RSS
 

50年代ファッションはレトロで個性派ぞろい!男女別の特徴とは

50年代ファッション

50年代の日本は戦後の混乱も落ち着きを見せ、人々が「ファッションの楽しみ」を取り戻した時期と言われます。

そんな、50年代のファッションは個性的で、現代のわたし達から見るとレトロでおしゃれなコーデも多いです。
今回は、普段あまり目にすることのない50年代ファッションの特徴についてお伝えします。いつもの古着コーデの中に取り入れて、個性的な現代ファッションを目指しましょう。

50年代ファッションの特徴とは

50年代のファッションは、アメリカン・スタイルをベースに映画文化がファッションに色濃く影響を与え、当時の映画スターのファッションが大流行しました。また、サブカルチャーの中のひとつとして「ファッション」を捉え、ファッションでその主張を訴えようとする動きも活発になりました。

50年代ファッションの主流はメンズ・レディースで違った傾向があるので、男女ごとで、50年代ファッションの特徴をみてみましょう。

50年代レディースファッションの特徴

ニュー・ルックスタイルの流行50年代ファッション

1947年クリスチャン・ディオールがパリのコレクションで発表した新しいフォルムのスタイルが「ニュー・ルック」と呼ばれ、40年代末から50年代に世界的に大流行しました。

戦中から戦後は、抑圧された質素倹約な服装だったため、女性らしい柔らかい曲線の服装が多くの女性から支持されたのです。

ニュー・ルックスタイルは、角ばった印象を与える肩のパットが外され、細く絞ったウエストとそこから流れるように広がるふんわりとしたスカートが特徴的で、別名「8ライン」とも呼ばれます。

ニュールックスタイルが発表されて以降、ディオールは春夏・秋冬の各コレクションで次々にニュールックの、特にスカートのラインを変化させたものを発表し、その度に日本でもブームとなりました。

・チューリップライン
・Hライン
・Aライン
・Yライン
・アローライン
・マグネットライン
・スピンドルライン など

日本では特に、Aラインと呼ばれる、スカートの形がウェストから裾にかけてローマ字の「A」のようにまっすぐと広がりをみせるスカートやワンピースが大流行しました。
日本では「落下傘」スタイルと呼ばれ、フレアタイプやプリ―ツ・ギャザーがついたものなど、さまざまなタイプのものがあり、雑誌などでは「にっぽん製Aライン」などと特集され注目を集めたようです。

オードリー・ヘップバーンのスタイルがあこがれの的にオードリーヘップバーン

1954年オードリー・ヘップバーン主演の映画「ローマの休日」が日本で公開されると、オードリーの青々とした爽やかな雰囲気に魅了された女性達の間で、オードリー・ヘップバーンのスタイルが大流行するようになりました。
当時、へップバーン・ヘアと呼ばれるショートカットが全国的に広がり、それと共に、華やかな色合い・柄のスカーフやネッチカーフを首や頭に巻いたりするスタイルが人気となったのです。

スカーフ

さらに、次に上映された「麗しのサブリナ」では、オードリーが着用したトレアドル・パンツがサブリナパンツと呼ばれ大流行することになります。

このように、50年代のレディースファッションは「ニュー・ルック」スタイルのスカートを中心に、映画の主演女優が着用したスタイルが流行したようです。
50年代は女性のファッションが一気に華やかになり、洋風スタイルが定着した時代といえるでしょう。

50年代メンズファッションの特徴

ヤンキーのはじまり?太陽族ファッション

太陽族

1955年に石原慎太郎著作の「太陽の季節」が発表され、映画化されると、戦後世代の苦悩や生き様が描かれているとして、当時の若者から支持を集めました。

「常識やモラルを持ち合わせない、非情でドライな目線で社会を割り切るエキセントリックな青年像」を憧れとする若者を「太陽族」と呼ぶようになり、このサブカルチャーはファッションにも表れるようになります。

慎太郎刈りという前髪が長めの角刈りに、丸首シャツ、アロハシャツ、サングラスといったスタイルをとることで、太陽族を主張する若者が多く出現しました。
太陽族は「ヤンキー」の始まりとも言われています。

ロックンロールなロカビリー族ファッションロカビリー族

エルビス・プレスリーなどのロックミュージックの流行を背景に、1958年に開催された「日劇ウエスタン・カーニバル」と呼ばれる音楽フェスティバルによってロカビリー・ブームが日本に到来したと言われています。

ロカビリー族のファッションは、リーゼントヘアに長めの革ジャン、ブーツ、細身の黒パンツを合わせたスタイルです。

細身の黒パンツはマンボズボンと呼ばれ、腰回りはゆったりとしており、裾にかけて細身になるテパードタイプのものでした。

ロックンロールスタイルの草創期ファッションと言えるでしょう。

大き目サイズがかっこいい、ボールド・ルックスーツ

ボールドルックスーツ

50年代アメリカンスタイルが定着していく中で、スーツ言えば肩幅が広めの上着と、裾にかけて細くなるパンツが特徴的な「ボールド・ルックスーツ」が主流でした。

上着には肩パットがしっかりと入っており、ズボンもかなりダボッとした全体的に身体よりもかなり大き目のサイズが人気を集めていたようです。

50年代ファッションを取り入れたコーデを3つ紹介

これまで見てきたとおり、50年代のファッションは個性的で、今ではなかなか目にすることができなくなった購入困難なアイテムも数多くあります。

ここでは、RUSHOUTが取り扱う50年代の個性的なアイテムを使用して、おすすめのコーデを3つ紹介します。

年代を重ねた色合いがたまらないビンテージコート

ビンテージコート


50年代から大切に着られてきたことが伺えるビンテージコートは、年月を重ねたならではの淡い色合いが特徴的です。

そんなコートを引き立てるのは、柄物のシャツでまちがいなし。大き目ジーンズと合わせて、ウェストまできっちりとシャツを入れるのがポイントです。

女性でもかっこかわいく着こなせますので、男女共におすすめしたいコーデアイテムでしょう。

さらりと着たい渋い柄のビンテージシャツ

ビンテージシャツ

渋い柄が特徴的な50’sビンテージシャツは薄めのフレアジーンズと合わせてさらりとコーディネートしたいところです。

50’sの柄物シャツはビンテージならではの風合いを感じさせて、派手さはないですが、レトロで独特の個性を感じさせます。

ひとつひとつのシャツが一点ものなので、落ち着きがありながらも独自の個性を出したい方におすすめの50年代ファッションコーデです。

ボールド・ルックスーツを感じさせるダボッとパンツ

ビンテージズボン

50年代初期のパンツはボールック・スーツのように、ダボットしたパンツが主流でした。

「ゆるい」パンツを意味するこちらのスラックスパンツも、50年代若者の間で人気のアイテムで、現在でもよく履かれるパンツです。

ダークな色合いのスラックスパンツだと、ダボッとしたシルエットでも自然に着こなせます。
アウターは、明るい色合いのテロテロとした生地が春らしい50年代ワークシャツと合わせるのがおすすめです。

50年代ファッションを今のコーデに取り入れよう!

50年代ファッションは、男女どちらのファッションも現代からみるとレトロで個性的なスタイルで、うまくコーデに取り入れることで独自のおしゃれなスタイルを表現できます。

50年代のアイテムは、現在ではあまり見ないものから、定番のファッションアイテムとなっているものまで様々です。
Rushoutでは、50年代ならではの個性的なアイテムを含め、50年代風ファッションをコーデに取り入れることのできる、豊富なアイテムを揃えております。

⇒Rushout50年代アイテム一覧
⇒Rushoutネットショッピング

いつものコーデに50年代ファッションを取り入れて、レトロで個性的なコーデを楽しみましょう!

Rushoutは店舗でも販売しています。
古着のコーディネートを相談したい方は、ぜひお気軽にご来店ください。


⇓店舗情報は看板をクリック!※店舗情報は記事の一番下にあります

Rushoutの看板イメージ

ページトップへ