古着ではキャラクターデザインのテイストが違うのも特別感があっていい感じ。


キッズ古着 キャラクター

こちらは何やら見たことあるようなないような(ス〇ーピーなんでしょうか、犬なんでしょうか)、、可愛らしいキャラクターもののスウェットパンツです。

ちょっと違った周りとはかぶらないキャラクタープリントの古着。

一点ものだし、かわいいし、我が子が着るとさらにかわいいし、しかも安いしで、パパ・ママにとってはお得しかありませんね。

キッズ Tシャツ
キッズ スウェット

キッズ古着はここがいい!!パパ・ママに嬉しい魅力

古着には、見た目も着心地も、新品の洋服とは違った特別な味わいがあります。

はしゃぎまわる子供たちは、そんなこと気にかけていないかもしれませんが、我が子の古着アイテムは、パパやママにとっても嬉しいことがあるんです!

やんちゃキッズ集合!古着デニムなら汚れてもガシガシ洗えます

キッズ古着の魅力

汚れなんか気にせず、むしろ子供にはこんな格好で外でいっぱい遊んでほしいです!!

デニム生地はダメージや色褪せもかっこいいですし、古着特有のクタっとした感じがあって履かせやすく、まだ小さいお子さんにもオススメ!!

ぐんぐん育つ子供だからこそリーズナブルな古着が嬉しい

キッズ古着の魅力

子供の成長スピードは凄まじいもので、洋服を買っても着られる時間はあっという間に過ぎていきます。

成長していく子供の姿を見守る目にも、お財布にも優しいのがキッズ古着。

すぐ着れなくなるからこそ、1点1点が個性的でリーズナブルな古着はかなり魅力的です。

RUSHOUTはキッズ向けのアメリカ古着も豊富に取り揃えています

RUSHOUTのキッズ古着

アメリカ古着を取りそろえるRUSHOUTは、ビンテージ古着を含め、全てスタッフがアメリカ現地で厳選して買い付けた商品ばかり。

もちろんキッズ用の古着・ビンテージも例外ではありません。在庫は全て一点もの、価格はとってもリーズナブルです。当サイトではキッズ古着だけでも500点以上のアイテムを常時掲載しています。

見ているだけでも楽しくなるキッズ向けのアメリカ古着。岡山の店頭に来る際は、是非ご家族でおこしくださいね。

キッズ

アメリカ古着屋が教えるエディー・バウアーの魅力|古着ならではの楽しみ方と人気アイテムも紹介

エディーバウアーアグ

アメリカ発、アウトドア系ブランドの代表格「エディー・バウアー」。

歴史が長く、20~30代からはアウトドアファッションブランドとして、40~50代からはヴィンテージ古着ブランドとして、幅広い世代に注目されています。

今回はそんなエディー・バウアーの歴史を振り返りつつ、RUSHOUTの人気アイテムや古着ならではのお楽しみポイントなどをご紹介します。

エディー・バウアーは歴史あるアウトドアブランド

エディー・バウアーは、1920年にアメリカのワシントン州シアトルで創業者エディーバウアー(Eddie Bauer)によって作られたアウトドアブランドです。

エディーが釣りに出かけた真冬のある日のこと。そのころ主流であったウール生地のコートが冷たい水分を吸い込み、エディーは低体温症になってしまいます。さらに不運なことに道に迷ってしまい凍死寸前に。

この九死に一生を得る体験から、エディーが生み出したのが「スカイライナー」というダウンジャケットです。


エディーバウアーダウンウェア

以降、エディー・バウアーのダウンウェアはエベレスト登頂や北極圏探検など、過酷な環境下で活躍するようになり、現在でも多くの登山家や冒険家に愛されるアイテムとなっています。

古着ショップの推しブランド!エディー・バウアーの魅力とは

①メジャーブランドなのに価格はリーズナブル

アメリカで人気のダウンウェア、アウターと言えば?と聞くと必ずこの名が出てくると言っても過言ではないメジャーブランド「エディー・バウアー」

同じくアメリカの人気アウトドアブランドであるパタゴニアやノースフェイスを見るとわかりますが、アウトドア系アイテムは優れた機能性に合わせて価格帯も一流クラスであるのが一般的です。

対照的にエディー・バウアーは登山家をはじめとする専門家に絶賛されるほどの耐久性と機能性を兼ね備えた有名ブランドですが、価格はとってもリーズナブル

ガチな機能性と日常的に使える実用性を備えたお手頃のアウトドアブランドをお探しの方には、是非ともエディー・バウアーをオススメしたいです。

②古着のアイテム数も多く、いいものに出会いやすい

アウトドアブランドとして歴史の長いエディー・バウアーは古着のアイテム数もかなり豊富。

60年代のビンテージ世代から流行りの90年代アイテムまで、時代ごとに味わいの違ったデザインやテイストを楽しむことができます。

価格帯も高くないので、アウトドアファッションビギナーでもお手軽に取り入れやすいんです。

エディーバウアー メンズ

エディー・バウアーを古着で楽しむポイント

古着好きなら要チェック!年代別のタグ

古着好きなら必ずと言っていいほどチェックするのがアイテムのタグ。特にビンテージならブランド名だけでなく製造年も知りたいですよね。

エディー・バウアーもタグから年代を判別することができます。特に80~90年代の黒タグ後期が人気です。

ここでは一部のタグを年代とともに紹介します!

50年代中期~60年代初期 Blizzard Proof

エディーバウアー 60年代 タグ

ブランド表記がエディー・バウアーの「BAUER(バウアー)」だけになっています。タグだけでもすでにかっこいいです。

80年代後期~90年代前期の黒タグ

エディーバウアー 90年代 黒タグ

黒地に金色文字の刺繍が入った人気の黒タグ。


エディーバウアー90年代黒タグ プレミアム

タグの下部に「PREMIUM QUALITY GOOSE DOWN」と表記があります。

これが表記されているものは、グースダウンを使った上質アイテムを意味しています。

古着なら今とは違うレトロ感や面白いアイテムがある

ここまでエディーバウアーについて「アウトドア」「ビンテージ」「耐久性」「ダウンウェア」と、肉厚でがっしりしたイメージが定着していたかもしれませんが、それ以外にも幅広いアイテムを取り扱っています。

エディーバウアー レトロ シャツ

90年代以前の古着は、レトロテイストのシャツや今の流行とは違った面白い形のセーターなんかも揃っています。

古着屋RUSHOUTがオススメするエディー・バウアーの人気アイテム3選

アイテム数も多く、他のアウトドアブランドに比べて低価格で手に入るエディー・バウアーは古着も大人気。

アメリカ古着を取り扱うRUSHOUTでは、スタッフが本場アメリカに出向き、実際に見て触ったアイテムを厳選買い付けしています。

RUSHOUTイチオシのエディー・バウアー古着アイテムはこちら!!

セーター

古着やビンテージの中でもノルディック柄やネイティブ柄は特に人気が高いです。表現している土地や民族によっても、また時代によってもテイストが異なるので、多くの柄が存在しています。個性派セーターなら古着で!

エディーバウアー セーター

ナイロンジャケット

エディーバウアー ナイロンジャケット

アウター部門ではダウンジャケットのイメージが強いエディー・バウアーですが、カラーバリエーション豊富なナイロンジャケットも人気のアイテムです。

個性的なナイロンをサラリと着こなしてみるのはいかがでしょう。

エディーバウアー ナイロン

90年代の人気アイテムは古着屋RUSHOUTで!

アメカジファッションにアウトドア系アイテムを取り入れるなら、エディー・バウアーの古着がリーズナブルでおすすめです。

当店RUSHOUTでは、特に人気のある90年代のアイテムも豊富に取り揃えています。

アメリカ古着を取りそろえるRUSHOUTは、ビンテージ古着を含め、全てスタッフがアメリカ現地で厳選して買い付けた商品ばかり。

エディー・バウアーを古着でお探しの方は、ぜひRUSHOUTをご利用ください!!

⇒古着エディーバウアーの一覧

エディーバウアー 90年代

アメリカ古着屋が選ぶアメカジワーク系ブランド|イチオシ素材とコーデも紹介

アメカジワーク系ブランドアイキャッチ

少し泥臭いくらいがかっこいい。

流行に頼らず、機能と実用性の高いアイテムを擦り切れるまで着る。その使用感・ダメージ感すらも楽しめばいい。

そんな思想に惹かれたあなたは間違いなくワーク系古着が大好きです。

ワーク系のアメカジってどんな感じ?|アメリカ古着屋が教えるスタイルコーデ術

ワークウェアをカジュアルに着こなすって?

「ワークスタイルの男気溢れるどっしり感」「アメカジ特有のほどよい外し感」を演出するコーディネートをいくつかご紹介します。

ワークスタイルの定番!ヒッコリーストライプ × オーバーオール

アメカジワーク系コーデ

ワーク系の定番「ヒッコリーストライプのオーバーオール」をゆったりめのホワイトシャツと合わせた、トップス+オーバーオール+シューズのミニマルコーデ。

ホワイト×ブルーのヒッコリー柄には、同系色のブルーシャツとのきれいめな組合せもおすすめです。

ワーク × ミリタリー×ストリートのミックススタイル

アメカジワーク系コーデ

ディッキーズ(Dickies)のワークシャツと迷彩ショートパンツを組み合わせた、ゴツゴツしすぎず、ゆるすぎずなストリートミックスコーデ。

「長袖とショートパンツ」「シャツと長袖トップスの重ね着」「ネイビー×迷彩×ホワイトの統一感」と小技コーデ術が盛りだくさん。

ヘビーデューティーなアイテムでつくるストリートコーデ

アメカジワーク系コーデ

ワークウェアの本質は、そのタフなデザインと機能性の高さ。

丈夫さと暖かさを兼ね備えたカーハート(Carharrt)のアクティブパーカーに、使い勝手抜群のカーキのチノパンを組み合わせた、男らしくもゆるめなストリートコーデ。

肩ひじ張らないラフなスタイリングで日常的にガンガン使えるのもうれしいポイントです。

ワークウェアこそビンテージ!使用感がかっこいい古着コーデ

アメカジワーク系コーデ

使えば使うほど味が出るビンテージ古着こそ、流行に左右されない男の定番アイテム。

こちらは50年代のシャツと80年代のワークジャケットを合わせたビンテージトップスに、デニムは緩やかなフレアシルエットで現代らしさも取り入れたコーディネートです。

ブランドだけじゃない!ワーク系アメカジは素材が命

ワークウェアはもともと労働者が「働くため」に設計されたもの。機能性と耐久性に優れた素材とデザインこそが、ワークスタイルの原点です。

アメカジファッションの中でも特に力強く男臭さのあるワーク系。もちろん人気ブランドもありますが、まずは「THE 労働者」を彷彿させる定番の頑強素材をおさえておきましょう。

ワーク系アメカジ素材①:ヒッコリーストライプ

しっかりとしたヒッコリー生地にストライプ柄を載せたヒッコリーストライプデザインは、ワーク系素材の定番中の定番。ストライプが細かいものはピンヒッコリーと呼ばれたりもします。

ネイビー系が多いこのヒッコリーストライプ柄。元々は汚れを目立たせないようにカムフラージュするという目的があったそう。

今となってはダメージや汚れもカッコよさの一部!!使っているうちに生地がしんなりと柔らかくなり、使用感が増すほどそのオーナーの体に馴染んできます。

ヒッコリー

ワーク系アメカジ素材②:ヘリンボーン生地

アメカジワークウェア素材

ヘリンとは魚のニシンという意味。生地の凹凸感がニシンの骨に似ていることからヘリンボーンと呼ばれるようになりました。

ヘリンボーン生地は高密度に織られているほど強度が高く、 元々工場など労働者向けのワークウェアや軍服素材として活躍していました。

がっちりとした肉厚のあるワーク素材らしい頑強で武骨な男をイメージさせつつ、着こむほどに独特の風合いが増してくるのがポイントです!

⇒古着ヘリンボーンの一覧を見る

ヘリンボーン

ワーク系アメカジ素材③:ダック生地


ダック素材は、通常より太い糸を密に織り込んだ頑丈な素材。身近なところで体育館のマットに使用される素材。と言うとタフさがイメージしやすいでしょうか。

水や火にも強く、ちょっとやそっとじゃ燃えたりしませんし、少しの雨なら耐えられるほどの頑丈さです。

新品はバキバキ感がありますが、着込んでるうちに柔らかくなり、洗って色落ち感もまた味があるというデニムのような楽しみ方ができます。

ダック地

アメカジ古着屋が選ぶおすすめワーク系ブランド3選

使用すればするほどかっこよさが増すワークウェアは、ビンテージものを含めて古着が大人気。

アメリカ古着を取り扱うRUSHOUTでは、スタッフが本場アメリカに出向き、実際に見て触ったアイテムを厳選買い付けしています。

そんな目利きスタッフが選んだ人気のワーク系ブランドはこちら!!

まずは定番&人気のワーク系ブランドと言えばこれ:ディッキーズ(Dickies)

アメカジワーク系おすすめブランド

働く人々に寄り添ってきたワーク系ブランドディッキーズ(Dickies)

創設者のウィリアムソンとディッキーは、質の高いワークウェアを作るために、アメリカ中の牧場、工場、鉱山などの働く現場に出張し、労働者の生の声を聞いて回ったそう。

丈夫さ・着心地の良さ・動きやすさから世界中で様々なシーンで愛用されているアメカジ・ワークスタイルでは欠かすことのできないブランドです。

⇒古着ディッキーズ一覧を見る

ディッキーズ メンズ

タフで頑丈な機能性とシンプルで都会的なデザイン:カーハート(Carharrt)

アメカジワーク系おすすめブランド

ダック生地とデニム生地を採用したオーバーオールに始まり、今でもダックアイテムがブランドの象徴ともなっているカーハート(Carharrt)

ワークウェアらしいどっしりとしたタフな作りでありながら、ファッションウェアとしてのシンプルなデザインも兼ね備えているのが特徴。

ワーク系やミリタリースタイルだけでなく、シティボーイ・シティガールからも愛されるアメカジに取り込みやすいアイテムが揃っています。

⇒古着のカーハートはワークウェアの代表ブランド|人気アイテムとコーデ例

⇒古着カーハート一覧を見る

カーハート メンズ

古着好きがアツくおすすめするワーク系ブランド:オシュコシュ(Osh Kosh)

アメカジワーク系おすすめブランド

アメリカのウィスコンシン州にて、小さな作業着メーカーとして農夫や鉄道労働者用のオーバーオールを製造していたオシュコシュ(OshKosh)。

キッズ用のオーバーオールを世界で初めて作ったことで有名になりました。

現在「OSH KOSH B’GOSH(オシュコシュ ビゴッシュ)」は子供服ブランドとしての知名度が高いのですが、古着好きにはビンテージワークウェアとして人気です。

オーバーオールから始まったブランドだけにその種類もかなり豊富!!

⇒古着オシュコシュ一覧を見る

オシュコシュ メンズ

ワークスタイルを極めるならビンテージ古着がおすすめ!

ワークウェアはその素材やコンセプトから経年変化で味わいが増し、使い込むことで男らしい風合いも出てきます。

アメリカ古着を取りそろえるRUSHOUTは、ビンテージ古着を含め、全てスタッフがアメリカ現地で厳選して買い付けた商品ばかり。

古着のワークウェアをお探しの方は、ぜひRUSHOUTをご利用ください!!

人気アメカジアイテムTOP5|アメリカンカジュアルに強い古着屋がオススメするコーディネート

アメリカンカジュアル略してアメカジ。。。それは、アメリカをイメージさせるアイテムで構成された全てのファッションです。

シンプルで機能性が高く、気軽に取り入れられるアメカジファッションですが、「いきなり全身アメカジ系コーデにするのはハードルが高い」と思っている方も多いのでは?

今回はアメカジと言えばコレ!!という鉄板の人気アイテムと簡単にできるコーディネートを紹介します。

アメカジアイテム人気TOP5

  1. ジーンズ
  2. シャツ
  3. チノパン
  4. スウェット
  5. Tシャツ

まずアメカジ系スタイルに取り入れたいのが、以上5つの鉄板アイテム。

「全身アメカジ系で揃えるのは難しい…」という方でも、ポイントを押さえてアメカジ系アイテムを取り入れれば、アメリカンライクな雰囲気を作り出すことができます。

アメカジ系人気アイテム①ジーンズ

鉄板のアメカジアイテムと言えばやっぱりジーンズ。1本持っておけば、トップスとの組合せで違ったテイストのアメカジファッションを演出できる万能パンツです。

アメカジ系ジーンズのおすすめブランド:リーバイス(Levi’s)

リーバイス 古着 ジーンズ

作業着に使える丈夫なパンツが欲しい!!という声から生まれたリーバイス(Levi’s)ジーンズ。

アメリカが生んだキング・オブ・デニムとも呼ばれ、ジーンズの原点としてもアメカジの原点としても絶対に外せないブランドです。

リーバイス ジーンズ メンズ

アメカジ系ジーンズのおすすめブランド:リー(Lee)

自社作業員のオリジナルワークウェアとしてが始まりのリー(Lee)のジーンズ。

完全ワークウェアだった初期は太めのシルエットでしたが、時代とともに少し細めになりカジュアルウェアに変遷していきました。

無骨なデザインのリーバイスに対して、リーは少し丸みのあるデザインがあり、女性にも人気です。

LEE ジーンズ メンズ

アメカジ系ジーンズのおすすめブランド:ラングラー(Wrangler)

リーバイス、リーに次いで生まれたアメリカの第3デニムブランドのラングラー(Wrangler)

ハリウッドの西部劇衣装(カウボーイ)のデザイナーを採用し、世界初のデザイナージーンズを生産しました。

カウボーイお馴染みのフレアパンツ等が多いのが特徴です。

⇒ラングラーの古着デニムを楽しむのに知っておきたい3つのこと|見分け方を覚えるとさらに楽しめる

ラングラー ジーンズ メンズ

アメカジ系人気アイテム②シャツ

ド定番のチェックシャツやダーク系のシックな雰囲気も作り出すこともできる、こちらもアメカジスタイルには外せないアイテムです。

アメカジ系シャツのおすすめブランド:ラルフローレン(Ralph Lauren)

ラルフローレン古着シャツ

カジュアルな雰囲気を持たせつつも、機能性と上品さも兼ね備えたラルフローレン(Ralph Lauren)。

スーツっぽくなりがちなワイシャツも、遊び心のあるカラーバリュエーションでお手軽におしゃれな着こなしができます。

⇒アメリカ古着の大定番ラルフローレンとは?その魅力とおすすめ商品

ラルフローレン 長袖 シャツ メンズ

アメカジ系シャツのおすすめブランド:トミーヒルフィガー(Tommy Hilfiger)

トミーヒルフィガー古着シャツ

ラルフローレンに並び、アメカジの上質でスタンダードなシャツと言えば、トミーヒルフィガー(Tommy Hilfiger)。

ポップなテイストとコーデのほどよいアクセントとなるデザインが魅力です。

⇒古着で人気のトミー ヒルフィガーを着こなすコツとは|スポーティカジュアルを制覇しよう

トミー シャツ メンズ

アメカジ系鉄板アイテム③チノパン

もともと軍用パンツや作業着として使われいたチノパン。オールシーズン使えて、ラフな雰囲気のアメカジ系スタイルとも相性バツグンです!!

アメカジ系チノパンのおすすめブランド:ラルフローレン(Ralph Lauren)

ラルフローレン古着チノパン

チノパンでもアメカジファッションの王道ブランドとなっているラルフローレン。

派手なトップスに合わせても自然とマッチする、上品でベーシックなデザインが特徴です。

ラルフローレン チノ パンツ メンズ

アメカジ系人気アイテム④スウェット

男女問わず幅広い年代から愛されるスウェット。ラフな雰囲気や程よい抜け感を演出できるアメカジらしいアイテムです。

アメカジ系スウェットのおすすめブランド:チャンピオン(Champion)

チャンピオン古着スウェット

アメカジに限らず、自分のお気に入りスタイルに取り入れやすいスウェットですが、アメカジ系スウェットと言えばチャンピオン(Champion)。

人気のリバースウィーブを始め、パーカー・トレーナー・パンツなど様々なスウェットを手掛け、スウェット界の王様と言われるほど。

⇒リバースウィーブとは?他のスウェットとの違い

チャンピオン スウェット メンズ

アメカジ系人気アイテムその⑤Tシャツ

アメカジ古着Tシャツ

アメカジ系Tシャツは、個性的なプリントがされているものが多く、一枚で着ていてもおしゃれが発揮できるアイテムです。

ただアメカジと一口で言ってもカレッジ系、ウェスタン系、ミリタリー系など、様々な系統のものがあります。

プリントデザインやサイズ感、シルエットによっても印象がガラッと変わるので、他のアメカジ系アイテムとの相性も考えて慎重に選びましょう。

⇒古着Tシャツ一覧を見る

すぐにマネできる!アメカジアイテムを取り入れたコーデ集

1.カレッジ系スウェットを使ったアメカジコーデ

アメカジコーデ1

アメカジ定番のカレッジプリントのスウェットからハイネックを覗かせて今っぽく。中にネルシャツを着るのもオススメです。

2.ロゴT+チノパンで簡単アメカジコーデ

アメカジコーデ2

カーハート(carhartt)のロゴTにチノパンを合わせた簡単なアメカジコーディネートです。

シンプルな組み合わせに、トップスと足元の色を合わせて統一感を。

3. 星条旗×デニムアイテムを揃えたアメカジ満載コーデ

アメカジコーデ3

トップスもジーンズもワイドシルエットですが、アメリカの星条旗をモチーフにしたストライプ柄が程よくラフな雰囲気を演出。

デニムアイテムと足元を星条旗カラーに合わせることで、赤がアクセントカラーになるところもポイントです。

4.ビッグシルエットのポロシャツを使ったアメカジコーデ

アメカジジーデ4

ビッグシルエットでアメカジ系の抜けた感を保ちつつ、細身のジーンズですっきりと。

パンツは比較的細めかジャストサイズをピックアップしたいところ。ジーンズはもちろん、スラックスやショーツとも組み合わせやすいです。

本格的なアメカジアイテムを買うならアメリカ古着がおすすめ

今回は簡単に取り入れられるアメカジ系アイテムをご紹介しました。

アメカジと一口に言っても、ラフな着崩しスタイル、ワイルドなバイカースタイル、きれいめなスポーツミックス、武骨なミリタリースタイルと、系統は様々です。


アメカジを本格的に着こなすのであれば、本場のアメリカ古着を取り入れるのがおすすめです。

ラフさとタフさを兼ね備えたアメリカ古着は、本格的なアメカジファッションを目指す王道とも言えるでしょう。


RUSHOUTは、常時2万点以上を掲載している古着通販サイトです。

取り扱っている商品は、全てスタッフがアメリカで買い付け、目で見て触って厳選したものばかり。

卸業者を入れないことによって、高品質の古着が他より低価格で販売できております。

古着のアメカジ系アイテムを購入する際は、ぜひRUSHOUTをご利用くださいね。

冬のレディース古着|トレンドのレトロ感を演出できるアイテムとコーディネートを紹介

冬のレディース古着

ようやく秋が来たと思ったら、あっという間に冬モード。

冬にも今年っぽくレトロな古着を着こなしたいけど、何を買おうか迷っている人も多いかもしれません。

特に冬のおしゃれは、防寒のために重ね着が増えるため、センスが問われます。

おしゃれに着こなすのが難しいと思っている人も少なくないようです。

でも、ポイントさえ押さえれば、冬にもかわいく古着を楽しめます!

この記事では、今年トレンドのレトロなスタイルを中心に、冬のおすすめアイテムとコーディネート例をご紹介します。

【レディース古着】2019年冬のトレンドで選ぶ古着アイテム

古着をおしゃれに着こなすのであれば、今年のトレンドに沿ったアイテムを買うのが手っ取り早いです。

ここでは、今年トレンドの古着アイテムをご紹介します。

トレンドのアウター3選

アウターがおしゃれなら、冬のファッションもおしゃれになるといっても過言ではありません。

今年トレンドのアウターは以下の物です。

  1. ロングコート
  2. チェック柄
  3. ケープ・ポンチョ系のアウター

1.ロングコート

古着のロングコート トレンド

すっぽりと足元まで隠してくれるロングコートは、真冬でも暖かく便利なアイテム。

春や秋であれば、トレンチコートも今年は長めのものがトレンドです。

ロングコートは、縦のラインが強調されるので大人っぽく上品な着こなしを簡単に作ることが出来ます。

ブラウスやスカート、ニットといった女性らしさ満点のコーデにプラスすれば、王道の女性らしいコーディネートに。

インナーやボトムスを敢えて、ボーイッシュなアイテムで作り、ロングコートでおしとやかさをプラスするのもバランスが取れるのでおすすめですよ。

コート レディース

2.チェック柄

チェックの古着アウター

今年は「レトロ感」が流行っているということもあり、チェック柄のアウターがトレンドです。

夏はTシャツや柄ワンピースで遊び心のあるファッションをしていたのに、秋冬になるとシンプルすぎて面白みのないファッションになってしまうという人も少なくないのではないでしょうか。

そんな人たちにおすすめなのが、チェック柄のアウター。

1枚羽織るだけで、今年のトレンド感とユニークさがプラスされますよ。

チェック アウター レディース

3.ケープ・ポンチョ系のアウター

トレンドのポンチョアウター 古着

今年は、ケープやポンチョと呼ばれる、袖がないタイプ(もしくは袖がないように見えるタイプ)のアウターもトレンドです。

インナーにしっかりと保温性のあるニットなどを着用すれば、真冬でも着ることが出来ます。

ボトムスは、スラっと着こなせる細めのパンツを合わせるのがおすすめ。

ショート丈のポンチョの下に、末広がりのスカートを合わせてしまうと着太りして見えてしまうので注意が必要です。

ポンチョ

トレンドの色柄はアースカラーとヴィンテージ柄

今年は、1年を通してアースカラーとヴィンテージ柄が人気でしたが、冬もこのトレンドは続きそうです。

アースカラーアイテム

アースカラーがトレンド

色合いでいうと、今年はきれいめなアースカラーがトレンドとなっています。

アースカラーとは、茶色・ベージュ・カーキ・ブルーなどの地球の自然を彷彿させるような色合いのことを言います。

アースカラーはどんなアイテムでもヴィンテージ感を簡単にまとえて、上質できれいめな印象を与えることが出来ます。

さらに、コーディネート全体をアースカラーでまとめると、ふわっと優し気のある可愛い着こなしを作ることが可能です。

ヴィンテージな柄アイテム

ヴィンテージな柄 レトロ柄がトレンド

トレンドの柄は、ヴィンテージな柄です。

具体的には、

  • チェック柄
  • 花柄
  • ペイズリー柄など

ヴィンテージ感のあるレトロな柄が、幅広く人気となっています。

色合いは、ヴィヴィッドでコントラストが効いたパキっとしたものではなく、アースカラーやくすみカラーを使ったふんわりした印象の柄がトレンドです。

トレンドの素材はコーデュロイとレザー

素材としては、こちらもレトロ感を演出できる「コーデュロイ」と「レザー」がトレンドです。

コーデュロイ

コーデュロイパンツの古着

暖かくて見た目にもほっこりするコーデュロイ生地は、冬にアースカラーを取り入れるのに最適な素材です。

おじさんっぽい”ダサかわいさ”が出せるコーデュロイパンツコーデュロイジャケットのほかにも、女性らしさ満点のミニスカートワンピースなどもあります。

コーデュロイ レディース

レザー

トレンドのレザーアイテム 古着

今期は、牛革などを使ったレザー素材もトレンド。

レザー特有のツヤ感をコーディネートにプラスすることで、ふわっとしたアースカラーコーデにメリハリを付けることが出来ます。

古着であれば、本革を使ったレザージャケットや大人っぽさを出せるレザーボトムスも手軽に購入できますよ。

また、レザーアイテムを服に取り入れるのは少しハードルが高いと思う方は、バッグやシューズで取り入れてみるのがおすすめ。

レザー素材をどこかに取り入れれば、格段に大人っぽい上質なコーディネートになります。

レザー バッグ

冬のレディース古着コーディネート例

ウールコートを使った大人っぽいコーディネート

古着のウールコートコーデ

ロング丈のウールコートを使った大人っぽい定番コーディネートです。

トレンドでもある派手めなヴィンテージ柄のスカートにも、落ち着いたチャコールグレーでバランスを取ることが出来ています。

チェック柄のポンチョコートで今年のトレンドコーデ

古着 ポンチョコート コーデ
ポンチョコート 古着


今年のトレンドの、チェック柄のポンチョ型コートを取り入れたアウターのコーディネートです。

こちらは一見ポンチョに見えますが、袖があるので防寒性もばっちりです。

更に、インナーにビビッドなピンクのニットを着ることで遊び心のある着こなしとなっています。

秋冬はどうしても、暗い色でそろえがちになってしまうので、鮮やかなカラーのニットはおすすめアイテムです。

レディース ニット

きれいめカラーのロングコートでかっこいい女性のカジュアルコーデ

きれいめカラー ロングコート 古着コーデ

きれいめカラーの茄子紺色のロングコートを使った大人っぽいカジュアルコーデです。

カジュアルファッションが好きな人は、ロングコートはちょっと大人っぽくなりすぎると思ってしまうかもしれませんが、カラーアイテムならカジュアルな雰囲気を出すことが出来ます。

きれいめカラーも今年は人気なので、ロング丈のきれいめコートを見つけたら即買いがおすすめです。

チェックジャケットで上品なヴィンテージコーデ

チェックジャケット 古着コーデ

チェック柄のジャケットで、上品なヴィンテージ感を出したコーディネートです。

先ほどと同じく、個性的なチェック柄のアウターなので、ボトムスは黒色でシンプルに抑えています。

首元からハイネックをのぞかせるコーディネートは、アウターのボタンを全部閉めた時にもおしゃれポイントとなるのでオススメです。

ハイネック セーター レディース

ヴィンテージニットでほっこり可愛いコーディネート

ヴィンテージニット 古着コーデ

冬のトップスといえばニットを思い浮かべる人も多いでしょう。

こちらは、古着ならではの遊び心のあるニットを使ったコーディネートです。

ベージュカラーのニットは、シンプルなアイテムにも、またはヴィンテージ柄にも合わせやすいので1枚持っておくと重宝すること間違いなしです。

ベージュ セーター レディース

ブラウンのマウンテンパーカーでヴィンテージカジュアルコーデ

ブラウンコーデ

ブラウンのマウンテンパーカー、総柄のヴィンテージブラウスと、ロング丈のデニムスカートを合わせたカジュアルコーデです。

総柄のヴィンテージブラウスは、派手になりすぎて着こなしにくいという人もいるかもしれません。

そこで、総柄のブラウスは寒い時期のインナーとして着用し、アウターとボトムスをシンプルにすることで、名わき役として活躍させるのがおすすめです。

ブラウンのマウンテンパーカーは、こういう時にカジュアルさとシンプルさを兼ね揃えているので、とても便利なアイテムと言えます。

柄 長袖 シャツ レディース

スウェットをレースとチェックスカートでガーリーに着こなしたコーデ

チェックスカートと青のスウェット

こちらはポップでかわいいミッキーのスウェットを、女性らしく着こなしたコーデです。

スウェットってパンツと合わせると、どうしてもボーイッシュでカジュアルすぎる着こなしになってしまいませんか?

そこでおすすめなのは、このようにチェックスカートフリルブラウスに合わせたコーディネートです。

ディズニー スウェット
フリル 長袖 シャツ
チェック スカート

チェックスカートとシャツ・ベストでプレッピーコーデ

チェックスカートとベストのプレッピーコーデ

こちらはレトロなチェックスカートとブラウス、ベストを合わせたアメリカの学生風プレッピーコーデです。

チェックスカートは学生服に近いので、このようなシャツやベストには相性ばっちりです。

真っ白なシャツを着てしまうと本当の制服と間違えられてしまうかもしれませんが、シャツにトレンドのアイボリー~ベージュカラーを取り入れることでおしゃれな着こなしになりますよ。

ベージュ 長袖 シャツ レディース

民族風ブラウスとレトロスカートで個性派コーデ

民族シャツ 古着コーデ

ハンガリー風の刺繍が施されたシャツにレトロなスカートを合わせたコーディネートです。

ビッグサイズのシャツなら、インナーにハイネックを着ることで冬もおしゃれに着ることが出来ます。

コーデュロイのオーバーオールでほっこり可愛いカジュアルコーデ

オールオーバーコーデ 古着

こちらはオーバーオールとニットを合わせたほっこり可愛いコーディネートです。

冬の定番のニットも、オーバーオールを着るだけで個性的なかわいい着こなしに変ります。

オーバーオールはあえて大き目のサイズを選んで、裾をざっくり折り返してもかわいいですよ。

レディース古着のニット一覧はこちら

レディース セーター

古着のオーバーオール/ツナギ一覧はこちら

オーバーオール

レトロなブラウンのコーデュロイワンピースでトレンドコーデ

冬のレディース古着

こちらはブラウンのコーデュロイワンピースとハイネックを合わせたトレンドのコーディネートです。

ロング丈のワンピースはとっても大人っぽい上に、コーデュロイが上品な風合いを出してくれますよね。

ブラウンやベージュカラーのコーデュロイアイテムは、今年のトレンドなので古着で見つけたら早いもの勝ちですよ。

コーデュロイ ワンピース
コーデュロイ スカート

レトロ柄のヴィンテージワンピースを使って簡単に出来る旬なコーデ

レトロワンピース 古着の冬コーデ

こちらはレトロな花柄のヴィンテージワンピース着た、誰でも簡単に作れる旬なコーディネートです。

おしゃれなコーディネートに自信がないという人は、レトロ柄のワンピースなら1枚で着るだけでおしゃれが完成するのでおすすめです。

華やかな柄のワンピースなら、落ち着いた無地のアウターを着るとバランスが取れて良いですよ。

長袖 ワンピース 柄

冬のおしゃれはレトロな古着で楽しもう

いかがでしょうか?

古着はすべて一点物なので、トレンドのアイテムはすぐに売れてしまいます。

いいな~と思ったアイテムは早い者勝ちなので、取られちゃう前にゲットしてくださいね。

古着を使ったトレンドのファッションで冬を楽しく過ごしてみてください!

RUSHOUTは、常時2万点以上を掲載している古着通販サイトです。

取り扱っている商品は、全てスタッフがアメリカで買い付け、目で見て触って厳選したものばかり。

卸業者を入れないことによって、高品質の古着が他より低価格で販売できております。

冬物の古着を購入する際は、ぜひRUSHOUTをご利用くださいね。

レディース古着一覧を見る

レディース

【メンズ】古着屋店員が教える間違いないアウター|種類別の着こなし方もご紹介

古着メンズアウター

秋冬のファッションにはアウターが必須です。

アウターがおしゃれなら、秋冬のファッションはおしゃれに決まるといっても過言ではないでしょう。

しかし、メンズ古着のアウターは、新品で買うのと比べ、安いといっても1万円前後はします。それもあって、「自分に似合わない物やトレンドから外れたものを選んで失敗したくない」、と考えている人も多いのではないでしょうか?

この記事では、古着屋が教える間違いないアウターと、種類別の着こなし方をご紹介します。

古着のアウターと一言で言っても、その種類やテイストは様々。

是非、自分に合ったものを選び、秋冬のおしゃれを楽しんでくださいね。

メンズ古着のアウターで人気の商品はこれ!

まずは当店RUSHOUTで、メンズアウターで人気のある商品をご紹介します。

間違いないアウターを選ぶのであれば、この3点がおすすめです!

(1) ラルフローレンのスイングトップ

ラルフローレンのスウィングトップ古着

スイングトップは、春や秋に活躍するアウターで、ドリズラージャケットとも呼ばれます。

元々はゴルフ用のアウターとして開発された、丈が短いブルゾンで、程よい厚みの生地感が肌寒い季節にぴったりです。

その中でも人気なのが、古着の王様とも呼ばれるラルフローレンのスイングトップ。

ポケットや装飾が少ないシンプルなシルエットに、ネイビーやトレンドのベージュといった着こなしやすいカラーがそろっています。

ラルフ スイングトップ

(2) ミリタリージャケット M-65

ミリタリーフィールドジャケットm65

冬のコートとして人気なのが、ミリタリージャケットの「M-65」と呼ばれるモデル。もともとアメリカ軍が使っていた野戦用のジャケットということもあり、男らしさあふれるデザインが魅力です。

チノパンやジーンズでカジュアルに着こなしても良いですし、きれいめコーデに羽織ってカジュアルダウンしてもよいでしょう。

M-65 ジャケット

(3) レーシングジャケット

レーシングジャケット 古着

レーシングジャケットとは、その名の通りレーシングカーの選手が着るために開発されたアウターのこと。

その背景もあって、見た目にもスポーツテイストが強く、ストリートファッションに持ってこいのアイテムです。

さらに、狭い車内でも快適さと、高速で駆け抜けても耐えられる防寒性を備えているので、軽くて暖かいです。

レーシング ジャケット

古着屋店員がおすすめする2019-2020年トレンドのアウターはこれ!

ロング丈のボアジャケット

去年までトレンドだった、90年代スタイルのオーバーサイズ・ショート丈のアウターはもはや定番化

今年は、ロング丈でキレイめ路線なアウターがトレンドです。

  • ボアアウター
  • トレンチコート
  • ステンカラーコート など

同じ種類のアイテムであっても、丈が長めの物をチョイスするだけでかなり大人っぽく上質な印象を与えることが出来ます。

今年アウターを買うなら、是非丈に注目してみてくださいね。

メンズ ロング アウター

メンズ古着のアウターの種類別コーディネート

トレンチコート ~ミリタリーで男らしさ、ロング丈で大人っぽさを出す~

ロングのトレンチコートで大人コーデ

ロング丈のトレンチコートは、きれいめに着こなすことが出来るアウターの代表と言ってもいいでしょう。


その中でも上品なバーバリーのベージュカラーが定番ではありますが、ミリタリー調の物を選べば、大人っぽさに加えて男らしさも出すことが出来ますよ。

トレンチコートは元々ミリタリー用に開発されたアウターなので、古着ならミリタリー調のアイテムも多く取り揃えられています。

トレンチコートを選ぶときは、全身がA型になるようなシルエットに着こなすのがコツ。

パンツは細身のアイテムか、ナチュラルに裾が広がっているアイテムを選びましょう。

トレンチ コート メンズ

ボアジャケット ~ロング丈で落ち着いた印象にするのが今年風~

ボアジャケットのコーデ

ボアジャケットとは、ジャケットの内側にボアがついたジャケットのこと。

去年まではショート丈が定番でしたが、今年は長めの丈を選んで大人っぽく着こなすのがトレンドです。

前ボタンを締めきってしまえば、ボアジャケットを主役アイテムに持ってくることが出来ます。

モコモコとしたシルエットが特徴なので、ボトムスまでビッグサイズを選ぶと気太りして”ずんぐりむっくり”な印象になってしまいかねません。

ですのでボアジャケットには、細身のジーンズを合わせるのがおすすめです。

ボア ジャケット

スイングトップ ~トレンドのアースカラーできれいめコーデ~

アースカラーのスイングトップ

先ほども紹介したスイングトップ。

今年買うなら、きれいめに着られるベージュなどのアースカラーがおすすめです。


スイングトップは、やや大きめのサイズを選び、他のアイテムもビッグシルエットで揃えつつ、色合いをシンプルかつきれいめな黒・ネイビー・ベージュでそろえると、きれいめでリラックス感もあるコーディネートになります。

スイングトップ

ライナージャケット ~アウターとしてもライナーとしても使える優れもの~

ライナージャケットコーデ 古着

ライナージャケットとは、コートの内側に使われているライナーを使ったコートのことです。

最近では、ライナージャケットだけで製造されているものもありますが、もともとは軍用に開発されたミリタリーコートを長く着るためにライナーを取り外せるようにしたのが始まりです。

軽く、肌触りが良く、暖かいという特徴があります。

ミリタリージャケット由来なのでカーキカラーが多く、アースカラーからビビッドカラー、モノトーンまでどんな色でも合わせやすいのがうれしいポイントです。

ライナー ミリタリー ジャケット

MA-1(ミリタリージャケット) ~きれいめストリートコーデにぴったり~

MA-1を使った古着コーデ

MA-1は、ここ数年男女問わず大人気のアウターです。

デザインに無駄がなく、軽くて暖かいのが特徴で、物にもよりますが多くは真冬でも着られるダウンジャケット並みの保温性があります。

シルエットは、ビッグシルエットが定番なので、ストリートファッションとの相性も抜群です。

インナーとボトムスに、ブラウンやベージュといったアースカラーの優し気な色合いを使い、黒いMA-1を羽織ればメリハリのある今年らしいコーディネートが作れますよ。

MA-1

レーシングジャケット ~スポーティ感あふれるコーディネート~

レーシングジャケット コーデ古着

レーシングジャケットは、様々なロゴや柄が散りばめられているのが特徴。


冬のコーディネートというと、どうしても暗くなりがちですが、レーシングジャケットを羽織るだけで垢抜けた元気のあるコーディネートが完成します。

レーシングジャケットが派手めなので、インナーやボトムスはシンプル目にしてレーシングジャケットを主役に持ってきましょう。


その代わり、キャップやスニーカーなどをスポーティなアイテムにすることで統一感ある着こなしが出来ますよ。

レーシング ジャケット

M-65(ミリタリージャケット) ~大人っぽくて男らしいコーディネートが作れる~

M-65 古着のコーデ

M-65は、ゴツゴツしたポケットやボタンで男らしさが出せるアウターです。

また、丈は長めなので、大人っぽい着こなしにすることも可能です。

インナーやボトムスにタイトでシンプルなアイテムを選び、その上からM-65を羽織ることで、男らしいカジュアルさを出しながら、大人っぽい着こなしをすることが出来ますよ。

M-65 ジャケット

ナイロンジャケット ~90年代ストリートファッションにぴったり~

アディダスジャケットコーデ

スポーティなナイロンジャケットはストリートファッションにぴったりのアイテムです。


特に、アディダスやナイキといったスポーツブランドのもので、ロゴが分かりやすく入っているものなら、トレンドの90年代っぽさを出せます。

ヴィヴィッドカラーのアイテムも多いですが、写真のようなモノトーンアイテムだと、ファッション初心者でも着こなしやすいのでおすすめです。

ナイロンジャケットはビッグサイズをざっくり着て、ボトムスにタイトなシルエットのアイテムを選ぶと、きれいめカジュアルに着こなせますよ。

ナイロンジャケットの古着一覧を見る

ナイロン ジャケット

フリースジャケット~差し色にも主役にもなるアウター~

フリースジャケットの古着コーデ

フリースジャケットは、アウトドア用のアウターで、パタゴニアやコロンビア・ノースフェイスなどのアウトドアブランドのアイテムが人気です。

気軽に洗濯できて、取り扱いやすく、抜群の保温性があるのが特徴。

アウトドアらしいカラフルなアイテムが多いので、秋冬の落ち着いた色合いに飽きた時に主役として着たり、落ち着いた色合いのコーディネートの差し色として着たりするとよいでしょう。

また、ジッパーを上げて、セーターのように着ればフリースの上から更にアウターを着ることも可能です。

秋から春まで色んな着こなしが出来る便利なアウターですよ。

フリース ジャケット

ウールコート ~冬の大人コーデのマストアイテム~

ウールコート 古着のコーデ

ウールコートは、その名の通り羊毛でできたコートのことを指します。

襟元がテーラードジャケットのようなチェスターコートや、シャツのような襟のステンカラーコートなどは特に大人っぽさを出すことの出来るアイテムです。


丈が長く縦のラインが協調されるので、スタイルが良く見えるのが特徴です。

インナーとパンツはタイトなシルエットの物を選び、その分デニム生地などのカジュアルな素材の物を選ぶことで、きれいめカジュアルを作ることが出来ますよ。

ウール コート メンズ

レザーブルゾン ~本物品質のきれいめアイテム~

レザーブルゾンコーデ 古着

レザーブルゾンは、本革を使ったブルゾンのアウターで、きれいめに着こなすことが出来るアイテムです。


本革のアイテムに憧れはあるけど、ライダースジャケットはいかつくなってしまいそうと思っている人におすすめ。

白シャツにジーンズといったシンプルなコーディネートに1枚羽織るだけで、大人っぽいきれいめカジュアルが完成しますよ。

レザージャケットの古着一覧を見る

レザー ジャケット メンズ

まとめ

いかがでしょうか?

古着でアウターは様々なものがあるので、是非あなたにぴったりのアテムをゲットして着こなしてくださいね。

RUSHOUTは、常時2万点以上を掲載している古着通販サイトです。

取り扱っている商品は、全てスタッフがアメリカで買い付け、目で見て触って厳選したものばかり。

卸業者を入れないことによって、高品質の古着が他より低価格で販売できております。

古着のアウターを購入する際は、ぜひRUSHOUTをご利用くださいね。

アウター メンズ

【レディース古着】2019-2020年トレンドのアウターとコーデを紹介

ブラウンコーデ

「レディース古着のアウターをおしゃれに着こなしたい。」
「でもアウターの種類がいっぱいあって、どれがいいのか分からない。」

そういう悩みをお持ちの女子も多いようです。

この記事では、2019~2020年の秋冬のトレンドアウターを中心に、古着のアウターをご紹介します。

記事の後半では、様々なアウターの着こなしコーデを紹介しますので、是非自分の好みに合ったアウターを見つけてゲットしてくださいね。

レディース アウター

目次

【2019年-2020年トレンド】レディース古着のアウター3選

古着でアウターを買うなら、今年のトレンドを取り入れたいと思っている人も多いかもしれません。

古着でトレンドを取り入れると、今年っぽさを出しながらも、一点物で人と被らないので個性を出すこともできて良いですよね。

2019~2020年の秋冬のアウタートレンドはこの3つです。

  1. ロングコート
  2. チェック柄
  3. ケープ・ポンチョ系のアウター

1.ロングコート

古着のロングコート トレンド

すっぽりと足元まで隠してくれるロングコートは、真冬でも暖かく便利なアイテム。

春や秋であれば、トレンチコートも今年は長めのものがトレンドです。

ロングコートは、縦のラインが強調されるので大人っぽく上品な着こなしを簡単に作ることが出来ます。

ブラウスやスカート、ニットといった女性らしさ満点のコーデにプラスすれば、王道の女性らしいコーディネートに。

インナーやボトムスを敢えて、ボーイッシュなアイテムで作り、ロングコートでおしとやかさをプラスするのもバランスが取れるのでおすすめですよ。

レディース ロング丈 コート

2.チェック柄

チェックの古着アウター

今年は「レトロ感」が流行っているということもあり、チェック柄のアウターがトレンドです。

夏はTシャツや柄ワンピースで遊び心のあるファッションをしていたのに、秋冬になるとシンプルすぎて面白みのないファッションになってしまうという人も少なくないのではないでしょうか。

そんな人たちにおすすめなのが、チェック柄のアウター。

1枚羽織るだけで、今年のトレンド感とユニークさがプラスされますよ。

レディース チェック アウター

3.ケープ・ポンチョ系のアウター

トレンドのポンチョアウター 古着

今年は、ケープやポンチョと呼ばれる、袖がないタイプ(もしくは袖がないように見えるタイプ)のアウターもトレンドです。

インナーにしっかりと保温性のあるニットなどを着用すれば、真冬でも着ることが出来ますよ。

ボトムスは、スラっと着こなせる細めのパンツを合わせるのがおすすめ。

ショート丈のポンチョの下に、末広がりのスカートを合わせてしまうと着太りして見えてしまうので注意が必要です。

ポンチョ

レディース古着のアウターの種類

上記では、今年トレンドのアウターを紹介しました。

しかし、古着にはもっとたくさんのアウターがあります。

ここでは季節ごとに使えるアウターの種類をご紹介しますので、自分の好みに合わせて選んでみてくださいね。

コート系(冬〜真冬に使えるアウター)

トレンチコート

トレンチコート 古着

トレンチコートは、薄手のものなら春や秋厚めの生地にライナーを合わせれば真冬にも着られます。

トレンチコートは縦のラインを協調し、さらに表面がツルっとしているので大人っぽく上品な印象を持たせることが出来ます。

基本的には上品なきれいめコーデに合わすことが出来ますが、カジュアルなファッションに合わせることもできますよ。

レディース トレンチ コート

ダッフルコート

ダッフルコート 古着

ダッフルコートとは、トグルという留め具でフロントを留めるタイプのアウターのことを言います。多くはウールが使われており、冬~真冬に着られます。

ロング丈のコートは、前を締め切ることで暖かく過ごすことが出来ますが、その中でもダッフルのトグルはファッションのポイントとなり、おしゃれに着こなすことが出来ます。

定番はネイビーカラーですが、チェック柄なら今年らしさも出せますよ。

レディース ダッフル

ピーコート

ピーコート 古着

ピーコートは、厚手のウール地のコートで、前ボタンが2列になっているタイプのアウターのことを指します。

元々は海軍のために開発されたアイテムということもあり、風を通さず、しっかりとした防寒性があります。

ネイビーカラーが多いので、学生風のプレッピーなコーディネートにぴったりのアイテムです。

ピーコート

ウールコート(ステンカラーコート・チェスターコート)

ウールコート 古着

ダッフルコートやピーコートのほかにも、ステンカラーコートやチェスターコートと呼ばれるウール製のコートも人気です。

  • チェスターコートは襟元がテーラードジャケット調のコート
  • ステンカラーコートは襟元がシャツっぽくなっているコート

のことを指します。

どちらも、ビジネスシーンにも使われるアウターなので、きれいめファッションに持ってこいのアイテムです。

更に、ウール製だから、しっかりと暖かいのが魅力的。

インナーがシンプルになることが多い場合は、チェック柄などの遊び心のあるデザインを選び、インナーに華やかな着こなしが多い場合はシンプルなウールコートを選びましょう。

ウール コート レディース

ダウンジャケット(ダウンコート)

ダウンコート 古着

真冬のアウターの中でも一番防寒性が高いといえるダウンコート。

もこもことした中綿が寒さから身を守ります。

ただ、機能性だけではなく、古着のダウンなら遊び心のあるアイテムも多くあります。

是非、派手めなカラーやファー付きアイテムを選んで、真冬の防寒も楽しんでみてはいかがでしょうか。

ダウン ジャケット

ジャケット系(秋冬春に使えるアウター)

テーラードジャケット

テーラードジャケット 古着

テーラードジャケットとは、スーツのジャケットのような仕立てをしたアウターのことを指します。

1枚羽織れば、コーディネートが一気にきれいめに変わる便利なアイテムです。

古着で買うのであれば、コーデュロイ生地の物や華やかな柄物がおすすめです。

レディース テーラード

ライダースジャケット

レザー ライダース ジャケット古着

ライダースジャケットは、もともとバイク乗りが愛用していた革製のアウターです。

防風性に優れているので、肌寒い季節のお出かけにはピッタリ。

また、一枚羽織るだけで大人っぽいかっこよさを出すことが出来ます。

ライダースを着るなら、長く着用できて適度に伸縮性がある本革が断然おすすめ

新品だと数万~数十万円するものがありますが、古着だからこそお手軽に変えるアイテムです。

ダブルライダース

ミリタリージャケット

ミリタリージャケット 古着

ミリタリージャケットは、もともと軍服として使われていたジャケットの総称をいいます。

厳しい環境下でも耐えられる防寒性と、無駄のないデザインが特徴です。

形も様々ですが、1枚羽織るだけでピリッと辛口なかっこよい印象を与えることが出来るのがうれしいポイントですね。

写真のMA-1は、ここ数年男女を問わず大人気の商品です。

他にも様々なミリタリージャケットがあるので、あなたの個性を引き出せるアイテムを探してみてはいかがでしょうか?

ミリタリー ジャケット

ナイロンジャケット

ナイロンジャケット 古着

ナイロンジャケットは、ナイロン製のアウターで薄くて軽く、春や秋に使いやすいアイテムです。

スポーツブランドから出されているものが多く、カラフルなアイテムが多いのが特徴です。

ナイロン ジャケット

ジージャン(デニムジャケット)

デニムジャケット 古着

デニムジャケットは、春や秋に使えて、どんなインナーやボトムスでも合わせやすいのが特徴です。

ボーイッシュなTシャツやパンツに合わせて元気なコーディネートはもちろん、上品なヴィンテージワンピースをカジュアルダウンするのにも持ってこいですよ。

デニム ジャケット レディース

フリースジャケット

フリースジャケット 古着

フリースジャケットは、もともとアウトドアブランドから出されていた、アウターにもインナーにもなる便利なアイテム。

アウトドア用品ということもあり、カラフルな展開が多いので、色鮮やかな着こなしをしたい人にはぴったりです。

フリース ジャケット

マウンテンパーカー

マウンテンパーカー 古着

マウンテンパーカーは登山用に作られた、防風性に優れたアウターです。

遭難したときにも見つけやすいよう、華やかなカラーのアイテムがそろっています。

一見ナイロンジャケットにも似ていますが、より生地がしっかりとしていて、暖かいのが特徴です。

寒い季節にも華やかなコーディネートをしたいという人におすすめのアイテムです。

マウンテン パーカー レディース

古着のアウターを使ったトレンドコーデ集

1.ウールコートを使った大人っぽいコーディネート

古着のウールコートコーデ

ロング丈のウールコートを使った大人っぽい定番コーディネートです。

今年流行りのヴィンテージスカートにも、落ち着いたチャコールグレーでバランスを取ることが出来ています。

2.ロング丈トレンチコートを使った大人カジュアルコーデ

ロングコート レディース古着コーデ

シンプルな黒のボトムス、白のニットにロング丈のトレンチコートを羽織った大人のカジュアルコーデです。

コートがないと良くも悪くもシンプルすぎるコーディネートですが、ロング丈のコートを羽織ることで一気に個性的で程よいパンチが効いたコーディネートとなっています。

3.ホワイト系トレンチコートで大人可愛いコーデ

ロングトレンチコート レディースコーデ

こちらは先ほどと同じ、ロング丈のコートですが、インナーにカラーのタートルネックシャツ、足元も革靴を履くことで、かわいらしさを出しています。

そこにロング丈の白色トレンチコートを着ることで、大人っぽさを出すことが出来ています。

4.チェック柄のポンチョコートで今年のトレンドコーデ

古着 ポンチョコート コーデ

ポンチョコート 古着

今年のトレンドである、ポンチョ型コートとチェック柄をどちらも取り入れたアウターのコーディネートです。

こちらは一見ポンチョに見えますが、袖があるのでしっかり防寒性もばっちりです。

更に、インナーにビビッドなピンクのニットを着ることで遊び心のある着こなしとなっています。

秋冬はどうしても、暗い色でそろえがちになってしまうので、鮮やかなカラーのニットはおすすめアイテムです。

レディース ニット

5.ファー付きウールコートで大人のヴィンテージコーデ

ファー付きアウターコーデ 古着

こちらは、上品なファー付きウールコートが主役のコーディネートです。

コートの柄と言い、大きくて目立つボタンと言い、ファーの襟といい、ゴージャスで古着ならではの個性的なアイテムと言えます。

個性的なアウターの場合は、できるだけインナーやボトムスはシンプルなもので合わせて、バランスを取りましょう。

6.チェックジャケットで上品なヴィンテージコーデ

チェックジャケット 古着コーデ

チェック柄のジャケットで上品なヴィンテージ感を出したコーディネートです。

先ほどと同じく、個性的なチェック柄のアウターなので、ボトムスは黒色でシンプルに抑えています。

首元からハイネックをのぞかせるコーディネートは、アウターのボタンを全部閉めた時にもおしゃれポイントとなりますので、おすすめです。

ハイネック トップス

7.ブラウンのブルゾンで優しいアースカラーコーデ

ブラウンコーデ

ブラウンコーデ 後ろ

ブラウンコーデ 全身


ブラウンのスポーティなブルゾンジャケットを使った優し気なコーデです。

インナーには花柄のヴィンテージブラウス、ボトムスにベージュのスカートを合わせることで全体的にアースカラーでまとまったコーディネートとなっています。

今年はアースカラーコーデも人気なので、アウターと合わせて、インナーやボトムスもアースカラーでそろえてみてはいかがでしょうか?

ブラウン
ベージュ

8.華やかなナイロンジャケットを使った可愛さ満点のコーデ

ピンクのナイロンジャケットコーデ

華やかなピンク色のナイロンジャケットに、薄ピンクのヴィンテージブラウスを合わせた可愛さ満点のカジュアルコーデです。

華やかなアウターに合わせるインナーは、モノトーンやアースカラーになってしまいがち。

このコーデのように、同系色で濃淡をつけたインナーならワンランク上のコーディネートが出来ますよ。

ブラウス

9.パステルカラーのフリースジャケットで柔らかなカジュアルコーデ

ladies フリースジャケット コーデ

パステルなパープルカラーのフリースジャケットが柔らかく、かわいらしい雰囲気を出しているコーディネートです。

インナーにはタートルネックとチェックスカートを着用。冬の古着の定番コーディネートですが、アウターを変えるだけでかなり雰囲気も変わります。

リラックスタイムにも楽に着られるフリースジャケットは一枚持っておくと便利ですよ。

10.きれいめカラーのロングコートでかっこいい女性のカジュアルコーデ

きれいめカラー ロングコート 古着コーデ

きれいめカラーの茄子紺色のロングコートを使った大人っぽいカジュアルコーデです。

カジュアルファッションが好きな人は、ロングコートはちょっと大人っぽくなりすぎると思ってしまうかもしれませんが、カラーアイテムならカジュアルな雰囲気を出すことが出来ます。

きれいめカラーも今年は人気なので、ロング丈のきれいめコートは見つけたら即買いがおすすめです。

11.MA-1を使った暖かさ抜群のきれいめカジュアルコーデ

80年代ファッション MA-1

人気のMA-1を使った真冬もあたたかな、きれいめカジュアルコーディネートです。

MA-1はマイナス30度まで耐えられるといわれるフライトジャケット。

ビッグサイズのMA-1はストリートファッションにも持ってこいですが、色味がきれいなカーキ色なので、ニットなどのきれいめアイテムを合わせることできれいめカジュアルになりますよ。

ミリタリー ジャケット
セーター レディース

12.ブラウンのマウンテンパーカーでヴィンテージカジュアルコーデ

ブラウン コーデ

ブラウンコーデ

ブラウンのマウンテンパーカー、総柄のヴィンテージブラウスと、ロング丈のデニムスカートを合わせたカジュアルコーデです。

総柄のヴィンテージブラウスは、派手になりすぎて着こなしにくいという人もいるかもしれません。

そこで、総柄のブラウスは寒い時期のインナーとして着用し、アウターとボトムスをシンプルにすることで、名わき役として活躍させるのがおすすめです。

ブラウンのマウンテンパーカーは、こういう時にカジュアルさとシンプルさを兼ね揃えているので、とても便利なアイテムと言えます。

柄 シャツ レディース

13.ヴィヴィッドカラーのナイロンジャケットでストリートコーデ

ストリート風 ナイロンジャケットコーデ

こちらは秋冬の定番のチェックスカートに、ナイロンジャケットを羽織った着こなしです。

ヴィヴィッドカラーのナイロンジャケットで、一気にストリートコーディネートが出来上がります。

雨の日や、元気を出したい時など、元気な色合いを着こなしたい日にこういったアウターが1枚あると気分の切り替えもできるのでおすすめです。

14.黒色スイングトップで差し引き上手なプレッピーコーデ

チェックスカートとスイングトップ

スイングトップ 古着 レディース

こちらはチェック柄のスカート、パープルのシャツに黒色のスイングトップを合わせたコーディネートです。

重ね着が必要な寒い季節に、インナーやボトムスに遊び心のあるアイテムを持ってきたら、やっぱり黒色のアウターが役立ちます。

派手めなアイテムが好きだけど、ごちゃごちゃとせずすっきりまとめたいという方は、シンプルなスイングトップもおすすめですよ。

ラルフローレン シャツ トップス
スイングトップ

15.きれいめカラーのナイロンジャケット主役コーデ

ナイロンジャケット きれいめカラーコーデ

きれいめカラーのナイロンジャケットを主役に持ってきたコーディネートです。

ナイロンジャケットは2色以上の色を使った、派手なデザインのアイテムも多くあります。

インナーとボトムスを、モノトーンでまとめることで、かわいいナイロンジャケットを主役に持ってくることが出来ますよ。

トレンドの古着は気に入ったものは早い者勝ち

いかがでしょうか?

トレンドアイテムを中心に、古着のアウターとその着こなしをご紹介しました。

古着はなんといっても全品一点物が魅力的です。

特にトレンドを抑えたアイテムはすぐに売り切れてしまうことも多くあります。

ですので、気に入ったトレンドアウターがあれば、売り切れないうちにゲットしてしまうのがおすすめです。

RUSHOUTは、常時2万点以上を掲載している古着通販サイトです。

取り扱っている商品は、全てスタッフがアメリカで買い付け、目で見て触って厳選したものばかり。

卸業者を入れないことによって、高品質の古着が他より低価格で販売できております。

古着のアウターを購入する際は、ぜひRUSHOUTをご利用くださいね。

アウター レディース

古着スカートで旬のコーデ|柄とシルエット別の着こなしポイントをご紹介

古着のスカート

古着屋にはかわいいスカートがたくさんあって、見ているだけでもウキウキしちゃいますよね。

古着のスカートには色んな柄や素材、シルエットがあって、どれも一点物だから人と被らない個性的な着こなしが出来ます。

ただ、レトロでかわいいはずのスカートも、着こなしによって野暮ったく見えてしまうこともあります。

この記事では、レトロな古着のスカートをかわいく着こなすコーデを、柄やシルエット別の着こなしポイントと共にご紹介します。

是非、参考にして古着ファッションを楽しんでくださいね!

スカート

秋冬の定番チェックスカートと同系色のスウェットを合わせたコーデ

秋の古着コーデ 赤スウェットとチェックスカート

古着チェックスカートの秋コーデ 

チェックスカートに合わせたスウェット

こちらは、バーガンディとモスグリーンのチェックスカートに真っ赤なスウェットを合わせたコーディネートです。

チェック柄にはいくつかの色が使われますが、同系色のトップスを合わせることでまとまりが出て、洗練された着こなしが出来ます。

古着女子にとって秋冬の定番ボトムスと言ってもいいチェックスカートは、ユルっと着られてあったかいスウェットと相性抜群。

アメリカの大学生のような、遊び心がありながらもまじめな雰囲気を出すことが出来ます。

スウェットはビッグサイズですが、裾のゴムがしっかりとしているものを選ぶことで、ウエストを低くしすぎないのがポイントです。

スウェットの丈が長すぎてしまうと、足が短く見えてしまうので注意しましょう。

チェック スカート
スウェット

チェックスカート×スウェットコーデ 青色ver

チェックスカートと青のスウェット

チェックスカートロング 古着コーデ

ブルーのスウェット 古着スカートコーデ

こちらも先ほどのコーディネートと同じく、チェックスカートとスウェットを同系色で合わせています。

全体的に色が濃いと、印象が重くなりがちですが、スウェットの中にフリルのブラウスを着て、袖や首元からチラ見させることで垢抜けさせることが出来ます。

写真のような地面すれすれのマキシ丈のスカートの場合は、できるだけボリュームのないシューズを選ぶのがポイント。

ボリューミーなブーツを合わせてしまうと、野暮ったくなってしまいます。

大人っぽく見せるのであれば、パンプスを履いても良いでしょう。

デニム生地の古着スカートは柄シャツとの相性抜群

デニムの古着スカート

こちらは、デニムのスカートに花柄のシャツを合わせたコーディネートです。

こちらも同系色でまとめることで、全体的に一貫性のある着こなしとなっています。

デニムスカートは、ジーンズと同じくらい使い勝手が良い上に、そのシルエットから女性らしさもしっかり出せる便利なアイテムです。

特に、刺繍や柄が入っていない写真のようなシンプルなデザインのデニムスカートの場合は、トレンドの柄シャツがとても似合います。

柄シャツはスカートにインすることで、主張の強い柄シャツを落ち着いた印象にすることが出来ます。また、足長効果も期待できるのがうれしいポイント。

デニムスカートは、ウエストがゴムになっているものを選ぶか、ベルトでウエストを絞れるものを選ぶことでハイウエストコーデを作ることが出来ますよ。

デニム スカート

デニムスカートなら長袖のカラフルシャツもさらっと着こなせる

デニムのスカートとカラフルシャツ

ブルーノスカートコーデ古着

カラフルなパッチワークデザインの長袖シャツに、Aラインのデニムスカートを合わせたコーディネートです。

パッチワークのシャツは可愛いけど、色がたくさん使われているから、着こなしが難しいですよね。

ただ、ブルーのデニムスカートなら、こういった難しい色柄のシャツにも、さらっと合わせることが出来ます。

長袖シャツには、ウエストから裾にかけて広がりのあるAラインシルエットのスカートを合わせることで、足長効果が期待できますよ。

タイトなロングデニムスカートは柄シャツと肌見せで女性らしいコーディネートに

tightなデニムスカート古着のコーデ

tightなデニムスカートと柄シャツ

tightな古着のデニムスカート

こちらは、濃いインディゴブルーのタイトなロングスカートに、タンクトップと柄シャツを合わせた大人っぽいコーディネート。

同じデニムスカートでも、濃い色やタイトなシルエットを選ぶことで、かなり大人っぽい印象となります。

スカートの大人っぽさに合わせて、レトロ柄シャツもざっくりボタンを開けて、えり抜きすることで、色気のある旬のコーディネートになります。

また、タイトスカートは、トップスにボリュームを持ってくることで、全身のバランスもとれるので、えり抜きをしたシャツのダボっと感が似合いますよ。

レトロ柄の古着スカートにシンプルなヴィンテージブラウスを合わせた上質コーデ

ヴィンテージスカートのコーデ

レトロな柄スカート古着

ヴィンテージブラウスを合わせた古着スカートのコーデ

今年流行りのレトロ柄スカートに、ヴィンテージ感あふれるブラウスを合わせた上品なコーディネートです。

レトロ柄スカートに合わせるトップスは、無地の物を選びましょう。

他のアイテムを出来るだけシンプルにすることで、レトロ柄スカートをコーディネートの主役に持ってくることができます。

白Tシャツでもいいですが、ディティールにこだわったヴィンテージブラウスを合わせると一気に大人っぽい上質感あふれるコーディネートに仕上がります。

柄 スカート
長袖 シャツ 白 レディース

レトロ柄マキシスカート×黒シャツのコーデ

レトロな黒色スカート

レトロな黒ベースのスカート

レトロな柄スカートに合わせた黒シャツコーデ

こちらは黒色ベースのレトロ柄スカートに、黒シャツを合わせたコーディネートです。

レトロ柄スカートは、黒色が多く使われているアイテムの場合、トップスには黒色が似合います。

黒色で合わせているので、統一感があり、かっこいい印象に着こなすことが出来ます。

ただし、この場合も先ほどと同じく、できるだけトップスをシンプルなものにしましょう。

黒 無地 シャツ

ビビッドカラーのレトロ柄スカート×デニムシャツのコーデ

レトロな華やか古着スカートのコーデ

レトロな華やか柄スカート古着

レトロなスカートとデニムシャツのコーデ 古着

こちらは紫やピンクのレトロ柄スカートにデニムシャツを使ったコーディネートです。

古着のスカートには、このような派手な色合いのスカートも多いですが、リゾート感が出すぎてしまってタウンユースしにくいと感じる人も多いでしょう。

そんな時は、デニムのシャツを使うことで、カジュアルダウンしましょう。

首元にスカーフをまくことで、全体のバランスを取ることが出来ています。

デニム シャツ レディース

柄が少ないカラースカートはトップスで遊んでポップなコーデに

レトロなシンプル目の古着スカート

レトロな赤の古着スカート

レトロな柄スカートに合わせる柄ブラウス古着

こちらは、エスニックなゾウの刺繍が入った赤のスカートに、赤色の柄が入ったシャツを合わせているコーディネートです。

全柄のレトロスカートでは、バランスを取るためにトップスをシンプルにしていましたが、このような柄の少ないスカートであれば、トップスで遊ぶことが出来ます。

とは言え、色柄がぶつかりすぎてしまうと良くないので、柄入りのスカートに合わせるトップスは「同系色で柄の小さいアイテム」か「反対色でシンプルなアイテム」を使うのがおすすめ。

写真のコーディネートでは、同系色で小さな柄が入ったアイテムを使っています。

全体のコーディネートは、同系色でまとまりがありつつも、トップスに小さな柄が入ったシャツを合わせることで遊び心のある着こなしとなっています。

緑のレトロスカートに反対色のシャツを合わせた個性派コーデ

レトロなビビッドカラー古着スカートコーデ

レトロなグリーン色の古着スカート

レトロなスカートとオレンジシャツのビビッドカラーコーデ

こちらのコーディネートは、先ほどと同じように柄の少ないレトロなスカートを使用していますが、あえて「反対色でシンプルなアイテム」を使っています。

緑とオレンジは、ほぼ反対の色なので、コーディネートが一気に個性的なインパクトのある着こなしとなっています。

その他にも反対色の「水色×黄色」「黄色×紫色」「赤×緑色」なども、意外と相性が良いです。

個性的なコーディネートを目指すのであれば、思い切って全く違う色のトップスを合わせてみてはいかがでしょうか。

ミニスカートをVネックニットと合わせた旬のアースカラーコーデ

ミニスカート古着のコーデ

ヴィンテージ感ある花柄のタイトミニスカートに、ベージュのVネックニットを合わせたトレンドのアースカラーコーデです。

アースカラー同士のアイテムを合わせることで、全体をふわっとした印象を持たせるのが今年風。

Vネックの首元やひざ下の肌を見せることで、カジュアルな中に女性らしい色気を出すことが出来ます。

ミニスカートというと、子供っぽいイメージを持つ人もいますが、色柄や着こなしでこのように大人っぽいコーディネートに仕上がりますよ。

レースのタイトスカートはトップスでカジュアルダウンする

古着のレーススカートのコーデ

レースの古着スカート

古着スカートに合わせるカジュアルTシャツ

白色のレースを使ったタイトスカートに黒色ベースのカジュアルなTシャツを使ったコーディネートです。

白色レースのタイトスカートは、どんな色でも似合うからきれいめコーディネートを作るのにとても使い勝手がいいです。

ただ、古着ファッションを楽しむなら、あえてとことんカジュアルなTシャツを合わせることで、遊ぶのもおすすめ。

カジュアルなTシャツは、ボーイッシュになりすぎてしまうという人は、こういった女性らしさ満点のスカートを合わせることで、バランスを取ることが出来ますよ。

レース スカート

まとめ

古着のスカートには、いろんな種類やシルエットのものがあります。

どれも一点物なので人と被らず、個性的なファッションを楽しむことが出来ますよ。

是非、今回の記事を参考に、古着のスカートを楽しんでくださいね。

RUSHOUTは、常時2万点以上を掲載している古着通販サイトです。

取り扱っている商品は、全てスタッフがアメリカで買い付け、目で見て触って厳選したものばかり。

卸業者を入れないことによって、高品質の古着が他より低価格で販売できております。

古着のスカートを購入する際は、ぜひRUSHOUTをご利用くださいね。

古着スカートの一覧

スカート

古着の革ジャンの選び方|今っぽく着られる古着のライダースはこう選ぶ

古着の革ジャンの選び方

「古着の革ジャンを着てみたい、でもどれを買えばいいのか分からない。」

「かっこいい古着の革ジャンを着こなしたいけど、失敗してダサくなりたくない。」

そうお悩みの方は少なくないようです。

古着の中でも、革ジャンは経年変化を楽しめて、羽織るだけで男らしさを出せるアイテムですよね。

ただ、古着であっても1万円前後することが多く、低価格で手に入る商品ではないので、間違いないアイテムを選びたいと考えている人も多いようです。

この記事では、古着屋が教える失敗がない古着の革ジャンの選び方について説明します。

革ジャン

古着で革ジャンを買うときの選び方

古着の革ジャンを選ぶときは、以下に注目しましょう。

  • 素材
  • サイズ感

それぞれの項目別に、革ジャンの選び方を説明します。

目指すファッションで決める「形」の選び方

革ジャンの中でもいくつか形に種類がありますが、種類によって雰囲気は大きく変わります。

代表的な3つの形の名前と、それぞれに似合うファッションをご紹介します。

ダブルライダースは男らしいロック系ファッションに合う

ダブルライダース

ダブルライダースとは、前立てが重なっていて、襟の折り返しが特徴の革ジャンです。

襟だけではなくジッパーなどもゴツゴツとしたデザインが多く、男らしく革ジャンを羽織りたいという、バイク乗りやロックンロールなファッション好きに人気があります。

丈が短いのも特徴なので、インナーを丈の下から覗かせるのが定番の着こなしです。

ダブルライダースは、1枚だけでかなり存在感があるので、一緒に着るTシャツやジーンズなどをできるだけシンプルにして際立ててあげると良いでしょう。

ダブル ライダース

ブルゾン型はきれいめファッションに合う

レザーブルゾン古着

ブルゾンとは、折り返した襟があるアウターの形のことを言います。

ブルゾンタイプの革ジャンは、ライダースジャケットと比べるとシンプルなデザインが多いため、綺麗めファッションにも使うことができます。

また、シルエットが寸胴型のため、ライダースと比べると中に厚みのあるトップスを着やすく、寒い冬の間にも使うことができます。

ライダースと違い、丈が長めなので、インナーを選ばず、コーディネートを組むことができます。

シングルライダースはきれいめと男らしさの中間で使い勝手がいい

シングルライダース

シングルライダースとは、前立ての重なりがなくシンプルなデザインの革ジャンです。

先ほど紹介したダブルライダースとブルゾンタイプの間を取るようなデザインなので、かっこよくも綺麗めにも着られる使い勝手のいいアイテムです。

襟のタイプは首の周りをぐるっと一周囲う形のものが多く、バイクに乗ったときの防寒性も兼ね備えています。

シングル ライダース

使い方によって決める「素材」の選び方

革ジャンといっても、その革の素材は様々です。

おすすめは、革ジャンの王道ともいえる「牛革」でできた製品。

古着の革ジャンらしく、ごつごつとしたかっこよさ丈夫さがあります。

馬や羊などの他の素材は、繊細なため、古着市場に出回ることも少ないです。

もし見つけた場合も牛革よりも、丁寧に扱って、こまめに手入れをしないと、すぐに傷んでしまうので注意しましょう。

以下は、牛・馬・羊の革ジャンのそれぞれの特徴です。

牛革は丈夫で、ハードな男らしさをまとえる

牛革の特徴

牛革は、動物の革の中で一番の強度がありながら、深みのある光沢と重厚感が特徴です。

その見た目から、ハードな男らしさをまとえるのが牛革製の革ジャンです。

また、丈夫ということもあり、長年着られるので、古着で出回っている革ジャンのほとんどは、牛革製です。

古着で買ってからも何年でも継続して使用することが出来ます。

羊革(シープスキン・ラムスキン)は柔らかく肌なじみがいい

羊の革の特徴

羊革は、軽さと柔らかさがあり、薄めの革ジャンに使われていることが多いです。

本革の革ジャンは着たいけどごつごつしているのはちょっと嫌、という人に人気の素材です。

ただし、牛革と比べると傷つきやすく、古着ではレアな商品となっています。

馬革(ホースハイド)はきめ細やかで高級

馬革の特徴

馬革はきめ細かさがあり、高級感があるのが特徴です。

ただ、馬は他の動物と比べて良く動き回るので、元からの傷が多く、革ジャンになってからも傷がつきやすいというデメリットもあり、古着では取り扱われていることが少ないです。

自分に合った「サイズ感」の選び方

革ジャンはサイズ感を間違えると、ものがよくても全然かっこよく決まりません。

革ジャンのサイズは形によって選びましょう。

  • ライダースはジャストかタイトめ
  • ブルゾンタイプはジャストかゆったりめ

ライダースはジャストかタイトめ

ライダースはジャストか小さめにきる

ライダースは小さめ

バイク乗りが良く着ているライダースジャケットは、肩幅がジャストサイズかタイトめになるものを着ましょう。

ライダースジャケットで大き目サイズを着てしまうと、ジャケットに「着られている感」が出てしまいます。

ライダースジャケットの特徴の1つとして丈が短めというものがあります。

丈の短いジャケットをあまり着ない人は、初めは慣れないかもしれませんが、選ぶときに丈の違和感を紛らわせるために、大き目を選んでしまうと、肩幅がぶかぶかになってしまってかっこ悪くなってしまいます。

だから、ライダースジャケットを選ぶときは、肩幅がぴったりくらいになるようにしましょう。

ブルゾンタイプはジャストかゆったりめ

古着の革ジャンの選び方

ブルゾンタイプの革ジャンは、ジャストかゆったりめを選びましょう。

というのも、ブルゾンタイプの革ジャンは、ストリートファッション全盛の90年代に流行ったアイテムです。

リバイバルで現在も再熱中の90年代のストリートファッションでは、ビッグサイズが定番。

また、ブルゾンタイプの革ジャンは、ライダースと違って、裾や袖口にゴムが入っているものも多いため、そういった形であれば大き目サイズを選んでもメリハリのあるコーディネートを作りやすいです。

ブルゾン革ジャンはゆったりめ

一方、ストリート系ではなく、きれいめに革ジャンを着たいという人は、ジャストサイズを選びましょう。

ブルゾンは元々ゆったりとしたシルエットなので、ジャストサイズでも動きやすく、余裕のある着心地になります。

目指すファッションを意識して、古着の革ジャンのサイズ感を選んでくださいね。

これだけは避けておきたい!古着の革ジャン選びにおける注意点

古着の革ジャンは、やはり古着と言うだけあって、すでに傷んでいるものが売られている場合もあります。

当店RUSHOUTをはじめ、多くの古着屋では革ジャンを入荷する際は傷みが激しくないかを確認していますが、その判断基準はお店によって変わります。

当店RUSHOUTの場合は、以下のような商品は取り扱わないようにしています。

  • 革の表面にヒビや裂けがみられるもの
  • 革を触った時にガチガチに固まってしまっているもの

革のヒビや裂けは、一度入ってしまうと元には戻らず、着ている間にポロポロとクズが出て着てしまうこともあります。

また、革は長い間手入れをされず放置されると表面がガチガチに固まってしまうこともありますが、固まりすぎると着心地が悪く、着ていてもなかなか柔らかい状態にはなりにくくなってしまいます。

ですので、古着の革ジャンを選ぶときは、自分で見て触って確認するか、しっかりと一点ずつ厳選している店を選ぶようにしましょう。

まとめ

  • 男らしいロックなファッションならダブルライダース
  • 綺麗めファッションならブルゾンタイプの革ジャン
  • カジュアルにもロックにも着こなしたいならシングルライダース
  • オススメは丈夫でかっこよさがでる牛革
  • ライダースジャストかタイトめを選ぶ
  • ブルゾンタイプの革ジャンはジャストかゆったりめを選ぶ

古着の革ジャンは、ひとつひとつのアイテムが個性豊かです。

だからこそ、選ぶ楽しさがあります。商品として決して安いものではないですが、しっかりと手入れをすれば、何十年も使えます。

ぜひ、自分に合った古着の革ジャンを選んでくださいね。

RUSHOUTは、常時2万点以上を掲載している古着通販サイトです。

取り扱っている商品は、全てスタッフがアメリカで買い付け、目で見て触って厳選したものばかり。

卸業者を入れないことによって、高品質の古着が他より低価格で販売できております。

古着の革ジャンを購入する際は、ぜひRUSHOUTをご利用くださいね。

古着レザージャケット・革ジャンの一覧

革ジャン

古着ジーンズでワンランク上のオシャレを作る!間違いない選び方・コーデ

古着のジーンズの魅力

ジーンズといえば、カジュアルファッションには不可欠のボトムスですよね。

古着の中でも、ブランドや生産された時期によって違いがあることから、奥が深いアイテムです。

「古着ジーンズでおしゃれになりたいけど、たくさんあってどれを選べばいいのか分からない」

「古着ジーンズで、人よりもオシャレな着こなしをしてみたい」

というお悩みを抱えている方も多いかもしれません。

この記事では、古着屋がおすすめするジーンズの選び方と、人気のあるアイテムを使ったコーディネート例をご紹介します。

古着ジーンズの選び方

古着屋に行けば、たくさんのジーンズが並んでいて、どれを選んだらいいのか分からなくなってしまうかもしれません。

ここでは、初心者におすすめの古着ジーンズの選び方をご紹介します。

人気のあるモデルやブランドものを選ぶ

まず、古着で人気のあるモデルやブランドものを選べば間違いないクオリティのジーンズを楽しむことが出来ます。

古着で人気があるということは、数十年または百年以上も世界中の人々に愛されている理由があるからです。

具体的なモデルやブランドは、後程紹介します。

なりたいスタイルでシルエットを選ぶ

古着ジーンズは時代やブランドによって、様々なシルエットがあります。

自分がなりたいスタイルに合わせて、ジーンズのシルエットを選んでみましょう。

例えば、以下のようにです。

  • 90年代ならワイドジーンズ
  • レトロな70年代スタイルならフレアジーンズ
  • きれいめなら細身ジーンズ

WEARやinstagramなどで、自分好みのコーディネートではどんな形のジーンズが使われているのかに注目してみるとよいかもしれません。

<参考コラム>

再熱!90年代メンズファッションの特徴・ブランド・アイテムまとめ

70年代ファッションが派手なレトロで可愛い!必須アイテム10選

きれいめに古着を着こなすメンズコーデのコツ・おすすめアイテム

人気のある古着ジーンズはリーバイス501/505

定番中の定番「リーバイス(Levi’s)501」

リーバイス501

古着ジーンズといえば、圧倒的に人気のあるモデルがリーバイス(Levi’s)の501というモデルです。

簡単にいうと、リーバイスは初めてジーンズを作ったブランドであり、その中でも現在のジーンズの原点となった商品がリーバイス501です。


501のシルエットは、太ももから裾が一直線のシルエットが特徴のレギュラーストレートと呼ばれるタイプで、どんなファッションでも履きやすく、時代を選びません。

リーバイス 501

スタイリッシュさを求める人に人気の「リーバイス(Levi’s)505」

リーバイス505

リーバイス(Levi’s)501に次いで、最近定番になっているのが同じくリーバイス(Levi’s)の505というモデルです。

505は501の後に、ファッションとして楽しむデニムとして作られました。


シルエットは、ウエストがゆるめで、太ももから裾にかけて少しずつ細くなっていくテーパードシルエットが採用されていることが特徴です。

501とくらべると、無骨な雰囲気はなくなりますが、スタンダードな中にスタイリッシュさがあることから、女性にも人気のモデルです。

リーバイス 505

こちらもぜひご覧ください。

リーバイス501と505の違いは3つ|あなたに似合うジーンズはこれ

古着屋で人気のあるジーンズのブランド5つ

古着ジーンズはリーバイス501/505以外にも、個性豊かな物がたくさんあります。

それぞれのブランドに特徴があるので、自分の好みに合ったものを選ぶことで人とは違うジーンズの着こなしが出来るでしょう。

ここでは、実際に当店で人気があるジーンズのブランドをご紹介します。

【1】リーバイス(Levi’s)

リーバイス

リーバイスは、ジーンズを作ったメーカーでもあり、古着ジーンズの中で絶対外すことのできないブランドです。

ジーンズの王様とも言われています。

どのブランドからもお手本にされるようなブランドなので、古着ジーンズを語る上では欠かせません。

リーバイス ジーンズ

【2】リー(Lee)

ブランドリー

リー(Lee)は、リーバイス・ラングラーと並ぶ、アメリカの第3デニムブランドの1つです。

映画「理由なき反抗」でハリウッドスターのジェームス・ディーン氏がリーのジーンズを着用していたことから人気が高まりました。

無骨なデザインのリーバイスに対して、リーは少し丸みのあるデザインがあり、女性にも人気です。

リー ジーンズ

【3】ラングラー(Wrangler)

ラングラーのジーンズ

メリカの第3デニムブランドの一つ。

もともとカウボーイ用のメーカーなので、カウボーイが良く履いていたフレアパンツ等が多いのが特徴です。


リーバイスやリーと比べると価格が比較的安価となっています。

ラングラーの古着デニムを楽しむのに知っておきたい3つのこと|見分け方を覚えるとさらに楽しめる

ラングラー ジーンズ

【4】カーハート(Carhartt)

カーハートのジーンズ

カーハート(Carhatt)は古着でも人気のある、ワーク系のブランドです。

もともとジーンズは作業着として開発された衣類ということもあり、カーハートもジーンズを得意としています。


中でもペンキ塗りが履いていたペインターパンツが人気。

古着のカーハートはワークウェアの代表ブランド|人気アイテムとコーデ例

カーハート ジーンズ

【5】シルバータブ(Silvertab)

シルバータブ ジーンズ

シルバータブ(Silvertab)は、90年代にできたリーバイスのセカンドライン。

当時流行っていたバギーやルーズなど太目のシルエットを多く世に出していました。


あまり名前は聞き慣れないかもしれませんが、90年代ファッションが流行っている今、注目されているブランドです。

シルバータブ ジーンズ

人気がある古着ジーンズを使ったコーディネート

ここでは、古着ジーンズを使ったコーディネートを紹介します。

それぞれの形によって、合わせやすいトップスがあるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

【定番の好印象コーデ】リーバイス501×スポーティアイテム

501を使ったコーデ

ジーンズの原点であり、シンプルなレギュラーストレートのリーバイス501は、ジャストサイズを選んで、トップスにスポーティなシャツを合わせれば、老若男女に好印象を与えられるファッションに。


ジャストサイズを選ぶことで、トップスにビッグサイズのシャツが合わせやすくなります。

【きれいめカジュアルコーデ】ペインターパンツ×きれい目シャツ

ペインター ジーンズコーデ

ペインター ジーンズ コーデ

ダボっとしたペインターパンツは、白シャツをタックインすることできれいめとカジュアルのバランスを取ることができます。

さらに同系色で合わせることで、まとまりが出て落ち着いた印象になっています。

古着ジーンズはビッグサイズが多いですが、このコーデのようにベルトで調整すれば、大きめサイズもかっこよく着こなすことができますよ。

【個性的で派手なコーデ】レトロ系フレアパンツ×ビビッド柄シャツ

古着のフレアジーンズのコーデ

古着のフレアジーンズのコーデ

ひざ下から裾にかけて広がりがあるフレアパンツのジーンズは、70年代に流行っていたこともあり、レトロな雰囲気で個性を出すのにぴったりのアイテムです。

このフレアパンツのトップスにビビッドカラーの柄Tシャツを合わせることで、よりレトロさと個性が際立ちます。

フレアパンツは、裾が広がるAラインのシルエットで足長に見えるので、トップスは横に広がらないシルエットのものを選びましょう。

まとめ

古着ジーンズは、種類が多く、マニアもいるほど奥が深いアイテムです。

ここでは、初心者にオススメのジーンズの選び方とブランドをご紹介しましたが、実際1度手に入れれば、もっと古着ジーンズの良さに気づくことでしょう。

是非、この記事を参考に古着ジーンズを選んで楽しんでくださいね。

RUSHOUTでは、アメリカから買い付けした古着が常時2万点以上掲載されています。

一点ずつ当店のスタッフが目で見て、現地で仕入れたものなので、品質が良く、卸業者を入れてない分、お買い求めやすくなっています。

他では高値になってしまうヴィンテージのジーンズも、手に入れやすいですので、ぜひRUSHOUTで古着ジーンズを探して見てくださいね。

古着ジーンズ・パンツ一覧を見る

ジーンズ

エルエルビーンの古着で人気のアイテム|古着通は知っている豆知識も紹介

エルエルビーンの古着マウンテンパーカー

「エルエルビーンの古着が欲しい」

「エルエルビーンの古着について詳しく知って、かっこよく着こなしをしたい」

エルエルビーン(L.L.BEAN)は、パタゴニアやコロンビア、ノースフェイスと並ぶアウトドアブランドで、他ブランドと比べると、落ち着いた色合いでクラシックなアイテムが多いのが特徴です。

グランピングが流行ったり、アースカラーがトレンドカラーになったりした今年、アツいブランドの1つともいえるでしょう。

この記事では、そんなエルエルビーンの古着の中でも特に人気があるアイテムと、エルエルビーンを楽しむための豆知識をご紹介します。

エルエルビーンの古着一覧はこちら

エルエルビーン

エルエルビーン(L.L.BEAN)の古着で人気があるアイテム

フリースジャケット

エルエルビーンのフリースジャケット

エルエルビーンはアウトドアブランドということもあり、軽くて暖かいフリースが人気商品です。

フリースというとパタゴニアが有名ですが、エルエルビーンのフリースはパタゴニアと比べてもあまり機能は劣らないのに、安く買えるのが嬉しいポイント。

1枚羽織ればあったかい分厚いものから、重ね着にぴったりの薄めのものまで豊富にあります。

エルエルビーン フリース

マウンテンパーカー

エルエルビーンの古着マウンテンパーカー

エルエルビーンのマウンテンパーカーはクラシックなデザインで人気。

他のブランドだとマウンテンパーカーというととってもカラフルなものが多いですよね。

カラフルなマウンテンパーカーは、山に登るときこそ目立っていいかもしれませんが、タウンユースとしてはちょっと目立ちすぎてしまいます。

エルエルビーンのマウンテンパーカーなら、タウンユースも使いやすくて、今年トレンドのアースカラーもたくさんあります。

エルエルビーン マウンテン

ハンティングジャケット

エルエルビーンの古着ハンティングジャケット

エルエルビーンはもともとハンター用の衣類も作っていたので、こちらのハンタージャケットも人気。

寒い山での狩にも耐えられる、しっかりとした生地、防寒性、そして使い勝手がいい大きなポケットが特徴です。

色味も無難なベージュ系が多く、無駄のないデザインのため、きれいめファッションのアウターとして活躍すること間違いなしですよ。

エルエルビーン ハンティング

フランネルシャツ

エルエルビーンのフランネルシャツ古着

秋冬に大活躍のふわっとした肌触りのフランネルシャツも、エルエルビーンの人気アイテムの一つ。

アウトドアブランドなので、薄いのに軽くて暖かく、秋〜春にかけてインナーとしても羽織としても長く使えるアイテムです。


フランネルシャツは新品だと、生地が少し硬いこともありますが、丈夫な古着だとはじめから柔らかくて肌なじみがいいというメリットもあります。

エルエルビーン フランネル

トートバッグ

エルエルビーンの古着バッグ

トートバッグでエルエルビーンを知った人も多いかもしれないほど、現行でも人気の商品です。

もともとは流氷を運ぶために作られていたということもあり、かなり丈夫にできています。


現行だと刺繍サービスがあることでも有名で、古着として出回っているものも刺繍が施されているものが多いです。

モデルによって形が違うので古着でも見てみる価値がありますが、古着屋では人気すぎるため、かなりレアなアイテムとなっています。

ビーンブーツ

エルエルビーンのビーンブーツ古着

ビーンブーツはエルエルビーンが出しているブーツで、トートバッグと並ぶ人気商品です。

ビーンブーツは、下半分が防水性に優れたゴム製で、上半分が上質な印象で肌馴染みの良い革製なのが特徴。

雪が降る地域では、冬には防水のあったかいブーツが必須なので、おしゃれなビーンブーツが人気を集めています。

ただしこちらも人気商品のため、古着で見つけるのはかなりレアとなっています。

エルエルビーン(L.L.BEAN)の古着に関する豆知識

古着のブランドは、豆知識を知ることで楽しむというマニアも多いです。


エルエルビーンは、アウトドアブランドの中でも超有名というわけではないですが、100年以上愛されてきたブランド。

ここでは、その100年以上愛されてきた理由と、古着だからこそ楽しめるエルエルビーンの豆知識を紹介します。

エルエルビーンとはどんなブランド

エルエルビーン ロゴ

エルエルビーンは、1912年アメリカ創業。レオン・レオンウッド・ビーン(L.L.Bean)氏が、ビーンブーツを開発したことから始まったブランドです。

もともとハンターのガイドとして働いていたビーン氏が、川に足をつけた時に、現在のようなゴム製と革製のブーツを思いつき、それを商品化しました。

斬新なアイデアで、瞬く間にハンターたちに売れたビーンブーツでしたが、当時の技術ではハードな山でのハンティングにブーツが耐えることができず、すぐに壊れ、売れた9割が返品となってしまいました。

そこで、ビーン氏は売った商品が気に入らなければ返品可能とする「100%満足保証」というサービスを始め、借金をしながら商品改善に挑みました。

この100%満足保証は、現在もエルエルビーンのカスタマーサポートのポリシーとして引き継がれています。

お客様満足度を何より優先する姿勢と、そこから生まれた頑丈な商品が、エルエルビーンが100年以上愛されるブランドとなった理由と言えるでしょう。

現行でアメリカ製はレアになっている!古着なら簡単に入手可能

エルエルビーン アメリカ製

古着好きなら、アメリカ製にこだわっている人は多いです。

アメリカの魅力は、何と言っても無骨でタフな作りでしょう。

小手先のファッション性ではなく、鉱山や工場で働く男たちの為にとにかく頑丈に作られた衣類が、今でも男心をくすぐっているのです。

ただ、90年代以降はアパレル業界は大量生産・大量消費が一般となり、アジアの大型工場で作られることが増えて、アメリカ製はかなりレア物となりました。

現在でもエルエルビーンは一部商品をアメリカで製造していますが、限定モデルということもあり、お値段が他の商品と比べると高めになってしまいます。

古着であれば、無骨でタフなアメリカ製のエルエルビーンの古着が安価で手に入ります。

もちろん、丈夫な作りなので、古着で購入してもずっと長く使えますよ。

エルエルビーン(L.L.BEAN)の時代ごとのタグの見分け方

エルエルビーンの古着を見てみると、時代によってタグが少しずつ変っています。タグを見て年代が分かれば古着マニアと言えるでしょう。


自分が好きだと感じたエルエルビーンの古着のタグを見て年代が分かれば、自分が好きな年代も分かるかもしれません。

黒タグに筆記体のロゴは、60年代以前の物

エルエルビーンのロゴ 古い

1960年までのタグは、黒地に黄色の筆記体でエルエルビーンが示されたものでした。

現在の親しみやすい雰囲気とは異なる、高級感のあるデザインとなっています。

白いタグに緑色で筆記体のロゴは、70年代の物

エルエルビーンのタグ 70年代見分け方

次に70年代は、白のタグに緑色の筆記体でロゴが書かれていました。

この頃から、元の高級感ある筆記体はそのままに、馴染みやすく、アウトドアブランドらしさのある緑色が使われるようになっています。

緑色の活字体のロゴは、80年代以降の物

エルエルビーンのタグ ロゴ80年代以降 見分け方

80年代以降は、ロゴが筆記体から活字になっています。

アメリカだけではなく、全世界に愛されるようになったということもあり、誰でも読まれやすい自体に変わったのかもしれませんね。

まとめ

エルエルビーン(L.L.BEAN)の古着は、流行しているというわけではありませんが、クラシカルな風合いと、丈夫な製品が故長く愛されてきました。

アウトドアファッションでも、人より大人っぽく見せたいならエルエルビーンの古着を着こなしてみてはいかがでしょうか。

古着通販サイトRUSHOUTでは、エルエルビーンを含む多くのブランド古着を取り揃えています。

ぜひ、エルエルビーンの古着を購入するときは、RUSHOUTをご利用くださいね。

エルエルビーンの古着一覧を見る

エルエルビーン

古着屋が教える!ウエスタンシャツの選び方・おしゃれな着こなし方

古着のウエスタンシャツ

「ウエスタンシャツの古着をおしゃれに着こなしたい」

「でも、一歩間違えればダサくなってしまいそう…」

ウエスタンシャツは、アメリカの西部にいたカウボーイたちが着ていたシャツで、カウボーイシャツとも呼ばれます。

アメカジファッションには欠かせないアイテムで、古着でも人気のアイテムの1つですよね。

そんなウエスタンシャツをおしゃれに着こなすために、この記事では、古着屋が教えるおしゃれなウエスタンシャツの特徴・おすすめのブランド・着こなし方をご紹介します。

ウエスタンシャツ

おしゃれなウエスタンシャツの古着の特徴

オシャレなウエスタンシャツを古着屋で買うのであれば、本物品質のウエスタンシャツを選ぶのがポイントです。

古着屋には、本物のカウボーイが着ていたアイテムに近いウエスタンシャツから、ウエスタンシャツ風のシャツまであります。

本物に近い、おしゃれなウエスタンシャツの特徴は、以下の3つです。

  • アメリカ製
  • ヨーク(切り返し)
  • パールスナップボタン

アメリカ製

そもそも、古着屋にある古着でアメリカ製(MADE IN U.S.A.)の製品は、頑丈でおしゃれということもあって人気があります。

ウエスタンシャツでも同じように、アメリカ製は頑丈で、無骨なデザインが多いのです。

2000年代に入ってから、全世界のアパレルのほとんどはアジアでの大量生産が中心となったため、アメリカ製のウエスタンシャツは古着でしかなかなか手に入りません。

だから、古着屋でウエスタンシャツを見るときは、アメリカ製かどうかを、ぜひ確認してみてくださいね。

ヨーク(切り返し)

ウエスタンシャツのヨーク

ウエスタンシャツの特徴の一つが、この肩にあるヨークと呼ばれる切り返しです。

これは落馬した時に、肩を怪我から守るために作られていました。

このヨークが、画像のように他の部分と生地を変えている場合は、いかにもウエスタンシャツらしい個性的な着こなしができます。

逆にヨークの素材が他の部分と同じで、切り返しの縫い目だけがある場合は、よりシンプルできれいめなコーデを楽しむことができますよ。

パールスナップボタン

ウエスタンシャツのパールスナップボタン

本物のウエスタンシャツには、一般的なシャツに用いられるボタン穴に通すボタンではなく、スナップボタンと呼ばれるパチっと上から押さえて留めるボタンを使っています。

これも、落馬などの事故にあった時に片手で引っ張れば簡単に脱げるように設計されたのが始まりです。

さらに多くのスナップボタンには、パール風の素材が使われており、光にさりげなく反射して、独特のおしゃれな風合いを出しています。

ウエスタンシャツの古着で人気のブランド

ウエスタンシャツの古着で本物品質のものを選びたいなら、ウエスタンシャツで有名なブランドのアイテムを選ぶというのも1つです。

ここでは、ウエスタンシャツの古着で有名な2つのブランドとその特徴を紹介します。

ラングラー

ラングラーの古着ウエスタンシャツ

ラングラーの古着ウエスタンシャツ ロゴ

ラングラーは、カウボーイ向けのジーンズブランドです。

日本ではあまり聞きなれないかもしれませんが、リーバイス・リーと並んで、アメリカの3大ジーンズブランドの1つでもあり、アメリカでは良く着用されています。

ラングラーのウエスタンシャツは様々な生地のものがありますが、やはりジーンズブランドなので、デニムのウエスタンシャツが定番です。

1日のほとんどを激しく動く馬の上で過ごすカウボーイのために作られたウエスタンシャツは、丈夫でありながら、やわらかくて着心地のいいアイテムとなっています。

ラングラーについてもっと知りたい人は、こちらのコラムもご覧ください。

→ ラングラーの古着デニムを楽しむのに知っておきたい3つのこと|見分け方を覚えるとさらに楽しめる

ラングラー(古着)の商品一覧を見る

ウエスタン シャツ ラングラー メンズ

ロックマウント

ロックマウントの古着ウエスタンシャツ

ロックマウントの古着ウエスタンシャツ ロゴ

ロックマウント・ランチ・ウェア(通称ロックマウント)は、1946年に創業されたアメリカ初のウエスタンシャツメーカーです。

上記にもあったスナップボタンを、初めてシャツに採用したメーカーでもあります。

ロックマウントは長年アメリカ製にこだわり、ギザギザポケットやひし形スナップといったユニークなデザインで親しまれています。

ニコラスケイジなどのハリウッド俳優や、ジョンレノンなどのロックスターも愛用していたということもあり、個性を出すのにはぴったりのブランドといえます。

ロックマウント(古着)の商品一覧を見る

ロックマウント

古着のウエスタンシャツの着こなしコーディネート

華やかな柄入りのウエスタンシャツで個性派きれいめコーデ

白の古着ウエスタンシャツコーデ 全身

白の古着ウエスタンシャツコーデ

白の古着ウエスタンシャツコーデ

白地に花柄が刺繍された、きれいめだけど個性的なウエスタンシャツの着こなしです。

インナーやボトムスは、あくまでシンプルにして、サイズも全体的にジャストサイズで揃えることで、ウエスタンシャツを主役に持ってきています。

柄物のウエスタンシャツを選ぶ際には、総柄よりも一部に柄があるものを選ぶことで抵抗感も薄く着用することができます。

また、ウエスタンシャツは通常よりも丈が長いものが多いのですが、ジャストサイズを選ぶことで違和感なく着こなすことができます。

もし、気に入ったウエスタンシャツの丈が長くて着こなしにくい場合は、ボトムスにタックインしてみるのも良いでしょう。

デニムのウエスタンシャツでオーソドックスなアメカジコーデ

denimのウェスタンシャツコーデ

デニムの古着ウェスタンシャツ

こちらはパンツ、Tシャツの上にシンプルなデニム素材のウエスタンシャツを羽織ったオーソドックスなアメカジコーデです。

ここまでシンプルな着こなしにしても、ウエスタンシャツのヨークやパールスナップボタンにアクセントが効いているので、おしゃれなコーディネートに仕上がります。

このようにウエスタンシャツを羽織って着こなす場合も、サイズはジャストサイズがまとまって見えるのでおすすめです。

ビッグサイズの場合は、インナーシャツをタックインしたり、ボトムスをスキニーにしたりするとメリハリを出すこともできますよ。

まとめ

ウエスタンシャツの古着は、シンプルなデザインのものから、個性的なカウボーイらしいアイテムまで幅広くあります。

上手に着られるか不安という人は、まずはこの記事で紹介した本物品質のおしゃれなウエスタンシャツを選び、出来るだけシンプルに着こなしてみましょう。

古着通販のRUSH OUTでは、スタッフがアメリカで買い付けた古着が、2万点以上掲載されています。

ウエスタンシャツも豊富に取り揃えておりますので、ウエスタンシャツの古着を購入するときはRUSH OUTをご利用くださいね。

ウエスタン シャツ メンズ

【レディース】秋の古着コーディネート|持っておきたい定番アイテム6選も紹介

秋の古着コーデ 赤スウェットとチェックスカート

秋は、重ね着や様々な素材でファッションを存分に楽しめる季節ですよね。

どんな秋服を買おうかなとお悩みの方も多いのではないでしょうか?

「古着は好きだけど、秋に何を着たらいいのか分からない。」

「可愛くてレトロなファッションをしたいけど、ダサくなりたくない。」

「古着を使った今っぽい秋服の着こなし方を知りたい。」

秋服は、夏服と比べて値段も高めになる分、間違いないアイテムを揃えて、おしゃれに着まわしたいと考えている人も多いようです。

この記事では、古着でおすすめの秋服と、そのコーディネートをご紹介します。

是非、秋の古着ファッションを存分に楽しんでくださいね。

【レディース】今揃えるべき2019年秋の古着はこれ!おすすめアイテム6選

レディース古着で秋にオススメなのは、以下の6点です。

  • レトロワンピース
  • スウェット
  • セーター
  • スタジャン
  • MA-1
  • チェックスカート

それぞれのアイテムがあるだけで、ヴィンテージ感が出ておしゃれになれるアイテムです。

レトロワンピース

秋古着のレトロワンピース

女性の古着愛好家なら、ワンピースを集めている人も多いくらい、大人気の定番アイテムです。

さらに、今年は古着好きではなくてもレトロ柄のワンピースが流行っているということもあり、注目を浴びているんですよ。

ワンピースなら1枚だけでおしゃれなコーディネートが完成しますし、羽織るものを変えたり、カラータイツを中に履くことで寒くなった時も着回すことができます。

さらに、古着によくあるさらっとしたナイロン製の長袖ワンピースなら、暑い季節も日焼け対策となるので早めの時期から着ることができちゃいますよ。

いろんな柄があるので、とっておきの1枚を持っておいてはいかがでしょうか?

ワンピースの古着一覧

ワンピース 長袖

スウェット

秋の古着トレンド スウェット

スウェットは秋の定番アイテム。1枚だけで着ても、インナーにブラウスを着てもおしゃれになれます。

トレンドはゆるっと切られる、ビッグサイズのスウェット。

ワンポイントで小さめのロゴなら、シンプルに着こなしたり、ボトムスで遊んだりすることもできます。

派手な柄やビッグロゴが入ったスウェットなら一気に主役級アイテムに。スウェットは何枚か持っていても、不便にはならないアイテムですよ。

スウェットの古着一覧

スウェット トップス メンズ

セーター

秋の古着 トレンド ニット

秋らしさが出せるのは、ニットのセーター。

薄手のものから厚めのものまでありますが、薄手のセーターなら秋口から着れて、真冬にはインナーとして大活躍するのでオススメ。

セーターの古着一覧

セーター レディース

スタジャン

秋の古着 トレンド スタジャン

スタジャンとは、スタジアムジャンパーのことで野球選手の防寒着として作られたアウターです。

夏にはベースボールシャツが流行りましたが、秋もこのスタジャンをあえて女子が着るのが可愛らしいんです。

スタジャンは、あったかいウールやメルトン素材でできており、袖口と裾にはゴムが入っているのでビッグサイズでもキュッとメリハリを効かすことができます。

スタジャンの古着一覧

スタジャン

MA-1

秋の古着トレンド MA-1

MA-1は、アメリカ空軍のナイロン製フライトジャケットのことを言い、男女ともに大人気のアウターです。

このMA-1、見た目が可愛いだけではなく、元々は空軍のフライトジャケットとして使われていたということもあり、軽さと防寒性を兼ね揃えた高機能なジャケットです。

黒や紺色、オリーブ色といった落ち着いた色合いが秋らしいですよね。

あえて、可愛いインナーに羽織ることで甘辛ミックスコーデが完成しますよ。

MA-1を含むミリタリージャケットの古着一覧

MA-1

チェックスカート

秋の古着トレンド チェックスカート

チェック柄のプリーツスカートは、秋冬のコーディネートに大活躍のボトムスです。

古着に多いウールでできたロングスカートなら、中にタイツを履かずともあったかく過ごせちゃうんです。

可愛い靴下と合わせれば、秋らしいファッションが簡単に完成しますよ。

スカートの古着一覧

チェック スカート

【レディース】おすすめ古着を使った秋のコーディネート

長袖のレトロワンピース1枚で女性らしさ満点のコーデ

秋の古着トレンド ワンピースコーデ

こちらは赤色チェックの長袖ワンピースを1枚羽織っただけの女性らしさがあるコーディネートです。

やっぱりワンピースは1枚で着るだけでおしゃれになっちゃうのが嬉しいポイントですよね。

寒くなれば、インナーにヒートテックなどの機能性下着を着たり、タイツやカーディガンといったアイテムで防寒してくださいね。

からし色のシンプルスウェットでリラックスモードコーデ

秋 からし色のスウェットコーデ

こちらは胸にワンポイントが入った、からし色のスウェットにスカートを履いただけのシンプルなコーディネート。

スウェットはビッグサイズでゆるっと着ることで、全体的に頑張りすぎない、肩から力が抜けた着こなしとなっています。

それでいて、他とは被らなない個性的な色合いのスウェットで、大人っぽい余裕のあるカジュアルさを出しています。

少しビッグサイズのセーターで女性らしさが出せるコーデ

ピンクのセーターコーデ 秋

秋の古着セーターコーデ

こちらは人気のラルフローレンのピンク色のセーターを使ったコーディネートです。

セーターも少しビッグサイズを着ることで、萌え袖となり、女性らしさが出せますよ。

秋冬は、紺色やベージュといった落ち着いた色合いばかり選んでしまうという人は多いかもしれませんが、こういった可愛らしい色合いのセーターが1枚あればコーデ全体が華やかな印象となります。

オーバーサイズのスタジャンとデニムスカートを合わせた女性らしいアメカジコーデ

秋の古着 スタジャンコーデ

スタジャン 秋の古着トレンド

秋の古着 スタジャンに合わせるロングスカート

こちらは、カラフルなヴィンテージTシャツと、ロング丈のデニムスカートを合わせ、オーバーサイズのスタジャンを羽織ったアメカジコーデです。

デニムスカートとネイビーのスタジャンで全体をブルー系でまとめつつ、スタジャンの黄色やTシャツの柄で、メリハリが効いたコーディネートとなっています。

ネイビーのスタジャンは、きれいめのコーディネートにも、元気なカジュアル系のコーディネートにも使えるので、おすすめです。

セーターにビッグシルエットのMA-1を合わせたかっこいいコーデ

80年代ファッション MA-1

ma-1は中綿があり暖かい

こちらは、セーターにヴィンテージ感溢れるMA-1を羽織ったコーディネートです。

MA-1のオレンジの裏地は、本物の空軍が使っていた仕様と同じもので、さりげなく目を引く、おしゃれなポイントとなっています。

ビッグサイズであれば、中に着るインナーの分厚さも気にしなくていいので、秋から真冬まで長い間着こなすことができますよ。

ただし、ビッグサイズであるがゆえ、だらしない印象になってしまうのには注意。

写真のコーデのように、インナーをボトムスにタックインするなどでメリハリをつけて、脚長効果を狙いましょう。

チェックスカートと赤色スウェットで秋らしさ溢れるプレッピーコーデ

秋の古着コーデ 赤スウェットとチェックスカート

古着チェックスカートの秋コーデ 

こちらは、赤色をベースにしたチェックスカートに、真っ赤なスウェットを合わせた、秋らしいプレッピーコーデです。

プレッピーとは、アメリカのエリート学生風のファッションのことを言います。

トップス・ボトムス・靴下までを赤色系で統一、さらに靴には学生らしさのあるローファーをチョイスすることで、まとまりがあって、一眼引くような個性的ファッションとなっています。

まとめ

秋はヴィンテージ感がぴったりの季節なので、古着を楽しむのに最適です。

ぜひ、この記事を参考に、秋の古着を存分に楽しんでみてくださいね。

古着通販のRUSHOUTでは、アメリカ古着を常時2万点以上掲載しております。

卸業者を使わず、スタッフが直接買い付けに行っているので、質が高いものが他店よりも安く購入できますよ。

秋に古着を楽しむのであれば、古着通販のRUSHOUTをご利用くださいね。

2019年流行りの古着を解説!簡単に真似できるオシャレコーデも紹介

古着の流行りとは

古着の流行が冷めない今、学生から大人まで、多くの人が古着をおしゃれ着として楽しんでいます。

また、テレビや雑誌を見ていても、菅田将暉さんや二階堂ふみさん、渡辺直美さんなど、おしゃれな芸能人も古着を着ている人が多いですよね。

「自分も流行の古着を着たいけど、ダサくならないか不安」

「どんな古着が今はやっているのか知りたい」

そう思っているおしゃれ初心者さんも多いでしょう。

この記事では、そもそもなぜ今古着が流行っているのかという話と、今流行中の古着のファッションスタイル・コーディネートを紹介します。

この記事で紹介する古着とは、リサイクルショップで手に入るユーズド古着ではなく、海外から輸入するファッション古着のことを指します。

中古(ユーズド)とファッション古着については、以下の記事もご覧ください。

古着とは 中古(ユーズド)とファッション古着の特徴・買える場所

なぜ今古着が流行ってるのか?

古着が今はやっているのには、主にこの2つの理由があります。

  • 人と被らない「1点もの」だから
  • 安く本格的なブランドものが手に入るから

どういうことなのかを詳しく説明していきます。

人と被らない「1点もの」だから

一点物の古着

古着屋にある古着は、1990年代以前に海外で作られた服がメインとなります。

当時は今のように服の大量生産はできませんでしたし、さらに現在も着れるほどきれいな状態で残っている商品となると、かなり限られています。

普通のアパレルショップでは、同じ商品がいくつも並べられているので、買った服が友達と被ってしまうということになりかねませんが、古着の場合は被ることはありません。

もし、似たような商品があったとしても生産国や時代によってディティールに微妙な違いを見つけることが出来ます。

本格的なブランドものが安く手に入るから

ブランド物が安く手に入る古着

もう1つの理由として、古着の場合は本格的なブランド物が安く手に入るということがあります。

古着なので、新品より安くなっているのは当然ですが、ブランド物は、その造りの良さ故、昔に作られた衣類であっても現在も着られる状態で残っていることが多いのです。

例えば、上の写真は、新製品・古着共に人気のpatagoniaのフリースジャケットです。

アウトドアブランドが作った高性能な商品ということもあり、新品であれば3万円ほどしますが、古着の場合は1万円前後で手に入ります。

新品と比べれば、多少フリースのモコモコ感が減ってしまっていることはあれど、しっかり暖かく、むしろ新品より肌なじみが良いという特徴もあります。

古着屋にはこのような高性能で丈夫なブランド物が多く取り揃えられているので、古着であってもボロボロにはならず、何年も着続けられるのです。

2019年流行りの古着スタイルはこの3つ

2019年流行っているのは、以下の3つのファッションスタイルです。

  1. きれいめカジュアル
  2. レトロな柄物アイテム
  3. 90年代ストリート

以下で、詳しく説明します。

1.きれいめカジュアル

きれいめカジュアルのファッションは、上品だけどラフさのあるファッションのことを言います。

古着のファッションといえば、スウェットやTシャツなどカジュアルなアイテムが多いのですが、それらを敢えてきれいめに着こなすことで、大人のカジュアルファッションが完成します。

→ きれいめに古着を着こなすメンズコーデのコツ・おすすめアイテム

2.レトロな柄物アイテム

メンズ・レディース共に現行のアパレルショップでも、レトロ柄アイテムが流行っています。

ただ、古着屋見つけたリアルなレトロ柄は、他の人と被ることもありません。

上手にレトロ柄を取り入れることで、さりげなく個性を出してみましょう。

古着シャツ1枚でキマるメンズコーデがつくれる | 総柄シャツがトレンド

3.90年代ストリート

90年代に流行ったストリートファッションのリバイバルブームが続いています。

特徴としては、ビッグサイズをラフに着こなしていることや、スポーティなを上手に取り入れていることなどがあります。

ただ、90年代のファッションがそのまま今はやっているわけではなく、当時と同じアイテムを使いながら、着こなしできれいめに見せるのが流行っています。

ストリートファッションとは?おすすめ古着屋・ブランド・コーデ例

4.アースカラーのアイテム

今年は男女問わず、アースカラーのアイテムを使ったコーデが流行っています。

アースカラーとは木や土、植物などの自然をイメージしたベージュ・カーキ・ブラウン系の色の総称をいいます。


メンズは定番化してきたビッグシルエットを、アースカラーのきれい目なアイテムで組み合わせるスタイル、レディースはレトロな柄を織り交ぜた華やかなスタイルがトレンドです。

メンズで流行りのブランド古着を使ったコーディネート

それでは、実際に流行りの古着ファッションはどんなものなのかを見ていきましょう。

モノトーンのきれいめカジュアルコーデ

古着のきれいめモノトーンコーデ 

ストライプシャツに黒のスウェット、パンツ、そしてオールドコーチの本革のバッグを合わせたきれいめコーデです。

ビジネスファッションっぽくなりがちな、白のストライプシャツとパンツの組み合わせも、スウェットを合わせることで、カジュアルダウンすることができます。

更に、古着だから手軽に買えるオールドコーチを合わせれば、大人っぽいきれいめカジュアルが出来上がります。
古着のスウェット一覧

スウェット 黒 メンズ

古着の長袖シャツ一覧

長袖 ストライプ シャツ メンズ

古着のパンツ/スラックス一覧

スラックス メンズ ロング

レトロなオープンカラーの柄シャツを使ったカジュアルコーデ

大き目の柄シャツ

ピンク色ベースのストライプ柄シャツに、ワイドパンツを合わせた親しみやすいカジュアルコーデです。

オープンカラーシャツなので、リラックス感がありつつも、絶妙な色合いのバランスと、丈が長すぎないサイズ感だから、部屋着っぽさがないのが良いですよね。

このような派手な色柄のシャツも、シンプルなボトムスと合わせることでおしゃれに決まります。

古着の長袖シャツ一覧

長袖 柄 シャツ メンズ

ジーンズにビッグサイズTを合わせ90年代ストリートコーデ

古着のストリートコーデ

ストリート古着コーデ

ネイビー、ブラウン、グレーという渋めのカジュアル着に必須の3色が入ったシャツを、ワイドパンツと合わせたストリートコーデです。

ストリートファッションでは、ダボっとしたワイドなパンツを履くのが定番。

ワイドなパンツを履くときは、トップスをタックインしてベルトで締めるとメリハリが出て、スタイリッシュな着こなしを作ることが出来ます。

90年代の古着一覧

90年代 シャツ メンズ

ビッグサイズでアースカラーのアイテムを使った90年代コーデ

アースカラーのメンズコーデ

アースカラーを使ったトレンドの古着コーデ

こちらは、ブラウンのパーカー、ベージュのインナーTシャツ、ベージュのハーフパンツ、ブラウンのスニーカーを合わせたアースカラーのコーデです。

シルエットはビッグサイズで、定番の90年代スタイルでありながら、アースカラーにそろえることで上品で大人っぽい仕上がりになっています。


アースカラーアイテムは、カーハートなどのワーク系ブランドや定番のラルフローレンに間違いのないアイテムがそろっているのでおすすめです。

カーハート

カーハート ベージュ

ラルフローレン

ラルフローレン ベージュ

レディースで流行りのブランド古着を使ったコーディネート

ヴィンテージブラウスを使ったきれいめコーデ

ヴィンテージブラウスのコーデ

ピンクのリボン付きヴィンテージブラウスに、黒のプリーツスカートと、赤のナイロンジャケットを合わせたきれいめコーデです。

カラーブラウスは、他の色と合わせるとまとまりのないコーデになってしまいがちですが、このコーデでは同系色のナイロンジャケットを合わせ、さらにボトムスも黒にして引き締めることでまとまりある着こなしとなっています。

ヴィンテージブラウスはレースやリボンなどの凝ったディティールが施されているアイテムが多く、さりげなく個性が出せるので、古着を着こなしたい女子におすすめです。

古着のレディースシャツ・ブラウス一覧

長袖 シャツ レディース

古着のレディースジャケット一覧

レディース ナイロン ジャケット

赤ポロシャツにレトロな総柄ワンピースを合わせた個性派コーデ

古着ポロシャツコーデ ワンピースワンピースと古着ポロシャツのコーデ

こちらは、真っ赤なポロシャツに、ミモレ丈の総柄ワンピースを合わせた上品だけど個性が出せるコーディネートです。

古着屋の柄ワンピースは、派手な色合いのアイテムが目立ちますが、これくらい落ち着いた上品なアイテムも実はいっぱいあります。

モノトーンで合わせればきれいめシンプルになりますが、おしゃれさを出すのであれば、この赤ポロシャツのようにインナーで遊んでみるのがおすすめです。

レトロなワンピースは古着屋で出会える|今期おすすめの特徴やコーデも紹介



古着のポロシャツ一覧

レディース ポロ シャツ

古着のワンピース一覧

ワンピース

キャラスウェットで可愛いアメカジ×ストリートコーデ

古着のアメカジコーデ 

オーバーサイズのミッキースウェットに、レディースのアメカジアイテムで定番のチェックスカートを合わせた、可愛らしさあふれるアメカジ×ストリートコーデです。

スウェットの両袖と裾に入っている2本のラインが、ストリート感を出すデザインとなっています。

キャラクタースウェットは、ポップでカジュアルなイメージが強いかもしれませんが、このようにちょっとしたデザインで雰囲気が変わるので、選ぶのが楽しいですよ。

ディズニー スウェット

古着のスカート一覧

チェック スカート

ヴィンテージブラウスをアースカラーでまとめた上品レトロコーデ

トレンドのアースカラーコーデ

流行りの古着アースカラーコーデ

ベージュにきれいなグリーンの柄が入ったヴィンテージブラウスにブラウンのパーカー、デニムのスカートを合わせた上品なカジュアルレトロコーデです。

全身をアースカラーに揃えすぎてしまうと、人によっては野暮ったいイメージがついてしまうかもしれませんが、ボトムスをジーンズにすることでカジュアルで軽い印象を持たれますよ。


秋冬にぴったりなアースカラーですが、合わせるアイテムの色によって、春や夏も着こなすことが出来るのでおすすめです。

レディース 茶

まとめ

古着は、ブランド物の質のいいファッションでコスパ良くおしゃれを楽しむことが出来ます。

ご紹介したように古着には流行がありますが、他のファッションほど流れが速いわけではなく、着こなしを変えながら1つのアイテムを長く着られるのも古着ファッションの良いところです。

是非、この記事を参考に流行の古着を存分に楽しんでみてくださいね。

古着通販のRUSH OUTでは、スタッフがアメリカで買い付けた古着が、2万点以上掲載されています。

全商品洗濯済みで、万が一イメージと違った場合でも到着から7日間以内であれば返品することもできるので、古着初心者にも安心です。

是非、古着を購入するときはRUSH OUTをご利用くださいね。

【メンズ】秋の古着コーディネート|持っておきたい定番アイテム8選も紹介

古着のカーハートカバーオールコーデ

暑い夏が終わったら、古着のヴィンテージ感が似合う秋がやってきます。

どんな秋服を買おうかなとお悩みの方も多いのではないでしょうか?

「古着は好きだけど、秋に何を着たらいいのか分からない。」

「個性的なファッションをしたいけど、ダサくなりたくない。」

「古着を使った今っぽい秋服の着こなし方を知りたい。」

秋服は、夏服と比べて値段も高めになる分、間違いないアイテムを揃えて、おしゃれに着まわしたいと考えている人も多いようです。

この記事では、古着でおすすめの秋服と、そのコーディネートをご紹介します。

是非、秋の古着ファッションを存分に楽しんでくださいね。

【メンズ】秋に持っておきたいオススメの古着アイテム8選

メンズでおすすめの古着アイテムは、以下の8点です。

  • チェックシャツ
  • スウェット
  • スイングトップブルゾン
  • カバーオール
  • トレンチコート
  • ボアジャケット
  • MA-1
  • コーデュロイパンツ

どれも個性を光らせるアイテムでありながら、いろんな着回しをすることが出来ます。

チェックシャツ

古着 秋冬の定番チェックシャツ

インナーでおすすめなのが、アメカジの定番アイテムでもあるチェックシャツです。

薄手の物からウールなどを使った厚みのある商品までありますが、素材で秋っぽさを出すのであれば、表面がふわっとしているフランネルシャツがおすすめ。

アメカジ定番のネルシャツ・チェックシャツを上手に着こなす4つのコツ

チェックフランネルシャツの古着一覧

チェック フランネル シャツ 長袖 トップス

スウェット

秋の古着 スウェット

スウェットは、ナイキやアディダス、チャンピオンといったスポーツブランドのものから、ハードロックカフェやアメリカの大学ロゴが入ったもの、キャラクター物など様々です。

  • 90年代ストリート風を目指すならビッグロゴスウェット
  • 親しみを持てるような印象にするのならキャラクタースウェット
  • きれいめに着こなすなら無地または小さめのロゴが入ったスウェット

上記のように、なりたい雰囲気に合わせたアイテムを選びましょう。

スウェットの古着一覧

スウェット トップス メンズ

スイングトップブルゾン

スウィングトップブルゾンの古着

スイングトップブルゾンとは、もともとはゴルフ用ジャンパーとして開発された丈の短いブルゾンのことを言います。

大人っぽい着こなしにぴったりで、近年注目を浴びているアウターです。

スイングトップ メンズ

カバーオール

カーハートの古着カバーオール

カバーオールとは、もともとはワークウェアとして作られたアウターのことを言います。

ワークウェアだったこともあって、頑丈な生地を使われていることや、ポケットやボタンがたくさんついていることから、機能的で無骨なデザインとなっています。

カバーオールの古着一覧

カバーオール メンズ

トレンチコート

古着のトレンチコート

ロング丈で薄手のトレンチコートは、もともとは軍隊用に作られたコートですが、今ではきれいめで大人っぽさを出したい時にぴったりのアイテムです。

定番のバーバリーも古着なら手が届きやすいですし、ミリタリーならではの男らしいデザインのアイテムもあります。

トレンチ コート メンズ

ボアジャケット

ボアジャケット

もこもこと暖かいボアがついたジャケットは、近年大人気のアウターと一つです。

シンプルなデザインで着回ししやすく、首元から見えるボアが秋らしさを演出します。

また、ボア素材はあったかいので、秋ならTシャツに羽織るだけで快適に過ごすことが出来ますよ。

ボア ジャケット メンズ

MA-1

ミリタリージャケット MA-1

MA-1は、軍隊用のフライトジャケットとして開発されたアウターです。

今や古着好きで知らない人はいないくらい、人気のアイテムとなっています。

見た目の男らしさはもちろん、軽量でありながらマイナス-30度まで耐えられる防寒性を兼ね揃えており、真冬まで使うことが出来ます。

「本物のMA-1」の特徴|タグの番号とディティールでの見分け方

MA-1 メンズ

コーデュロイパンツ

コーデュロイパンツの古着

ジーンズやチノパンもいいですが、秋らしいボトムスを持っておくならこのコーデュロイパンツ。

90年代ストリートっぽくはくのであれば、凹凸の幅が広めのアイテムがおすすめです。

コーデュロイパンツの古着一覧

コーデュロイ パンツ ロング メンズ

【メンズ】おすすめ古着を使った秋のコーディネート

モノトーンチェックシャツを使ったシンプルだけど男らしいコーデ

レザージャケットとチェックシャツの古着コーデ

こちらは、モノトーンのチェックシャツにレザージャケットとコーデュロイパンツを合わせた男らしさあふれるコーディネートです。

古着のチェックシャツは、カラフルなアイテムも多いですが、色が増えれば増えるほど、コーディネートにまとまりを生むのが難しくなるため、おしゃれ初心者さんにはモノトーンのチェックシャツがおすすめです。

全体的に、白と黒でそろえることで、シンプルできれいな着こなしとなっていますが、レザージャケットが男らしいアイテムなので、かっこいいコーディネートに仕上がっています。

レザージャケットを変えればコーデの雰囲気も変わる

レザーブルゾンとチェックシャツの古着コーデ

先ほどのコーディネートから、襟の形がシンプルなレザージャケットに変えただけですが、こちらはかなりきれいめな印象となります。

ハードロックカフェのスウェットで無骨なコーディネート

古着ハードロックカフェのスウェットコーデ

こちらは黒のハードロックカフェスウェットに、黒のパンツを合わせたコーディネート。

黒でまとめると、ずっしりと重厚感が出て男らしい雰囲気となります。

ハードロックカフェのスウェットは、ポップカラーでロゴが入っているので、重くなりすぎず、かっこいい着こなしとなっています。

アディダスのスウェットとワイドなコーデュロイパンツで優し気なコーデ

古着灰色のアディダススウェットコーデ 

こちらは、グレーのアディダススウェットとベージュのコーデュロイパンツを合わせた優しい印象のあるコーディネートです。

上下で同じくらいの明るい色を持ってきているのと、スウェット・パンツ共に温かみのある素材を使っているのがポイント。

また、コーデュロイパンツはワイドなダボっとしたサイズ感なので、スウェットは大きすぎないサイズにしてバランスを取っています。

女性受けもばっちりなシンプルなスイングトップブルゾンを使ったきれいめコーデ

スウィングトップブルゾンの古着コーデ

こちらは、ベージュのシンプルなスイングトップブルゾンを使ったきれいめコーデ。

全てのアイテムが無地でシンプルですが、古着特有のヴィンテージ感が出ておしゃれな着こなしとなっており、女性受けもよいでしょう。

もちろんシンプルなスイングトップブルゾンは、他のアイテムを派手めにして遊ぶこともできるので、日によって着こなしを変えてみるのもいいかもしれませんね。

シンプルなインナーに男らしいカバーオールを羽織ったコーデ

古着のカーハートカバーオールコーデ

白無地のサーマルシャツとチノパンに、カバーオールを羽織ったシンプルなコーディネート。

カバーオールには、たくさんのポケットと、ごつごつとしたボタンがついているのが特徴ですので、合わせるインナーはシンプルなものがおすすめ。

また、襟元に使われているのと同じベージュ色を、パンツに持ってくることでまとまりのある着こなしとなっています。

カジュアルスタイルにトレンチコートを合わせたきれいめカジュアルコーデ


古着のトレンチコートコーデ

古着のトレンチコートで秋のきれいめカジュアルコーデ

赤色のスウェットと薄い色合いのジーンズといえば、いかにもカジュアルな合わせ方ですが、そこに、大人っぽいトレンチコートを羽織ることで、きれいめにまとまっているコーディネートです。

トレンチコートは、ロング丈ということもあり、1枚はおるだけでかなり全体の雰囲気が変わりますよね。

ただ、インナーにキャラクター物などごちゃごちゃしすぎているデザインのアイテムを持ってきたら、ちぐはぐ感が生まれてしまうので、インナーのデザインはシンプルなものがおすすめです。

ボアジャケットを主役にしたカジュアルコーデ

ボアジャケットの古着コーデ

ワイドなブルーのコーデュロイパンツに、デニム生地のボアジャケットを合わせたコーディネート。

インナーにはピンク系のTシャツを着ていますが、ジャケットの前ボタンを締めることで、ボアジャケットを主役にしています。

さらにボトムスとアウターの色合いを合わせることでまとまり感を出しています。

ブラウン系のインナーに黒のMA-1で男らしいコーデ

MA-1を使った古着コーデ

ブラウン系のフリースをインナーに、黒色のMA-1を羽織った男らしいコーディネートです。

MA-1は、ポケットや装飾が少なく、どんなコーディネートにも合わせやすいのが特徴です。

インナーとパンツは、どちらもふわっとした素材を使ったブラウン系とベージュ系のアイテムなので、少しぼやっとした印象を与えそうですが、黒色でツルっとしたMA-1を合わせることで引き締まった印象となっています。

コーデュロイパンツとビッグロゴスウェットの90年代ストリート風コーデ

秋の90年代風コーデ

古着のコーデュロイパンツとスウェットのコーデ

色ムラのある個性的なコーデュロイパンツに、アディダスパロディのビッグロゴスウェットを合わせた、90年代ストリート風のコーディネートです。

トレンドの90年代ストリート風に着こなすのであれば、スウェットもボトムスも、ビッグサイズなアイテムを選ぶのがおすすめ。

ただし、スウェットの裾がパンツの股下まで着てしまっていたら、だらしない印象を与えたり、足が短く見えたりします。

上下ビッグサイズで着こなすのであれば、スウェットはビッグサイズでも、裾のゴムでしっかりウエストにとどまるものを選ぶようにしましょう。

まとめ

秋は古着のヴィンテージ感が似合う季節、そしていろいろな着回しが楽しめる季節です。

この記事で紹介したアイテムと着こなし方法を参考に、秋の古着を存分に楽しんでくださいね。

古着通販のRUSHOUTでは、アメリカ古着を常時2万点以上掲載しております。

卸業者を使わず、スタッフが直接買い付けに行っているので、質が高いものが他店よりも安く購入できますよ。

秋に古着を楽しむのであれば、古着通販のRUSHOUTをご利用くださいね。

古着のカーハートはワークウェアの代表ブランド|人気アイテムとコーデ例

カーハートの古着が人気

カーハートの古着商品一覧はこちら

カーハート

カーハートはどんなブランドか

カーハートは1889年にアメリカで生まれた作業服ブランドで、ワーク系ファッションというカテゴリを作り出したともいわれています。

アメリカで鉱山や工場での労働者が増えていた時代に、船の帆やテントにも使われていた丈夫な素材を用い、擦れや破れにも強いオーバーオールを作っていたのが始まりです。

さらに、そこから労働者の声をきき、定規やペンチといった工具用ポケットや、ハンマーループを備えたオーバーオールを作り、アメリカンワークウェアのアイコンとなりました。

90年代に入るとタフでリーズナブルなカーハートのアイテムが、ヒップホップシーンを中心にファッションに取り入れられるようになり、カーハートから、カジュアル・ウェア・ラインであるCarhartt WIPが生まれました。

古着だからこそあるカーハートの魅力

カーハートの古着ロゴMADE IN USA

上記のように、もともとは労働者の作業服として作られていたカーハートですが、今ではファッションアイテムとして新作を出しています。

しかし、カーハートの古着に人気があるのは、カジュアルウェアとして作られたアイテムではなく、ゴツゴツとしたワークウェアに魅力を感じている人が多いからなのです。

また、2000年代以降は多くのカーハートは中国をはじめとしたアジア圏に生産地を移しました。

しかし、大量生産を得意とするアジア製に比べて、アメリカ製は一つ一つがしっかりとした生地を頑丈な作りで作られていたということもあり、カーハートの中でもMADE IN U.S.Aとタグに書かれたアイテムを求めている人が多くいます。

現行で作られている物でアメリカ製は希少になっているのに対し、古着だと安く簡単に手に入るため、カーハートの古着が注目を浴びているのです。

USA製のカーハート

カーハート USA

カーハートの古着で人気がある商品

Tシャツ

カーハートの古着Tシャツ

夏に欠かせないTシャツですが、定番のスポーツブランドやバンドTシャツだと、色合いがカラフルなものや白地のものが多いですよね。

そんな中、カーハートのTシャツは茶色や濃いめのグリーンといった渋めの色合いを使ったアイテムが多いです。

また、カーハートのブランドロゴはビッグロゴでも、小さなロゴでも人気。

カーハートファンのおしゃれな人は多いので、Tシャツを着ているだけでワンランク上のおしゃれさんになれそうです。

Tシャツ カーハート

オーバーオール

カーハートの古着オーバーオール

先述した通り、カーハートがワークウェアブランドとして初めて作っていたのがこのオーバーオールです。

しっかりとした生地でありながら、動きやすさも考慮されているので、タウンユースとしてはもちろん、キャンプやフェスなどのアウトドアにも活躍すること間違いなしです。

ゆるっと着こなしたい日には、肩紐を外すスタイルも人気ですよ。

カーハート オーバーオール

アクティブジャケット

カーハートの古着アクティブジャケット

アクティブジャケットとは、ヨットの幌やミリタリーのテントなどにも使用されるダック地を使った、フード付きのジャケットのことを言います。

カーハートのアクティブジャケットは、ラッパーのカニエウエストが着ていたことでも有名で、ストリートコーデに使われることが多くなりました。

春秋に使える裏地がサーマルのアイテムと、秋〜真冬に使える裏地がキルティング素材のアイテムがあります。

カーハート アクティブ

カバーオール

カーハートの古着カバーオール

カバーオールは、襟付きのワークウェアジャケットのことを言います。

ポケットが多く、頑丈な生地を使っているので男らしさが出せるアウターです。

生地はダック地のものや、デニムが主流。

アクティブジャケットと比べると、襟があるぶんきっちりとした見た目になりやすいので、きれいめアイテムと合わせるコーディネートもおすすめです。

カーハート カバーオール

カーハートの古着で作るコーディネート例

カーハートのTシャツで夏にも無骨さを出したコーデ

カーハート古着のTシャツコーデ

古着カーハートのTシャツコーデ ロゴがおしゃれ

カーハートの古着Tシャツコーデパンツ

Tシャツにジーンズといった夏定番のコーディネートは、子供っぽくなりすぎてしまうことがありますよね。逆に、白無地Tシャツだと、シンプルすぎて寂しくなってしまうということもあるでしょう。

そこでおすすめなのが、カーハートのロゴTシャツを使ったコーディネートです。

黒字に茶色のロゴマークが印刷されたTシャツは1枚あれば、それだけで無骨で大人っぽい雰囲気を出すことができます。

さらにパンツはジーンズではなく、チノパン、スニーカーも落ち着いた黒色を選ぶことで、シンプルだけどおしゃれな夏のスタイルを完成させることができます

カーハートのオーバーオールとデザインTシャツで大人の遊び心があるコーデ

カーハートの古着オーバーオールコーデ

古着カーハートのオーバーオールの下はオリンピックTシャツ

こちらはオリンピックデザインのリンガーTシャツをカーハートのオーバーオールと合わせた、大人っぽいけど、遊び心のあるコーディネートです。

オーバーオールは形や色によって、子供っぽくなりすぎてしまうことがあります。

しかし、カーハートは無駄なデザインのない本物のワークウェアなので、大人っぽい見た目のものが多いのです。さらに、色は濃いインディゴのデニムを選ぶことでしっかりとした大人っぽさを出すことができます。

ただ、オーバーオールは遊び心が似合うアイテムなので、インナーはシンプルにしすぎるのではなく遊んでみるのがおすすめ。

このコーディネートでは、オリンピックのロゴが見えるように、片方だけ肩紐を外した遊び心のある着こなしをしています。

黒ベースにアクティブジャケットを羽織った男らしさ満点のコーデ

古着カーハートのアクティブジャケットのコーデ

こちらは、黒色のTシャツとボトムスに、カーハートの定番でもあるベージュのアクティブジャケットを羽織った男らしさ満点のコーディネートです。

カーハートのワークウェアは、力強さや男らしさが溢れるアイテムが多いですが、インナーに白色を使えば爽やかな印象になり、黒色を使えばどっしりとした男らしさ溢れる印象となります。

さらに、ボトムスをオーバーサイズでダボっと履くことで、ストリート感を出すことができます。

アクティブジャケットの間から見えている縦長のデザインも、黒色Tシャツに映えていて、さりげないながらもおしゃれさが伝わるスタイルです。

シンプルな上下にカーハートのカバーオールで男らしさをプラスしたコーデ

カーハートの古着カバーオールコーデ

こちらは、インナーに白色のサーマルシャツ、ボトムスにチノパンというシンプルなコーディネートに、カーハートのカバーオールをプラスしたコーディネートです。

先ほどの、黒をベースとしたコーデとは打って変わって、爽やかな印象のあるスタイルになりましたよね。

カーハートのカバーオールには、たくさんのポケットとデザインの効いたボタンが付いているので、インナーやボトムスをシンプルにして、メリハリをつけるのが着こなしのコツです。

また、カバーオールは、丈が長めなことが多いので、インナーはカバーオールより丈を短いものにするのがおすすめです。

カバーオールの丈とインナーの丈が同じか、インナーの方が長くなってしまうと、だらしないですし、足が短く見えてしまいます。

大きめのインナーを着るときは、ボトムスにタックインをしてメリハリをつけるように心がけましょう。

まとめ

カーハートは、男らしさを簡単に出すことができるおしゃれさんが大好きなワークウェアブランドです。

ぜひ、カーハートの古着をゲットして、男らしさ溢れるコーディネートを楽しんでくださいね。

古着通販のRUSHOUTでは、アメリカ古着を常時2万点以上掲載しております。

卸業者を使わず、スタッフが直接買い付けに行っているので、質が高いものが他店よりも安く購入できますよ。

カーハートの古着も、MADE IN U.S.Aのアイテムも多く取り揃えておりますので、ぜひRUSH OUTをチェックしてみてくださいね。

カーハートの古着商品一覧はこちら

カーハート

ナイキの古着が熱い!人気アイテムとコーディネート例

ナイキの古着

ナイキの古着をかっこよく着こなしたい!でもどのアイテムを買おう?どうやって着こなそう?

そう思っている人のために、この記事では、ナイキの古着が今人気の理由・そしておすすめのアイテムと着こなし方をご紹介します。

ナイキの古着商品一覧はこちら

ナイキ

今ナイキの古着が人気の理由

ナイキの古着は都会的でスタイリッシュな雰囲気だから、近年トレンドのスポーツミックススタイルを作るのにうってつけのアイテムなんです。

スポーツミックススタイルとは、その名の通りスポーティなアイテムをファッションに取り入れたスタイルのことを言います。

スポーツミックスコーデをかっこよくするのなら、本格ブランドのアイテムを取り入れるのが一番手っ取り早いので、おしゃれさんは人気スポーツブランドの中から自分に合ったテイストのブランドを選んでいるようです。

ストリート要素が強いアディダスや、レトロな雰囲気のチャンピオンと並んで人気のナイキは、都会的でスタイリッシュな風合いを出すのにぴったりです。

ナイキの「スウィッシュ」と呼ばれるロゴだけでも、疾走感とスタイリッシュさが出ていますよね。

さらに、古着であれば、本格スポーツブランドのアイテムも新品より格安で買えて、くたっとした雰囲気がおしゃれに着こなせるのがポイント。

また色合いも、カラフルなものからスタイリッシュな落ち着いたカラーのものまで幅広くあります。

初めてスポーツミックススタイルをするという人も、ぜひナイキの古着をファッションに取り入れてみてはいかがでしょうか?

ナイキの古着で人気があるアイテム

ナイキの古着の中でも人気があるアイテムは以下の4つです。

  • Tシャツ
  • スウェット(トレーナー)
  • パーカー
  • ジャケット

Tシャツ

ナイキの古着Tシャツ

ナイキのTシャツは、やっぱりスポーツブランドということもあって、夏にもさらっと着られるのが特徴。

人気のビッグロゴTシャツだけではなく、胸に小さくロゴが刺繍されているものや、バスケットのマイケルジョーダン選手とコラボした「ジョーダンTシャツ」が人気です。

ナイキ Tシャツ メンズ

スウェット(トレーナー)

ナイキの古着スウェット

ナイキのスウェットは、病みつきになるほどの着心地の良さとスタイリッシュなデザインが特徴。

ちょっと大きめサイズをゆるっと着ることで、力の抜けたおしゃれさを出すことができます。

ナイキ スウェット メンズ

パーカー

ナイキの古着パーカー

スウェットにフードがついたタイプは、さらにカジュアル感が出せます。

何かと便利なカンガルーポケットは、秋冬の寒い時期はハンドウォームポケットとしても重宝されますよ。

ナイキ スウェット パーカー メンズ

ナイロンジャケット

ナイキの古着ジャケット

春先、秋口にTシャツなどの上から羽織るナイロンジャケット。

暑くなればクシュっと折りたたんで持ち歩くこともできるので、1枚あれば様々なシーンで活躍しますよ。

シックなデザインのからカラーフルで元気な印象のものまで様々です。

ナイキ ナイロン ジャケット

ナイキの古着をおしゃれに着こなすコーデ

ナイキの古着Tシャツを使った大人っぽいスポーツミックスコーデ

古着のナイキTシャツ大人っぽいコーデ<
ナイキ古着Tシャツ大人っぽいコーデの足元

こちらはブラウンのナイキロゴTシャツに、全体的なコーディネートの色合いを合わせたことで上品な印象になっている大人っぽいスポーツミックスコーデです。

小物で革のショルダーバッグを持つことで、大人っぽさがグッと引き立てられています。

足元の色合いは合わせつつベンサンで、カジュアルな抜け感を出しています。

ゆるっと大きめサイズスウェットで可愛いコーデに

青のナイキスウェット古着のコーデ

こちらははきりとしたブルーのスウェットにベロアスカートを合わせたコーディネート。

スポーツミックスというと、一歩間違えればまるでユニフォームのようになってしまいそうですが、スウェットだとカジュアルに着こなせるのでおすすめです。

スウェットは大きめサイズがトレンド。それに合わせるボトムスは、タイトなシルエットのアイテムや、大人っぽい素材のものを選ぶとバランスを取ることができますよ。

ネイビーのパーカーで大人っぽいストリートコーデ

古着ナイキのパーカーコーデ全身

古着ナイキのパーカーコーデトップス

古着ナイキのパーカーコーデボトムス

ネイビーのパーカーに、ミリタリーのハーフパンツを合わせた大人っぽいストリートコーディネート。

子供っぽくなりがちなパーカーは、ボトムスをカーキ色にすることでかなり大人っぽく見せることができています。逆に、黄色や柄物などをボトムスに持ってくると元気な雰囲気に見せることもできるでしょう。

モノトーンのナイロンジャケットできれいめスポーツミックスコーデ

ナイキの古着ナイロンジャケットコーデ

古着のナイキのナイロンジャケットコーデボトムス

白と黒の2色だけを使ったシンプルなナイロンジャケットを黒Tシャツとチノパンに合わせたきれいめスポーツミックスコーデです。

ボトムスのチノパンをビッグサイズでゆるっと履くことで、スポーティになりすぎないスタイルになっています。

ナイロンジャケットもビッグサイズなので、バランスを取るためにもインナーはパンツにタックインして、ベルトで締めているのがポイントです。

シンプルなコーデにカラーのナイロンジャケットで個性を出したスポーツミックスコーデ

ナイキの古着ジャケットコーデ

ナイキの古着ジャケットコーデ

こちらはシンプルなTシャツとジーンズのコーディネートにパープルのナイロンジャケットを羽織ることで、しっかり他の人と差をつけられるスポーツミックススタイルとなりました。

パープルは個性的な雰囲気も出しつつ、女性らしい上品さを持っている色なので、いろんなコーディネートで活躍しますよ。

まとめ

ナイキの古着は、今トレンドのスポーツミックススタイルに大活躍するアイテムが豊富です。

ぜひ、数ある商品から、お気に入りのナイキアイテムを掘り出して、スタイリッシュに着こなしてみてくださいね。

古着通販のRUSH OUTでは、アメリカ古着が常時2万点以上掲載されています。

全ての商品は、卸売業者を通さず、当社のスタッフが直接アメリカで買い付けをおこなったものですので、品質の良いものが他より安く手に入りますよ。

ナイキの古着を購入の際はぜひ、RUSH OUTをご利用くださいね。

ナイキの古着商品一覧はこちら

ナイキ

2019年夏のトレンド古着アイテムはこれ!おしゃれに着こなすコツ・コーデ例

「今年の古着のトレンドはどんなのがあるかな?」
「今年の夏は古着を取り入れた個性的なファッションに挑戦したい!」
「夏のコーデに古着をおしゃれに取り入れるコツを知りたい」
「アロハシャツが流行ってるけどコーデに取り入れるのは難しそう…」

夏もおしゃれに古着を着こなしたいけど、こんな風に悩んでいる人は少なくないようです。

この記事では、2019年のトレンドを押さえた古着のおすすめアイテムと、コーディネートを紹介します。

古着を使って、周りに差のつくおしゃれでハイセンスなコーディネートを楽しみましょう。

最新トレンドを取り入れられる夏の古着アイテム

メンズもレディースもレトロな柄物がアツい

レトロ柄物の古着

今年の夏はレトロな柄物がトレンドです。

古着だったら60~90年代のリアルなレトロアイテムがそろうのがうれしいですよね。

バリエーションも豊富なので、好きなものを選んでみましょう。

柄 半袖

柄物とバランスをとるシンプルなアイテムもマスト

白Tシャツ

レトロな柄物は着こなしを間違ってしまえば、古臭くなってしまったり、けばけばしい感じになってしまったりすることもあります。

そこで、おすすめなのがシンプルなアイテムと合わせてバランスを取ることです。

レトロな柄物が流行っているからこそ、無地の白Tシャツジーンズデニムスカートが大活躍すること間違いなしです。

無地 白 Tシャツ
デニム スカート

ビッグシルエットをゆるっと着こなすスタイルはまだまだ流行中

ビッグシルエット

近年流行りの、オーバーサイズやビッグシルエットのアイテムはまだまだ今年もトレンドです。

上下をオーバーサイズで着れば、90年代のストリート感溢れる着こなしができます。

ただ、今風に着こなすのであれば、上下どちらかをスリムなシルエットのアイテムにして、きれいめカジュアルに着こなすと良いでしょう。

また、上下ともにオーバーサイズにするのであれば、ベルトやタックインでメリハリをつけるコーディネートにすると今年のトレンドっぽいシルエットが作れますよ。

【メンズ】この夏の一押しコーディネート例

メンズは無地Tシャツなどのシンプルなインナーに、アロハシャツなどの柄物や、ミリタリーシャツなどの無骨なデザインの半袖シャツを合わせるのが定番になっています。

白シャツに落ち着いた色味のアロハシャツを合わせたコーデ

白シャツに落ち着いた色味のアロハシャツを合わせたコーデ

こちらは白無地のTシャツにオリーブっぽい落ち着いた色合いのハワイアンシャツ、そして王道のジーンズを合わせたスタイルです。

アロハシャツは、派手なイメージがあるかもしれませんが、このように色味が落ち着いたものであれば、派手ではないのに個性的なおしゃれな着こなしができます。

アロハ シャツ

白Tシャツに赤の小柄シャツを合わせたコーデ

白Tシャツに赤の小柄シャツを合わせたコーデ

こちらは、先ほどと同じく白無地Tシャツとジーンズに赤色ベースの小柄シャツを合わせたコーディネートです。

明るい色であっても、柄自体が細かいものであれば、タウンユースもしやすいのでおすすめです。

半袖 シャツ トップス 柄

シンプルTシャツに刺繍の入ったオープンカラーシャツを合わせたきれいめコーデ

シンプルTシャツに刺繍の入ったオープンカラーシャツを合わせたきれいめコーデ

刺繍の入ったオープンカラーシャツを合わせたきれいめコーデ全身

こちらは、うっすらと模様の入ったシンプルなTシャツに、刺繍が入ったグレーのオープンカラーシャツ、そしてきれいめなクロップドパンツを合わせたコーディネートです。

色合いが少なく、モノトーンを基調にしているため、程よく大人っぽいきれいめスタイルになっていますよね。

襟元が開いているオープンカラーシャツは、今年のトレンドアイテムの1つでもあります。

ボタン付きシャツは、ちょっとかっちりした印象がありますが、オープンカラーシャツならカジュアル感も出て、ゆるっと着られるのでおすすめです。

半袖 キューバ シャツ 刺繍 トップス

白シャツに薄黄色の長袖シャツを合わせた淡い色合いの大人カジュアルコーデ

白シャツに薄黄色の長袖シャツを合わせた淡い色合いの大人カジュアルコーデ

白シャツに薄黄色の長袖シャツを合わせた全身コーデ

こちらは、白無地の半袖シャツに、淡い黄色のシャツを羽織った大人カジュアルなコーディネートです。

最近は電車やショッピングモールの中も冷房が効きすぎていて、寒いと感じる男性も多くなっています。だからと言って、あからさまな防寒着っぽいのを着るのもかっこ悪いかも、と躊躇してしまう人も多いようです。

そこで、写真のように長袖のシャツをさらっと羽織るスタイルがおすすめです。

写真のように薄い色であれば、夏でも涼しげに着こなせますよ。

夏場に長袖とロング丈のパンツだといかにも暑苦しくなってしまいますが、足元は短パンと靴下・スニーカーですっきりとしてバランスを取っています。

長袖シャツは1枚持っておくと、冬のインナーから夏の羽織りものとして1年中大活躍するのでおすすめですよ。

長袖 シャツ

黒のTシャツにミリタリーシャツを合わせた無骨なコーディネート

黒のTシャツにミリタリーシャツを合わせた無骨なコーディネート

黒のTシャツにミリタリーシャツとチノパンを合わせたスタイルです。

ここまで紹介していたコーディネートは、白シャツでさわやかなきれいめスタイルが多かったですが、トーンを落とすと男らしいコーディネートに仕上がります。

同じアウターであっても、インナーを白色にすれば少しきれいめにもできますし、黒色なら力強く無骨な印象を与えることができます。

ミリタリーファッションはちょっときつくなりそうで挑戦しにくいという人も、夏の半袖ミリタリーシャツであれば、比較的爽やかに着こなすことができるのでおすすめです。

ミリタリー シャツ 半袖 トップス

【レディース】この夏の一押しコーディネート例

メンズでは、シンプルなインナーTシャツに柄シャツを使うコーディネートをおすすめしましたが、レディースも柄物が大流行中です。

また、今年流行のえり抜き(シャツの襟を後ろにずらすスタイル)は、夏にもどんどん取り入れていくのがおすすめです。

柄物というとちょっと派手になりすぎて目立ちすぎるのではないか、と不安に思っている女子も多いかもしれませんが、ここでは、柄シャツもさらっと着こなしているコーディネートをご紹介します。

サマーニットにピンクのアロハシャツでガーリーコーデ

サマーニットにピンクのアロハシャツでガーリーコーデ

こちらはデコルテがきれいに開いたサマーニットに、淡いピンク色のアロハシャツを羽織ったガーリーなコーディネートです。

アロハシャツというと、元気でカジュアルな印象を持ちやすいですが、このように上品なアイテムと合わせて着ることでこんなに可愛らしい印象になります。

今年っぽく着るなら、アロハシャツも襟抜きはマストです。

きっちりと着てしまうのではなく、襟を少し後ろに崩して着ることでゆるっと今年のトレンド感を出すことができますよ。

ハワイアン シャツ レディース

サマーニットにオレンジ系アロハシャツで元気女子コーデ

サマーニットにオレンジ系アロハシャツで元気女子コーデ

こちらは先ほどのコーディネートからアロハシャツだけ変えたコーディネートです。

1枚違うだけでかなり印象が変わりますよね。

オレンジ系は元気な印象もありますが、サマーニットと合わせることで、おしとやかな女性らしさと元気な印象がミックスされています。

大ぶりのタッセルイヤリングも、大人っぽいアイテムなのでバランスをとるのに便利なアイテムですよ。

レトロな小柄シャツとシンプルなデニムスカートで上品なカジュアルコーデ

レトロな小柄シャツとシンプルなデニムスカートで上品なカジュアルコーデ

小さな柄が散りばめられたレトロなシャツと、シンプルなデニムスカートを合わせたコーディネートです。

写真のシャツのような大きい襟は、70年代に流行ったということもあり、クラシカルでレトロな雰囲気を出すことが出来ます。

柄シャツは難しいかもと思っている人も、小柄であれば着こなしも簡単ですよ。

柄 半袖 シャツ レディース

ブルー系のペイズリー柄シャツをデニムスカートに合わせたまとまりあるコーディネート

ブルー系のペイズリー柄シャツをデニムスカートに合わせたまとまりあるコーディネート

こちらはブルー系のペイズリー柄シャツを先ほどと同じデニムスカートに合わせたコーディネートです。

大き目の柄が入ったシャツであっても、このような色数が少ないアイテムであれば着こなしも簡単です。

更に同系色のスカートを合わせることで、ワンピースのようなまとまりがあるコーディネートに仕上がっています。

デニム スカート

ロングのデニムスカートにビッグロゴTをタックインしたスポーツミックスコーデ

ロングのデニムスカートにビッグロゴTをタックインしたスポーツミックスコーデ

柄シャツと相性のいいシンプルなデニムスカートは、ビッグロゴTシャツやバンドTシャツとも相性がばっちりです。

スポーティなアイテムを使うときは、ガーリーなアイテムを使うことで、ゆるっとかわいく着こなせることが出来ます。

中でも、写真で使われているようなレース襟のインナーはスポーティアイテムで一気におしゃれになってしまうのでおすすめです。

レース シャツ レディース トップス

総柄ワンピースでレトロモード全開のコーディネート

総柄ワンピースでレトロモード全開のコーディネート

こちらは、花柄のワンピースを使った、レトロモード全開のコーディネートです。

難しいと思われがちな柄物アイテムですが、ワンピースであれば1枚で統一感が出せるので意外と簡単に着こなすことが出来るのです。

首元には先ほども紹介したレースブラウスを着用しています。

ワンピース 花

まとめ

いかがでしょうか?

今年の夏はレトロな柄物のアイテムを、シンプルアイテムと合わせるスタイルが流行っています。

柄物アイテムは何点か持っていれば、雰囲気の違うコーディネートが何通りもできて楽しいですよね。

是非、この夏のファッションを古着で楽しんでみてください。

古着通販のRUSHOUTでは、アメリカから仕入れた古着が2万点以上掲載されています。

卸売業者は使わず、当店のスタッフが1点ずつ厳選しているので、質のいいアイテムが他よりも安く購入できるのが特徴です。

是非、夏の古着を購入する際はRUSHOUTをご利用くださいね。

大人女子が古着をおしゃれに着こなすには?コツとアイテムを紹介

レトロでかわいい服が、安く手に入る古着は、若い人たちに大人気ですよね。

それもあって、古着は子供っぽいとイメージを持っている人も多いかもしれません。

しかし、古着は選ぶアイテムや着こなしによっては、20代後半からの大人女子にこそピッタリなファッションになります。

この記事では、大人女子が古着をファッションに取り入れるときのコツ、おすすめアイテムと参考になるインスタグラマーを紹介します。

大人女子が古着を取り入れる3つのコツ

古着を大人っぽく上品かつ、かわいく取り入れるには以下のコツを押さえておきましょう。

  1. メリハリのあるコーディネートにする
  2. 古着以外も取り入れる
  3. アクセサリーや小物で大人っぽさを出す

(1)きれいめミックスでメリハリのあるコーディネートにする

古着には、カジュアルでかわいいものから大人っぽい上質なものまで幅広いテイストのものがあります。

だからこそ、古着を大人可愛く着るのであれば、メリハリのあるコーディネートを心がけましょう。

例えば、

  • カジュアルなスウェットには大人っぽいタイトスカート
  • 大人っぽいレトロワンピースにはスポーティなスニーカー
  • ユルっと履けるワイドなジーンズには透け感のあるブラウスをタックイン
  • 派手な柄物のスカートには無地の白Tシャツ

といったように、カジュアルなアイテムにはきれいめなアイテムを合わせて、バランスを取りましょう。

また、古着ファッションは、オーバーサイズのアイテムが人気ですが、上下オーバーサイズでそろえてしまうと、だらしなく見えてしまうことも…。

上下どちらかをオーバーサイズにするのであれば、片方はタイトなサイズ感にするか、タックインをすることでメリハリのあるシルエットを作るようにしましょう。

(2)古着以外も取り入れる

先述の通り、大人女子が古着をファッションに取り入れるのであれば、メリハリが重要です。

そこでおすすめなのは、古着以外のアイテムも積極的に取り入れて、古着は部分的に使うというスタイルです。

特に、シンプルなアイテムは、GUやユニクロといったプチプラショップで手に入れているおしゃれさんも多いですよ。

個性的なおしゃれは、古着で出しつつ、それを生かすためのシンプルなアイテムは臨機応変に古着以外で見つけるのがおすすめです。

(3)アクセサリーや小物で大人っぽさを出す

大人っぽいアクセサリー

スポーツミックスやストリート風のコーディネートだと、ボーイッシュになりすぎてしまったり、子供っぽくなりすぎてしまったりすることもありますよね。

そこでおすすめなのが、アクセサリーや小物で大人っぽさを出す方法です。

  • 大ぶりのイヤリング・ピアス
  • 華奢な腕時計やリング
  • シンプルなヒールパンプス

上記のようなアイテムがあれば、どんなファッションも一段階大人っぽい印象になりますよ。

大人女子におすすめの古着アイテム6選

(1)ヴィンテージブラウス

ヴィンテージブラウス大人女子のアメカジコーデ

ヴィンテージブラウスは、大人ぽっさや女性らしさを出すのに便利なアイテムです。

現行の商品では再現できないような細かいレースも、安く手に入れられるのが古着のいいところといえます。

ヴィンテージブラウスは、大人っぽいタイトスカートなどと合わせれば、クラシカルな大人女子スタイルになれます。

また、スポーティアイテムやジーンズと合わせてれば、子供っぽくなりすぎない垢抜けファッションが簡単に作れますよ。

(2)ヴィンテージTシャツ

ヴィンテージのハードロックTシャツ

ハードロックTシャツの大人コーデ

大人女子が着るのであれば、かわいすぎずかっこいい風合いのあるヴィンテージTシャツがおすすめ。

特に人気があるのは下記の商品。

  • アディダス・チャンピオンなどのスポーツブランドのロゴTシャツ
  • ハードロックカフェや大学のロゴが入ったTシャツ
  • バンドTシャツ

20代前半までは、ジーンズにスニーカーで合わせていたこんなTシャツも、スカートにパンプスと合わせれば、一気に大人っぽい着こなしが出来ますよ。

ビンテージTシャツ

ビンテージ Tシャツ

(3)マキシスカート

デニムのマキシスカート

大人女子のマキシスカートコーデ

ひざが隠れるマキシ丈のロングスカートは、大人っぽい着こなしがしやすい古着アイテムの一つ。

タイトなシルエットでも、歩けばふんわりと広がるタイプのアイテムでも、大人っぽくコーディネートすることが出来ます。

マキシ スカート

(4)レトロ花柄のスカート

レトロ花柄スカート
レトロ花柄スカートのコーデ

今年流行のレトロな花柄のスカートは、大人女子にも着やすい古着です。

スカートを派手めにするのであれば、足首やデコルテを見せることで垢抜けたファッションを作りましょう。

トップスは、シンプルなブラウスを肩から後ろにずらす襟抜きをして、足元にパンプスを履けば一気に大人っぽいアイテムになりますよ。

花 スカート

(5)レトロ柄のワンピース

レトロワンピース

レトロワンピースコーデ


レトロなワンピースも、大人女子が着こなしやすい古着アイテムです。

色は派手なものよりも、くすんだ色や渋めのカラーを選択しましょう。

上には織物をするのであれば、かっこいいレザージャケットやデニムジャケットなどで、甘辛ミックスコーディネートを作るといいでしょう。

花 ワンピース

(6)ゆるいシルエットのアウター

大人女子に人気の古着のMA-1
MA-1のコーデ例

秋冬のアウターは、ビッグシルエットのアイテムをユルっと着るのがおすすめです。

中でも写真にあるMA-1と呼ばれるミリタリージャケットが、トレンドのアイテムとなっています。

丈が短く、裾がきゅっと絞ったようなシルエットになっているので、マキシスカートやワンピースとの相性もばっちりですよ。

MA-1

レディースの古着アウター

レディース アウター

大人女子の古着コーディネートが見れるインスタグラム

みいさん(@_nemuimui_) きれいめコーデが多い

みいさんは、フォロワー6万人越えの古着好きには人気のあるインスタグラマーです。

古着女子の中でも、モノトーンのアイテムやブラウス・ワンピースといったきれいめなアイテムを使ったコーディネートを多く載せています。

Suro(@suro.vintage) リラックスとカジュアルがテーマのスナップ

Suroさんは、アメリカ・ヨーロッパ古着を取り扱っているオンラインショップが運営しているインスタグラムです。

アディダスやナイキといったスポーツブランドや、ラルフローレンやトミーヒルフィガーといったアメカジブランドを使ったユルいけど大人っぽいコーディネートが多く載せられています。

これから古着アイテムを買う人はもちろん、もうすでに古着アイテムを持っているけど、大人っぽく着こなしたいという人が参考にしやすいアカウントですよ。

まとめ

いかがでしょうか?

古着は若い人だけではなく、大人女子にも似合うアイテムがたくさんあります。

是非、着こなしを変えながら古着を楽しんでみてくださいね。

古着通販のRUSHOUTでは、常時2万点を超えるアメリカ古着が掲載されています。

大人女子のみなさん、古着を購入する際は是非RUSHOUTをご利用くださいね。

古着のポロシャツ着こなしコーディネート|メンズもレディースも1枚でこなれ感が出せる

古着ポロシャツ

ポロシャツは、機能的でコーディネート次第でいろんな雰囲気に着回せるため、夏には欠かせないアイテムと言ってもいいでしょう。

古着のポロシャツであれば、個性豊かなアイテムが揃っているため、フォーマル過ぎず、スポーティ過ぎないカジュアルなコーディネートを作ることができます。

さらに、最近はビッグシルエットのポロシャツがトレンドですが、アメリカの古着であれば男性もビッグシルエットに着こなせる大きめサイズが豊富に揃っているのも嬉しいポイントです。

この記事では、古着ポロシャツのコーディネートと着こなし方のポイントをお伝えします。

ポロ シャツ

レディースの古着ポロシャツコーディネート

まずは、レディースの古着ポロシャツのコーディネート例です。

レディースの古着ポロシャツは、ボーイッシュにもガーリーにも着回すことができます。

白ポロをジーンズにタックインして王道ボーイッシュコーデ

古着白ポロコーデ

胸にキャラクターのワッペンがついた、古着の白ポロシャツをケミカルウォッシュのジーンズにタックインしたコーディネートです。

誰でもポロシャツをおしゃれに着こなすことができる定番の着こなし方と言っていいでしょう。

ポイントとして、ポロシャツもジーンズもタイト過ぎない大きめのサイズのアイテムを選び、タックインした上からベルトで締めることでゆるさがありながら、メリハリのあるコーディネートに仕上がっています。

ポロシャツのワッペンに使われている赤色をベルトにも持ってくることで、ごちゃごちゃし過ぎずにまとまりも出ています。

白ポロシャツも、ケミカルウォッシュのジーンズも他にも着回しがききやすいので1枚ずつ持っておくと便利ですよ。

ケミカルウォッシュ ジーンズ

カラーポロシャツに変えたコーデ例

同じようなコーディネートは、もちろんカラーのポロシャツでも応用をきかせることができます。

古着ポロシャツカラーコーデ古着ポロシャツ カラーコーデ

大きい襟のポロシャツをワンピースに合わせてレトロガーリーコーデ

古着ポロシャツコーデ ワンピース

ワンピースと古着ポロシャツのコーデ

襟が大きめの赤い古着ポロシャツに、ワンピースを合わせたガーリーなコーディネートです。

カラーのポロシャツには元気な印象がありますが、このような上品さがあるワンピースを合わせることできれいめなコーディネートを作ることができます。

また、このように古着ポロシャツをきれいめに着こなしたいのであれば、襟が大きめのアイテムを選ぶのがオススメです。

襟が大きめのポロシャツは70年代に多く、華やかさがありながら上品で女性らしい印象があるため、きれいな着こなしにぴったりです。

さらに、大きめの襟は小顔に見せる効果もあるので、女子には嬉しい便利なアイテムです。

赤いポロシャツをキュロットに合わせてアメカジ女子コーデ

古着ポロシャツコーデ レディース古着ポロシャツとキュロットのコーデ

ポロシャツとジーンズだけだと、ボーイッシュに仕上がりますが、女性らしい深みのある赤色ポロシャツとふんわりとしたキュロットを合わせることで、ボーイッシュすぎないアメカジコーデを作った例です。

より元気でボーイッシュな印象にするなら、スニーカーやキャップを合わせてみると良いでしょう。

逆に女性らしさを出すのであれば、ゴールドのアクセサリーや丸みのある革靴などをあえて合わせることで印象を変えることができますよ。

その他の女性らしく見せるカラーポロシャツのコーデ例

古着のシャーベットカラーポロシャツコーデ

先ほどのような赤いポロシャツの他にも、このようなシャーベットカラーも女性らしさが出せるのでオススメです。

メンズのオーバーサイズ感も、女子が着ればゆるっと可愛く着こなせますよ。

ボーダーポロシャツをノースリーブTシャツに合わせた個性派コーデ

古着ポロシャツの個性派コーデ古着ポロシャツの個性派コーデ

白と黄色のラガーシャツ風ポロシャツに、ストリート系ノースリーブTシャツを重ねてタイトスカートにタックインした個性的なコーディネートです。

他の人と被らない個性的なファッションに仕上げたいのであれば、ポロシャツにベストやノースリーブTシャツを合わせると、定番のタックインスタイルにエッジをきかせることができます。

このように夏であっても、プラスで重ね着ができるアイテムがあるとコーディネートもワンパターンになることはなく、いろんな着回しを楽しむことができますよ。

メンズの古着ポロシャツコーディネート

メンズのポロシャツは、ストリート系のカジュアルファッションを作るのにとても便利なアイテムとなります。

古着のポロシャツをダサくしないための、選び方と着こなし方をお伝えします。

プレッピーなカラーポロシャツのスポーティコーデ

古着ポロシャツのプレッピーコーデ

アメリカの学生が着るような紺色と赤色を使った、プレッピーテイストのストライプポロシャツに、ストレートジーンズを合わせたコーディネートです。

ポロシャツはジャストサイズを選び、ジーンズもストレートでジャストサイズを選んでいるため、正統派でスポーティな印象となります。

ポロシャツはもともとスポーツ用に開発されたアイテムなので、スポーティな印象は与えやすいですが、このように落ち着いた色合いのポロシャツであれば、ユニフォーム感もなく、カジュアルに着こなすことができるでしょう。

オーバーサイズのポロシャツを主役にする90年代コーデ

古着ポロシャツの90sコーデ

今っぽく着るのであれば、オーバーサイズがオススメ。

90年代ファッションのリバイバルブームがまだまだアツいので、90年代にも流行っていたオーバーサイズを着こなしましょう。

男性でも肩が落ちるくらいのオーバーサイズが選べるのは、アメリカの古着ならではでしょう。

思いっきりオーバーサイズのポロシャツを選べば、ポロシャツ1枚だけで主役級になるので、シンプルなジーンズと合わせるだけでおしゃれ感が出せますよ。

再熱!90年代メンズファッションの特徴・ブランド・アイテムまとめ

ボトムスもビッグシルエットにすればさらに個性的なコーディネートに

古着ポロシャツ90sコーデ

オーバーサイズのポロシャツなら、ボトムスはシンプルでも良いと先述しましたが、あえてボトムスもビッグシルエットにすればさらに個性的な印象になります。

ゆるっとカジュアルな印象になるので、あえてカッチリとした印象の革靴を合わせてみても良いでしょう。

オーバーサイズ白ポロシャツをチェックパンツに合わせたアメカジコーデ

古着ポロシャツ個性派コーデ

こちらもオーバーサイズの古着ポロシャツを使ったアメカジのコーディネート例です。

シンプルな白ポロシャツなので、ボトムスに色鮮やかなチェックパンツを合わせることで、シンプルさと華やかさのバランスが取れています。

白ポロシャツは、いろんな着回しができるので、このように他のアイテムで思いき遊んでみるのがオススメです。

ストライプの長袖ポロシャツにワイドなハーフパンツを合わせたストリート系コーデ

古着ポロシャツストリートコーデ

長袖のストライプポロシャツにラフな黒色ハーフパンツを合わせたストリート系のコーディネートです。

生地が薄くて汗をすぐに乾かすという特性上、さらっと着られるポロシャツは、長袖であっても夏に着ることができます。

ただし、夏に長袖を着ると、着こなし次第で暑苦しい印象になってしまいがちです。

そこで、ラフな印象のあるハーフパンツを合わせることで、涼しく快適で見た目にもストリートらしいコーディネートを作ることができます。

ストライプの長袖ポロシャツはタックインしてメリハリを出すのも良い

古着ポロシャツメリハリコーデ

先ほどと同じく、ストライプの長袖ポロシャツのコーデ例です。

同じように、暑苦しく見えてしまうかもしれないので、ボトムスにタックインしてメリハリを出すことで、爽やかな印象に着こなすことができます。

まとめ

古着のポロシャツは、機能性が高く、個性豊かなものが多いので、夏のカジュアルファッションに欠かせないアイテムの1つです。

ぜひ、ポロシャツを着こなして快適でおしゃれに過ごしてみてくださいね。

古着ポロシャツの一覧

ポロ シャツ メンズ

古着通販のRUSHOUTでは、スタッフがアメリカで厳選して買い付けを行った古着を常時2万点以上取り揃えています。

古着のポロシャツを購入する際は、ぜひRUSH OUTをご利用ください。

カジュアルなメンズシャツで人気の18種類|背景・生地・柄で分類

おしゃれなシャツが欲しいけど、シャツって色んな名前があってどういう違いがあるのか分からない。

おしゃれ初心者の人たちはもちろんのこと、おしゃれが好きな人でもこのようにシャツの種類について理解できていない人は多いようです。

この記事では、カジュアルなシーンで使われるメンズシャツの中でも、人気の18種類について説明します。

カジュアルシャツとは

カジュアルシャツとは、スーツのときに着用するワイシャツではなく、プライベートで着るラフなシャツのことを言います。

具体的には、ビジネスで着られるワイシャツと以下のような相違点があります。

  • 襟に芯が入っていない
  • 襟の形が違う
  • 襟がない
  • 生地が違う
  • ビジネスでは使えないような柄がある

また、アパレルの歴史を振り返って見ると、スポーツ用や軍隊用に開発されたシャツが、カジュアルシャツとして一般人にも着られるようになったという場合もあります。

どんな雰囲気になりたいかであなたに最適なカジュアルシャツの種類は変わる

カジュアルなシャツの種類

今回ご紹介する18種類のシャツを、目指す雰囲気と季節ごとに分けました。

シャツは、季節感を出せる物から1年中着まわせるものまで幅広くあります。

また、きれいめなものから、カジュアルで個性的なアイテムまであるので、その日の気分やシーンによって使い分けることもできます。

是非、自分が欲しいイメージならどんな種類のシャツが最適なのかを知る参考にしてみてくださいね。

【襟の形別】カジュアルなメンズシャツの種類

オープンカラーシャツ

オープンカラーシャツ

オープンカラーシャツとは、その名の通り襟 (カラー )が開いた シャツのことをいいます。

首元までボタンのあるシャツとは違い、首元がV字に開けるので、涼し気でカジュアルな印象となります。

ボタンダウンシャツ

ボタンダウンシャツ

襟の先端をボタンがあるシャツのことを、ボタンダウンシャツと言います。

スーツの下に着るYシャツにも、ボタンダウンシャツはありますが、基本的にはカジュアルスタイル用のシャツとなります。

ノーカラーシャツ

ノーカラーシャツ

ノーカラーシャツとは、その名の通り、襟なしのシャツのことをいい、カジュアルで涼し気な印象を持たれます。

インナーとしてはもちろんのこと、アウターとして羽織るにもぴったりのシャツです。

ノーカラー シャツ

【生地別】カジュアルなメンズシャツの種類

フランネルシャツ


フランネルシャツ

フランネルシャツとは、織物のシャツのことをいい、ネルシャツと呼ばれることもあります。

アメカジでは、フランネルシャツといえばチェック柄が代表的ですが、様々な柄や無地のフランネルシャツがあります。

ウールやコットンが使われることが多く、柔らかくて暖かい素材なので、秋冬に大活躍します。

フランネル シャツ メンズ

デニムシャツ

デニムシャツ

デニムシャツは、ジーンズに使われる厚手の綾織の生地をつかったシャツのことを言います。

デニムシャツは厚みがあるのが特徴です。

そして、ダンガリーシャツと呼ばれているものも、実はデニムシャツの1つです。

ダンガリーシャツは縦糸が白色、横糸に色付きの糸を使って綾織りした生地ですが、デニムはその反対で縦糸が色付き、横糸が白色という違いがあります。

デニム シャツ メンズ


シャンブレーシャツ

シャンブレーシャツ

デニムシャツ・ダンガリーシャツとよく比較されるシャンブレーシャツですが、シャンブレーシャツは生地が薄いのが特徴です。

シャンブレーとは、デニムと同じく縦糸が色付き、横糸が白色を使っていますが、平織りという方法で織っています。

薄いということもあって、さらっと着こなせます。

シャンブレー シャツ メンズ

リネンシャツ

リネンシャツ

リネンシャツは、麻を使ったシャツのことを言います。

麻は天然繊維のためナチュラルな風合いを持ち合わせており、品の良さを加えつつも、リラックス感のあるコーディネートを作ることが出来ます。

リネン シャツ

【生まれた背景別】カジュアルなメンズシャツの種類

ワークシャツ

ワークシャツ

ワークシャツとは、もともと作業服用に使われていたシャツや、作業服をモチーフにしたシャツのことを言います。

元々は、アメリカで鉱山開拓をする人や工場で働くために作られたということもあり、両胸にポケットがあるなど機能性が高いことが特徴です。

また、生地には丈夫なデニムやコットンが使われていることが多いです。

ワーク シャツ メンズ

ミリタリーシャツ

ミリタリーシャツ

ミリタリーシャツとは、軍服として着用されていたシャツのことです。

長袖、半袖共にあり、一年を通して着やすいアイテムです。

両胸のポケットや丈夫な生地が使われている点で、ワークシャツと違い見た目をしていますが、ミリタリー服らしい刺繍やワッペンがついていることが多く、ワークシャツより個性的な印象があります。

ミリタリー シャツ トップス

ハワイアンシャツ

ハワイアンシャツ

アロハシャツ・ハワイアンシャツと呼ばれているハワイ生まれのシャツです。

カラフルな色と柄、柔らかくサラリとした肌触りの半袖のシャツなので、1枚持っておけば夏に大活躍します。

もともとは、ハワイのお土産としてリゾート地で着られることが多かったアロハシャツですが、古着ならレトロな風合いもあってタウンユースにぴったりです。

古着のアロハシャツで人気のブランド・柄|こなれ感を出せるコーデ例

ハワイアン シャツ メンズ

ウエスタンシャツ

ウエスタンシャツ

ウエスタンシャツは、アメリカ西部で生まれたカウボーイたちのためのシャツです。カウボーイシャツと呼ばれることもあります。

両胸にフラップポケットがあること、肩・背中上部にあるヨークと呼ばれる切り替えがあること、スナップボタンが特徴です。

ウエスタン シャツ メンズ

ラガーシャツ

ラガーシャツ

ラガーとは、ラグビーの俗称で、ラグビーのユニフォームで用いられるシャツのことをいいます。

ぶつかり合う激しいラグビーでも破れない丈夫で肉厚な素材が使われています。

ラガー シャツ メンズ

ベースボールシャツ

ベースボールシャツ

名前の通り、野球のユニフォームまたはユニフォームをモチーフにしたシャツです。

前が開くシャツですが、襟が無く、V字を描いく襟元になっています。

刺繍やラインなどで装飾されていることも多いため、個性を出すことが出来ます。

ベースボール シャツ トップス

柄で変わるカジュアルなメンズシャツの種類

チェックシャツ

チェックシャツ

カジュアルシャツの定番なのが、チェックシャツでしょう。

フランネルシャツが多いですが、麻素材やプリントシャツもあるので、すべてがフランネルシャツであるわけではありません。

チェック シャツ メンズ

無地シャツ

無地シャツ

カジュアルシャツも、無地シャツは多くあります。

ビジネスっぽくなってしまうのを避けたいのであれば、色付きの無地シャツや遊び心ある色付きボタンがついた無地シャツがいいでしょう。

無地 シャツ トップス

柄シャツ

柄シャツ

柄シャツといっても、その柄は様々です。

  • 花柄
  • ペイズリー柄
  • 民族柄
  • 動物柄 など

個性豊かで、印象的な柄シャツが多いですが、モノトーンの柄シャツであれば、おしゃれ初心者も着こなしやすいです。

古着の柄シャツの選び方と着こなし方|古着初心者もこなれ感が出せる

ストライプシャツ

ストライプシャツ

ストライプシャツも、カジュアルシャツで人気のある柄です。

ストライプの幅が狭ければきれいめな印象となり、太ければよりカジュアルな印象を与えます。

ストライプ柄を身に着けることで、体の縦のラインを強調するのでスタイルが良く見える効果もあります。

ストライプ シャツ トップス

まとめ

いかがでしょうか?

カジュアルファッションのメンズシャツには様々な種類があるので、あなたにきっと似合う種類が見つかるかと思います。


カジュアルシャツは、アメカジと呼ばれるアメリカ生まれのファッションが中心となっています。

アメリカ古着のシャツであれば、本場アメリカのこなれ感を出せるのでオススメです。

RUSHOUTでは、アメリカで買い付けを行った古着を常時2万点以上取り揃えております。

ぜひ、メンズシャツをご購入の際はRUSHOUTをご利用くださいね。

長袖シャツを見る

長袖 シャツ メンズ

半袖シャツを見る

半袖 シャツ メンズ

【アメリカ古着】シャツの人気ブランド6選|アメカジ系からきれいめまで

ブランドの古着シャツ

ヴィンテージ古着のシャツは、さらっと羽織るだけでも、独特で個性的な雰囲気が出せるので、おしゃれを楽しみたいなら1枚は持っておきたいアイテムですよね。

その一方で、着こなし方や選び方を間違えれば、古臭い・ダサいといわれてしまうこともあるようです。

「古着のシャツをおしゃれに着こなしたいけど、どれを選べばいいのか分からない。」

「古着のシャツで間違いないブランドが知りたい。」

そんな悩みを抱えている人のために、この記事では、アメリカへ定期的に足を運び、常時2万点の古着を仕入れているRUSH OUTがおすすめする、ヴィンテージ古着シャツで人気のあるブランドをご紹介します。

アメリカ古着のシャツが持つ特徴

古着屋に売っている古着の多くは、海外から輸入されたインポート古着です。

そのインポート古着は、大きく分けて「アメリカ古着」と「ヨーロッパ古着」があります。

その中でも今回ご紹介するアメリカ古着のシャツには、以下のような特徴があります。

  • 生地が厚めで頑丈
  • シルエットにゆとりがある
  • カジュアルなデザインのものが多い
  • スポーツウェアやアウトドアブランドの機能性が高いものが多い

イタリアなどを始めとするヨーロッパ系アパレルであれば、シャツといえば、細身でフォーマルなアイテムが多いですが、アメリカ古着のシャツはカジュアルな普段のおしゃれ着として着こなすことが出来ます。

⇒ アメリカ古着とヨーロッパ古着の違い | アメリカ古着は安くて丈夫

アメリカ古着のシャツで人気があるブランド6選

今回ご紹介するブランドは、実際に当社RUSH OUTでも実際によく売れている、以下の6つです。

  • ラルフローレン
  • トミーヒルフィガー
  • ノーティカ
  • ブルックスブラザーズ
  • カーハート
  • エルエルビーン

古着の長袖ブランドシャツ

長袖 シャツ ラルフローレン メンズ

「ラルフローレン」小さい襟が上品で年齢問わず人気の定番ブランド

ラルフローレンの古着シャツ

アメリカ古着を語る上で外せないほど定番のラルフローレンは、1968年にアメリカで生まれたブランドです。

ラルフローレンは、イギリスの伝統的なファッションをアメリカ流にアレンジした、いわゆるアメリカントラッド~アメリカンカジュアルを軸としています。

高級ブランドというわけではありませんが、その品質とデザインの良さから全世界、年代を問わずに長年人気があります。

そんなラルフローレンのシャツは、デザインのバリエーションが豊富であることと、どのシャツにおいても「小さめの襟」と「ゆとりのあるシルエット」が特徴です。

この小さい襟は上品な印象を持たせますが、シルエットにはゆとりがあるため、動きやすさもしっかり兼ね揃えています。

デザインにおけるバリエーションの豊富さは、ラルフローレンが様々なコンセプトを持っているラインを数多く展開していることもその理由の一つです。

  • ポロカントリー
  • ポロスポーツ
  • RRL
  • チャップス など

一見別のブランドに見える上記のブランドも、すべてラルフローレンのラインのブランドです。

ラインによってロゴの雰囲気が違ったり、スポーティなテイストが強く出ていたりと選べる種類が豊富なので、お気に入りのラルフローレンシャツを見つけてみてはいかがでしょうか。

⇒ アメリカ古着の大定番ラルフローレンとは?その魅力とおすすめ商品

⇒  古着のラルフローレンの商品一覧はこちら

トップス ラルフローレン シャツ

「トミーヒルフィガー」癖のないフレッピースタイルで着こなしやすい

トミーヒルフィガーの古着シャツ

トミーヒルフィガーは、1985年にアメリカで創業し、クラシックなアメリカンスタイルで一世を風靡したブランドです。

トミーヒルフィガーは、ロゴにもなっている白・赤・ネイビーのトリコカラーとともに、アメリカの優秀な学生を彷彿させるプレッピーなデザインを取り入れられていることが魅力の一つです。

シンプルなデザインのシャツから、派手すぎない色合いのデザイン性の高いカジュアルなデザインのシャツまで、バリエーションが豊富ですが、どのデザインにおいても、癖がないため、シンプルに着こなすことが出来ます。

⇒  古着のトミーヒルフィガーの商品一覧はこちら

トミーヒルフィガー トップス シャツ メンズ

「ノーティカ」日本では古着でしか買えない個性派クラシックシャツ

ノーティカの古着シャツ

ノーティカは、1983年ニューヨークで生まれた上品なスポーツウェアを得意とするブランドです。

90年代のストリート・ヒップホップの界隈では、先述のラルフローレンやトミーヒルフィガーと並び大流行していました。

日本でも人気のあるブランドでしたが、2008年に日本から撤退しているため、残念ながら新品を買うことができなくなっています。

そこで古着のノーティカが注目を浴びています。

クラシックなデザインが欲しいけど、定番のラルフローレンやトミーヒルフィガーよりも、人と被らない個性的なものが欲しいという人におすすめです。

ノーティカはクラシックなデザインはもちろんのこと、スポーツウェアブランドということもあって素材にもこだわり、動きやすさや着やすさを追求した商品展開をしています。

⇒  古着のノーティカの商品一覧はこちら

ノーティカ トップス シャツ メンズ

「ブルックスブラザーズ」フォーマルなクラシックテイストだからきれいめに着こなせる

ブルックスブラザーズの古着シャツ

ブルックスブラザーズは、1818年にニューヨークで設立された、200年の歴史を持つ老舗中の老舗ブランドです。

アメトラスタイルを作った世界最古の紳士服ブランドとも言われており、アメリカ古着の歴史はブルックスブラザーズなしでは語れないほどです。

そんなブルックスブラザーズのシャツは、先述したラルフローレン・トミーヒルフィガー・ノーティカよりも、さらにフォーマルでクラシックなデザインを求める人におすすめです。

ブルックスブラザーズのシャツでおすすめなのは、ボタンダウンシャツと呼ばれる襟の先にボタンがついたタイプのシャツです。

ジャケットの中のインナーとして着るのは定番ですが、Tシャツなどのカジュアルなアイテムの上からサラっと羽織るだけで、簡単にきれいめカジュアルのコーディネートが完成します。

⇒ ブルックスブラザーズの古着は大人かっこいい!定番アイテムと着こなし方

⇒  古着のブルックスブラザーズの商品一覧はこちら

ブルックスブラザーズ シャツ メンズ

「カーハート」男らしいシルエットの実用的で丈夫なシャツ

カーハートの古着シャツ

カーハートは、1889年にデトロイトの労働者に向けたワークウェアブランドとしてスタートしたブランド。

それまでは、ワークウェアといえば機能性ばかりが重視されていましたが、そこに初めてファッション性を重視し始めたブランドであり、現在もメンズ古着のブランドとして多くの指示を得ています。

カーハートはワークウェアブランドということもあり、実用性に優れた頑丈な仕上がりはもちろんですが、無骨で男らしい独特のルックスが特徴です。

カーハートのシャツも、ゆとりのあるシルエットで動きやすく、ボタンやポケットもごつごつとしたデザインとなっています。

また、最近では海外のセレブがカーハートを愛用しているということもあって、小さなロゴが胸元にあるだけでワンランク上のおしゃれコーデになります。

カーハートのシャツはこのように、ディティールにこだわった商品が多いので、1つ1つの細かいところを是非チェックしてみてくださいね。

⇒  古着のカーハートの商品一覧はこちら

カーハート トップス シャツ メンズ

「エルエルビーン」ナチュラルな雰囲気と丈夫さを併せ持つ

エルエルビーンの古着シャツ

L.L.Bean(エル・エル・ビーン)は、1912年にアメリカ生まれたクラシカルなアウトドアブランドです。

トートバッグやアウトドアウェアが人気商品ですが、シャツも長く作り続けられてきたアイテムのひとつです。

エルエルビーンのシャツは、アウトドアウェア特有の頑丈さがありながら、やわらかい風合いをまとえるのが特徴です。

生地もコットン100%を使った肌にも見た目にも優しく、丈夫なものが多いです。

上質できれいめにも着れるシャツでありながら、タウンユースはもちろんのこと、キャンプなどのちょっとしたアウトドアでも使えるので、1枚持っておけば着られるシーンはたくさんありそうです。

⇒  古着のエルエルビーンの商品一覧はこちら

エルエルビーン トップス シャツ メンズ

まとめ

カジュアルファッションに欠かせないシャツですが、古着であれば種類も豊富でベーシックなデザインから、個性的なアイテムまで幅広い商品の中から選ぶことが出来ます。

その中でも人気ブランドのシャツは、どんな時代にも着られるデザインと、長年着てもボロボロになりにくいしっかりとした品質を兼ね揃えています。

是非、人気ブランドの古着シャツを着こなしてみてくださいね。

古着のブランドシャツ

長袖 シャツ ラルフローレン メンズ

RUSH OUTは、常時2万点以上の古着を掲載しているアメリカ古着の専門店です。

ブランドの古着シャツを買うなら、是非RUSH OUTをご利用ください。

古着Tシャツを着こなすコツ | メリハリをもたせてワンランク上の着こなし

古着のTシャツの着こなし方とは?

古着屋さんには、いろんなデザインのTシャツがバリエーション豊かに取り揃えられていますよね。

古着Tシャツは夏のカジュアルアイテム定番ということもあって、古着好きな皆さんなら数枚は持ってるのではないでしょうか?

ただ、せっかくかわいい古着のTシャツなら、おしゃれに可愛く着こなしたいですよね。

この記事では、人気がある古着Tシャツのおしゃれな着こなし方をご紹介します。

人気の古着Tシャツ別おしゃれな着こなし方

古着のTシャツは、着こなしを一歩間違えれば休日の部屋着のようになってしまうアイテムです。

そこで、シルエットや合わせるアイテムにメリハリを持たせることで、女性らしさや個性を出しておしゃれに着こなしましょう。

ここでは、古着屋でも人気がある種類のTシャツの着こなし方をご紹介します。

  • ビッグロゴTシャツ
  • キャラクターTシャツ
  • バンドTシャツ
  • スポーツTシャツ
  • ビビッドカラーTシャツ

定番「ビッグロゴTシャツ」はレースと合わせて女性らしく

古着のビッグロゴTシャツの着こなし

定番のビッグロゴTシャツは、トレンドのレースと合わせることで女性らしさを出しましょう。

ビッグロゴTシャツといえば、リバイバル中の90年代風ストリートファッションの必須アイテムです。

ロゴが真ん中に大きく書かれたビッグロゴTシャツは、大き目のシルエットをブカっと着るのが定番ですが、女性らしいレースアイテムを合わせれば一味違うおしゃれな着こなしになります。

ビッグロゴTシャツは、生地がしっかりとしているものが多いのでギャップを狙うためにも、透け感のある素材のレースがよく合います。

ナイキ ロゴ Tシャツ メンズ

「キャラクターTシャツ」はタックインで主役にする

古着のキャラクターTシャツの着こなし

ディズニーやアメリカンコミックなどのキャラクターが書かれたTシャツも古着では大人気ですよね。

古着だからこそ出る生地のくたっとした感じや、色褪せがおしゃれです。

そんなキャラクターTシャツは、ボトムスにタックインすることで主役に持ってきましょう。

この時に合わせるボトムスには、柄物ではなく無地を使うことで、よりキャラクターTシャツを際立たせられることが出来ます。

ただ、シンプルすぎるボトムスではなく、形のデザインにこだわったボトムスであれば、さりげなくおしゃれで、ワンランク上の着こなしができますよ。

Tシャツ ディズニー メンズ

「バンドTシャツ」は柄物スカートと合わせて個性的に

古着のバンドTシャツの着こなし

バンドTシャツは、古着女子たちにとって夏の定番といっても過言ではないかもしれません。

黒地が多いバンドTシャツは、コーディネートが暗くなってしまいがちです。

そこで、ボトムスにはあえて柄物の古着スカートを持ってきて、個性的な印象にしましょう。

黒いバンドTシャツなら、明るすぎる柄スカートよりも落ち着いた色合いを選んだほうが全体にまとまりが出ます。

バンド Tシャツ メンズ
柄 スカート

「スポーツTシャツ」はきれいめ小物でバランスを取る

古着のスポーツTシャツの着こなし

さらっと着こなせて、夏に大活躍のスポーツTシャツは、きれいめなアイテムを一つ取り込むことでバランスを取りましょう。

このコーディネートの場合は、ヒールのあるサンダルを合わせることで女性らしさを出しています。

スポーツTシャツのコーディネートをすべてスポーティなアイテムでそろえてしまうと、まるで「部活帰り」になってしまいます。

スポーツTシャツを着るときこそ、女性らしさを出せるようにアクセサリーやバッグ、靴などでバランスを取るようにしましょう。

フットボール Tシャツ

「ビビッドカラーTシャツ」は派手なアイテムと合わせて夏らしく

古着のビビッドカラーTシャツの着こなし

ビビッドなカラーTシャツは、ボトムスにもビビッドカラーを合わせることで夏らしい、元気でさわやかなコーディネートが出来上がります。

町を歩いていても注目を浴びること間違いなしの、インパクト大のコーディネートです。

ビビッドカラーを取り入れると、子供っぽくなりすぎるので、ボトムスの丈はひざが隠れるミモレ丈を選びましょう。

ビビッドカラーのアイテムは、華やかすぎるので使いにくいと思われがちですが、シンプルなアイテムとも、ビビッドカラー同士とも相性が抜群なので夏に大活躍しますよ。

柄 スカート

まとめ

古着のTシャツは種類が豊富なので、何枚も欲しくなっちゃいますよね。

ただ、Tシャツの着こなしがいつも同じになってしまうという人は、今回ご紹介した着こなしを参考に、バリエーション豊かに着まわしてみてくださいね。

古着通販のRUSH OUTでは、常時2万点を超えるアメリカ古着を豊富に取り揃えており、中でも古着のTシャツの取扱数は国内トップレベルです。

スタッフがアメリカに足を運び、1点1点厳選して仕入れたTシャツを幅広く取りそろえています。

古着のTシャツを購入する際は、ぜひRUSH OUTをご利用くださいね。

古着のTシャツ一覧

Tシャツ メンズ

古着のアロハシャツで人気のブランド・柄|こなれ感を出せるコーデ例

古着のアロハシャツ
夏の古着として、アロハシャツ(ハワイアンシャツ)の人気が高まっています。

もともと、ハワイのお土産としてリゾート地で着られることが多かったアロハシャツシャツですが、古着ならレトロな風合いもあってタウンユースにぴったりです。

ぜひ、古着のアロハシャツで夏を快適に過ごしてみてくださいね。

古着のアロハシャツ(ハワイアンシャツ)

アロハ メンズ

古着のアロハシャツは本物品質

流行のアロハシャツは、ファストファッションのお店やセレクトショップでも手に入ります。

しかし、古着のアロハシャツは本場ハワイ製・アメリカ製が多く、本物の品質だから、現行で売っている物にはない「こなれ感」が出るのがポイントです。

古着のアロハシャツは、ハワイという常夏の土地で愛されていたということもあり、着心地は汗をかいてもサラっと乾くレーヨンや、洗濯しても縮みにくいコットンが使われていることが多いです。

高級なものだとより肌触りが滑らかなシルクを使っているものもあります。

さらに、本場のアロハシャツは生地だけではなく、ボタンはバンブー(竹)やココナッツ、シェル(貝殻)といった天然素材を使った物が使われていることも多いです。

このような本場ならではの本物品質だから、1枚羽織るだけでこなれ感が抜群のコーディネートが完成しやすいのです。

古着のアロハシャツで人気があるブランド

ジーンズやジャケットなどに人気のブランドがあるように、アロハシャツにも人気ブランドがあります。

アロハシャツは、ノーブランドでも可愛いデザインがたくさんありますが、「しっかりとした品質のブランドものが欲しい」という方は、以下のようなブランド名を覚えておきましょう。

  • リバティハウス
  • ぺニーズ
  • キロハナ
  • イオラニ
  • キヒキヒ
  • サーフライダー など

その他、アロハシャツ以外の古着で人気の「ラルフローレン」「マックレガー」などからも、アロハシャツが出ています。

ブランドものの古着のアロハシャツは人気のため、お気に入りを見つけたら売り切れる前にゲットしてしまいましょう。

タウンユースもできる古着アロハシャツの柄

アロハシャツといえば、派手だから目立ちすぎる印象をお持ちの人もいるかもしれません。

しかし、古着のアロハシャツは種類が豊富で、個性的なものからタウンユースしやすいシンプルなものまで、幅広い中から自分の好みのものを選ぶことが出来ます。

古着のアロハシャツ(ハワイアンシャツ)

アロハ メンズ

その中でもおすすめの柄をご紹介します。

アロハシャツ定番の総柄~個性的な古着ならインパクト大~

総柄の古着アロハシャツ
アロハシャツの定番といえば、総柄ですよね。

総柄は、個性的なファッションをしたいという人におすすめです。

1枚はおっただけで、相手の印象にも強く残ること間違いなしで、古着であれば柄も人と被ることがないのがうれしいポイントですよね。

着こなすときは、総柄のアロハシャツが主役になれるよう、他のアイテムは控えめなデザインにするなど、バランスを取りましょう。

柄部分が少なくコーデに取り入れやすい「半分柄」

版柄の古着アロハシャツ


アロハシャツは欲しいけど、派手すぎて目立ちすぎるのはちょっと…という人におすすめなのが、半分だけ柄のついたアロハシャツです。

柄の部分で夏っぽさは出しながらも、アロハシャツにありがちなごちゃごちゃ感がなく、誰でも簡単にすっきりと着こなしやすいです。

半分柄は写真のような上側だけ柄のパターンもあれば、下側だけ柄のパターンもあります。

はっきりと半分で分かれていなくても、アロハシャツに占める柄と無地が半々くらいであれば、シンプルな見た目になるので、着こなしはしやすいですよ。

「縦模様がスタイルを良く見せる「ボーターパターン」


こちらは50年代にはやった、ボーダーパターンのアロハシャツです。

レトロな雰囲気がありながら、縦を強調することでスタイルをよく見せる効果があります。

体型が気になっている人におすすめの柄です。

アロハ初心者にもおすすめの「シンプル柄」

シンプル柄のアロハシャツ

アロハシャツは派手な柄が定番ですが、中にはこんなシンプルなデザインのものもあります。

無地のシャツのように気軽に着られて、快適なので夏に重宝すること間違いなしです。

こちらを1枚だけで着るのもよいですが、デザインTシャツなど他の古着を中に着てもバランスがとりやすいですよ。

古着のアロハシャツで簡単にこなれ感が出せるコーデ

アロハシャツは着てみたいけど着こなせるか不安、という人のために、ここではアロハシャツのコーデ例を紹介します。

メンズ古着のアロハシャツコーデ


柄部分が少なめのブルーのアロハシャツの中に色付きシャツを重ねているコーディネートです。

アロハシャツは1枚でさらっと着ることもできますが、このように重ね着するのが今っぽい着こなし方です。

落ち着いた色の長袖を中に入れることで、温度調整ができるのはもちろん、「いかにも夏」という雰囲気が軽減されて、春や秋にもアロハシャツを活躍させることが出来ます。

夏には白シャツを中に着て、開襟の間からのぞかせるとよいでしょう。

レディース古着のアロハシャツコーデ

古着のレディースアロハシャツのコーデ

古着のアロハシャツが主役になるよう、ボトムスにシンプルなデニムスカートを合わせたコーディネートです。

メンズと同じく、レディースでもアロハシャツの中にTシャツなどの着るのが流行っています。

柄と同じ色合いのラインが入ったTシャツを着れば、こなれ感も増しますよ。

トレンドの古着アロハシャツで夏を快適に

いかがでしょうか?

アロハシャツは、色々な柄が楽しめるのでコレクションをしている人も増えてきています。

快適でおしゃれな古着のアロハシャツで、夏を快適に過ごしてみてくださいね。

RUSH OUTでは、アロハシャツを含めたアメリカ古着を常時2万点以上取り扱っています。

是非、古着のアロハシャツ(ハワイアンシャツ)を購入の際はRUSH OUTをご利用ください。

古着のアロハシャツ(ハワイアンシャツ)

アロハ メンズ






安くてもおしゃれになるメンズ服の新定番!ファストファッション&古着のコーデ

メンズの安くておしゃれな服とは?

ファッションにお金をかけられないので服を買う時は安く抑えたいけど、できるだけおしゃれな服装をしたい。

そう思っている人は少なくありません。

GUやUNIQLOなど、安く手に入るファッションのことをファストファッションといいますが、安いがゆえに上手に着こなさないと安っぽさやダサさが目立ってしまいます。

「それってGUだよね?」と友達に指摘されてしまったり、町中で歩いている人たちと服装が丸被りになってしまったりするということもあり得ますよね。

そこでオススメなのは、ファストファッションと古着を掛け合わせたファッションです。

この記事では、ファストファッションと古着がオススメな理由と、実際のオススメな着こなしをご紹介します。

安くておしゃれなメンズ服を楽しむなら「ファストファッション」と「古着」がオススメな理由

服にかかる費用を抑えておしゃれをしたい男性の方に「ファストファッション」と「古着」をオススメする理由は、実際に安い値段で安っぽくないファッションを楽しむことができるからです。

先ほども伝えたように、世の中にはファストファッションのブランドやセレクトショップが多くありますが、安い服というのはうまく着こなさないと安っぽさが目立ってしまうのです。

例えば、安っぽさが分かってしまう服には以下のような特徴があります。

  • 少し着ただけですぐにボロボロになってしまう服
  • 人と被ってしまうデザインの服
  • 個性的だが洗練されていないデザインの服
  • ブランド物のパクリ

おしゃれ初心者の方は、気づきにくいかもしれませんが、ある程度おしゃれに気を使っている人であれば、安っぽくておしゃれじゃない服というのはすぐに分かってしまいます。

そこで、ベーシックで目立たない服をファストファッションで買い、おしゃれっぽさを引き立たせるためのアイテムを古着で買うことで、安っぽさの出ない着こなしができるのです。

シンプルでベーシックな服をファストファッションでそろえる

ファストファッションブランドでは、おしゃれを際立たせるシンプルでベーシックな服だけを買いましょう。

逆に、柄物のシャツデザインTシャツジップやポケットが多いジャケットなど、デザインが施されたアイテムは、ブランドものと比べてファストファッション商品だと安っぽさが目立ってしまいます。

しかし、シンプルでベーシックな服であれば、ファストファッション商品とそれ以外との違いは見分けにくいのです。

オススメのファストファッションブランド

ファストファッションブランドの中でもオススメなのは以下のブランドです。

  • UNIQLO
  • GU
  • GAP
  • 無印良品

どれもみなさん一度は聞いたことのあるお店ですよね。

有名ということもあって値段の割に品質の良い服が揃っており、シンプルな商品の品揃えが豊富なところがポイントです。

さらに、上記のお店でオススメのアイテムは以下のものです。

ファストファッションでオススメのアイテム

シンプルな服をファストファッションで揃える

  • 無地のTシャツ
  • 白のYシャツ
  • スキニージーンズ
  • 無地のジャケットやパーカーなど

このように、できるだけシンプルで個性的ではないアイテムを購入しましょう。

デザインTシャツや柄物だと人とデザインが被っているとすぐバレてしまいますが、こういったシンプルなアイテムは、人と同じ商品を使っていてもブランドやお店まで特定できないので被っていることがバレにくいです。

シンプルなアイテムは、コーディネートの中でいう名脇役です。

1点だけだと物足りなく感じてしまうデザインかもしれませんが、全体でコーディネートを組むとおしゃれを引き立てるアイテムになります。

ぜひ、ファストファッションではシンプルなアイテムを購入して、おしゃれにメリハリをつけましょう。

古着では個性的でおしゃれなブランド服を買う

ファストファッションでシンプルな服を買ったら、次は、個性的な古着選びです。

古着屋さんには、新品であれば数万するようなブランドものの服が1000円〜と、かなり安く購入することができます。

さらにブランドものは、ネームバリューがあるだけではなく、数年着てもヘタらないような高い品質のものが多いです。

新品と比べると使用感はありますが、それもこなれ感が出せるのでおしゃれになりますよ。

そして、古着というと着こなしが難しいイメージがある人もファストファッションのベーシックアイテムと合わせることで調和のとれたコーディネートができることまちがいなしです。

ちなみに、古着といっても古着屋で買える古着とリサイクルショップでの古着は品質が違います。
ここで買いているのは古着屋で手に入るインポート古着のことです。

⇒ 古着とは 中古(ユーズド)とファッション古着の特徴・買える場所

おしゃれに古着を着こなしたいならおすすめはスポーツ系ブランドのアイテム

古着と一言で言っても様々なブランドやジャンルのものがありますが、初心者にもオススメな古着は、スポーツ系のブランドです。

スポーツ系のブランドはその背景から動きやすく、丈夫なものが多く、それも合間って凛々しい雰囲気が出るのです。

古着のナイロンジャケットを使ったコーディネート

ファストファッションと古着の安いおしゃれコーデ

例えば、ファストファッションでも買えるシンプルな黒スキニーと白Tシャツの上から、古着のアディダスのジャケットを羽織るだけでかなり男らしさが出ますよね。

ナイロンジャケットは新品だとツルツルしすぎてしまうことがありますが、古着の場合は表面にシワや擦れ傷がついているので、一層こなれ感を演出させます。

ナイロンジャケットは春や秋にさらっと羽織るだけでこなれ感が出せるオススメアイテムです。

古着のナイロンジャケット

ナイロン ジャケット メンズ

古着のスウェットを使ったコーディネート

古着のスウェットで安くておしゃれファッション

スウェットも大活躍するスポーツ系古着のアイテムの一つです。

秋口から春先まで長い間着られる上に、古着であれば安いスウェットよりもふっくら暖かくて丈夫なものが多くあります。

その中でもオススメなのは、チャンピオンのリバースウィーブと呼ばれるスウェットです。

「スウェットなんてどれも一緒なのでは?」と思う人も一度着たらその着心地の良さはやめられなくなることまちがいなしです。

大きなロゴが入っているものであれば、コーディネートの主役にもできるので1枚は持っておきたいアイテムです。

こちらもファストファッションで購入できるシンプルなスキニーに合わせるだけで、おしゃれが分かっている人に見られちゃうこと間違いなしです。

古着のスウェット

ロゴ トレーナー メンズ

古着のスポーツブランドシャツを使ったコーディネート

サッカーTシャツを使った安いけどおしゃれなファッション

夏はファストファッションで購入したシンプルなボトムスに、存在感のあるスポーツ系のブランドTシャツがオススメです。

古着のブランドTシャツであれば、誰もが知っているようなブランドものが1,000円代から買うことができる上に、全て一点ものなので個性を演出できます。


つまり、ユニクロなどで起こりがちな同じデザインTシャツを着ている人と遭遇してしまう、ということも起こりません。

古着のブランドTシャツ

ナイキ Tシャツ メンズ

このように、古着であれば誰もが知っているブランドの個性的な服低価格(Tシャツなら1000円〜、アウターでも3000円〜)で手に入れることができます。

古着に初めて挑戦する人はぜひこちらの記事も読んでみてくださいね。

古着屋が教える古着の4つの魅力|おしゃれ初心者でも失敗しないコツ

古着男子におすすめ!古着屋で人気のブランド19選を解説

まとめ

いかがでしょうか?

安くおしゃれにメンズ服を楽しむのであれば、ファストファッションのベーシック服と古着の個性服を上手に組み合わせるのがオススメです。

実はInstagramでも #古着MIX というタグを見てみると、古着とユニクロを組み合わせたコーディネートをしている人がたくさんいるので是非参考にして見てください。

安く、気軽におしゃれを楽しんでみてくださいね。


RUSH OUTではアメリカから仕入れた古着を常時20,000点以上販売しています。

卸業者を使わずに当店のスタッフがアメリカに足を運んで一点ずつ選んでいるので、安くて高品質な商品がございます。

もし、購入してみてイメージしていた商品と違う場合も、一週間以内であれば返品も可能なので、古着初心者の人も是非お気軽にご利用くださいね。

古着通販のRUSH OUT

古着の勉強に最適!古着雑誌8選と本やサイト10選

古着の勉強がしたい

「古着について勉強して、詳しくなりたい。」

古着が好きで極めたいという方や、現在ファッション関連の仕事をしていたり、将来的に古着屋に携わってみたいと思っていたりしている方であればそう思うことも多いでしょう。

ただ、いざ古着について勉強をするといってもどうやって勉強すればいいのか分からないかもしれません。

この記事では、古着に詳しくなりたい人向けの勉強に使えるムック本、雑誌、サイトを紹介します。

古着の勉強に読んでおきたいムック本2選

ムック本とは、雑誌と書籍のいいとこどりをした出版物のことをいいます。

古着関係のファッション雑誌や、古着について詳しくなれるまとめのようなムック本が出ています。

この2冊を熟読すれば、かなり古着の詳しいことを語れるようになりますよ。

(1)70年代以前のヴィンテージが勉強できる「ヴィンテージの教科書完全版」

ヴィンテージの教科書

こちらのムック本は、雑誌Lightningから出たもので1930~1970年のヴィンテージ古着について、年代・ブランドごとのディティールの違いについて書かれています。

” ヴィンテージのプロダクツは、その製造年代によってディテールが異なっている。そして、そのディテールの違いにより、市場価格は大きく左右されるということは意外と多い。

一般的には、同じ品番のモデルであれば、製造年代の旧いモデルの方が、その価値は高いとされている。そんな奥深いヴィンテージの世界を楽しめるように、初心者向けの基礎知識をまとめたのがこの1冊。

2012年に発行して人気を博した「ヴィンテージの教科書」の改訂版である。ここで紹介している知識を覚えておけば、フリーマーケットなどで意外な掘り出し物を見つけることができるかもしれない。これからヴィンテージについて知りたいと思っている方は、必見の内容となっている。”

引用:エイ出版社公式サイト

主に30代以上の男性を対象としているようですが、ヴィンテージの古着について知っておくと、ファッションの歴史やその背景を学べるので古着について勉強しておきたい人は読むことをお勧めします。

(2)80年代以降の古着が勉強できる「別冊2nd TOKYO REAL VINTAGE」

tokyo REAL VINTAGE

こちらの『TOKYO REAL VINTAGE』はタイトルの通り、東京を中心に現在、日本で若者によく着られている古着について詳しく書かれています。

“日本に古着文化が根付いて20年余り。トーキョーはいまや世界でも有数のヴィンテージマーケットと言われています。それだけ旧いものに関心があり、身近であることは非常に喜ばしいことだが、いかんせん、古着とは数限りあるもの。かつて人気のあった“ヴィンテージ”は枯渇し、さらに希少性を高めている。

そんな時代に日本の古着シーンは新たな局面へと……。これまでの価値観から解放され、より直感的でデイリーに古着を楽しむ時代を迎えたのだ。

この一冊は、そんな空気感をリアルに伝えるべく、今後さらに価値が高まるものや’90年代以降に生まれたアイテムにも目を向け、その歴史やディテールを辿る。なにより、いま楽しみたい古着を揃えた。”

引用:エイ出版社公式サイト

古着屋で割と簡単に入手できる1980年~1990年代の古着を中心に、流行りの柄や年代のディティールについて詳しく勉強することが出来ます。

古着の着こなしだけではなく、ブランドごとの違いや年代ごとの魅力について詳しく語れるようになれば、専門家に一歩近づくことが出来ますよ。

10代~30代によく着られている古着が対象なので、現代の若者ファッションを知りたい人は必見です。

【メンズ】古着好きが愛読している雑誌5選

メンズの古着の勉強するなら

ムック本では古着のディティールやブランドについて詳しく勉強できると書きましたが、着こなしや流行について勉強するなら雑誌がおすすめです。

古着といっても着こなしや、トレンドアイテムは日々変化します。

毎号流行を先取りしたファッションが取り扱われるので、最新号をチェックしてみるとよいでしょう。

おすすめのファッション雑誌は下記の5冊です。

  • 『メンズノンノ』 20代中心きれいめカジュアル全般
  • 『スマート』 20代中心カジュアル全般
  • 『カジカジ』 20代中心関西ストリートスタイル
  • 『セカンド』 30代~50代のトラッド・アメトラ・ビンテージスタイル
  • 『ライトニング』 30代~40代のアメカジ・ビンテージスタイル

メンズノンノ~20代中心きれいめカジュアル全般~

メンズノンノは毎月9日に発売されている、20代中心に向けた雑誌です。

モード・ストリート・カジュアルジャンルの中でも、きれいめでモテる系のファッションについて多く特集されています。

古着が中心というわけではありませんが、古着をきれいめに着こなしたいという人の場合に使える、古着ミックスのコーディネートなどが多く載っています。

スマート~20代中心カジュアル全般~

スマートは毎月25日に発売されている、20代男性向けストリート・カジュアル系のファッション誌です。

最新のトレンドを取り入れたカジュアルスタイルを中心に、ストリート・アウトドア・スポーティミックスのコーディネートが多く掲載されています。

メンズノンノと比べると、きれいめに加えて個性的なファッションも含まれていることが多いです。

こちらも古着が中心というわけではありませんが、古着を使ったコーディネートもあり、メンズファッションの勉強になるのでおすすめです。

カジカジ~20代中心関西ストリートスタイル~

カジカジは奇数月の10日に発売されている関西発のファッション・カルチャーマガジンです。

「関西の衣食住を面白くするアイデアを紹介する」というコンセプトをもとに作られているため、ファッションやインテリア、グルメ、音楽や雑貨といった幅広いジャンルについて知ることが出来ます。

ファッションのジャンルはストリート系が中心ということもあり、ストリート系の古着を使ったコーディネートも豊富に掲載されています。

セカンド~30代~50代のトラッド・アメトラ・ビンテージスタイル~

セカンドは毎月16日に発売されている、30代~50代のトラッド・アメトラ・ビンテージスタイルのファッション誌です。

大人の男性のためのカジュアルファッションが多く掲載されています。

古着を使った「背伸びしない大人の休日コーディネート」が豊富に紹介されています。

古着を使ってかっこいい大人ファッションを作りたい人や、大人の男性を対象としたファッション業界に興味がある人は必見です。

ライトニング~30代~40代のアメカジ・ビンテージスタイル~

ライトニングは毎月30日に発売されている30代~40代のアメカジ・ビンテージスタイルのファッション誌です。

ファッションだけではなく、車・バイク・グルメ・インテリアといったアメリカンカルチャーやライフスタイルについての内容が豊富に載っています。

アメカジやアメリカンカルチャーが好きで、上質な古着の勉強をしたいという人におすすめです。

【レディース】古着好きが愛読している雑誌3選

レディースの古着の勉強するなら

実は男性の古着雑誌と比べて、女性向けの雑誌はかなり少ないです。


女性は、インスタグラムなどネットで情報を集めている人が多いのかもしれません。

オススメする女性向け古着雑誌は、以下の3冊です。

  • 『mer』10代後半、20代前半の読モ・ガーリースタイル
  • 『mini』ボーイッシュ・ストリートスタイル
  • 『古着女子』人気のファッションメディアから出版されている雑誌

mer~10代後半、20代前半の読モ・ガーリースタイル~

mer(メル)は毎月17日に発売されていた10~20代の読モ・ガーリースタイルのファッション誌です。

元々は「古着Mixガールズ」という名前で発刊されていたということもあり、古着を使ったガーリーでかわいらしいスタイルが中心です。

merになってからも長らくの間人気の雑誌でしたが、2019年の6月号をもってWebメディアに移行して紙媒体の雑誌は休刊に入りました。

しかし、古着女子のコーディネートを学びたいのであればバックナンバーやWebメディアを見ておくとよいでしょう。

mini~ボーイッシュ・ストリートスタイル~

miniは毎月1日に発売されているボーイッシュ・ストリートスタイルのファッション誌です。

古着に特化しているわけではありませんが、ストリートスタイルが多いためコーディネートに相性のよい古着が多用されています。

古着にも合わせやすい、ミニバッグや小物アクセサリーなどが毎回おまけの付録としてついてくるのも人気の理由の一つです。

女性向け古着系ファッションの雑誌は少ないですが、miniにはたくさんコーディネートが載っているのでおすすめです。

古着女子~人気のファッションメディアから出版されている雑誌~

「古着女子」とはインスタグラムから生まれた、古着好きな女子のためのWebメディアです。

そこから生まれた雑誌ということもあり、古着好きなインスタグラマーによる解説で、古着のコーデの法則やおすすめの古着屋が特集されています。

古着の勉強ができるサイト

古着の勉強ができるサイト

「雑誌もいいけど、毎日気軽にネットで情報収集をしたい。」という人にはWebマガジンやSNSを活用して、古着の勉強をするのがおすすめです。

古着系の雑誌のWebマガジン版

ネットで古着の勉強をするのであれば、上記で紹介した雑誌のWebマガジン版がおすすめです。

その他古着の勉強が出来るサイト

HOUYHNHNM~メンズ向けストリート・ヒップ系Webマガジン~

HOUYHNHNM(フィナム)は、2004年に開設されたファッション・スポーツ・ライフスタイル・カルチャーなどの情報を発信しているWebマガジンです。

月間100記事近くの記事を更新し、スナップ写真も多く掲載されています。

HOUYHNHNM

古着女子~古着好きな女子のためのインスタから生まれたWebマガジン~

古着女子はインスタグラムから生まれた、おしゃれな古着女子のためのWebマガジンです。

インスタグラムの情報を中心に、オススメの古着コーデやお店が紹介されています。

古着女子

「古着女子」をはじめとした、フルジョと呼ばれる古着が好きな女性に人気のインスタグラマーはこちらの記事にまとめています。

⇒ 古着女子必見!フォロー必須のインスタグラマー厳選10選

まとめ

いかがでしたでしょうか?

古着は奥が深く、歴史的な魅力があるかつ、今の流行についても知識が必要という追いかけがいのあるファッションです。

是非、色々な角度から古着を勉強して、ファッションを楽しんでくださいね。

このサイト(RUSH OUT)でも、古着コーディネートのコツや古着のディティールの見方などをお役立ち古着情報で紹介しているので、是非参考にしてみてください。

RUSH OUTは常時20000点以上の古着を取り扱っている古着通販です。

是非、古着購入の際はご利用くださいね。

きれいめに古着を着こなすメンズコーデのコツ・おすすめアイテム

古着できれいめコーデ

古着をきれいめに着こなせば好印象なおしゃれになる

古着をきれいめに着こなすことが出来れば、子供っぽくなりすぎないのに堅苦しすぎないコーデになり、好印象なおしゃれになります。

ファッションには、カジュアルとフォーマルの2つの要素があり、きれいめと呼ばれるのはフォーマルファッションのことです。

このカジュアル要素が多すぎると、活発で若々しい印象はありますが、悪く言えば子供っぽい印象になってしまいます。

逆にフォーマル要素が多すぎると、知的で大人っぽい印象がありますが、悪く言えば堅苦しすぎる印象になりがちです。

だから、この2つの要素を上手に混合させることで好印象なおしゃれになれるのです。

具体的には、カジュアルファッションはスポーツ系・ワーク系・アウトドア系のファッションなど、動きやすいアイテムで、色はカラフルなもののことを言うことが多いです。

そして、フォーマルファッションは、ジャケットなどを用いた、スーツライクな服装でモノトーンのことが多いです。

古着の中でも特にアメリカ古着は、カラフルでカジュアルなアイテムが多いため、きれいめ、つまりフォーマルなアイテムと上手に合わせることで、好印象な着こなしにすることが出来るのです。

カジュアルな古着をきれいめに着こなすコツ3つ

では実際に、どうやってカジュアルな古着をきれいめに着こなすのかをお伝えします。

(1)細めのシルエットを合わせることでメリハリをつける

細身のシルエットできれいめコーデ

カジュアルなビッグシルエットのアイテムを使うときには、どこかで細めのシルエットのアイテムを使い、メリハリを付けましょう。

最近はやりの90年代ファッションやストリートファッションは、オーバーサイズやビッグシルエットのアイテムが主流です。

ただ、上下ともにビッグシルエット・オーバーサイズでそろえてしまうと、カジュアルになりすぎてしまいます。

例えば、

  • ビッグシルエットのスウェットの場合は、スキニーパンツを合わせる
  • ワイドパンツを履く際には、ジャストサイズのTシャツをインする

などです。

コーディネートの中で細めのシルエットを合わせるだけで、スマートな印象になりますよ。

(2)モノトーンのアイテムを合わせる

モノトーンアイテムできれいめコーデ

モノトーンのアイテムはフォーマルな印象があるので、モノトーンアイテムを合わせることできれいめな着こなしができます。

上下全てをカラフルにしてしまったり、ビビッドカラーのトップスに青いジーンズを合わせるとカジュアルになります。

色味のある古着アイテムをきれいめに着こなすのであれば、主役に持ってくるアイテム以外はモノトーンにすることできれいめに仕上がりますよ。

(3)革靴やバッグ・時計などの小物できれいに見せる

古着にきれいめ小物を合わせて好印象に

古着に合わせる小物をフォーマルにすることで、きれいめな着こなしになります。

古着のコーディネートを考えるとき、トップスとボトムス・アウターだけに目が行きがちですが、実は小物が与える印象も大きいです。

きれいめな着こなしになる小物

  • 革靴
  • レザーバッグ
  • デジタル以外の腕時計
  • 黒縁やべっ甲柄のメガネ など

普段カジュアルな古着が好きという人こそ、小物を買うときはこういったきれいめなアイテムに注目してみるといいでしょう。

きれいめに着こなせるおすすめの古着アイテムとおすすめのブランド

モノトーンのスラックス

モノトーン スラックス

古着のきれいめコーディネートに必須ともいえるのが、モノトーンのスラックスです。

モノトーンのスラックスはどんなトップスにも合わせやすく、ジーンズやチノパンよりもきれいめに見せることが出来ます。

スラックスには、パンツの中央に「センタープレス」という折り目がついているのが特徴です。

このセンタープレスがあることで、フォーマルな印象に見えます。

スラックスをきれいに着こなすには、できるだけボタンやポケットが目立たないデザインでジャストサイズのものを選ぶのがコツです。

スラックス パンツ 黒

きれいめコーデぴったりなスラックスの古着ブランド

  • ラルフローレン
  • ブルックスブラザーズ

古着のスラックスにはノーブランドで質のいい物もありますが、間違いないのはこの2つのブランドです。

どちらもアメリカントラディショナル、通称アメトラをベースとしたブランドということもあり、すっきりしたデザインのものが多くあります。

また、歴史も古く年代を超えて愛され続けているブランドで、品質も丈夫のため、ヨレにくく、長い間きれいめに履き続けることが出来ますよ。

スラックス ラルフローレン
ラルフローレンの商品一覧はこちら
パンツ ブルックスブラザーズ
ブルックスブラザーズの商品一覧はこちら

無地かストライプのシャツ

無地かストライプのシャツ

一見ビジネスマンのスーツにも合いそうな無地やストライプのシャツも、古着のきれいめコーディネートに使えるアイテムです。

このようなシンプルなシャツがあるだけで、ダボっとしたジーンズや派手なアウターを使ったコーディネートもきれいに見せることが出来ます。

1枚でさらっと着るのはもちろん、春先にはTシャツを中に着てアウターとして羽織ったり、冬にはニットの中に着ることが出来るため、1年を通じて汎用性が高いアイテムです。

色合いやストライプの太さによって印象も変わるので、色んなコーディネートを 考えながら購入するといいでしょう。

長袖 ストライプ シャツ メンズ
古着の長袖シャツの商品一覧はこちら

きれいめコーデにぴったりなシャツの古着ブランド

  • ラルフローレン
  • ブルックスブラザーズ
  • クリスチャンディオール

きれいな着こなしに欠かせない、ラルフローレン・ブルックスブラザーズの二つに加え、シャツでおすすめなのがクリスチャンディオールのアイテムです。

ディオールといえば、女性にとって憧れのハイブランドという印象が強いですが、メンズアイテムはベーシックなスーツを中心として作られてます。

ディオールの古着シャツは、シンプルながらも高級感のある肌触りが特徴で、1枚持っておくと質のいいきれいめコーディネートが作りやすくなります。

流通が多いわけではないので、古着屋で見つけたらチャンスですよ。

長袖 シャツ ラルフローレン メンズ
ラルフローレンの商品一覧はこちら
長袖 シャツ ブルックスブラザーズ メンズ
ブルックスブラザーズの商品一覧はこちら
ディオール

無地のTシャツ・サーマルTシャツ

白の無地シャツ

おしゃれな人は1枚以上持っているのが、無地のTシャツまたは無地のサーマルTシャツです。

サーマルTシャツとは生地の表面に凹凸がある織り生地を使用しているTシャツのことを言います。

単体で見れば特徴のないTシャツですが、他のカジュアルなアイテムや柄物のアイテムを生かす、名わき役的存在です。

季節によって使える無地のTシャツと無地のサーマルTシャツを数点持っておけば、きれいめコーディネートの幅も広がるでしょう。

サーマル Tシャツ メンズ
Tシャツの商品一覧はこちら

きれいめコーデにおすすめのシャツの古着ブランド

  • ヘインズ
  • チャンピオンなどのスポーツブランド

シンプルなアイテムだからこそ、丈夫さと着心地の良さで選ぶのがおすすめです。

丈夫ではない安物のシャツだと、すぐに型崩れを起こしてしまうため、きれいめに着こなしたい人には不向きでしょう。

古着の無地シャツの中で多く出回っているヘインズは、100年以上の歴史があるTシャツとアンダーウェアのブランドで、綿にこだわっていることもあり丈夫さ・着心地の良さどちらも叶えてくれるブランドです。

その他であれば、スポーツブランドの無地Tシャツであれば、吸汗性も高く、丈夫なアイテムが多いのでおすすめです。

ヘインズ 無地 Tシャツ
ヘインズの商品一覧はこちら

テーラードジャケット

テーラードジャケット

テーラードジャケットは、羽織るだけでカッチリときれいめに切り替わるアイテムです。

テーラードジャケットのシルエットによって印象も変わりますが、スーツっぽくなりすぎずにきれいめに着こなすのであれば、太めの寸胴シルエットがおすすめです。

細めでウエストがピッタリするシルエットのジャケットを、細身のボトムスに合わせると、フォーマルすぎる印象になってしまうかもしれません。

また、テーラードジャケットの中でも、無地やチェック柄、ツイード生地など使っている記事によっても印象が変わります。

コーディネート全体のバランスを考えて、購入するとよいでしょう。

テーラード ジャケット メンズ
テーラードジャケットの商品一覧はこちら

きれいめコーデにぴったりなテーラードジャケットの古着ブランド

  • ラルフローレン
  • トミーヒルフィガー
  • ノーティカ
  • ハリスツイード

寸胴シルエットのテーラードジャケットは、90年代に流行ったラルフローレン・トミーヒルフィガー・ノーティカの3つのブランドがおすすめです。

テーラードジャケットの中でもカジュアルに着こなせるアイテムが多くそろっています。

また、ツイード生地のものを選ぶのであれば、ハリスツイードが定番です。

ツイード生地のテーラードジャケットは、保温性の高い素材感と防寒性で、コーディネートに季節感を演出できるので冬におすすめです。

ラルフローレン ジャケット メンズ
ラルフローレンの商品一覧はこちら
トミーヒルフィガー ジャケット メンズ
トミーヒルフィガーの商品一覧はこちら
ノーティカ ジャケット メンズ
ノーティカの商品一覧はこちら

トレンチコート

トレンチコート

トレンチコートを1枚持っておけば、春先や秋口のコーディネートを簡単にきれいめに仕上げることができます。

トレンチコートは、ロング丈なので羽織るだけで縦のラインが強調されてスマートな印象になりやすいです。

ベルトがついていれば、締めることでコーディネートにメリハリも付けやすいでしょう。

きれいめに着こなすのであれば、ミリタリーっぽさが目立つカーキ色や、重くなってしまいがちな黒色・紺色よりもベーシックで軽やかな印象のベージュがおすすめです。

トレンチ コート ベージュ

きれいめコーデにぴったりなトレンチコートの古着ブランド

  • バーバリー
  • ロンドンフォグ

トレンチコートといえば、この2ブランドが有名です。

バーバリーに比べて、ロンドンフォグはよりカジュアル目に着られるラインナップになっています。

古着のきれいめコーディネート2選

モノトーンコーデに革バッグを合わせた正統派の古着のきれいめコーデ

古着のきれいめモノトーンコーデ 

こちらのコーディネートはストライプのYシャツに黒のスウェット、黒のパンツ、オールドコーチの革のバッグを合わせた正統派ともいえるきれいめコーデです。

フォーマルになりすぎがちな白地のYシャツですが、だぼっとしすぎない、ゆるめのシルエットのスウェットを合わせることで、親しみやすい雰囲気も出せています。

ここに、革バッグを合わせることでさらにきれいめな印象になっていますね。

バッグもスポーティなものを使うのか、革製品を使うのかで印象は大きく変わってきます。

革のバッグは1つ持っていれば、いろんなシーンで活躍して、長いこと使えるのでおすすめですよ。

男らしいストリート感のあるきれいめコーデ

ストリート系きれいめコーデ

白シャツとベージュパンツの2点だと、きれいめというよりかシンプルすぎて物足りないコーディネートになりそうですが、存在感のあるアウターを羽織ることでカジュアルダウンできているコーディネートです。

きれいめコーディネートは中性的な印象になりがちですが、ストリート感のあるオーバーサイズのジャケットが男らしい雰囲気になっていますよね。

さらに足元には、カジュアルな革靴を使ってきれいにまとまっています。

きれいめにまとめるのであれば、スニーカーではなく革靴がおすすめです。

まとめ

古着をきれいに着こなしたいのであれば、きれいめとカジュアルさのバランスが大切です。

きれいめなファッションに興味がありつつも、普段古着屋で派手なアイテムばかりに目が行ってしまう人はあえて、モノトーンの使いまわしがききやすいアイテムを探してみるといいでしょう。

逆にフォーマルになりすぎてしまう人は、ワンポイントで遊び心のあるアイテムを入れてみるとよいかもしれません。

是非、古着できれいめコーディネートをつくって、ファッションを楽しんでくださいね。

古着通販のRUSH OUTでは、カジュアル系~きれいめまで幅広い商品を常時2万点を超える古着を取り扱っております。

是非、古着できれいめコーデを作る際は古着通販のRUSH OUTをご利用くださいね。

再熱!90年代メンズファッションの特徴・ブランド・アイテムまとめ

今、90年代ファッションがキてる!

ファッションの歴史は繰り返すといわれています。

2014年にノームコア(究極の普通)と呼ばれるシンプルで個性を消したファッションが流行り、あえてファッションで個性を出さないブームがありました。

しかし、今ではそこから一転、個性を主張する1990年代のファションがリバイバルブームとなっています。

ノームコアがノンブランドやブランド物を主張しなかったのに対して、90年代のファッションはブランド物であることに価値があることが特徴の一つです。

1990年代はバブルが崩壊し、それまでの派手な装飾・高級志向を否定するようにTシャツ・ジーンズなどのストリート・スポーツ・古着などのファッションが流行りました。

30~40代には懐かしく、10~20代には新鮮な90年代のメンズファッションについてまとめました!

90年代メンズファッションの特徴

特徴①ビッグシルエットのトップス

90年代はストリート文化が流行った時代です。

自分のサイズより大きめのサイズをゆるく着るビッグシルエットが90年代ファッションの基本。

ヒップホップだけではなく、ロック、スケーターのシーンでもTシャツ・パーカー・スウェットをダボっとルーズに着るのが主流となりました。

特徴②インパクトのある大きなロゴ

90年代大きなロゴ

歩く広告塔として大きなロゴを載せたアイテムが流行った90年代ですが、SNSでインフルエンサーたちがこぞって着て、再ブームが着たことを考えると今のロゴブーム再熱も納得がいきます。

大きなロゴはインパクトが強く、相手の印象に残ること間違いなし!

この90年代リバイバルブームでアディダスやラルフローレンといったブランドからも90年代風の新商品が発売されているほどです。

特徴③ワイドシルエットのパンツ

90年代ワイドパンツ

トップスだけではなく、ボトムスもオーバーサイズで、腰パンにして街を闊歩していたのが90年代。スケーターたちの機動性を重視したのが始まりです。

バギーパンツ、ジーンズ、チノパンなどは大きめ太めが基本です。

90年代メンズファッションのマストアイテムとブランド

アメカジ系・渋カジ系のアイテムとブランド

アメリカのワークウェアやアウトドアウェアをコーディネートに取り入れたアメリカカジュアル(通称アメカジ系)が流行りました。

ネルシャツ・Tシャツ・デニム・チノパンなど、着やすくてラフなアイテムで構成されます。

アメカジは日本では渋谷が発祥地となったので渋カジ系と呼ばれていました。

色合いは落ち着いたアイテムも多いため、大人っぽく着こなすこともできます!

・RALPH LAUREN ラルフローレン、ポロバイラルフローレン

90年代ファッション ラルフローレン

90年代のストリートでは、ラルフローレンを着ていること自体がかっこいいとされていました。アメカジの代表といっても過言ではありません。

ラルフローレンに続く、アメカジ系のブランドは、トミーヒルフィガーやノーティカなどがあります。


・TOMMY HILFIGER トミーヒルフィガー

90年代ファッション トミーヒルフィガー

トミーとして親しまれているトミーヒルフィガーはアメリカの大学生っぽいプレッピースタイルになります。

・NAUTICA ノーティカ

90年代ファッション ノーティカ

ラテン語で「船」を意味する名前を持つ「NAUTICA」。

落ち着いた印象のあるアイテムが人気です。

・カッレジプリント・都市プリント

90年代ファッション カレッジプリント

その他にブランドではないですが、大学のロゴが大きく入ったカレッジプリントアイテムや、ニューヨーク・ブルックリンといった都市の名前がプリントされたアイテムも人気です。


スポーツ系の90年代ファッション

スポーツ系のブランドも90年代ではスポーツ用だけではなく、ファッションとして楽しまれていました。

アディダスなどは新商品でも90年代風のビッグロゴアイテムが発売されています。

全身のスポーツ系でコーディネートを着こなす自信がない人もきれいめなコーディネートにワンアイテムスポーツ系のアイテムを入れるだけでメリハリのある着こなしができます。

・adidas アディダス

adidas

・NIKE ナイキ

90年代大きなロゴ

・FILA フィラ

90年フィラ

・Champion チャンピオン

90年代チャンピオン


グランジ系の90年代ファッション

グランジとは90年代初頭に生まれたオルタナティブロックの中のジャンルで「汚れた」を意味します。

ニルヴァーナのボ―カルであるカートコバーンのボロボロのジーンズ、古着のネルシャツ、バンドTシャツが世界中の若者にブームになりました。

SNSのない時代に好きなバンドのTシャツを着ることで自分が宣伝することもできて、逆にバンドTシャツから音楽を知ることができたのが90年代。

ニルヴァーナのバンドTシャツは音楽を知らなくても見たことがあるという人も多いはず。

自分のお気に入りのバンドTシャツを見つけてみてはいかが?

・バンドTシャツ

ニルヴァーナの定番Tシャツ

ELVISのTシャツ

ELVIS PRESLEY

・ハードロックカフェ

ハードロックカフェTシャツ

バンドTシャツではないが、世界各国のハードロックカフェのTシャツも人気。

90年代ファッションに合うボトムス

ボトムスもゆるっとしたアイテムを合わせるのが90年代スタイル。

ただし、実際の1990年代のストリートでは太すぎるスタイルや腰パンが流行っていましたが、メリハリのある着こなしが今風です。

トップスとオーバーサイズ感のバランスを取ったり、ベルトで絞めたり、ハードな印象のアウターを羽織ることでメリハリをつけることができます。

Levi's 501

リーバイスの定番、501シリーズも90年代ファッションに欠かせないアイテムの一つ。

アメリカ工場で作られた製品は生地が強く、長く履かれていることで味わいを増します。

コーデュロイパンツ

秋冬に重宝するコーデュロイは、90年代は生地も太畝が特徴。

90年代ファッションに合うアウター

アウターもビッグシルエットが流行りました。

デニムやアウトドアやワークウェアなど機能性の高い素材が90年代風。

ビッグサイズのアウターはスリムめのパンツで引き締めて。

ダックジャケット

ダックジャケット

ダックジャケットはアメリカ発祥の強い生地を使ったジャケットです。ワークブランドのカーハートが定番。

しっかりした生地で風を通さず、着れば着るほど味が出るので一着は持っておきたいアイテム。

・デニムのカバーオール

デニムのカバーオール

カバーオールはもともと作業着として着られていたワークジャケット。

丈夫な素材と機能性の高いポケットが特徴です。


・フリースジャケット

フリーズジャケット

ミリタリーレベル3デザイン

軽くて暖かいフリース素材も90年代には多く発売されました。

肌寒い季節のアウターはもちろん、家やちょっとしたお出かけにも軽く着られる90年代アイテムです。

90年代メンズファッションのまとめ

いかがでしょうか?

90年代ファッションのリバイバルブームで90年代風の新商品も多く出ています。

90年代に発売されていた古着は、新商品に比べて安く手に入る上に、中国製などではなく、アメリカで作られたしっかりとした生地のものが多いのも特徴。

たくさん着るほどいい味が出てくるので長く愛用することができます。

古着はすべて一点ものなので、あなただけのお気に入りのアイテムを見つけて大切に着こなしてくださいね!

【2020年最新】岡山の古着屋マップ 岡山の古着屋巡りはこれで完璧

岡山にはアメリカ輸入の古着を中心に色んな古着屋さんがあります。

地元の若い男女にはもちろん、岡山へ観光に来た人たちの中でもおしゃれでコスパのいい古着屋がたくさんあるとひそかに話題です。

そこで、岡山のどこにどんな古着屋があるのかをあなたに知っていただけるよう、岡山の古着屋RUSH OUTが、古着屋巡りにも役立つマップを作りました。

古着屋ごとの特徴もいっしょにまとめて一覧にしています。

<目次>

1岡山の古着屋マップ 広範囲ver.

2問屋町~岡南方面 おしゃれエリアの古着屋マップ

3 岡山駅西側 奉還町商店街の古着マップ

4 岡山駅東~西大寺町方面 路面電車で巡る古着屋マップ

5 岡山の古着屋マップまとめ

岡山の古着屋マップ 広範囲ver.

こちらが全体の岡山の古着屋マップになります。

少し範囲が広すぎるので、岡山駅~西大寺町方面と問屋町~岡南方面に分けて説明します。

問屋町~岡南方面 おしゃれエリアの古着屋マップ

問屋町は、岡山駅から車やバスで約15分の場所にあります。

昔は問屋業の街として栄えたこのエリアは、最近では卸問屋の倉庫跡地を利用した古着屋やカフェ、雑貨屋が立ち並んでいます。

古着屋巡りをしながら、おしゃれなカフェ巡りも一緒にできて、一日中満喫することができます!

それではこの問屋町~岡南エリアの古着屋さんを7店舗紹介します。

1.RUSH OUT(ラッシュアウト)

rush out

ラッシュアウトは、日本屈指の商品点数を誇るアメリカ古着専門の通販店の実店舗です。

アメリカの契約倉庫、ディーラーより1点1点厳選して仕入れたヴィンテージからレギュラー、ブランドなどを多く取り揃えています。

大量に仕入れているから、質がいいヴィンテージ古着を低価格で購入できるため、格安で販売しています。

【ジャンル】
メンズ・レディース・アメリカ系・ヴィンテージ・50~90年代

住所岡山県岡山市北区上中野1丁目18-17
アクセスJR大元駅 徒歩15分
営業時間11:00~19:00
定休日なし
ホームページ岡山の古着屋RUSH OUT
このサイトでは古着通販を行っており、常時2万点以上の商品を取り揃えています。

2.GARAGE SALE

ガレージセール

アメリカでスタッフが厳選し仕入れた古着の卸倉庫を一般のお客様向けに日曜日限定で開放して、名前通りガレージセールしているお店です。

一般公開は終了しました。

【ジャンル】
メンズ・レディース・アメリカ系・ヴィンテージ・50~90年代

古着卸 & GARAGE SALEの店舗情報

住所岡山市北区富田505-4
アクセスバス停「新屋敷」徒歩5分
営業時間卸売(業者様のみ) 平日‪8:00~17:00
GARAGE SALE(一般開放) 日 ‪13:00~17:00
定休日上記参照
ホームページinstagram

3.プライウッドサーカス

店内には多くのアメリカ雑貨が置かれていて、見ているだけでも楽しいと話題のお店です。

学生でも買いやすい価格設定です。

【ジャンル】
メンズ・レディース・アメリカ系・レゲエ・雑貨

プライウッドサーカスの店舗情報

住所岡山県岡山市北区上中野1丁目19-47
アクセス「大元一丁目駅」徒歩10分
営業時間12:00~21:00
定休日なし
ホームページhttps://plywood.exblog.jp/

4.プライウッド・サバーヴィア

こちらプライウッド系列の店舗で、家具や自転車・雑貨を多く取り扱う店です。

ゴリゴリのアメリカンヴィンテージが中心です。

【ジャンル】
メンズ・レディース・アメリカ系・ヴィンテージ家具・雑貨

プライウッド・サバーヴィアの店舗情報

住所岡山県岡山市北区問屋町25-104
アクセス「北長瀬駅」徒歩13分
営業時間12:00~20:00
定休日なし
ホームページhttps://plywood.exblog.jp/

4.Décor(デコール)

小さな店ですが、幅広い商品と雑貨、ドライフラワーの取り扱いもあります。

落ち着いた雰囲気の店内です。

【ジャンル】
メンズ・レディース、ヴィンテージ、アンティーク雑貨多め、ドライフラワー

5.Décorの店舗情報

住所岡山県岡山市北区問屋町26-102
アクセス「辰巳西駅」徒歩2分
営業時間12:0.0~20:00
定休日水曜日
ホームページhttp://www.decorokayama.com/

6.ガレージパラダイス

アメリカのヴィンテージ古着を多く取り扱うお店です。

【ジャンル】
レディース多め・メンズ・キッズ・アメリカ系

ガレージパラダイスの店舗情報

住所岡山市北区下中野347-110ユアマンション1F
アクセス「備前西市駅」徒歩8分
営業時間12:00〜21:00
定休日なし
ホームページhttp://blog.livedoor.jp/garageparadise/

7.CINCOPUNTOS(シンコプントス)

こちらは先ほど紹介した、ガレージパラダイス系列の古着屋です。

アメカジ系が多くあります。

【ジャンル】
メンズ・レディース・キッズ・アメリカ系・雑貨

CINCO PUNTOSの店舗情報

住所岡山市北区十日市西町7-8
アクセス「十日市駅」徒歩4分
営業時間12:00〜21:00
定休日なし
ホームページhttp://cincopuntos.blog.fc2.com

8.HiPBONESLiM(ヒップボーンスリム)

ニューヨークで買い付けたアメリカンヴィンテージが中心にジャンクも多く取り扱われています。

【ジャンル】
メンズ・レディース・
50~90年代・ジャンク

HiPBONESLiMの店舗情報

住所岡山市南区米倉96-16
アクセス「米倉駅」徒歩1分
営業時間12:00〜21:00
定休日なし
ホームページhttps://hipbone.exblog.jp/

岡山駅西側 奉還町商店街の古着マップ

1.SWASTIKA(スワスティカ)

アメリカ古着やハイブランドの古着を取り扱います。比較的低価格です。

【ジャンル】
メンズ・レディース・
アメリカ系・ハイブランド

SWASTIKA(スワスティカ)の店舗情報

住所岡山市南区米倉96-16
アクセス「米倉駅」徒歩1分
営業時間12:00〜21:00
定休日なし
ホームページhttps://hipbone.exblog.jp/

2.DRIVE(ドライブ)

アメリカ古着をメインに低価格で取り扱います。

【ジャンル】
メンズ・レディース・アメリカ系

DRIVE(ドライブ)の店舗情報

住所岡山市北区奉還町2丁目9-9
アクセス「米倉駅」徒歩1分
営業時間12:00〜20:00
定休日なし
ホームページhttps://www.facebook.com/DRIVE-used-clothing-319114451610256/

3.BABYLON(バビロン)

昭和レトロな古着などレディースメインで扱います。

【ジャンル】
レディース・昭和レトロ

BABYLON(バビロン)の店舗情報

住所岡山市北区 駅元町一番街地下 一番街 B1F
アクセス「岡山駅」徒歩5分
営業時間10:00〜20:00
定休日なし
ホームページhttps://babylon-monopole.tumblr.com/

4.SELLTULO(セルトゥロ)

レザージャケットやデニムなどハードな古着を扱います。

【ジャンル】
メンズ・80~90年代・パンク・ハード系

SELLTULO(セルトゥロ)の店舗情報

住所岡山県岡山市北区奉還町2-9-8
アクセス「米倉駅」徒歩1分
営業時間11:00〜19:00
定休日水曜日
ホームページhttps://twitter.com/@used_selltulo

岡山駅東~西大寺町方面 路面電車で巡る古着屋マップ

岡山に3店舗あるプライウッド系列のうちの一店舗です。

【ジャンル】
メンズ・レディース、アンティーク家具、雑貨

ビバリーヒルズの店舗情報

住所岡山県岡山市北区出石町1丁目7-7
アクセス城下駅 徒歩6分
営業時間12:00〜21:00
定休日なし
ホームページhttp://beverlyhills0917.blog.fc2.com/

2.Boundary243(バウンダリートューフォーティースリー)

【ジャンル】
メンズ、ヴィンテージ・レアものあり。

中山下にあるアメリカ古着のお店です。

Boundary243の店舗情報

住所住所 岡山市北区中山下1-7-1篠原ビル102
アクセス「柳川駅」徒歩3分
営業時間12:00~20:00
定休日なし
ホームページhttp://www.boundary243.com/

3.Harlem Shuffle(ハーレムシャッフル)

後程ご紹介する、Scratch系列のレディース古着のお店です。

【ジャンル】
レディース・50~80年代・新品あり

HarlemShuffleの店舗情報

住所岡山県岡山市北区中山下1丁目4-22
アクセス「NTT岡山前駅」徒歩3分
営業時間12:00~21:00
定休日なし
ホームページhttps://harlem2005.exblog.jp/

4.Afroblue(アフロブルー)

表町商店街の中にある古着屋です。

アメリカのヴィンテージのミルクガラス食器「ファイヤーキング」を多く取り揃えています。

【ジャンル】
レディース・アメリカ系・雑貨(ファイヤーキング)

Afroblueの店舗情報

住所岡山市北区表町1-3-14
アクセス「城下駅」徒歩2分
営業時間11:00~19:30
定休日火曜日
ホームページhttp://afroblue.net/

5.Scratch(スクラッチ)

こちらもアフロブルーと同じく、表町商店街の中にあります。

【ジャンル】
メンズ・アメリカ中心・レギュラー・ヴィンテージ・新品雑貨

Scratchの店舗情報

住所岡山県岡山市北区表町1丁目3-20
アクセス「NTT岡山前駅」徒歩4分
営業時間13:00~21:00
定休日火曜日
ホームページhttp://scratch.ocnk.net/

6.SELEPIE(セレピエ)

流行の90年代の商品を多く取り扱うお店です。
10~20代の客層が多いです。

【ジャンル】
メンズ・レディース・アメリカ系・レディースリメイク古着多め

SELEPIEの店舗情報

住所岡山県岡山市北区 表町1丁目7-23 友杉ビル1F
アクセス「中国銀行本店西駅」徒歩1分
営業時間12:00~21:00
定休日なし
ホームページhttps://selepie.fashionstore.jp/

7.Bird'soldfashioned(バーズオールドファッション)

創業20年以上の岡山の老舗の古着屋です。

ヴィンテージ商品のほか、手作りアクセサリーも多く取り扱われています。

【ジャンル】
レディース・メンズ・キッズ・ヴィンテージ・アメリカ系・オリジナル・手作りアクセサリー

Bird's old fashionedの店舗情報

住所岡山県岡山市北区内山下1-7-8 アレグリア101
アクセス「中国銀行本店西駅」徒歩3分
営業時間12:00~20:00
定休日なし
ホームページhttp://www.bsod.co.jp

8.コツボ

SWASTIKAから独立したお店で、アメリカ古着をメインに扱います。

厳選して集められたビンテージバンダナは必見です。

【ジャンル】
メンズ・アメリカ系・ビンテージバンダナ・雑貨

コツボの店舗情報

住所岡山県岡山市中区原尾島1丁目15-9-15
アクセス「原東・東郵便局前駅」徒歩4分
営業時間11:00-20:00
定休日なし
ホームページhttps://www.instagram.com/kotsubooo/


岡山の古着屋マップまとめ

今回、古着屋さん18店舗も紹介させていただきました。

本当に岡山にはたくさんの古着屋さんがあることがお分かりいただけたかと思います。

地元の学生さんやおしゃれ好きはもちろん、岡山に観光に来た人も合間でおしゃれなカフェと古着屋を楽しんでもらえたら嬉しいです。

是非いろいろな古着屋をめぐって、お気に入りのショップを見つけてくださいね。う

岡山の古着屋「ラッシュアウト」の実店舗情報

ラッシュアウトでは、50年代から90年代を中心に、「ノーティカ」や「トミーヒルフィガー」「ラルフローレン」などのストリート系や「ナイキ」「アディダス」「チャンピオン」などのスポーツ系のブランド、「カーハート」や「リーバイス」などのワーク系のブランドを多く取り扱っています。

商品はすべて、スタッフがアメリカの契約倉庫に赴き、1点1点を実際に見て触って、アメリカ製を中心に厳選して仕入れております。

2000年以降のアパレルは、大量生産のためにアジア圏の工場での生産が中心となり、アメリカ製のアパレルは激減しました。

90年代以前のアメリカ製のアパレルはデザインはもちろんのこと、動きやすさと丈夫さを兼ね揃えた製品が多いことが特徴として挙げられます。

ラッシュアウトではアメリカの倉庫で商品を選ぶ際に、タグを見て、年代と生産国を重視して入荷をしております。

⇒ 90年代ファッションについてのコラムはこちら

寝るシャツ

定番のネルシャツ

リーバイスのジーンズ

リーバイスのジーンズ


メンズ・レディースの豊富なラインナップ

ラッシュアウトの店内

商品のラインナップはメンズ60%、レディース40%とどちらもバランスよくございます。

レディースは定番のラルフローレンやリーバイスなどボーイッシュに着こなせるアイテムのほかにレトロワンピースやヴィンテージのスカートなども数多く取り揃えています。

スタッフも男性も女性もいます。

ご相談も乗りますので、是非お気軽にお声がけください。

レディースコーデ例

⇒ スタッフによるコーデが見れるInstagramへ飛ぶ


RUSH OUTの古着が安い理由

ラッシュアウトはもともと通販だけで展開していた古着屋です。

なので、店舗の大きさに限定されることなく、古着の取り扱い製品点数は国内屈指を誇ります。

古着の商品はすべて、スタッフ自らが一点ずつ厳選した商品を大量に仕入れています。

アメリカの倉庫からの仕入れの様子

▲アメリカでの仕入れの様子

間に卸売業者をはさまないことと、大量に仕入れることで品質の良い商品を安く販売することが可能になっています。

毎年、岡山で「古着屋さんのフリマ」も主催

毎年、岡山の古着屋SWASTIKAさんとラッシュアウト共催で「古着屋さんのフリマ」を主催しております。

岡山市奉還町商店街に岡山を含む全国の50店舗近くの古着屋さんが集まり、フリーマーケットを出しています。

古着屋さんのフリマは2018年で4回目を迎え、大盛況のうちに閉幕いたしました。

ストリートファッションとは?おすすめ古着屋・ブランド・コーデ例

90年代に流行したストリートファッションとは

ストリートファッションとは1990年代のアメリカで流行したファッションです。

それまではファッションデザイナーや企業が中心となってファッションの流行を作っていたのに対し、ストリートファッションは街中に集まる若者たちから自然発生して生まれてきたのが特徴です。

Hip-Hopといった音楽や映画、スポーツといった文化とともにできたファッションスタイルです。

背景として、1990年代は景気が落ち込んでいたこともあり、高級で洗練されたモード系のファッションの勢いが落ち着き、古着のTシャツやパーカーにジーパンやチノパンといった気軽に楽しめるストリートファッションが流行ったといわれています。

また、アメリカで発祥したストリートファッションは日本にも来て、渋谷を中心に「渋カジ」としてブームになりました。

そのストリートファッションに今リバイバルブームが来ています!

この記事では、東京・大阪でおすすめのストリート系の古着屋さんとマストアイテム、コーディネートをご紹介します。

東京でストリート古着を買うなら原宿・渋谷エリア

90年代に渋カジで盛り上がった渋谷付近が今もまだストリートファッションの中心です。


人気ブランドの店舗も多く並びますが、一歩路地へ入ればアメリカのストリート古着屋がずらりと並んでいます。

渋谷―原宿間はコスパの良いストリート古着屋を複数店舗巡るにはぴったりのエリアです。

おすすめの東京のストリート系古着屋「Shibuya ″T″」


90年代リバイバルブームの火付け役となったともいわれている古着屋「Shibuya "T"」。

スポーツ系のアイテムが中心の6階、「ラルフローレン」「ヘリーハンセン」などの90年代ストリート系カジュアルブランドが取り揃えられた7階のツーフロアに渡る古着屋です。

「Shibuya ″T″」 の店舗情報

東京都渋谷区神南1-10-7 テルス神南602.702
お電話:03-3464-5177
営業時間:13:00〜20:30
ホームページ:shibuya-t.shop-pro.jp

大阪でストリート古着を買うなら心斎橋・アメリカ村・堀江エリア


大阪のストリート系の古着が多い地域といえば、アメリカ村や堀江を含む心斎橋周辺です。

通称アメ村で知られるアメリカ村は名前通りアメリカ由来のストリートファッションを扱うセレクトショップ・古着屋共が多く存在します。


アメ村から西へ行った堀江エリアは、より高級で洗練されたモード寄りの古着屋が多いです。

アメリカ村と堀江も歩ける距離なので、違いを楽しむのもおすすめです。

おすすめの大阪のストリート古着屋「サニーサイドアップ」


サニーサイドアップはストリートファッション全盛期である90年代より早い、1984年から続く老舗です。

大阪でビンテージの古着を買うならまずここは外せないといっても過言ではありません。


数あるビンテージアイテムの中にストリート系も多く取り扱いがあります。

気負わずにゆるっと切れるアメリカで買い付けられた古着たちが所狭しと店内に並びます。

サニーサイドアップ の店舗情報

大阪市中央区西心斎橋2-13-13 ショウザンビル内
お電話:06-6213-3208
営業時間:13:00~20:00
定休日:水曜日
ホームページ:sunnysideup.blog.jp

古着で着こなすストリート系のブランドとコーデ例

①「Adidas」のロゴスウェットに「ラルフローレン」のコーデュロイパンツ

90年代のストリートファッションといえば、"大きなロゴ"と"オーバーサイズ"がポイントです。

ストリートファッションの古着コーディネート1

大きなロゴのアイテムはAdidasやNIKE、FILA、Championといったスポーツ系のブランドが定番です。

また、ラルフローレンもストリートを着こなすなら持っておきたいブランド。

スタンダードに着こなせるので、派手なスポーツ系アイテムとも相性ばっちりです。


秋冬にぴったりのコーデュロイパンツは太畝(コーデュロイの凸凹の幅が広いもの)が90年代ファッションの特徴です。

②「ノーティカ」のフルジップスウェットとチノパンツ

ストリートファッションの古着コーディネート2

スポーティーなデザインのフルジップスウェットにチノパンツを合わせたコーディネートです。

トップスはチノパンにインして、ベルトで引き締めつつ、シンプルで大き目のアウターを羽織ることで、バランスの取れたゆるさが作れます。

また、ニット帽もストリート系のアイテムの一つです。浅く被ると野暮ったく見えません。

③「FILA」のオーバーサイズジャケットと「トミーヒルフィガー」のセーター

ストリートファッションの古着コーディネート3

アウターもオーバーサイズに着こなすのが90年代のストリートファッションです。

こちらのFILAのアウターも大きなロゴが入っています。


トミーヒルフィガーは「白・紺・臙脂」を中心とした配色が特徴のブランド。

トミーヒルフィガーのセーターがFILAの派手なアウターとトーンがあっているのでごちゃごちゃしすぎず、まとまったコーディネートになっています。


足元のVANS「OLD SKOOL」もストリートファッションの定番のアイテムです。

真っ白でローテクのシンプルなスニーカーも90年代アメリカのヒップホップシーンで流行りました。

ストリートファッションを古着で楽しみましょう!

ストリートファッションは気取らずに楽しめるファッションです。

ストリート系のブランドは新品で買うと値を張るものが多いですが古着であれば、高級なブランドでもお手軽に購入できるうえに、人と被ることがありません。


また、90年代以前のアメリカ製のアウターやボトムスは長く使うように作られているのでずっと大切に着ることができます。

実際に90年代のアメリカのスケーターやヒップホップ界隈の若者たちも、古着で個性を出していました。


この機会にストリート系の古着のファッションを楽しんでいただけたら嬉しいです。

この記事を書いたRUSH OUTはアメリカ専門の古着オンライン通販店です。

アメリカのストリート系古着の取り扱い数は国内屈指を誇ります。

是非、ストリート系の古着をオンライン通販で買うならRUSH OUTをご利用くださいね。

「ビンテージ古着」とは?普通の古着との違いとその魅力

古着屋の商品の中で、「ビンテージ」と書かれた商品を手にしたことはありますか?

ビンテージ古着は他の古着と比べて、値段が高いことがほとんどですよね。

ビンテージ古着はその他の古着と何が違うのか、疑問に感じたことがある人もいると思います。

普通の古着と比べて高くなっても、なお人気のあるビンテージ古着の魅力をご紹介します。

「ビンテージ古着」とは?

ビンテージとは『年代物でデザインや素材に価値があるもの』を指します。

古着は『誰かが一度袖を通したもの』を指します。

つまり、例えば今年発売された、ユニクロの服であっても誰かが一度袖を通していれば「古着」となりますが、「ビンテージ」にはなりません。

そして古着という大きなジャンルの中に、ビンテージ古着は入っています。

ビンテージ古着の「年代物」の定義ですが、10年以上という人から30年以上という人までいて、これといった決まりはありません。

ただ、アパレル業界では2018年現在、古着の業界では1990年代以前のものがビンテージといわれることが多いです。

デッドストックとは何か?

ちなみに、デッドストックと呼ばれるものもあります。

デッドストックは古い年代の衣服が買い手に回らないまま、現代まで保管されていたものをいいます。

デッドストックは「誰かが一度袖を通した」古着ではないですが、古着屋で取り扱われていることが多く、古着として扱われることがほとんどです。

ビンテージ古着はなぜ高いのか?それでも買いたくなる魅力

ビンテージ古着はどうしてもその他の古着と比べると値段が高くつきます。

とにかく安く服が欲しい人にはビンテージは合わないかもしれませんが、ビンテージにはハマる人はハマる、不思議な魅力があります。

そのビンテージ古着の魅力についてお伝えします。

今では再現が難しい仕立てや技法が使われているから貴重

時代の流れとともに、アパレルの生産体制や背景もどんどん変わっています。

2000年代以降のファッションは、GAPやUNIQLOといったファストファッションが消費者の支持を獲得しています。

ファストファッションでは、中国などのアジア圏の工場で、流行のファッションを低価格で大量に生産しますよね。

それに対して、ビンテージは「良いものを長く使えるように」手間をかけて生産されたものが多いので、ファストファッションと真逆をいっていると言えます。

ファストファッションと入れ替わり、アメリカのアパレル工場や、手間をかけたような仕立て方はどんどんと減っています。

だから、ビンテージでは、今では手に入らないような仕立てや技法が使われたジッパーやボタンが施されていることが多いのです。

大量生産されておらず、年数も立っているので貴重

さらに、ファストファッションと大きく違う点として、ビンテージは大量に生産されていたわけではありません。

しかも、20年以上も経っているとなると、ひどい汚れや故障もなく、捨てられずに商品として魅力的なままの状態を保っている古着はかなり少なくなります。

実際に、時代の流れとともに古い年代のビンテージはどんどん入手が困難になっていきます。

だからこそ、古着屋で出会った古着は二度と出会えないかもしれない一点物になることが多いです。

上質だから使えば使うほど味が出てくる

ビンテージ古着は「良いものを長く使えるように」作られているから、経年変化を楽しむことができるのも魅力のひとつ。

特に、アメリカ製のジーンズ、革を使った衣類、チノパンやワークジャケットなどは経年変化を楽しむのにピッタリです。

これらは毎日ハードにたくさん働いてもずっと使えるように作られた衣服なので、既に傷や穴があったとしてもまだまだ使えるのです。

他の店を探しても同じものがなかなか見つからない、あなただけの一点物の古着は、長年使っているとさらに愛着がわくこと間違いなしです。

ビンテージならではの、それぞれの時代感をまとえる魅力がある

80年代のインディージョーンズのTシャツ

ビンテージが好きな人は映画や音楽といった文化に精通した人も多いです。

昔の映画や音楽好きからすると、当時の時代特有のファッションを身にまとえることはとても魅力的といえます。

例えば、映画でいえば、名作と呼ばれる40年代の『風と共に去りぬ』・50年代の『ローマの休日』・60年代の「イージーライダー」・70年代の「ロッキー」・80年代の「バック・トゥ・ザ・フューチャー」など。

昔の映画を見ていると、長い年月が経っていても見ていてかっこいい!と思えるファッションに出会えます。

そういった時代特有のファッションを身にまとえるのは、ビンテージならではの魅力です。

ビンテージと古着の違い、ビンテージの魅力についてのまとめ

いかがでしょうか?

古着の中でもビンテージは奥が深く、はまりだすと止まらない魅力があります。

古着の中でも価格が高いビンテージ古着のことを疑問に思っていた方たちにも魅力が伝わればうれしいです。

この記事を書いているRUSH OUTでは、卸売業者を通さず、自社スタッフが直接アメリカに買い付けに行っているため、上質なビンテージ古着がお買い求めやすい値段で手に入れることができます。

ビンテージ古着を通販で手に入れるなら、ビンテージ古着を含む古着を1万点以上取り扱っているRUSH OUTをご利用ください。

ビンテージ古着の年代の見分け方【ネームタグ・ジッパー・ボタン・襟で判別】

今、90年代を始めとするビンテージ古着の人気が再熱していますよね。

ちなみにビンテージとは『年代物でデザインや素材に価値があるもの』を指し、ここでいう「年代物」は2018年現在アパレル業界では90年代以前の古着のことをいう場合が多いです。

さて、そんなビンテージ古着は年代によってテイストが異なります。

一般的には古ければ古いほど貴重なため、高価になることが多いです。

ビンテージアイテムは、好みの見た目を直感で選ぶのはもちろんですが、ビンテージ古着に関する知識を付けることでより深く楽しむことができます。

ビンテージに一度ハマれば、自分が身に着けるためだけではなく、自宅にビンテージ古着をコレクションして楽しむ人がいるほどです。

今回はアメリカの倉庫で直接ビンテージ古着を見分けているRUSH OUTが、ビンテージ古着の年代の見分け方を紹介します。

ディティール別ビンテージ古着の年代の見分け方

ビンテージの見分け方は以下のようなディティールで見分けることができます。

  • ネームタグ
  • ジッパー
  • ボタン
  • 襟の形
  • プリント方法 等

ブランドによって様々な見分け方があるので、ここではビンテージ古着の年代の代表的な見分け方をご紹介します。

ただし、復刻版があることもあるので、卸売業者や古着屋は一つのポイントだけではなく、複合的に判断することが多いです。

ネームタグのデザイン・素材で年代を見分ける方法

それぞれのブランドのネームタグは時代によってデザインや素材が変更されていきます。

どのブランドでも共通して言える見分け方は以下のようなものがあります。

ネームタグにレジスターマークが入っているのは50年代以降のもの

ロゴと一緒に記載されているのをよく見かける「®」(レジスターマーク)は1950年以降のものです。

逆に言えば、レジスターマークがブランド名のロゴの右についていないものは40年代以前のものとも言えます。

ただし、レジスターマークは商標登録の意味を持つので、マイナーなブランドや当時商標が登録されていなかったブランドにはレジスターマークは付きません。

プリントされたネームタグは60年代以降のもの

このようなインクを使ったプリントされたネームタグもよく見かけますよね。

プリントされたネームタグの多くは擦れて文字が消えてしまっていますが、60年代以降であることが分かります。

1960年代以前はワーク系のアイテムでもネームタグが丁寧な刺繍だったのに対して、1960年以降からコスト削減のためプリントで文字やロゴが印刷されるようになりました。

ビンテージジッパーはメーカーと付け方で年代が見分けられる

ビンテージで使われていることが多いのは「TALON(タロン)」社のジッパー。

タロン社のジッパーのデザインの変遷を辿ることで製造年代が判断できます。

「HOOKLESS(フックレス)」が書かれたジッパーは1937年以前のレアもの

フックレス社というのはタロン社のもとになった会社です。

フックレス社のジッパーは希少価値が高くなるジッパーです。

30年代などのビンテージ古着で高価なものには使われていることが多いです。

コの字留めジッパーは40年以前のもの

古着を見ていると「コの字留めジッパー」と掲載されているアイテムがあります。

コの字留めとはジッパーの先端に施された、コの字型の止め金具です。

コの字ジッパーがついている物も40年代以前に作られたものだということが分かります。

「42」と書かれたタロンジッパーは60年代~80年代初期のもの

42の文字が入っていれば、60~80年代であることが分かります。

42タロンと呼ばれるこのモデルはビンテージ好きの中でも「名品」と言われているジッパーです。

TALONの文字が斜めで、42が記載されていないジッパーは80年代半ばに使われていました。

ロケット型のタロンジッパーは60~90年代のもの 

先端が細くなったロケットタロン。

小さいため、同じ時代でも真冬用のアウターには使われていませんでした。

60~90年代の軽いパーカーなどのアウターやボトムスによく使われています。

ビンテージボタンは素材とデザインで年代が分かる

細かいデザインのボタンは40年代以前に多い 

細かい繊細なデザインが施されたボタンは40年代以前のものの可能性があります。

40年代までは一つひとつに手の凝った繊細なデザインが施されていることが多く、今ではこのボタン単体で高く売られていることもあります。

月桂樹のデザインのジーンズは40~50年代初期に作られたもの 

月桂樹のデザインは40~50年代に生産されたものであることが分かります。

第2次世界大戦中のアメリカでは物資が不足していたため、軍服でも使っていた既製品のボタンを使用するよう国から言われていたそうです。

ビンテージシャツは襟のシルエットで見分けられる

ネルシャツやミリタリーシャツなどは、襟の形状は年代ごとにかなり違います。

これを覚えておけば、年代別の見分けはかなりできるようになります。

外に向かって長く、弧を描く襟は40年代のもの

外側に向かって長く、弧を描く襟は40年代のもの。

形は尖っている場合もあれば全体的に細さが変わらないボックスタイプもあります。

トップボタンを外すと開襟になるのが50年代のもの

40年代と比べると襟が短くなり、トップボタンを外すと開襟になるのが50年代の特徴です。

トップボタンは穴ではなく、ループ(写真のように紐を使ったもの)が多いです。

60年代は襟が細く小さくなる

襟先が90度近い角度で全体的な細さが変わらないボックスシルエットが流行ったのが60年代。

ミニマルでシンプルな印象があります。

かなり大きいまっすぐ尖った襟は70年代のもの

40年代にも流行った長い襟ですが、弧を描かず直線的で長いのが70年代の特徴。

60年代とは打って変わって、シルエットだけでかなり派手な印象になります。

ビンテージ古着の年代の見分け方のまとめ

いかがでしょうか?

ビンテージ古着をおしゃれに着たいだけであれば、こういった豆知識は必要ないかもしれません。

しかし、その背景や年代の見分け方が自分でできるとよりファッションを楽しむことができます。

是非、古着屋でビンテージアイテムを手にするときはこういったディティールにも注目してみてくださいね!

古着を1万点以上取り扱っている古着の通販サイトRUSH OUTでも多くのビンテージ古着があります。

是非、古着をお買い求めの際にはご利用くださいね。

アメリカ古着とヨーロッパ古着の違い | アメリカ古着は安くて丈夫

アメリカ古着

アメリカ古着が今、多くの幅広い世代の男女に支持され始めています。

3~4年ほど前に流行った「極めて普通」という意味の「ノームコアファッション」のブームが終わり、アメリカ古着の他人と被らないスタイルが新鮮になっているのでしょう。

それだけではなく、H&Mやフォーエバー21などのファストファッションのブームが終わったことも、現在のアメリカ古着人気に関係しているでしょう。

さて、同じインポート古着であっても、アメリカ古着とヨーロッパ古着がありますが、その違いはご存知ですか?

この記事では、アメリカ古着のヨーロッパ古着との違いと共に、今アメリカ古着が人気な理由をご紹介します。

アメリカの古着ってヨーロッパ古着とどう違う?

ヨーロッパ古着の特徴

ヨーロッパ古着
  • ・サテンやレースなど繊細なディティール
  • ・生地は薄め
  • ・シルエットは細身
  • ・クラシカルなテイストが多い

ヨーロッパは古くから世界のファッションの中心でした。

貴族が着るドレスや、海軍の服装といった服も動きやすさや丈夫さよりも見た目の良さが重視されてきました。

ですので、ヨーロッパ古着では実用性よりデザインが重視の、スタイルがよく見える衣類が多いです。

アメリカ古着の特徴

アメリカ古着屋イメージ

アメリカ古着はヨーロッパ古着と比べると対照的です。

  • ・労働者用で使われていた衣類が多い
  • ・カジュアル・スポーティなテイストが多い
  • ・作りが丈夫
  • ・シルエットは太目でビッグサイズ

アメリカ古着の特徴:労働者用で使われていた衣類が多い

アメリカ古着のジーンズ

アメリカ古着は元々労働者が着ていた作業用の衣服が古着として出回っていることが多いです。

例えば、今ではカジュアルファッションに欠かせないジーンズやチノパンなどは、元々アメリカで労働者の衣服として開発された衣服です。

労働者の服として作られたジーンズやチノパンは動きやすさと耐久性に優れているうえに、長く着られたことで自然にダメージ加工が施されて味のある古着となります。

アメリカ古着のワーク系のブランド

  • リーバイス
  • ディッキーズ
  • エルエルビーン
  • ビッグマック
  • カーハート

アメリカ古着の特徴:カジュアルなテイストやスポーツ系ブランドが多い

スポーティなアメリカ古着

その他、全体的にヨーロッパがクラシカルなテイストであるのに対して、アメリカはカジュアルでスポーティなブランドが多いです。

アメリカでは70年代にニューヨークを中心にスケーターやヒップホップといったストリートカルチャーが生まれました。

70年代以降のストリート系のスポーツブランドやカジュアルブランドが多く古着として残っています。

アメリカ古着のスポーツ系、カジュアル系ブランド

  • ラルフローレン
  • トミーヒルフィガー
  • アディダス
  • ナイキ
  • チャンピオン

アメリカ古着の特徴:作りが丈夫・シルエットは太目でビッグサイズ

アメリカ古着は上記で書いたように労働者用やスポーツをする人向けの衣類が多いです。

だから、毎日働いても破れないように作りが丈夫で、動きやすい太目のシルエットの衣服が多いのです。

アメリカ人が日本人より単純に体格が大きいのもありますが、ただ単に大きいだけではなく、シルエットがウエストに比べてゆったりとしたものが中心となります。

今アメリカ古着が人気の理由

アメリカ古着の90年代ストリート系のファッションがブーム

ストリートファッションの古着コーディネート1

大きなロゴが書かれたTシャツやスウェット、だぼっと着こなすスタイルが特徴の90年代ストリート系のファッションが今ブームになっています。

⇒ ストリートファッションとは?おすすめ古着屋・ブランド・コーデ例

90年代に人気があったモデルに似せた商品をアディダスやナイキといったスポーツブランドからリバイバルで新商品が発売されているほどです。

90年代アメリカのストリート系ファッションは派手で個性的なテイストが多くて、見ているだけでも楽しいですよね。

古着であれば、一点物なので人と被らないのがうれしいポイント。

アメリカ古着が生かせる、スポカジファッションが世界的に注目を浴びている

スポカジ アメリカ古着

アメリカ古着はスポーティやカジュアルが多いと書きました。

今この二つをミックスして、スポーツ系のファッションをカジュアルにコーディネートするスポカジファッション「スポカジ」が話題となっています。

世界では、ルイヴィトンやプラダといったハイブランドもスポーツ系の新商品を出し、ミラノやニューヨークのランウェイではスポーツ系が注目されています。

さらに日本でも、ヨガやランニングといった手軽なスポーツを始めている人が増えていますよね。

スポーツが身近になってきているのもあり、スポカジはファッション業界ではこれから伸びしろがあるジャンルといわれています。

例えば、ナイキやアディダスのTシャツをきれいめなパンツに合わせる写真のようなコーディトは、アメリカ古着で簡単にスポカジスタイルを作ることができちゃいます。

ファストファッションブームの反動で、丈夫で個性的なアメリカ古着が人気

ファストファッション 

大量生産された流行のファッションを低価格で手に入れられるファストファッションのブームが終わり、その反動で丈夫で長く使えて人と被らないアメリカ古着を楽しむ若者が増えています。

ファストファッションはH&M、フォーエバー21、GAPなど、流行のファッションを低価格で、手に入れることができる店のことを言います。

低価格で流行のものが手に入る反面、大量生産のため人と被ってしまったり、丈夫ではないためワンシーズン着れば毛玉やヨレが出てきてしまったりというデメリットもあります。

ネットでもファストファッションについて「すぐにボロボロになってしまう」「環境問題や発展途上国の人権問題が気になって着なくなった」など、懐疑的な意見が見られました。

一方、アメリカ古着はファストファッションと対照的なポイントがいくつもあります。

  • 一点物なので人と被らない
  • 昔の人が着ていた衣類を使いまわすから環境にやさしい
  • 丈夫で長く使える

しかも、ファストファッションと同じく、Tシャツだったら1000円代~、冬物のアウターでも1万円以下~といった金額帯で手に入れることができます。

このような理由からファッションに敏感な若者が衣類を購入するお店はファストファッションから古着屋へとシフトしています。

実際に、原宿に立ち並んだフォーエバー21やオールドネイビーなどのファーストファッションは次々と閉店し、雑誌では古着特集が多く組まれています。

アメリカ古着とヨーロッパ古着の違い、人気の理由まとめ

いかがでしょうか?

アメリカ古着とヨーロッパ古着の違いや、今人気の理由をお伝えしました。

  • 労働やスポーツで使われていた衣類が多いという背景があるため、カジュアルで丈夫な品質の商品が多い
  • ストリート系・スポカジ系といった今はやりのファッションを作りやすい
  • ファストファッションと同じ価格帯で質のいい衣類がある

興味がわいた方は是非アメリカ古着を手に入れてファッションを楽しんでくださいね。

ラッシュアウトはアメリカ古着専門店です。

スタッフがアメリカで直接見て触って購入した高品質な古着を低価格で販売しています。

きっとあなただけのアメリカ古着が見つかりますよ。

80年代レディースファッションの特徴 | 古着で着こなす現代風コーデ

80年代ファッション

80年代は日本の経済が大幅に成長したバブル景気の時代です。

その影響もあり、日本の若者たちはアメリカに強く影響を受けた派手なファッションを楽しんでいました。

また、アメリカ発祥のウーマンリブと呼ばれるブームに乗って、日本でも女性が働きに出る時代となり、女性も活発的に自由に活動をし始めた時代でもあります。

80年代といえばお笑い芸人の平野ノラや、2017年話題になったバブリーダンスを想像する方も多いのではないでしょうか。

とにかく盛り上がりがあった80年代ですが、今も人気の80年代の女性のファッションとはどんなものかご存知ですか?

現代風にテイストを取り入れるためにも、80年代のトレンドをご紹介します!

80年代ファッションの特徴

80年代には芸能界やファッション業界でいろんなブームが起こりました。

当時の日本のブームがファッションに影響を及ぼし、また、当時は経済的に余裕のある若者が多かったことからまねできるものはどんどんまねをしていったようです。

80年代ファッションの特徴:アイドル全盛期

80年代アイドルファッション

80年代はアイドル全盛期でした。

80年代のアイドルブームの火付け役は松田聖子さんでした。

デビュー当時の髪型は聖子ちゃんカットと呼ばれて、当時の女子学生たちはこぞって真似をしていたほどです。

その他にも、松本伊代、小泉今日子、堀ちえみ、中森明菜、薬師丸ひろ子、おニャン子クラブなど…
現代の若者でも名前は聞いたことある人が多いですよね。

ファッションでは、フリフリ襟のブラウスは松代聖子や松本伊代などがを着用していたことから、一時は大ブームでほとんどの女子が持っていました。

ワンピースやカーディガンと重ね着をして、一番上にフリフリの襟を出すスタイルも流行りました。

また、おニャン子クラブが着用していた渋谷のブランド「セイラーズ」のスウェットとスタジャンも社会現象レベルでブームが起こりました。

セイラーズ人気は日本だけにとどまらず、世界の大スター、マイケル・ジャクソンやスティービー・ワンダーもプライベートで着用するなどし、一世を風靡しました。

カラフルな色合い、ポップなイラストとタオル地のワッペンが特徴です。

80年代ファッションの特徴:竹の子族

80年代ファッションの竹の子族

1980年代前半に原宿を闊歩していた「竹の子族」と呼ばれる派手な集団をご存知ですか?

「竹の子族」はツッパリ系のハイティーンが作り出したファッションで、原色系の派手な服装で、ディスコサウンドにあわせてステップダンスを踊るのが特徴です。

ラジカセを中心にきれいな輪を作って踊るのを見るため、多くの見物客が全国地域から集まりました。

竹の子族は普段着のファッションとはまた違うファッションを楽しむ活動ですが、80年代のファッション界を語る上では外せない存在です。


ちなみに実は今、平成の竹の子族とも呼べる「ケケノコ族」という集団が原宿で話題になっています。

「ケケノコ族」は竹の子族からインスパイアされ、リバイバルした集団で、再びカラフルで超個性的なファッションのブームに火をつけようとしているようです。

80年代ファッションの特徴:ニュートラ、ハマトラ、プレッピー

80年代ファッション プレッピー

60年代には「アイビールック」というアメリカの伝統的なスタイル「アメリカン・トラッド(アメトラ)」が流行りました。

アメリカ東部のアイビー・リーグの在校生や卒業生が好んだファッションで、ジャケット、ボタンダウンシャツ、チノパンなどが定番スタイルです。



80年代にはよりカジュアルな「プレッピールック」と呼ばれるものが流行りました。

呼ばれ方はニュートラ(ニュートラッド)と呼ばれることもあります。

ニュートラは神戸を中心として流行りましたが、後に女性ファッション誌の「JJ」が企画したことで「横浜トラディショナル」通称「ハマトラ」もブームとなりました。

プレッピールック・ニュートラ・ハマトラはテイストはよく似ていますが、プレッピールック・ニュートラがアメリカのブランドが中心でハマトラは横浜のブランドを使っていました。

ハマトラではフクゾーの服・ミハマの靴・キタムラのバッグが三種の神器と呼ばれていたようです。

全体的なテイストはアイビーよりも上品な女子大学生がモチーフとなっていますが、カラフルなアイテムが多く、サイズ感もルーズであるため、遊び心あふれるスタイルでした。

80年代ファッションの特徴:カラス族

80年代ファッション カラス族

カラス族とは黒を基調に、素材はシワシワなものやレース、穴の空いたものや加工したものを使用した、80年代に一世を風靡したファッションのことを言います。

80年代にはDCブランドと呼ばれる日本のブランドが流行りましたが、まさにコムデギャルソンとヨウジヤマモトなどのDCブランドがカラス族の発端となりました。

今ではモノトーンの着こなし、黒一色のコーディネートも一般的になっていますが、当時は黒い服=お葬式というイメージが強く、世の中に強い衝撃を与えました。

80年代ファッションのアイテムと古着で着こなす現代風コーデ例

80年代ファッションをそのまま着てしまうと、昭和の人、ダサい人になりかねません。

現代風に着こなすのであれば、男前のアイテムと甘めのアイテムを合わせたり、甘すぎるアイテムはあえてタイトなアイテムと合わせることでバランスを取りましょう。

そして、バキっとした原色や黒色のアイテムやかっこいいMA-1などのアウターこそゆるっと女性らしさを出して着るのが現代風です。

80年代ファッションのアイテム:トレーナー(スウェット)

80年代、特にメンズに人気だったファッションアイテムがトレーナーです。

トレーナーは今でいうスウェットで、もともとスポーツのトレーニング用に使われていた衣類です。

原宿や新宿の、ストリートやスケーターを中心に広まりました。

当時流行っていたトレーナーはアメリカから学んだデザインが多く、大きなロゴ、太い文字が特徴です。

色合いは紺色や灰色といった落ち着きのあるプレッピーなものから、奇抜でカラフルなものまで親しまれていました。

80年代コーデ:ポップでプレッピーなトレーナー×チェックボトムス

80年代ファッション トレーナー

80年代ファッション トレーナーとチェックパンツ

まさに80年代らしいポップでプレッピーなミッキーのトレーナーを使用しています。

肩の切り返しや肘あてもも今はあまりないデザインでおしゃれですよね。

スウェットはボトムスにジーンズを合わせると、とってもカジュアルでスポーティになりますが、ここを敢えてタータンチェックのボトムスを合わせて。

一気にアメリカの学生のような着こなしに変化します。

トレーナーの中は写真のようにタートルネックセーターやネルシャツを合わせることでワンランク上のこなれ感がでますよ!

⇒ トレーナー(スウェット)の商品一覧を見る

⇒ スカートの商品一覧を見る

80年代ファッションのアイテム:ポロシャツ

ニュートラの基本ベースはポロシャツ・ベスト・カーディガン・タータンチェックのミニスカートといった着こなしでした。

スポーティながら小ぎれいに着れるので、パンツと合わせてスポーティに寄せることもできる便利なアイテムです。

80年代ファッションのアイテム:ケミカルウォッシュ

ケミカルウォッシュとは、ジーンズの製品洗い加工のひとつで、漂白剤を混ぜた軽石を入れ、ウォッシャーマシーンで加工したものです。

通常のジーンズよりムラがあるのが特徴です。

ジーパンだと裾が細くなったテーパードジーンズが特徴的です。

その他にもホットパンツ、ジージャンやスカート、シャツもケミカルウォッシュのものが有りました。

デニム同士の掛け合わせも今ではレベルが少し高いようにも思えますが、当時はよく着られていましたようです。

80年代コーデ:ポロシャツ×ケミカルウォッシュジーンズ

80年代ファッション ポロシャツとジーンズ

シンプルだけど、胸に大き目のポップでスポティなキャラクターが入ったポロシャツとケミカルウォッシュのジーンズコーデです。

ポロシャツもジーンズもゆったりとしたシルエットなのでインしても優等生過ぎないラフな着こなしになります。

さらに赤いガチャベルトも80年代の学生っぽい組み合わせになっています。

ガチャベルトはだらんと垂らすのがポイントです。

⇒ ポロシャツの商品一覧を見る

⇒ ケミカルウォッシュの商品一覧を見る

80年代ファッションのアイテム:ミリタリージャケットMA-1

MA-1はアメリカ軍で使われていたミリタリージャケットで、アルファ社製のものが広く流通しています。

主にナイロンで出来ており、外見はポケット等のパーツが少なく、とてもシンプルです。

MA-1は1986年に公開された映画『トップガン』からブームとなりました。

今ではMA-1風のジャケットも作られていますが、アメリカ製の古着のMA-1はとってもあったかくて丈夫なのでおすすめです。

男性が着ると男らしくてかっこいいですが、女性が着ると女性らしさと男らしいジャケットのギャップがすごくかわいくなります!

80年代コーデ:MA-1×女性らしいニット

80年代ファッション MA-1

男前なMA-1は大きめのオーバーサイズを買って肩からずり落ちるように着るのがトレンド。

中は女性らしいニットでバランスをとってくださいね。

ニットはパンツにインするとオーバーサイズのMA-1の着こなしがだらしなくなりませんよ。

⇒ MA-1を含むミリタリージャケットの商品一覧を見る

80年代ファッションのアイテム:フリフリ襟のブラウス・トップス

80年代アイドルが着用していたフリフリ襟のブラウスやトップスもマストアイテム。

当時はピンクハウスという日本のブランドが人気でした。

一枚着るだけでいかにも清純派でガーリーな雰囲気をまとうことができます。

80年代コーデ:フリフリトップスの現代風カラス族コーデ

80年代カラス族風ファッション

カラス族風のコーデもゆるっと着るのが現代風のコーディネート。

ダーク色でそろえたコーデはあえてトップスをくすんだ色にすることで抜け感が出ます。

また、フリフリのトップスは甘くなりすぎず、ハードにもなりすぎないように、アウターはニットでやわらかく、ボトムスはタイトめのシルエットのスカートを合わせています。

80年代レディースファッションの特徴・古着で着こなす現代風コーデのまとめ

いかがでしょうか?

1980年代の日本はバブル経済だったこともあり、様々な社会現象が起こりました。

それ以前より、女性がファッションを自由に楽しむようになった時代でもあります。

ファッションの流行は繰り返されるといいますが、80年代ファッションをリバイバルで着こなす場合はそのまま復活させるのではなく、現代風にアレンジしてみてくださいね。

古着の通販サイトRUSH OUTではアメリカへスタッフが足を運び、厳選した古着のみを取り扱っています。

是非、80年代ファッションを楽しむ際にご利用ください。

ビンテージスウェットの年代の見分け方|5つのディティールで分かる

ヴィンテージスウェットの見分け方

ビンテージスウェットは数ある古着のアイテムの中でも最も人気のあるカテゴリです。

ビッグサイズをゆるっとラフに着ても、優等生っぽくきちんと着ても、キマるので秋~春にかけてのマストアイテムですよね。

さて、今回は「ビンテージスウェットの年代の見分け方」をお伝えします。

ビンテージスウェットをもう持っているという人も、これから欲しいと思っている人も、気に入ったビンテージスウェットの価値を知って愛着がわくこと間違いなしの知識です。

是非、自宅のクローゼットや古着屋さんにあるスウェットと照らし合わせてみてくださいね。

5つのディティールでわかるビンテージスウェットの年代の見分け方

ビンテージスウェットは5つのディティールを見ることで見分けることができます。

ビンテージスウェットの見分け方

  • リブ(裾・袖口の縦じま)
  • スリーブ(袖)
  • ガゼット(首周り)
  • プリント方法
  • フードのつき方

リブ(裾・袖口の縦じま)からわかるビンテージスウェットの年代

袖リブは長ければ長いほど古い

古着屋RUSHOUT ビンテージメンズレディース古着通販

袖リブが10cm以上であればかなり古い40年代以前のもの

裾のリブが長いものは『はらまき』と呼ばれる事もあります。

筒状のリブはレアな50年以前のもの

多くのスウェットのリブは一枚の布を輪っかにしているので一周のうち、一箇所には縫い目があります。

この、リブに縫い目のない筒状のものは50年代以前に生産された、かなり古いレアものと言えます。

1950年代までは「吊り編み機」という機械で筒状の布が作られ、そこからリブが作られていたので、縫い目がないのです。

吊り編み機は1時間に1メートルしか編むことができないという非常に生産効率が低いものだったため、現在はほとんど使用されていません。

リブに縫い目がないことで手首へのストレスがない上に、吊り編み機で編まれた生地は、洗いこむほどに実感できるやわらかさや、独特の豊かな風合いを持っており、その特性を長期間保ちます。

ビンテージスウェットにハマる人たちを魅了している大きなポイントの一つです。

4本針縫製のリブは50年代

4本の針、6本の糸を使ったフラットシーマミシンという専用のミシンを用いて行う縫製技術です。

2本針だと平行線が2本並ぶのに対し、4本針の場合は4本の平行線とそれを行き交う糸の縫い目ができるのが特徴です。

頑丈なだけでなく、肌面の縫い目もフラットかつ滑らかで、着心地が良いのが特徴です。

スリーブ(袖)からわかるビンテージスウェットの年代

セットインスリーブは40年代以降

古着屋RUSHOUT ビンテージメンズレディース古着通販

セットインスリーブは普通袖とも言われており、ここだけで年代を判断することは難しいです。

フリーダムスリーブやラグランスリーブと平行して生産されてきました。

身頃をほぼ垂直に裁断し、そこに袖付けをするタイプです。

フリーダムスリーブは40〜50年代のレアもの

フリーダムスリーブは、袖の切り返しが肩から脇にかけてS字状に伸びており、脇の下に縫い目のない形の袖のつき方です。

腕が動き易い様に開発されたため、着脱が簡単で着心地もとても良いですが、手間がかかったため、40年代から50年代のみにしか生産されていません。

そのラインの美しさや希少性から、市場価値が高いです。

ラグランスリーブは60年代に多い

raglanスウェット

ラグランスリーブとは、衿ぐりから脇下にかけての斜めの切り替え線をいれ、肩と一続きになった袖部分を身頃につけた袖のことを言います。

フリーダムスリーブと入れ替わるように市場に出回りました。

クリミア戦争で活躍したイギリスののラグラン将軍が考案した形の袖であることからこのような名前がついています。

戦争中の負傷者にも着脱やすいように、袖ぐりが深くゆとりがあると考えられます。

ガゼット(首周り)からわかるビンテージスウェットの年代

ガゼットは首周りの前後にある三角のディティールのことを言います。

生地の縮み防止や汗止めのために取り付けられた部位ですが、60年代頃にはコスト削減や技術向上などにより減少していきました。

両Vガゼットは40〜50年代

両Vとは首の前と後ろ、どちらにもガゼットが付いた仕様のことを言います。

ガゼットが作られた初期には両方にありましたが、そのぶん手間がかかるため、次第に前のみにつけられるようになりました。

前Vガゼット50年代~60年代

前Vガゼット

ガゼットが前だけにつけられているタイプ。

この「両V」と「前V」が50年代の中で変遷していきましたが、具体的に前Vが使われるようになった年は不明なようです。

はめ込みガゼットは50年代まで

はめ込みガゼット

はめ込みガゼットとは首元のスウェット生地をV字にカットし、その部分に三角形のリブ生地を2本針縫製で貼り合わせてはめ込んだ仕様のことを言います。

このリブ編み素材は横方向へよく伸びるため、着脱が簡単になり、丈夫な作りになります。

貼り付けガゼットは50年代以降貼り付けガゼットは首元をカットせずに、上からリブ生地を4本針縫製で縫い付けた仕様です。

面から見るとはめ込み式と似ていますが、貼り付けの場合はガゼット裏もスウェット素材の裏地のままなので、見分けるには裏を見ましょう。

プリントからわかるビンテージスウェットの年代

プリントが高い位置にあるスウェットは50年代

1950年代のプリントは高い位置にあることが多いのが特徴です。

時にはガゼットと被るようにプリントされていることがあります。

フェルトのレタリングは30~40年代

フェルトプリント

まだプリント技術がなかった時代、装飾はフェルト地をカットして縫い付けられていました。

文字の縁取りは異なるフェルトの生地を重ねて表現していました。

水性プリントは40年以降

染み込みプリント

水性インクを使ったプリント。

水性のインクは生地に染み込むため「染み込みプリント」と呼ばれます。

塗料がある程度浸透するので、表面上の発色は他のものに劣りますが、洗い込むほどに色褪せにより味が出てくるので、人気のあるプリント方法です。

凹凸は無く、若干にじんだようなプリントになります。

フロッキープリントは40年代以降

フロッキープリント

フロッキープリントとは、樹脂で図柄を作り、そこに短く切った繊維を静電気で植毛していく方法です。

手間が掛かりますがプリント自体が立体的に仕上がるので存在感が強く出ます。

カレッジプリントで使われる事が多いです。

油性ラバープリントは70年以降

ゴム樹脂を使ったプリントです。

カレッジ系のスウェットに多く見られます。

基本的には刺激などに強いプリントですが、生地が伸びた時にプリントが過度の方から割れることがあります。

フードからわかるビンテージスウェット(パーカー)の年代

後付けフードは40年代


パーカー


パーカーの原型となるのが後付けパーカーと呼ばれる形。

最初期に作られたパーカーのフードは、クルーネックのスウェットに後から縫い付けたものでした。

製造期間が短く、さらに乾燥機で縮んでしまっているものが多いため、現時点で当時の後付けフードのパーカーがきれいなビンテージパーカはかなり貴重となっています。

ダブルフェイスフードは50年代以降

生地が二重になっている形のフード。

セーターのような高い保温性が特徴です。

裏地はスウェット生地のタイプとサーマル生地のタイプがあります。

ビンテージスウェットの見分け方

いかがでしょうか?

ビンテージスウェットは6つのディティールからその年代を確かめることができます。

年代が自分でわかるようになればその魅力をより理解して、愛着が持てること間違いなしです。

古着通販のRUSH OUTではビンテージスウェットを数多く取り扱っています。

是非、自分だけのお気に入りのビンテージスウェットを見つけてみてくださいね。

リーバイス501と505の違いは3つ|あなたに似合うジーンズはこれ

リーバイス 501 505 違いとは?

ビンテージジーンズといえば、リーバイスの501が定番中の定番です。

そして、リーバイス505も現在501に負けず劣らずの人気で同じくらい定番となってきました。

リーバイスの501と505がどのように違うのか、なぜビンテージジーンズの代表と言われているのかご紹介します。

リーバイス501はジーンズの原点、ファッション化されたのが505

簡単にいうと、リーバイスは初めてジーンズを作ったブランドであり、その中でも現在のジーンズの原点となった商品がリーバイス501です。

そこから、作業服としてではなくファッションアイテムとして親しんでもらえるように開発されたのがリーバイス505です。

リーバイスは1853年のアメリカでリーヴァイ・ストラウス氏が作ったブランドです。

金の採掘が盛んだった時代に、金鉱で働く人のためにテントや船の帆に使われていたキャンパス生地を用いたワークパンツを商品化したのがジーンズとなりました。

1890年、ロットナンバーとして「501」が書かれた商品が作られるようになり、これがそのまま商品名となりました。

作業服として開発されたジーンズですが、その後西海岸の大学で501ジーンズがファッションとして流行りだしました。

そこで、もっとたくさんの人に親しんでもらえるようにフロントをジッパーにするなどの改良を重ねて、505が生まれました。

リーバイス501と505の違い

①シルエットが違う

  • リーバイス501:ウエストはジャストでシルエットはストレート
  • リーバイス505:テーパードシルエットで、ウエストが少し緩めに作られている

vintage 501ジーンズ

501

505のsilhouette

505

リーバイス501と505の一番の違いはシルエットです。

501はレギュラーストレート

501は、太ももから裾が一直線のシルエットが特徴のレギュラーストレートと呼ばれるタイプです。

このレギュラーストレートと言われる形はジーンズの基本の形とも言われています。

股上は時代によりますが、深いことが多く、ウエストはジャストのためダボっと履くよりジャストで履くとかっこ良く決まります。

ストレートデニムは、大腿部から裾にかけてそのままストンと流れていくシルエットなので履く靴を選ばないのがメリットの一つといえます。

ボリューム大きめのブーツでも、ハイカットのスニーカーでも、難なく合わせやすいです。

505はテーパードシルエット

505は太ももから裾にかけて少しずつ細くなっていくテーパードシルエットが採用されていることが特徴です。

テーパードシルエットは、足を細く長く見せることができます。

スリムに見せたいが、太ももが太めでスリムパンツやスキニーが履きづらい人にはオススメの形です。

また、ウエストは緩めに設定されているため、ピッタリ合わせて穿くよりも、少し低めで履くこともできます。

サイズが緩めのため、長時間履き続けていても疲れにくいのが嬉しいポイントです。

②フロントが違う

  • リーバイス501:ボタンフライ
  • リーバイス505:ジッパーフライ

リーバイス501は前がボタン

501

リーバイス505はジッパー仕様になった

505

シルエットの次に分かりやすい違いがフロントがボタンかジッパーかという違いです。

はじめにも書いたようにもともとボタンフライで作られていた501が、多くの人たちに親しまれるようにジッパーフライにされたのが505となりました。

この「フライ」というのは、ジーンズの前のボタンやジッパーを隠しボタンにするために、二重構造にした型のことを言います。

ジーンズは二重構造になっているため、新品をパッと見てジッパーかボタンかを見分けることはできませんが、ビンテージデニムの場合ボタンはボタンに沿った色褪せ方をしていることが多くあります。

色褪せたフライ部分を見てみると、ボタンフライは無骨でラフな印象に対して、ジッパーフライは滑らかで中性的な印象を持たれます。

現行で作られているジーンズをはじめとするボトムスのほとんどがジッパーフライとなっています。

ボタンフライに慣れていない人は使いにくさが気になるかもしれませんが、ボタンフライの場合全てのボタンを閉めなくても閉まっているように見えるためむしろ楽だというメリットがあります。

③ポケットの形が違う

  • リーバイス501:正方形に近い傾向
  • リーバイス505:縦長の傾向

501のポケット

501

505のポケット

505

ポケットのサイズや形は時代によってそれぞれなのでポケットだけで判断するのは難しいです。

しかし、傾向として、501は正方形に近く、505は縦に長いポケットの形をしているものが多いです。

ポケットの形が縦長になるとヒップアップ効果からの脚長効果があります。

一方、正方形に近い501はよりカジュアルで男らしい印象を持たれる後ろ姿となります。

501と505の印象の違いとオススメする人

以上の様に501と505ではシルエット・フロント・ポケットに違いがあります。

印象としてまとめると以下の様になります。

  • 501:やはり一番スタンダード。カジュアルで男っぽさがある。
  • 505:スタンダードな中にスタイリッシュさがある。スタイルがよく見えるので女性も履きやすい。

ジーンズとしてはどちらも甲乙つけがたいですが、選ぶのであれば、自分が求めるスタイルに合わせましょう。

昔ながらの王道ジーンズが欲しい人には501、トレンドやスタイルを意識したい人は505がオススメです。

まとめ

いかがでしょうか?

リーバイス501と505、どちらもデニム界の超定番で、世界中のデニム愛好家に使用され続けているジーンズです。

1つのブランドでスタンダードと呼ばれるものが2つも存在するなんてリーバイスがいかにすごいブランドかがよく分かります。

今回紹介した違いは、モデルの中で特徴的なものをピックアップしただけで、ジーンズは作られた時代や製造国でディティールが少しずつ違います。

超定番の501と505、どちらも持っていない方はぜひ自分にあったお気に入りのビンテージジーンズをゲットして見てくださいね。

古着通販のRUSH OUTではリーバイスのジーンズをヒゲや色落ち、コンディションやダメージ、ペンキ、ブリーチ加工、USA製など厳選して取り揃えています。

リーバイスの501,505をご購入の際はぜひRUSH OUTをご利用くださいね!

⇒ リーバイス501 一覧を見る

⇒ リーバイス505 一覧を見る

ジーンズ リーバイス 501
ジーンズ リーバイス 505

パタゴニアのフリースで作る古着コーデ | アイテム別の着こなし方

古着屋RUSHOUT ビンテージメンズレディース古着通販

パタゴニアのフリースジャケットは、製造された年代によって少しずつデザインが違います。

また、使えば使うほどに風合いが出て新品よりも古着の方が魅力的となるのはパタゴニアのフリースの魅力の一つです。

そんなパタゴニアのフリースは、大人っぽいコーデ、ちょっと奇抜なコーデ、シンプルなコーデなど、様々なコーデの作り方があります。

この記事では、世代を受け継いでもなお愛されるパタゴニアの特徴と、定番フリースのアイテム別コーディネート例や着こなし方をご紹介します。

古着で愛されるブランド「パタゴニア」の特徴

新品だけではなく、古着であっても愛され続けるパタゴニアですが、愛される理由はブランドの特徴にありました。

アメリカのアウトドアブランドだから機能性が高い

パタゴニアは、街でよく見かけますが、元はアメリカで1970年代に創業したアウトドアブランドです。

セレクトショップへ行くと、クライミング、スキー、スノーボード、サーフィンなどで使うための衣類やグッズを販売しているのが分かります。

アウトドアブランドだからこそ、冬山でも過ごせる防寒機能や吸湿機能のあるアイテムの開発を続けており、機能的かつ動きやすい衣類をつくれるのです。

また、80年以降からは機能性だけではなく、デザインにも注力しており、派手になりすぎない、洗練されたレトロなデザインの衣類をつくっています。

世界で初めてフリースを開発したのはパタゴニア

古着屋RUSHOUT ビンテージメンズレディース古着通販

今では冬に着れる手軽な防寒着用の素材としてなじみのある「フリース」ですが、開発したのはパタゴニアです。

それまで、アウトドアウェアには綿や羊毛は使われていましたが重量が重くデリケートでした。

しかしフリースは、「軽い、暖かい、通気性がある、吸湿機能がある、洗濯ができる」といったメリットをがある画期的な開発でした。

さらにパタゴニアのすごいところは、開発した当初に特許を敢えて取らないことで利便性の高いフリースを世の中に広げたところです。

まさに、フリースの元祖となったブランドなのです。

環境に配慮した丈夫で長く使える商品

パタゴニアは環境にも配慮しているブランドとしても有名です。

有名な取り組みでいうと、1993年にはペットボトルから作った再生フリースを開発し、1996年には製品で使われる綿をすべてオーガニックコットンに切り替えました。

また、環境のために、一つの製品をできるだけ長く着て、着なくなったらリユースやリサイクルに出すようにアナウンスしています。

充実した修理サービス

実際にボタンやジッパーといったパーツの交換が無料であったり、穴が開いたときなどは1000円程度で修理してくれるサービスがあります。

ここまでアフターサービスが整っているから、お気に入りの商品を見つければ、10年以上愛用することができます。

以上の4つの特徴から見て、パタゴニアは丈夫で使いやすいものを長く使うことに力を注いでいるブランドだからこそ、古着でも愛されているということが分かります。


パタゴニアの古着フリースで作るアイテム別コーデ

今回ご紹介するフリースアイテムは3種類。

  • レトロXジャケット
  • シンチラ・スナップT
  • クラシックレトロXベスト

それぞれのアイテムの特徴からコーデまで合わせてご紹介します。

古着のパタゴニア「レトロXジャケット」の特徴とコーデ

古着屋RUSHOUT ビンテージメンズレディース古着通販

パタゴニア「レトロXジャケット」の特徴

レトロXジャケットといえば、今のトレンドなので持っている方も多く、非常に人気があります。

そんなレトロXジャケットの特徴は下記の6つです。

  • 1993年から製造開始
  • 90年代のモデルには正面にナイロンポケットがないものある。
  • まるで羊毛のような厚みのあるもこもこフリース
  • 中間層に防風性バリヤーをはさんだ素材
  • 内側に吸湿発散性と通気性に優れたメッシュ
  • 防寒性が非常に高いのに、軽くて、動きやすい

小さなお子様から大人の男女問わずに人気の理由は、おしゃれなだけではなく、防寒性が高くて軽くて動きやすいからなんですね。

他の商品と比べても、厚みがあるので真冬のアウターとして使うこともできます。

パタゴニア「レトロXジャケット」のコーデ例

シンプルに合わせるベーシックコーデ

老若男女に愛されるレトロXジャケットはベーシックなコーディネートが合います。

上のスナップのように、ポケットの色に合わせた全身コーディネートをすれば、初心者でもおしゃれに着こなすことができます。

ボーダーTシャツ、ジーンズやネイビーのパンツ、スニーカーは男女問わずレトロXジャケットがうまくキマる組み合わせです。

このようなベーシックなコーディネートでは、シンプルすぎると感じる方は、写真のように帽子やサングラスといった小物で遊んでもよいでしょう。

ジップを上げ切ってトップスっぽく使ったコーデ

ジップを一番上まで上げれば、トレーナーやセーターのようにトップスっぽく着ることもできます。

もともと、レトロXジャケットはほとんどの場合ベージュやネイビーなどの使いやすい落ち着いた色を貴重にしているので、中に着る色を選びません。

さらに、ジップを締め切ることでなおさら、インナーを選ぶ必要がなくなります。

寒い屋外から、暖かい室内に入ってレトロXジャケットを脱げば、別のコーディネートに切り替えることができます。

チェックが大きめのスカートと合わせたガーリーコーデ

女性も男性と同じようにカジュアルでシンプルな着こなしもできますが、日によって着こなしをガーリーに変えてみるのもおすすめ。

写真では、中に薄手のニット、チェックの大き目スカートを着ることで女性らしいコーディネートになっています。

あったかいレトロXジャケットで防寒もしっかりできていますが、ちらっと足首の素肌を見せることで抜け感も出ています。

古着のパタゴニア「シンチラ・スナップT」の特徴とコーデ

古着屋RUSHOUT ビンテージメンズレディース古着通販

パタゴニア「シンチラ・スナップT」の特徴

シンチラスナップTは、パタゴニアが出した最初のフリース製品で、発売から現在まで多くの人たちに愛され続けています。

その特徴は以下の通りです。

  • ・1985年に初めて世に出たフリースが「シンチラ・フリース」
  • ・薄手で軽く、セーターのようにあったかい
  • ・レトロXジャケットとは違い裏地などがないため、より手入れが簡単
  • ・レトロXジャケットに比べて前立てもシンプル
  • ・袖はY字につけられているため腕を上げても裾がめくれない

上記のように、薄手なため、レトロXジャケットがアウターとして使えるのに対して、シンチラ・スナップTは肌寒い季節のアウターとしても、真冬のインナーとしても使えます。

パタゴニア「シンチラ・スナップT」のコーデ例

スリム~ジャストのパンツと合わせたシンプルコーデ

パタゴニアのシンチラスナップTのコーデ

シンチラ・スナップTはプルオーバーで、しかも裾も長めになっています。

ですので、男性の場合、ダボダボのパンツに合わせるより、スキニーなどのスリムなパンツかジャストサイズのボトムスで合わせるのがおすすめです。

装飾の少ないシンチラ・スナップTはさらっと気軽に着れるので、シンプルにコーディネートすることで大人っぽく着られます。

写真では80年代のGAPのコーデュロイパンツと合わせています。


インナーとして着こなすコーデ

パタゴニアのシンチラスナップTをインナーとして着たコーデ

薄手のシンチラ・スナップTは寒い季節が来れば、インナーとしても大活躍します。


こちらはアウターにも裏地フリースのパタゴニアを使ったコーディネートです。

ネイビーのアイテムで統一しながら、ジャケット裏地の赤がアクセントになり、重たくなりすぎることなくバランスが取れています。

細身のシルエットで落ち着いたスタイルになっています。


オーバーサイズでゆるかわコーデ

パタゴニアの女性コーデ例

シンチラ・スナップTは裾が長めと書きましたが、もともとアメリカサイズで袖も長めなため、日本人には大き目のサイズ感になります。

だから、女子が着こなすには思い切ってゆるく大き目サイズがおすすめ。

特徴である眺めの袖が、女性らしい印象を与えます。

大き目のシンチラ・スナップTに合わせるには、ボトムスもゆるいシルエットのアイテムで大丈夫ですが、足首は見える丈にとどめることですっきり感を残すことができます。


襟をおってインナーを見せるとワンランク上の着こなしに

patagoniaの色物レディースコーデ

首をあったかくできるシンチラ・スナップTですが、首元を折り返して襟っぽくすることもできます。

その代わりに中にハイネックを着ることであったかくて、今年っぽい着こなしになります。

さらにチェックのスカートを合わせることでプレッピーな雰囲気のコーディネートが仕上がっています。


パタゴニア「レトロXベスト」のコーデ例

パタゴニアのフリースにはベストもあります。

ベストは、秋や冷え込みが落ち着いてきた春先、またインナーとしても使い勝手が良いですよね。

パーカーとベストの重ね着コーデ

レトロXシリーズのベストはジャケットと同じくボリューム感があるのが特徴です。

ですので、パーカーなど厚手のトップスと合わせるとパーカーとベストどちらも主役級に生かせるのでおすすめ。

写真のように、ベストが原色の場合はグレーやネイビーといった落ち着いた色に合わせ、逆にベストがベージュだと中のパーカーの色も遊びやすいです。

逆に、クラシックレトロXベストを薄手のネルシャツなどに合わせると、ベストのボリューム感が目立たせて、主役に持ってくることもできます。

ネルシャツとベストでアメカジコーデ

patagoniaのベストのコーデ

薄手のベストはネルシャツにとっても似合います。

おしゃれ初心者の方はネルシャツは着こなしによってダサくなってしまうのでは?と思っているかもしれませんが、ベストを着るだけでこなれた感じに着ることができます。

注意点としては、ネルシャツが大きすぎると、ベストとの相性が悪くなってしまうので、しっかりと自分に合ったサイズを選んで着ることが大切です。


まとめ

いかがでしょうか?

絶大な人気を誇るアウトドアブランド「パタゴニア」は、新作も出続けていますが、安くて風合いのある古着は非常に人気で、色んな着こなしを楽しむことができます。

ただ、人気のあまり80~90年代の人気モデルは年々入手困難になっています。

パタゴニアのフリースを使ったコーデを楽しみたい方は、ぜひ古着で魅力的な1着をさがしてみてください。

古着の通販サイトRUSH OUTは、アメリカへ足を運び一点ずつ厳選してパタゴニアのジャケットを仕入れています。

パタゴニアの古着が欲しい方は、一度RUSH OUTのパタゴニアジャケットの古着一覧をご覧ください。

冬のメンズ古着コーデの定番アイテム集・実際のコーデ例

すっかりコート無しでは外に出られない寒い冬が来ました。

寒いからといって、防寒の機能重視の無難なコートを着込んで、その下のコーディネートの手を抜いていませんか?

寒さを防ぎながらおしゃれしたいけど、どういうアイテムをどう着こなしたらいいか分からない人も多いかと思います。

そこで、人と被らず、おしゃれであったかい古着で冬のコーディネート作るときの定番アイテムを集めました。

アウター・トップス・ボトムス編に分けて、 アイテムごとの特徴・おすすめブランド・コーデ例をご紹介しています。

是非、冬の古着コーデの参考にしてみてくださいね!

冬の寒さをしっかり防ぐアウター古着 5選

1.「カバーオール」男らしさがあって丈夫

古着のカバーオール

カバーオールはもともと作業着として使われていたワークジャケットです。

そのため、デニムや帆布といった丈夫な素材が使われていたり、機能的なポケットがついていたりと男らしさのあるルックをしています。

カバーオールのおすすめのブランド

カバーオールをブランドで選ぶのであれば、実際に作業着を作っている本格的なアメリカのワーク系ブランドがおすすめです。

  • カーハート
  • LLビーン
  • Lee など

デニムのカバーオールでゆるいアメカジコーデ

カバーオールの古着コーデ

こちらはインナーに白シャツ、チノパンというシンプルなコーディネートにコーデュロイの襟がついたデニム生地のカバーオールを合わせたコーデです。

このカバーオールはしっかりしたポケットに金属製のボタンがごつごつとしており、こだわりのディティールが目立つ一着になっています。

この男らしさ満点のディティールを目立たせて主役にするためにも、インナーコーデはシンプルにまとめています。

カバーオールは写真のようにお尻まで隠れる商品も多いのでインナーは丈が短めのものか、ボトムスにインをすることでスタイルよく見せることができますよ。

⇒  古着カバーオールのラインナップを見る

2.「フリースジャケット」軽くて洗濯も気軽にできる

古着のフリース

フリースは今はUNIQLOなどでも売られていますが、もともとはアウトドア用に開発された素材です。

アウトドアウェア生まれだからこそ、冬山でも耐えられる防寒性と吸湿性、にくわえ手軽に洗濯できる利便性にも長けています。

※すべてのフリースジャケットが洗濯できるわけではないので、各製品のタグをご覧ください。

フリースジャケットのおすすめのブランド

フリースジャケットのブランドは本格的なアウトドアブランドがおすすめ。

  • パタゴニア
  • コロンビア
  • ノースフェイス など

この中でも、特にパタゴニアはフリースを開発した元祖のブランドなので大人気です。

特にパタゴニアフリースの80~90年代モデルは最近では品薄にもなってきているので、古着屋に行った時は要チェックです。

インナーとアウターにフリースジャケットを使ったあったかコーデ

古着のフリースコーデ

こちらはコロンビアのフリースプルオーバーの上に裏地がフリースのナイロンジャケットを羽織ったコーディネートです。

外から見れば違う素材のインナーとアウターに見えますが、フリースの重ね着なのでとってもあったかく、アウターの外側はナイロン製のため風も通しにくいです。

フリースジャケットは生地の薄いものから分厚いものまでラインナップが様々です。

薄めのフリースジャケットは秋口のアウターとして、冬のインナーとして着まわせる上にセーターよりも扱いが簡単ななため、一枚持っておくことをお勧めします!

⇒  古着フリースジャケットのラインナップを見る

3.「レザージャケット」ハードな風合いで風を通さない

古着のレザージャケット

動物の革(多くは牛革)を使ったレザージャケットは、アメリカのバイク乗りのための衣類として開発されました。

そのため、秋冬にバイクを乗っても寒さに耐えられるように、風を通さないようになっているのが特徴です。

革自体には保温性はあまりありませんが、裏地に保温性の高い素材が使われたものだと、真冬でも暖かく過ごせるアイテムになります。

レザージャケットを使ったコーディネート例

古着のレザージャケットコーデ

こちらは冬でもお尻や太ももを冷やすことなくあったかく過ごせるロング丈のレザージャケットにゆるめのシルエットのパンツをベルトで止めてシャツをインしています。

ロング丈のレザージャケットは、写真のようにゆるめのインナーとボトムスを使ってベルトで締める、メリハリのあるコーディネートが似合います。

というのもロング丈のジャケットのインナーがぶかぶかしすぎてしまうと、せっかくのスマートなジャケットのシルエットが台無しになってしまいます。

反対に、ボトムスをスキニーなどですっきりさせすぎてしまうとかなり女性らしくなってしまいかねません。

だから、写真のコーディネートのようにメリハリをつけるのがおすすめです。

⇒  古着レザージャケットのラインナップを見る

4.「ウールジャケット」保湿性があってしわにもならない

古着のウールジャケット

ウールジャケットは名前の通りウール(羊毛)を使ったジャケットのことを指します。

ウールの特徴は暖かくて保湿性が高く、さらにしわになりにくいことです。

形としては、Pコートやショート丈、無地、チェック柄など色々な形と柄があります。

ウールジャケットのおすすめのブランド

ウールの古着アイテムをゲットするのであれば、ウールに特化したブランドがおすすめ。

  • ペンドルトン
  • ウールリッチ など

ペンドルトンはバージンウール100%の商品だけを製造しているブランド、ウールリッチも名前通り高級な羊毛を使っている歴史あるブランドです。

この二つの品質は間違いなく高いので、ウールジャケットを購入するときにどれを選ぶかで迷ったら、このブランドで選んじゃってくださいね。

チェックのウールジャケットが主役のコーデ

古着のウールジャケットコーデ

大胆なチェック柄とスポーティな印象があるジップブルゾン(80年代のウールリッチ)を主役に持ってきたコーディネートです。

太すぎないシンプルなボトムスを合わせるときれいに着こなしています。

アメリカ古着のウールはジャケットは写真で見て分かるように、ビッグシルエットの作りになっています。

こういうビッグシルエットのジャケットには、インナーにスウェットやニットなど厚みがあってあったかいアイテムを合わせることもできるためまさに冬に欠かせないアイテムです。

⇒  古着ウールジャケットのラインナップを見る

5.「コーデュロイジャケット」暖かくてやわらかく上品な素材のアウター

古着のコーデュロイジャケット

コーデュロイはコール天とも呼ばれている、畝(うね)のある素材のことです。

このコーデュロイの素材には、保温性と保湿性があって、肌ざわりもいいので秋冬のシャツ、パンツ、ジャケットに幅広く使われています。

その中でも、コーデュロイジャケットは上品なテーラードジャケットから、男らしいカバーオール型、裏地にボアを使ったボリューミーなジャケットまで様々な種類の形があります。

是非、自分の理想のテイストに合わせて古着屋でお気に入りを見つけてみてくださいね。

コーデュロイジャケッ